【ホームシアターに必須】AVアンプおすすめ15選【4K/立体音響】

【ホームシアターに必須】AVアンプおすすめ15選【4K/立体音響】

AVアンプは、大迫力の映像と立体的サウンドを楽しめる、ホームシアターの中心的存在です。最近ではゲームや動画配信サービスなどにも対応し、オーディオマニアでなくても持っていたい機器です。数あるAVアンプの中から、選び方と、人気のおすすめ製品を紹介します。

目次 [表示]

AVアンプとは

AVアンプはAVセンター、AVレシーバー、あるいはデジタルアンプとも呼ばれます。名前の通り、音をより迫力あるものに増幅させることで、ホームシアターの中心(センター)になる機器です。音楽をメインとしたプリメインアンプとは異なり、映像も処理できるのが特徴です。

Blu-rayレコーダー/プレイヤーやCDプレイヤー、各種インターネットサービスから入力された映像やサウンドを、テレビやスピーカーに出力します。自宅で映画館、劇場の気分を味わう上で、欠かせない機器です。

AVアンプのメリット

AVアンプは、入力された映像やサウンドを増強、コンバートして出力します。圧縮されたステレオ(チャンネル)のサウンドを、多チャンネル(5.1や7.1チャンネル)という豊穣で迫力のある音にしたり、非4K映像を高画質なものにアップコンバートすることも可能です。

Wi-Fi、Bluetoothといったワイヤレス対応、さらにUSBポートも標準搭載しており、スマートフォン(スマホ)内の楽曲や動画を高音質・高画質で再生することも可能になっています。

このように、AVアンプは、あなたの自宅を映画館に変えてくれます。AVアンプに対する興味が高まったのではないでしょうか。次に、AVアンプの選び方を解説します。

AVアンプの選び方

AVアンプの機能は実に多彩です。以下にいくつかの選び方を紹介しますが、これでも、機能の一端にすぎません。自分なりに重視したいポイントを整理した上で、製品を選ぶようにしましょう。

チャンネル数で選ぶ

ch(チャンネル)数は、AVアンプのもっとも基本的な性能です。CD音源はステレオ(2ch)、映画などのBlu-rayコンテンツ、ゲームの、音が多方向から聞こえるサラウンドは5.1ch、7.1ch、9.1ch(または9.2ch)のいずれかを採用しています。

5.1chとは、中央、左、右、左後方、右後方の5方向と、低音のサブウーハーという6つのスピーカーで音を再現します。より上位となる7.1chはプラス2本、9.1chはプラス4本のスピーカーを用い、より多方向で立体的なサウンドを楽しむことができるものです。

現在の映像コンテンツは5.1ch〜7.1chが標準的です。仮に、スピーカーの制約で5.1chまでしか実現できなくても、将来性を考えれば、7.1ch以上に対応したAVアンプを選ぶことが望ましいといえます。

また近年は、上下方向の音を再現する「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」「DTS:X」という技術の採用が増えています。天井スピーカーを活用するなどで、これらの技術を楽しむには、7.1ch以上のAVアンプが必須です。

なお、アンプの出力(ワット・W)は、迫力ある音を再生するための目安です。「音の良さ」に直結するものではありませんが、迫力のある音を体感したいなら、dクラス(D級)、おおむね80W以上の製品を選びましょう。

対応サラウンドフォーマットをチェック

AVアンプは、入力されたサウンドをコンバートしたり、そのまま出力できます。入出力ともサラウンド、しかもなるべく多くのフォーマットに対応していることが望ましいといえます。

たとえば、映画などのBlu-rayコンテンツで標準的なサラウンドドーマットは、「DTS-HDマスターオーディオ」です。これを、同フォーマットに対応していないAVアンプに入力しても、音が出ないか、非HDのDTSというフォーマットにダウンコンバートされてしまいます。

サラウンドのフォーマットでは、上記のDTS-HDマスターオーディオなどの「DTS系」と、「DOLBY TrueHD」などのDolby Digital(ドルビーデジタル)系が2大フォーマットです。最低でも、DTS-HDマスターオーディオとDOLBY TrueHDへの対応は必須でしょう。

また、音声フォーマットも重視したいところです。フォーマットには、HDR、BT.2020、ハイレゾなどがありますので、自分の持つ楽曲データに対応した製品を選びます。

HDMI端子の数をチェック

AVアンプは、Blu-rayレコーダーやゲーム機からの入力、テレビへの出力のほとんどを、HDMI端子経由で行います。従来のアナログ端子も備えていますが、HDMI端子以外はほぼ選択肢になりません。HDMI端子経由でないのは、スピーカーぐらいです。

多数の機器を接続し、切り替えて使用することが多いため、HDMI端子の数、とくに入力数をチェックしておくことが重要です。入力6系統以上、出力2系統以上を備えていることが望ましいと思います。

4K対応かチェック

HDMI端子については、高画質の4K・8KやHDRといった映像フォーマットを映像伝送(パススルー)する機能があることも確認したいところです。これに対応していないと、先のサラウンドフォーマットの例と同じく、4K画質を楽しむことができません。

NHKがBS放送で4K・8K放送が始まり、4K対応のBlu-rayコンテンツが販売され始めるなか、この機能に対応していることは、必須といえるでしょう。もちろん、4K・8K対応のテレビを持っていることが条件となります。

各種サービスへの対応をチェック

近年のAVアンプの傾向として、さまざまなサービスへの対応があります。YouTubeなどの動画サイト、Prime Music(Amazon)、Spotifyなどの定額制音楽配信サービス、インターネット放送のradikoなどの対応製品が増えています。AM/FMラジオチューナーに対応した製品もあります。

これらのサービスによる映像と音楽は、AVアンプの機能を使うことで、パソコンなどよりも高音質・高画質で利用できます。

サイズを確認

AVアンプを選ぶ際の隠れたポイントは、本体サイズです。アンプの大部分は、高さ15cm以上、幅40cm以上あります。これだけのサイズがあると、一般に販売されているTVラックに収まらないこともあります。仮に収納できても、内部からの排気がうまくいきません。

AVアンプを購入する際には、ラックに収納スペースがあるかどうかを確認することも重要です。

薄型AVアンプ

この点で、高さが10cm程度の薄型・小型AVアンプは便利な存在です。ラックに収まりやすいのはよいのですが、出力などの性能が劣っていないかどうかは、あらかじめチェックしておくべきでしょう。

メーカーで選ぶ

AVアンプメーカーは、それぞれに独自技術を開発して製品に採用しています。音づくりにも違いがあり、オーディオファンなら「ひいきのメーカー」があるものです。AVアンプをメーカーから選ぶために、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

ONKYO(オンキヨー)

ONKYOのAVアンプはエントリー向けからハイエンドまでの製品を備えた上に、音楽評論家からの評価も高いものです。現在は、300番台、600番台、800番台の3製品ラインとなっていますが、内部構造が異なる600番台以上がおすすめです。

また、楽曲配信サイト「e-onkyo music」を有しているため、このサービスでハイレゾ高音質を楽しむのもおすすめです。また現在、Pioneerは、ONKYOの姉妹ブランドとなっています。

YAMAHA(ヤマハ)

ヤマハ製AVアンプの特徴は、独自の「シネマDSP 3D」によって、5.1chスピーカーで、9.1ch相当の音を実現してくれます。また、Dolby Atmos、DTS:Xといった、高低を含むサラウンド機能の採用に熱心です。

音づくりは深みのある自然なサウンドで、クラシックやJAZZに適しています。

DENON(デノン)

DENONは、もともとレコード会社日本コロムビアのアンプメーカー。操作性がシンプルで、初心者でも使いやすいところが特徴です。デザイン面でも非常に洗練されており、音づくりはバランスがよいのが特徴です。

Marantz(マランツ)

Marantzは米国の音響メーカーで、AVアンプは薄型・高機能をウリに人気上昇中です。とくに、2chという伝統的で「シンプル好き」な音楽ユーザーに支持者が多いようです。セットアップも非常に簡単で、それでいて性能面での手抜きはありません。

おすすめAVアンプ15選

いよいよ、おすすめAVアンプの紹介です。オーディオ機器らしく、メーカーでも、機能で選ぶことも可能です。自分に最適な製品を選ぶ参考にしてください。

おすすめAVアンプ① ONKYO TX-NR696

TX-NR696(B) オンキヨー 7.2ch対応AVレシーバー ONKYO

参考価格: 71,340円

出典: 楽天
楽天71,340円


ONKYOによるミドルクラスのAVアンプです。映画における世界基準のTHXに対応して迫力ある音を再現するとともに、ボーカルエンハンサー機能で人間の声をクリアに再生します。Dolby Atmos、DTS:Xといった立体的音再現にも対応。4K対応の高画質で、アップコンバートにも対応します。
 

ch数7.2ch
音声フォーマットDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/THX/ハイレゾ
HDMI端子数入力7・出力2
サイズ(幅x高さx奥行き)435x173.5x379.5mm
出力100W
通信機能Bluetooth、Wi-Fi

おすすめAVアンプ②  YAMAHA RX-V585

ヤマハ YAMAHA RX-V585B AVアンプ ブラック [ハイレゾ対応 /Bluetooth対応 /Wi-Fi対応 /ワイドFM対応 /7.1ch /DolbyAtmos対応][RXV585B]

参考価格: 47,080円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天47,080円


やや大きめの躯体から115Wの高出力を実現する、YAMAHA RXシリーズの最上位機種。2つのハイト(天井)スピーカーによる立体構成に対応、さらに、前方スピーカーのみで擬似的に5.1ch再生してくれる「シネマDSP」にも対応します。HDMI入力端子数はやや少なめですが、通常の使用では問題ないでしょう。

 

ch数7.1ch
音声フォーマットDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾ
HDMI端子数入力4・出力1
サイズ(幅x高さx奥行き)435x161x327mm
出力115W
通信機能Bluetooth、Wi-Fi

おすすめAVアンプ③  DENON AVR-X4500H

デノン 9.2ch対応AVサラウンドレシーバー AVR-X4500H-K

参考価格: 144,120円

出典: 楽天
楽天144,120円


DENONによるハイエンド下位(ミドルレンジ上位)のモデル。9.2ch、HDMI入力端子8基という十分すぎる性能で、しかも125Wの高出力。内部基板を2枚に分けることで効率的な放熱を行ってノイズを防ぎ、クリアなサウンドを実現しています。HDMI端子は、すべてが4Kパススルーに対応しています。

 

ch数9.2ch
音声フォーマットDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾ
HDMI端子数入力8・出力3
サイズ(幅x高さx奥行き)434x167x389mm
出力125W
通信機能Bluetooth、Wi-Fi

おすすめAVアンプ④  SONY STR-DN1080

STR-DN1080 SONY[ソニー] AVアンプ

参考価格: 58,018円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天58,018円


SONYによるミドルレンジAVアンプです。とはいえ、同社が重視するハイレゾ音源への対応など、性能面ではハイエンド機に引けを取りません。BluetoothはLDACに対応するため、対応ヘッドホンなどにハイレゾ音質で出力できます。Dolby Atmosなどのほか、仮想的な5.1ch再生もサポートします。

 

ch数7.1ch
音声フォーマットDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾ
HDMI端子数入力6・出力2
サイズ(幅x高さx奥行き)430x156x331mm
出力100W
通信機能Bluetooth、Wi-Fi

おすすめAVアンプ⑤  Marantz NR1710

NR1710 [N:シルバーゴールド] marantz [マランツ] 7.1ch 薄型 AVアンプ

参考価格: 62,540円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天62,540円


Marantzによる薄型AVアンプです。7.1chなど基本的な性能を備え、HDMI入力も8系統と十分なものです。また、Prime MusicやAWAなどの音楽配信サービスに対応しており、音楽の楽しみ方は多彩。出力は低いものの、精細な音を再現してくれます。

 

ch数7.1ch
音声フォーマットDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾ
HDMI端子数入力8・出力1
サイズ(幅x高さx奥行き)440x105x378mm
出力50W
通信機能Bluetooth、Wi-Fi

おすすめAVアンプ⑥ ONKYO TX-L50

【中古】ONKYO TX-L50 ネットワークAVレシーバー 5.1ch/ハイレゾ対応 ブラック TX-L50(B) 【国内正規品】

参考価格: 68,775円

出典: 楽天
楽天68,775円


ONKYOによる薄型AVアンプ。5.1chなどやや控えめな性能ながら、Dolby Atmosなど立体再生にも対応。付属マイクによる自動設定、専用アプリによるスマホによる操作もサポート。「押さえるべきところを押さえた」モデルです。

 

ch数5.1ch
音声フォーマットDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾ
HDMI端子数入力4・出力1
サイズ(幅x高さx奥行き)35x70x325.5mm
出力80W
通信機能Bluetooth、Wi-Fi

おすすめAVアンプ⑦  YAMAHA RX-A1080

RX-A1080-H(チタン) AVレシーバー

参考価格: 96,382円

出典: Amazon
Amazon96,382円
楽天


YAMAHAのミドルレンジ〜ハイエンドのAVアンプ。出力140Wと、オーディオルームに置いても十分な性能。独自技術によるサラウンド機能「SURROUND:AI」と「シネマDSP HD3」、さらにDolby Atmosなどを組み合わせることで、超立体的な音再生が楽しめます。

 

ch数7.1ch
音声フォーマットDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾ
HDMI端子数入力7・出力3
サイズ(幅x高さx奥行き)435x182x439mm
出力140W
通信機能Bluetooth、Wi-Fi

おすすめAVアンプ⑧  DENON AVR-X1600H

DENON - AVR-X1600H/K(7.2ch・AVサラウンドレシーバー)【店頭受取対応商品】【次回納期未定・ご予約受付中】

参考価格: 44,472円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天44,472円


DENONのエントリー向けAVアンプで、Dolby AtmosとDTS:Xにも対応、立体的な音空間にひたれます。むろん4K映像のパススルーも可能。ch数やHDMI端子数は十分なスペックで、基本性能に手抜きはありません。

 

ch数7.2ch
音声フォーマットDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾ
HDMI端子数入力6・出力2
サイズ(幅x高さx奥行き)434x151x339mm
出力80W
通信機能Bluetooth、Wi-Fi

おすすめAVアンプ⑨  SONY STR-DH790

ソニー STR-DH790 マルチチャンネルインテグレートアンプ

参考価格: 39,820円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天39,820円


3万円台の低価格ながら満足できる性能を備えた、SONYのAVアンプ。独自技術「アドバンストD.C.A.C.」による、高精度な自動音場補正を行います。併せて、フロントスピーカーだけで仮想サラウンドを再現する「S-Force PROフロントサラウンド」にも対応しています。

 

ch数7.1ch
音声フォーマットDTS/DOLBY DIGITAL/AAC
HDMI端子数入力4・出力1
サイズ(幅x高さx奥行き)430x133x297mm
出力145W
通信機能Bluetooth

おすすめAVアンプ➉  Pioneer VSX-S520

パイオニア PIONEER VSX-S520S AVアンプ [ハイレゾ対応 /Bluetooth対応 /Wi-Fi対応 /5.1ch /DolbyAtmos対応][VSXS520S]

参考価格: 37,680円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天37,680円


薄型のdクラスAVアンプです。Pioneerブランドのオーディオ製品は、現在はONKYOの姉妹製品となっており、共通点もあります。本製品は、高音質とスリム期待を両立させたもので、インテリアとの相性が良いシルバーカラーです。

 

ch数5.1ch
音声フォーマットDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾ
HDMI端子数入力4・出力1
サイズ(幅x高さx奥行き)435x70x325mm
出力80W
通信機能Bluetooth、Wi-Fi

おすすめAVアンプ⑪ YAMAHA RX-A3080

ヤマハ AVアンプ (ブラック) RX-A3080B【納期目安:1週間】

参考価格: 315,811円

出典: 楽天
楽天315,811円


YAMAHAのハイエンドAVアンプで、ほぼすべてのサラウンド音声フォーマットに対応しています。出力も最大級で、広いオーディオ専用ルームに適した期首です。Dolby Atmosなどの立体音響をサポートし、最大7.2.4chスピーカー構成まで対応できます。

 

ch数9.2ch
音声フォーマットDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾ
HDMI端子数入力7・出力3
サイズ(幅x高さx奥行き)435x192x474mm
出力200W
通信機能Bluetooth、Wi-Fi

おすすめAVアンプ⑫ SONY STR-DH590

ソニー SONY マルチチャンネルインテグレートAVアンプ 5.1ch HDCP2.2/4K HDR対応 2018年モデル STR-DH590

参考価格: 30,680円

出典: Amazon
Amazon30,680円
楽天


Dolby Atmosなどの立体音響には対応していませんが、3万円前後で高出力の楽曲を楽しめるSONYのAVアンプです。ハイレゾ未対応など不十分な部分はありますが、4K映像のパススルーには対応しています。フロントスピーカーだけで仮想サラウンドを再現する「S-Force PROフロントサラウンド」に対応しています。

 

ch数5.1ch
音声フォーマットDTS/DOLBY DIGITAL/AAC
HDMI端子数入力4・出力1
サイズ(幅x高さx奥行き)430x133x297mm
出力145W
通信機能Bluetooth

おすすめAVアンプ⑬  DENON AVC-X8500H

中古 AVサラウンドアンプDENON/デノン AVC-X8500Hコンディションランク【A】(商品 No.75-0)

参考価格: 298,000円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天298,000円


DENONのハイエンドAVアンプです。ハイエンド製品にふさわしく、D/Aコンバーターを8基搭載した13chの高出力に、世界初の「IMAX Enhanced」認定を受けた高性能機です。Dolby AtmosやDTS:Xの立体的サウンドにも対応しています。

 

ch数13.2ch
音声フォーマットDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾ
HDMI端子数入力8・出力3
サイズ(幅x高さx奥行き)434x195x482mm
出力150W
通信機能Bluetooth、Wi-Fi

おすすめAVアンプ⑭ Pioneer SC-LX901

パイオニア ネットワーク対応 11ch AVアンプ SC-LX901-B

参考価格: 356,280円

出典: 楽天
楽天356,280円


PioneerのハイエンドAVアンプです。パーツも厳選することで、同ブランドで初めて、11chをハイパワーで実現しています。自動音場補正技術「MCACC Pro」「Reflex Optimizer」を合わせ搭載することで、高品質のサラウンドを味わえます。

 

ch数11.2ch
音声フォーマットDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾ
HDMI端子数入力8・出力2
サイズ(幅x高さx奥行き)435x185x441mm
出力200W
通信機能Bluetooth、Wi-Fi

おすすめAVアンプ⑮  YAMAHA RX-A3080

ヤマハ AVENTAGE ネットワークAVレシーバーRX-A780(B) 7.1ch/Dolby Atmos&DTS:X対応/ ブラック RX-A780(B)

参考価格: 58,800円

出典: Amazon
Amazon58,800円
楽天


YAMAHAのハイエンドAVアンプ。出力200W、Dolby Atmos、DTS:Xを合わせて11.2chという大迫力のサウンドを響かせてくれます。ESS社製D/Aコンバーター「ES9026PRO」「ES9007S」を組み合わせて採用、原音に忠実な再現を実現しています。

 

ch数9.2ch
音声フォーマットDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾ
HDMI端子数入力7・出力3
サイズ(幅x高さx奥行き)435x192x474mm
出力200W
通信機能Bluetooth、Wi-Fi

AVアンプおすすめ一覧比較表

スクロールできます

商品
商品名TX-NR696(B) オンキヨー 7.2ch対応AVレシーバー ONKYOヤマハ YAMAHA RX-V585B AVアンプ ブラック [ハイレゾ対応 /Bluetooth対応 /Wi-Fi対応 /ワイドFM対応 /7.1ch /DolbyAtmos対応][RXV585B]デノン 9.2ch対応AVサラウンドレシーバー AVR-X4500H-KSTR-DN1080 SONY[ソニー] AVアンプNR1710 [N:シルバーゴールド] marantz [マランツ] 7.1ch 薄型 AVアンプ【中古】ONKYO TX-L50 ネットワークAVレシーバー 5.1ch/ハイレゾ対応 ブラック TX-L50(B) 【国内正規品】RX-A1080-H(チタン) AVレシーバーDENON - AVR-X1600H/K(7.2ch・AVサラウンドレシーバー)【店頭受取対応商品】【次回納期未定・ご予約受付中】ソニー STR-DH790 マルチチャンネルインテグレートアンプパイオニア PIONEER VSX-S520S AVアンプ [ハイレゾ対応 /Bluetooth対応 /Wi-Fi対応 /5.1ch /DolbyAtmos対応][VSXS520S]ヤマハ AVアンプ (ブラック) RX-A3080B【納期目安:1週間】ソニー SONY マルチチャンネルインテグレートAVアンプ 5.1ch HDCP2.2/4K HDR対応 2018年モデル STR-DH590中古 AVサラウンドアンプDENON/デノン AVC-X8500Hコンディションランク【A】(商品 No.75-0)パイオニア ネットワーク対応 11ch AVアンプ SC-LX901-Bヤマハ AVENTAGE ネットワークAVレシーバーRX-A780(B) 7.1ch/Dolby Atmos&DTS:X対応/ ブラック RX-A780(B)
価格71,340円47,080円144,120円58,018円62,540円68,775円96,382円44,472円39,820円37,680円315,811円30,680円298,000円356,280円58,800円
ch数7.2ch7.1ch9.2ch7.1ch7.1ch5.1ch7.1ch7.2ch7.1ch5.1ch9.2ch5.1ch13.2ch11.2ch9.2ch
音声フォーマットDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/THX/ハイレゾDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾDTS/DOLBY DIGITAL/AACDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾDTS/DOLBY DIGITAL/AACDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾDTS/DOLBY DIGITAL/AAC/ハイレゾ
HDMI端子数入力7・出力2入力4・出力1入力8・出力3入力6・出力2入力8・出力1入力4・出力1入力7・出力3入力6・出力2入力4・出力1入力4・出力1入力7・出力3入力4・出力1入力8・出力3入力8・出力2入力7・出力3
サイズ(幅x高さx奥行き)435x173.5x379.5mm435x161x327mm434x167x389mm430x156x331mm440x105x378mm35x70x325.5mm435x182x439mm434x151x339mm430x133x297mm435x70x325mm435x192x474mm430x133x297mm434x195x482mm435x185x441mm435x192x474mm
出力100W115W125W100W50W80W140W80W145W80W200W145W150W200W200W
通信機能Bluetooth、Wi-FiBluetooth、Wi-FiBluetooth、Wi-FiBluetooth、Wi-FiBluetooth、Wi-FiBluetooth、Wi-FiBluetooth、Wi-FiBluetooth、Wi-FiBluetoothBluetooth、Wi-FiBluetooth、Wi-FiBluetoothBluetooth、Wi-FiBluetooth、Wi-FiBluetooth、Wi-Fi
商品リンク
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る

まとめ

AVアンプは、4K・8K映像や新音声フォーマットへの対応が進むなど、毎年のように新モデルが発売され意外に進化の早い分野です。

「とりあえず試してみよう」という初心者から、「新フォーマットに対応したランクアップを」「ハイエンドモデルに」というユーザー、さらに特定メーカーのファンまで、新しい音と映像体験を与えてくれる機器であることは間違いありません。

もちろん、故障がなければ、中古やアウトレット製品を購入して試すことも「あり」です。本記事を参考に、ぜひお気に入りの一台を選んでください。

シアターバー/サウンドバーおすすめ人気ランキング【薄型テレビの音質を底上げしよう!】のイメージ
シアターバー/サウンドバーおすすめ人気ランキング【薄型テレビの音質を底上げしよう!】
ここ数年でテレビは薄型に代わり、機能もますます充実しています。しかし、その一方で音質に対する不満を抱える人も少なくありません。ソニーやヤマハ等のテレビ用サラウンドスピーカー/テレビスピーカーの「シアターバー」がおすすめです。今回は、シアターバー/サウンドバーのおすすめ人気商品をご紹介します。
2020年版有機ELテレビおすすめ9選【液晶テレビ】のイメージ
2020年版有機ELテレビおすすめ9選【液晶テレビ】
東京オリンピックを大きく綺麗な画面で見たいと思っている方には、黒色が引き締まり、動きの早い映像でも残像が出にくい有機ELテレビがおすすめです。4K放送も始まっている今、テレビの買い換えを考えてみえる方は有機ELテレビも選択肢に入れましょう。
映画用ヘッドホンおすすめ人気15【有線/ワイヤレス/Bluetooth】のイメージ
映画用ヘッドホンおすすめ人気15【有線/ワイヤレス/Bluetooth】
映画をよく観る方は臨場感や迫力を感じながら楽しみたいですよね。その中で、映画におすすめとなる音響にこだわったヘッドホンがあります。音質にこだわり、映画の迫力そのままに楽しみたい方には人気です。今回は映画用のおすすめサラウンドヘッドホン等をご紹介します。
大島克彦
ライター

大島克彦

関連記事

Article Ranking