ツーバーナーおすすめ15選!【キャンプで楽しく調理!/使い方もご紹介】

ツーバーナーおすすめ15選!【キャンプで楽しく調理!/使い方もご紹介】

キャンプで美味しい料理をつくるときにおすすめのツーバーナーを紹介します。ホワイトガソリンを使うコスパのよい人気アイテムやCB缶を使う手軽な製品まで人気ツーバーナーを見てみましょう。おすすめのツーバーナーを活用すれば自然を満喫しながらおいしい料理が楽しめます。

aicoberry
ライター

aicoberry

30代後半主婦です。女性ならではの目線を通してわかりやすい記事を執筆したいと日々奮闘しています。 料理とお酒が好きで、世界の料理や農業、調理家電にも興味があります。お酒のうんちくなど、美味しいものを通じて毎日が少し楽しくなったり、役立つ雑学を提供出来たら嬉しいです。 ライティングの経験は短く、勉強中の身ですが、新しい発見や楽しみが見つかる記事がかけるように精進したいと思います。

目次 [表示]

屋外で調理するなら、ツーバーナーがおすすめ!

キャンプやバーベキューなど、アウトドアシーンでは美味しい食事も楽しみの一つです。野外でうまく料理をするためには加熱調理ができるアイテムが必要です。シンプルな焚き火や炭、七輪などを使う方法もありますが、より本格的な料理を楽しみたいならツーバーナーがおすすめ!

ツーバーナーとは、いわゆる二口コンロのこと。加熱できるところが2か所あるので、片方でお湯を沸かしながら、もう片方で肉を焼くなどのバラエティに富んだ調理が可能です。ツーバーナーがあれば、フライパンや鍋などの調理を家庭と同じような家訓閣で利用でき、美味しい食事が準備できるでしょう。アウトドアで料理を楽しみたい人には欠かせないおすすめのアイテムですね。

ツーバーナーの魅力・メリット

野外でツーバーナーを使うときのメリット魅力を考えてみましょう。一番にあげられる大きな魅力は、簡単に本格的な調理ができるところです。家庭のコンロと同じように使えるので、フライパン調理や鍋を使った煮込み料理が簡単にできます。

炭や火を使った調理では火力調節が難しく、美味しいく料理するには経験を積む必要があります。ツーバーナーはホワイトガソリンなどの燃料を使って、簡単に理想の調理環境を整えることができますね。

また、しっかり安定したコンロが利用できるので大きな鍋などの調理器具が使いやすいところもメリットです。大人数で食事したいときでも安心。もちろん二口あるツーバーナーが料理を効率的に行うことを可能にしてくれます。

野外でもしっかり理想的な調理で美味しい食事が準備できるところがツーバーナーの魅力です。アウトドアの楽しみのひとつでもある、自然に囲まれた中で食べるおいしい料理を実現するためにはツーバーナーの活用がおすすめです。

ツーバーナーの選び方

お気に入りのツーバーナーを選ぶためのポイントを紹介します。おすすめの選び方をチェックして、後悔のないアイテム選びを心掛けたいですね。どのようなことに注目して選べばよいか知っておくと、自分に合ったアイテムが見つかります。おすすめのツーバーナーの選び方を見てみましょう。

タイプをチェック

一つ目のポイントは燃料に着目することです。ツーバーナーは使う燃料によって、主に2種類のタイプに分けられます。それぞれのタイプの特徴を知って、より使いやすい製品を選びましょう。

ホワイトガソリン式

ホワイトガソリンを燃料に使うタイプはコスパよく利用できることで人気があります。燃料費を抑えながら、高い火力を利用できるところが特徴。さらに燃焼時間も長く、最大6時間の連続使用も可能です。

一日中バーベキューで活用したい人におすすめ。たくさん料理をつくることが多い人に向いています。また、寒いところでも使用できる点もポイント。風があるところでも安定して料理することができるでしょう。

ホワイトガソリンタイプのデメリットは着火とお手入れに手間がかかるところです。ホワイトガソリンタイプは着火するために空気圧を変えるポンピングが必要。さらに片付けやお手入れにも手間をかけなければいけません。

ガス式

より手軽に使いたい人はガスを使うタイプを選ぶとよいでしょう。着火が簡単で手間もいらず、お手入れも簡単にできるところがメリットです。準備や後片付けを楽にしたい人におすすめ。

使うガスも2種類あります。CB缶は家庭でもおなじみのガスボンベです。扱いやすく、リーズナブルな価格で入手しやすいところが特徴です。もう一つはOD缶と呼ばれるアウトドア用のガスボンベです。CB缶に比べると、火力に安定性があり、長く使えるところがポイント。持ち運びもしやすいでしょう。

OD缶はアウトドア用につくられているため、便利ですがCB缶よりも高価になる点がポイント。コストを抑えたい人には不向きです。OD缶はスーパーでは購入できず、アウトドアショップで購入できます。

火力をチェック

ツーバーナーは野外で料理をするときに使うアイテムです。そこで、重要になってくるのは製品の火力です。しっかり満足できる調理をするためには必要な火力が出せるアイテムを選ぶ必要があります。

大きなお鍋を使う人は最低でも3000kcal/h以上の火力がおすすめです。また、各コンロで火力が違う製品もあります。特によりこだわった調理がしたい人は、料理の幅を限定したくない人は火力をしっかりチェックするようにしましょう。

サイズ・重量をチェック

ツーバーナーは自宅ではなく屋外で使うことを前提にしたアイテムです。そこで、キャンプ場に運ぶ際の負担を考慮して重量やサイズをチェックするのもおすすめです。車を使って運ぶときでも、駐車場からキャンプ場までは手で持ち運ばなくてはいけないケースが大半です。

よりスペックの高い製品を持っていても、運び込めない重さや収納サイズでは使い勝手が悪すぎます。持ち運ぶことを想定して、重量サイズを比較すると失敗のないツーバーナー選びができるでしょう。

ツーバーナーには風があるところでも利用できるように風防がついているアイテムも少なくありません。持ち運びの際に負担にならないよう、風防は取り外せるものを選びのがおすすめ。また風防を外せる製品は大きなフライパンや鍋を使いたい人にも便利です。

お手入れしやすいかどうかをチェック

調理に使うツーバーナーは汚れてしまう可能性を考慮して、お手入れがしやすいアイテムを選んでおくと便利です。汚れがついたときでもさっと拭き取れるアイテムであれば片付けの負担もなく、気軽に使えるでしょう。

おすすめの素材はアルミやステンレス、スチールなどがあげられます。中にはフッ素加工を施してよどれがとりやすいように作られているものもあります。長く使いたい人ほど、お手入れが楽なアイテムを選ぶとよいでしょう。

有名なメーカーをご紹介!

人気があり、知名度も高いおすすめのメーカーを紹介します。お気に入りのアイテム選びをするときは、メーカーで選ぶのもおすすめです。それぞれのメーカーの特徴やデザインロゴをチェックして、お気に入りのメーカーから選んでみてはいかがですか?

ソト

ソトは1987年に創業した国内メーカー、新富士バーナーが手掛けるアウトドア向けのブランドです。新富士バーナーは主に工業用バーナーを取り扱っているメーカーで、、ガスバーナーやストーブなどが有名。家庭で手軽に使えるCB缶を使った製品を多く取り扱っているため、アウトドア初心者でも扱いやすいアイテムを探している人におすすめです。

ユニフレーム

ユニフレームも人気の高い国内メーカーです。モノづくりの街として知られる新潟県燕三条が発祥のメーカーで高い職人技術とこだわりの光る製品作りをしています。機能性が高く使いやすいうえに、リーズナブルな価格でコスパのよい製品が多いところが特徴。特にバーナーやランタン、焚き火スタンドなどで人気を集めるメーカーです。

イワタニ

家庭用のカセットコンロで知られるイワタニも人気のメーカーです。使い勝手の良さやスタイリッシュな見た目など、数々の工夫がみられるアイテムを多く手掛けています。アウトドア用のツーバーナーも機能性が高いハイクオリティなアイテムをそろえています。

コールマン

アメリカ発祥の人気アウトドアメーカー、コールマンもおすすめです。アウトドアシーンに使いやすいアイテムをそろえ、使い勝手が良くコスパにも優れたアイテムが探せます。おしゃれでかっこいいデザインも魅力。専門性の高いアウトドアにぴったりの製品が見つかるメーカーです。

おすすめツーバーナー15選

おすすめのツーバーナーを紹介します。人気の製品をチェックしてお自分に合ったアイテム選びの参考にしてみませんか?人気アイテムの魅力や特徴をチェックして、お気に入りのツーバーナーを探しましょう。

人気のツーバーナーおすすめ① ユニフレーム ツインバーナーUS-1900

ユニフレーム ツインバーナーUS-1900 610305

ユニフレーム ツインバーナーUS-1900 610305

参考価格: 22,500円

出典: Amazon
Amazon22,500円
楽天

ハイパワーの強い火力からとろ火調理まで使える人気のアイテムです。ステンレス製で耐久力に優れ、汚れにも強いところが特徴。汁受けもステンレス製で汚れをさっと拭き取るだけでメンテナンスも楽ちんです。専用のガス缶を使うタイプで、初心者でも扱いやすいですね。軽量で持ち運びもしやすいのでキャンプなどで活躍してくれます。

タイプガス
火力3900kcal/h
サイズ幅54×33×奥行12cm(収納時)
重量約3.9kg
素材ステンレス
風よけ

人気のツーバーナーおすすめ② SOTO(ソト) レギュレーター2バーナー GRID ST-526

SOTO(ソト) レギュレーター2バーナー GRID ST-526

ソト(SOTO) レギュレーター2バーナー GRID ST-526

参考価格: 26,400円

出典: Amazon
Amazon26,400円
楽天

扱いやすいCB缶を使ったツーバーナーです。ガス缶を横向きに設置できるため、高さが出ないデザインが特徴。風防は取り外し可能で収納力も高いアイテムです。専用のケースに入れれば持ち運びも簡単。火力はやや低めですが、基本的な調理に不便はありません。

タイプガス式CB缶
火力2,500kcal/h
サイズ幅473×奥行252×高さ145mm
重量2.25kg
素材ステンレス
風よけ◯(取り外し可能)

人気のツーバーナーおすすめ③ Coleman(コールマン) パワーハウスツーバーナーストーブ  413H

Coleman(コールマン) パワーハウスツーバーナーストーブ  413H

コールマン 2-バーナー デュアル パワーハウス 液体燃料 ストーブ 【並行輸入品】

参考価格: 21,200円

出典: Amazon
Amazon21,200円
楽天

ランニングコストを低く抑えたい人におすすめのホワイトガソリンを使った製品を紹介します。人気の高いコールマンのアイテムで、おしゃれなデザインも魅力的。メインコンロとサブコンロで火力が違います。ポンピングやメンテナンスの手間はありますが、長時間調理でき、燃料費を抑えられるところが魅力です。

タイプホワイトガソリン
火力メイン:2675kcal/h・サブ:2000kcal/h
サイズ約55.5×40×39cm
重量約4.4kg
素材-
風よけ◯(取り外し不可)

人気のツーバーナーおすすめ④ Iwatani(イワタニ) スタンド型BBQグリル グリルスター CB-SBG-1

Iwatani(イワタニ) スタンド型BBQグリル グリルスター CB-SBG-1

イワタニ スタンド型BBQグリル グリルスター CB-SBG-1

参考価格: 37,800円

出典: Amazon
Amazon37,800円
楽天

機能性に優れたイワタニの製品です。テーブルとコンロの2WAY使用が可能です。コンパクトに畳み、ケースについたキャリーで運ぶことが可能。組み立ても便利で移動にも負担が少ないアイテムですね。デザインもおしゃれで人気があります。風邪の影響を受けにくいよう設計されているため、しっかりした風防がなくても安定した火力で活用できます。

タイプガス式CB缶
火力2,800kcal/h
サイズ幅816×奥行519×高さ1072mm
重量約11.3kg
素材ステンレス
風よけ

人気のツーバーナーおすすめ⑤ IWATANIPRIMUS(イワタニプリムス) オンジャ P-COJ

PRIMUS(プリムス) P-COJ オンジャ

PRIMUS(プリムス) P-COJ オンジャ

参考価格: 23,100円

出典: Amazon
Amazon23,100円
楽天

ユニークなデザインが目を引くおすすめのアイテムです。火力が強く、大きな調理器具や大人数の調理でも安心。付属のウッドボードは鍋敷きなどに活用できます。アウトドア用のOD缶を使うので、ハイパワーでも燃料はコンパクトにまとめられます。収納すると肩にかけられるように作られているため、持ち運びもしやすいですね。木の素材も使っているため、アウトドアの雰囲気がより楽しめます。

タイプガス式OD缶
火力3500kcal/h
サイズ43×14×30cm(収納時)
重量3kg(+ウッドボード490g)
素材-
風よけ◯(取り外し不可)

人気のツーバーナーおすすめ⑥ スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナースタンダード GS220

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナースタンダード GS220

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナースタンダード GS220

参考価格: 30,300円

出典: Amazon
Amazon30,300円
楽天

スノーピークは人気のアウトドアメーカーです。アウトドア用のOD缶を使うため、安定した強い火力で調理が可能です。また、素材にステンレスを使い、フッ素加工を施してあるためメンテナンスが楽にできるところも特徴。バーナーヘッドは凹型を採用し、大きな調理器具も使いやすくキャンプシーンでも安定して活用できます。

タイプガス式OD缶
火力2800kcal
サイズ563×293×383mm
重量約7kg
素材ステンレス
風よけ◯(取り外し可能)

人気のツーバーナーおすすめ⑦ イワタニ テーブルトップ型BBQグリル フラットツイングリル CB-TBG-1

イワタニ テーブルトップ型BBQグリル フラットツイングリル CB-TBG-1

イワタニ テーブルトップ型BBQグリル フラットツイングリル CB-TBG-1

参考価格: 18,500円

出典: Amazon
Amazon18,500円
楽天

室内用のカセットコンロとしても活用できツ岩谷の人気アイテムを紹介します。焼肉を焼くプレートもセットでき、バラエティに富んだ料理が楽しめます。さらに別売りのたこ焼きプレートもあり、家族でパーティータイムを楽しむにもおすすめ。扱いやすいCB缶で、災害時での調理器具としても活用できるでしょう。サイズは大きめで持ち運びには不向きです。

タイプガス式CB缶
火力2800kcal/h
サイズ幅627×奥行439×高さ409mm
重量7.7kg
素材ステンレス
風よけ×

人気のツーバーナーおすすめ⑧ ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー ST-525

ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー ST-525

ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー ST-525

参考価格: 16,280円

出典: Amazon
Amazon16,280円
楽天

名前の通りハイパワーで強い火力が利用できるアイテムです。常に2本のCB缶から燃料を供給するようにつくられているため、安定した火力で調理ができます。ただし、その分ランニングコストは高くなってしまう傾向があるでしょう。CB缶を利用しても温度が下がりにくく、長時間使用できるところも特徴です。

タイプガス式CB缶
火力4800kcal/h
サイズ幅55×奥行34×高さ55cm
重量5.1kg
素材カラー鋼板
風よけ◯(取り外し不可)

人気のツーバーナーおすすめ⑨ キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステイジャーコンパクトガスバーナーコンロ M-8249

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステイジャーコンパクトガスバーナーコンロ M-8249

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー BBQ用 ステイジャーコンパクトガスバーナーコンロM-8249

参考価格: 13,156円

出典: Amazon
Amazon13,156円
楽天

おしゃれなデザインが人気のキャプテンスタッグのアイテムです。使っている素材は、メラミン焼き付け塗装を施した鉄を採用し、メンテナンスしやすい製品です。耐久性にも申し分なし。コンパクトにまとめることができ、比較的持ち運びしやすいところも魅力的。専用のOD缶を使って高い火力で大なべ調理も可能です。

タイプガス式OD缶
火力3000kcal/h
サイズ約)640×330×490mm
重量4.6kg
素材メラミン焼付塗装を施した鉄
風よけ◯(取り外し不可)

人気のツーバーナーおすすめ➉Coleman(コールマン) 425 ツーバーナー 3000000492

Coleman(コールマン) 425 ツーバーナー 3000000492

Coleman(コールマン) 425 ツーバーナー 3000000492

参考価格: 24,999円

出典: Amazon
Amazon24,999円
楽天

ホワイトガソリンを使った燃費の良い製品です。ランニングコストを抑えたい人におすすめ。収納サイズはコンパクトで持ち運びにも便利です。最愛3時間以上連続使用することができ、キャンプで活用したい人にぴったり。おしゃれな見た目でキャンプ気分を盛り上げてくれるアイテムです。

タイプホワイトガソリン
火力メイン:2675kcal/h・サブ:2000kcal/h
サイズ約55.5×40×39cm
重量約4.4kg
素材-
風よけ◯(取り外し不可)

人気のツーバーナーおすすめ⑪ コールマン ロードトリップグリルLXE-J 205231

コールマン ロードトリップグリルLXE-J 205231

コールマン ロードトリップグリルLXE-J 205231 【日本正規品】

参考価格: 34,880円

出典: Amazon
Amazon34,880円
楽天

寒い気候でも安定した火力で調理ができるツーバーナーです。スタンド式で簡単に収納が可能。重量は重くてもキャスター付きで持ち運びが簡単です。BD缶を使用し、初心者でも使いやすいところも嬉しいですね。フッ素加工されているためメンテナンスの手間も省けます。ふたを閉めるとグリル調理ができる点が一番の魅力。野外でピザも焼ける人気アイテムです。

タイプOD缶
火力約5000kcal/h(約2500kcal/h×2)
サイズ約118×46×112.5(h)cm
重量約18kg
素材スチール、他
風よけ×

人気のツーバーナーおすすめ⑫ キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ガス ツーバーナー コンロ エクスギア UF-17

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ガス ツーバーナー コンロ エクスギア

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ガス ツーバーナー コンロ エクスギア UF-17

参考価格: 15,980円

出典: Amazon
Amazon15,980円
楽天

収納力の高い持ち運びに便利な製品を紹介します。キャプテンスタッグのツーバーナーで、厚さ約8㎝のサイズにまとまります。カバンのように手軽に持ち運びができますね。汁受けはステンレス素材でメンテナンスも楽にできます。風防やごとくは取り外し可能。OD缶で最大火力にも申し分なし、本格的な調理も問題ありません。比較的手に取りやすい価格で使えるコスパのよいアイテムです。

タイプガス式OD缶
火力3000kcaL/h
サイズ約66.5cm×奥行約35cm×高さ約50cm
重量約5kg
素材鉄(メラミン焼付塗装)
風よけ

人気のツーバーナーおすすめ⑬ スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナー液出し GS230

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナー液出し GS230

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナー液出し GS230

参考価格: 48,180円

出典: Amazon
Amazon48,180円
楽天

ハイパワーのガス式ツーバーナーです。OD缶をさかさまに装着するところが特徴。ガスを液体のまま使う液出し方式が採用されています。液だし方式にすると、カートリッジが気化熱によって冷えるのを防いでくれます。そのため圧力低下によるドロップダウンを防げるところがポイント。ガスを無駄なく使い切り、長い間調理ができる仕組みです。キャンプやバーベキューで長く楽しみたい人におすすめ。ただし、専用のカートリッジが必要になるためランニングコストを抑えたい人には不向きです。

タイプガス式OD缶
火力3000kcal/h
サイズ563×293×383mm
重量7.3kg
素材ステンレス
風よけ◯(取り外し不可)

人気のツーバーナーおすすめ⑭ テンマクデザイン  サイレント ツー バーナー tent-Mark DESIGNS

テンマクデザイン  サイレント ツー バーナー tent-Mark DESIGNS

テンマクデザイン  サイレント ツー バーナー

参考価格: 8,778円

出典: Amazon
Amazon8,778円
楽天

ガスやホワイトガソリンではなくアルコールを使って火力を起こす珍しいタイプのツーバーナーです。一番の魅力は名前の通り、静かなところ。調理の音を気にせず、せせらぎや風の音など、自然の音を楽しみたい人にぴったり。テンマクデザインとOUTDOOR SHOP DECEMBERとのコラボ商品です。トランギアのアルコールバーナーを使用します。高さがなくテーブルの上でそのまま使えるところも特徴です。

タイプトランギアアルコールバーナー専用
火力-
サイズ幅400㎜×奥行250㎜×高さ82㎜
重量2kg
素材ステンレス
風よけ×

人気のツーバーナーおすすめ⑮ コールマン(Coleman) パワーハウスLPツーバーナーストーブ2

コールマン(Coleman) パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 2000021950

コールマン パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 レッド 2000021950 【日本正規品】

参考価格: 9,979円

出典: Amazon
Amazon9,979円
楽天

高スペックな人気アイテムを見てみましょう。機能性にもコストパフォーマンスにも優れた人気の製品です。OD缶を使用し、初心者でも扱いやすいツーバーナーです。収納力も高く、持ち手がついているため運ぶときも楽チン。火力も強いため、大なべ調理でも問題ありません。ステンレス素材で耐久性も申し分なし。これだけの機能がそろっているのに1万円以下の価格で手に入るところが魅力です。ツーバーナーを初めて購入する人におすすめ。

タイプガス式OD缶
火力7000kcal(3500kcal×2)
サイズ約64×32.5×52(h)cm
重量4.2kg
素材ステンレス
風よけ◯(取り外し不可)

ツーバーナーおすすめ一覧比較表

おすすめのツーバーナーを比較表でチェックしましょう。それぞれの特徴を比較すれば、お気に入りのアイテムを探すときの参考になるはず。わかりやすい一覧表で、おすすめの製品を比べて見てはいかがですか?

スクロールできます

商品
商品名ユニフレーム ツインバーナーUS-1900 610305ソト(SOTO) レギュレーター2バーナー GRID ST-526コールマン 2-バーナー デュアル パワーハウス 液体燃料 ストーブ 【並行輸入品】イワタニ スタンド型BBQグリル グリルスター CB-SBG-1PRIMUS(プリムス) P-COJ オンジャスノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナースタンダード GS220イワタニ テーブルトップ型BBQグリル フラットツイングリル CB-TBG-1ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー ST-525キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー BBQ用 ステイジャーコンパクトガスバーナーコンロM-8249Coleman(コールマン) 425 ツーバーナー 3000000492コールマン ロードトリップグリルLXE-J 205231 【日本正規品】キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ガス ツーバーナー コンロ エクスギア UF-17スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナー液出し GS230テンマクデザイン  サイレント ツー バーナーコールマン パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 レッド 2000021950 【日本正規品】
価格22,500円26,400円21,200円37,800円23,100円30,300円18,500円16,280円13,156円24,999円34,880円15,980円48,180円8,778円9,979円
タイプガスガス式CB缶ホワイトガソリンガス式CB缶ガス式OD缶ガス式OD缶ガス式CB缶ガス式CB缶ガス式OD缶ホワイトガソリンOD缶ガス式OD缶ガス式OD缶トランギアアルコールバーナー専用ガス式OD缶
火力3900kcal/h2,500kcal/hメイン:2675kcal/h・サブ:2000kcal/h2,800kcal/h3500kcal/h2800kcal2800kcal/h4800kcal/h3000kcal/hメイン:2675kcal/h・サブ:2000kcal/h約5000kcal/h(約2500kcal/h×2)3000kcaL/h3000kcal/h-7000kcal(3500kcal×2)
サイズ幅54×33×奥行12cm(収納時)幅473×奥行252×高さ145mm約55.5×40×39cm幅816×奥行519×高さ1072mm43×14×30cm(収納時)563×293×383mm幅627×奥行439×高さ409mm幅55×奥行34×高さ55cm約)640×330×490mm約55.5×40×39cm約118×46×112.5(h)cm約66.5cm×奥行約35cm×高さ約50cm563×293×383mm幅400㎜×奥行250㎜×高さ82㎜約64×32.5×52(h)cm
重量約3.9kg2.25kg約4.4kg約11.3kg3kg(+ウッドボード490g)約7kg7.7kg5.1kg4.6kg約4.4kg約18kg約5kg7.3kg2kg4.2kg
素材ステンレスステンレス-ステンレス-ステンレスステンレスカラー鋼板メラミン焼付塗装を施した鉄-スチール、他鉄(メラミン焼付塗装)ステンレスステンレスステンレス
風よけ◯(取り外し可能)◯(取り外し不可)◯(取り外し不可)◯(取り外し可能)×◯(取り外し不可)◯(取り外し不可)◯(取り外し不可)×◯(取り外し不可)×◯(取り外し不可)
商品リンク
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る

ツーバーナーの使い方・お手入れの方法をご紹介!

ツーバーナーの基本的な使い方やお手入れ方法を紹介します。きちんとした使い方やお手入れ方法をチェックしておけば、初めて使うときでも安心ですね。

細かいところは各製品ごとに違います。自分が購入した製品の取扱説明書をよく読み、正しい使い方で安全にツーバーナーを活用しましょう。

ツーバーナーの使い方

基本的な調理は、家庭のコンロと同じです。火力を調節しながら調理を行います。

ツーバーナーを使うときは燃料のタイプによって準備が違います。ガスの方は、説明書通りにガスをセットすればOK。しかしホワイトガソリン式は、事前にポンピングが必要です

本体からタンクを取り出し、燃料をセットしたらキャップをしっかり閉めてポンプノズルを抜き差しします。しっかりポンピングをしてから着火するようにしましょう。

お手入れ方法

基本的にツーバーナーの汚れを取るときは、水洗いはできません。中性洗剤を使って汚れを拭き取るようにしてお手入れしましょう。

ホワイトガソリンタイプは一定期間たつと、ジェレーターやバルブの交換が必要です。また、ガスタイプもノズルが詰まらないようにワイヤーブラシなどを使って、定期的に汚れを掃除してお手入れするとよいでしょう
 

野外で本格調理をするならツーバーナーがおすすめ!

季節のよい時期は思い切り自然を満喫したいと思いませんか?そんなときはキャンプやバーベキューが一番です。自然の中で楽しむ食事は格別ですね。そこで、アウトドアシーンでも美味しい料理を楽しみたい人にぴったりのアイテムがツーバーナーです。火力も強く、安定しているため家庭と同じような本格的な調理を実現してくれるでしょう

ツーバーナーを導入して、よりレベルの高い屋外調理を楽しんでみませんか?これまで以上にこだわりのおいしい食事で自然を目いっぱい満喫できるでしょう。

人気おすすめのバーベキューコンロ20選【キャンプ/コンパクト/コールマン】のイメージ
人気おすすめのバーベキューコンロ20選【キャンプ/コンパクト/コールマン】
皆さんはどれくらいの頻度でバーベキューをしますか?あまりしないという方もよくするという方も、一度バーベキューコンロを見直してみるのがおすすめです。バーベキューコンロの種類は本当に様々です。悩む!という方はぜひ、この記事のおすすめ20選を参考にしてください。
ライスクッカー人気おすすめ10選【アウトドアでも簡単で美味しいご飯を炊飯で炊こう】のイメージ
ライスクッカー人気おすすめ10選【アウトドアでも簡単で美味しいご飯を炊飯で炊こう】
【人気ライスクッカー】キャンプなどのアウトドアでも、美味しいご飯が食べられると最高ですよね。そんな方におすすめなのが、ライスクッカーを使った炊飯方法です。本記事では、購入時の参考として、人気・おすすめの10商品をご紹介します。
トングのおすすめランキング15選【ステンレス製/おしゃれ/キャンプ】のイメージ
トングのおすすめランキング15選【ステンレス製/おしゃれ/キャンプ】
キッチンインテリアはこだわりたい人が多いと思います。特にトングはサラダやケーキを取り分けたり、おもてなしのシーンでもよく使用する為、気に入ったものを選びたいところです。今回はキャンプ向けのものまで、おすすめの人気トングをランキング15選でご紹介して行きます!
チャッカマンおすすめ人気ランキング8【花火やキャンプ!簡単に安全に火を使おう!】のイメージ
チャッカマンおすすめ人気ランキング8【花火やキャンプ!簡単に安全に火を使おう!】
焚火や花火をやるときに意外と準備するのが面倒なのがチャッカマン。コンビニで安いのを買っても、風が強いときなどに上手く火が付かない経験をした人も多いのではないでしょうか。ここでは、どんな場面でもスマートに使えるおすすめ人気チャッカマンをランキングで紹介していきます!
人気おすすめのカセットコンロ15選【防災/アウトドア】のイメージ
人気おすすめのカセットコンロ15選【防災/アウトドア】
カセットコンロはバーベキューやアウトドアキャンプの際、焼肉などの料理をするのにとても便利でおすすめです。ひとえにカセットコンロと言っても火力やガス消費量など様々な選ぶポイントがあります。今回は無印やニトリ、イワタニなどの人気おすすめのカセットコンロをご紹介します。
人気おすすめのバーベキュー用炭10選【継ぎ足し方などのコツも紹介!】のイメージ
人気おすすめのバーベキュー用炭10選【継ぎ足し方などのコツも紹介!】
いま人気のキャンプやバーベキューなどで、みなさんは手際良く火を起こしたくありませんか?キャンプ場などでも薪や炭は売っていますが、高かったり湿気っていたりしておすすめできません。ここでは、バーベキューにぴったりな簡単に火が付く人気おすすめの炭を紹介します。

関連記事

Article Ranking