タブレットメーカーを徹底比較|おすすめ人気メーカーの商品もチェック!

タブレットメーカーを徹底比較|おすすめ人気メーカーの商品もチェック!

おすすめの人気タブレットをたくさんのメーカーから紹介します。タブレットにはタブレット端末やタブレットpcなど種類もいろいろあってやや複雑ですが、各メーカーの人気おすすめタブレットの特徴も説明しながら、タブレット端末やタブレットpcをおすすめします。

目次 [表示]

タブレットメーカーの特徴・性能を比較して自分に合ったあタブレットを選ぼう!

2010年にApple社がiPadを世に送り出したことを皮切りに、市場には様々なタブレット端末があふれています。タブレットを購入したくてもいったい何を買えばよいかわからない方も多いのではないでしょうか?

通話可能だったり、防水だったり、simフリーであったり、解像度が高かったり、高性能なタブレット端末も数多く存在し、2020年以降も、より高性能な商品が続々と登場するでしょう。

ここでは数多くあるメーカーによる人気タブレット端末の特徴や性能を説明するとともに、人気のタブレットも比較しながら紹介していくので、自分にあったタブレットを購入する際の参考になればいいと思います。

タブレットメーカー比較!

ここでは、代表的なメーカーとそれぞれの特徴について紹介します。

Apple

iphoneipadを提供している世界的に有名なアメリカのメーカーです。GoogleマイクロソフトとならんでOS開発を手掛ける超大手企業です。説明書がなくても操作できることをウリにしており、直感的に操作できるという便利さとスタイリッシュなデザインがおしゃれで人気です。

価格は比較的高めですが、ハイスペックで使い勝手が良い、納得のクオリティですが、ipadは他社の機種と比べるとsimフリー対応のものは少ないです。

Google

GoogleはAndroidと呼ばれるOSを開発、提供していることで有名ですが、タブレットの販売も行っていました。しかし「Pixel Slate」を最後にタブレット端末の開発から撤退することを発表しました。それ以前ではASUSとともに開発した「Nexus 7」やサムスンと開発した「Nexus 10」などNexusシリーズがGoogleタブレットとしては人気でした。

各メーカーがこぞって安いタブレットを販売するようになったため、Googleはハードよりもソフトへの転換を重視しました。ご存知のようにアンドロイドを搭載したタブレットは他のメーカーからも数多く製造、販売されていて大人気のOSです。

マイクロソフト

マイクロソフトはWindowsのOSも提供しているメーカーで、wordやexcelでおなじみのOfficeを使用できるため、ビジネスシーンで最も効力を発揮します。PCで使用したwordやexcelのデータをタブレットpcで見たり編集できる魅力があります。

よくキーワードにもあがるタブレットpcとは、このマイクロソフト社が開発した、インターエースに対応したMicrosoft Windows XP Tablet PC Edition (2001年発表)やその後継OSが搭載されたタブレットの1種を言います。

タブレットpcはタッチパネルやペン入力操作に対応していることを特徴としていますが、今ではほどんどすべてのタブレット端末がタッチパネルに対応しているため、広義の意味ではタブレット端末全般を指すこともあります。

インターネット上ではタブレット端末とタブレットpcという言葉が混同して使用されていることも多いため、あまり気にしすぎない方が良いでしょう。ここではタブレットpcWindows搭載のタブレットとして触れていきます。

ASUS

ASUSはPCのディスプレイやスマホを製造する、コスパの高いことで知られるいわゆる中華タブレットのメーカーです。PCのパーツを供給しているため、商品が多いことが最大の魅力です。OSはAndroidを使用しており、タブレットやスマホは動作が軽快なので、動画の閲覧やネット検索などに適しています。

操作性も便利で、代表的なタブレットに「ZenPad」シリーズがあります。高品質で価格が安いのが最大の特徴です。

Acer

Acerは台湾のPCパーツやタブレットなどを手掛けるメーカーです。こちらのタブレットpcも、いわゆる中華タブレットとして人気が高いです。日本ではあまり知られていないメーカーですがPCの出荷数において世界的なシェアは高く、常に上位にランクインするほどです。

タブレットpcは品質が高くて価格が安いことで大変人気です。OSはAndroidまたはWindowsが搭載されていることが特徴で、安いものだと一万円台から購入可能です。「Iconia」シリーズのタブレットpcが有名です。電子書籍を読んだり、動画を観たり、主に趣味で使いたい方にお勧めです。

Huawei

Huaweiは中国にある、通信機器を主に取り扱うメーカーです。Huaweiのタブレットもいわゆる「中華タブレット」に属しますが、Huaweiは高性能で世界的なシェアもとても高いことで知られています。「Media Pad」がHuaweiの代表的なタブレットのシリーズで、搭載しているOSはAndroidです。動作は快適で、サイズの幅もバリエーションが豊か、通話可能だったり、防水機能を有している機種もあります。

NEC

NECは日本のメーカーで、住友グループの「日本電気株式会社」という電機メーカーの略号です。NECのタブレット端末は、AndroidをOSとした「Lavie」シリーズが代表的な機種で高性能かつ、軽量で使いやすいのが特徴です。海外メーカーが主流のタブレット市場において、NECは日本のメーカーということもあり、信頼性がとても高いです。

レノボ・ジャパン

レノボ(Lenovo)は香港に本店を置き、アメリカ、中国、日本にオペレーションセンターを置く、PCを中心としたメーカーです。2016年からは携帯電話部門をモトローラのブランドに一本化しています。

その日本法人企業がレノボ・ジャパンです。タブレットは主にAndroidを搭載した、動画視聴やネット検索などの趣味に向いたものが多いですが、Windows搭載のものも販売しており、ビジネス利用に向いた商品の取り扱いもあります。

タブレットの選び方

タブレットを選ぶ際にはいくつかのポイントに着目して、何に優先順位を置くか考えるとよいでしょう。いくつかのポイントを説明するので参考にしてみてください。

OSで選ぶ

WindowsやAndroid、iOSなど、メーカーによって使うOSは様々です。お使いのPCやスマホと同じOSのタブレットを使用することでデータを連動してもいいでしょうし、あえて違うOSのスマホを使用して異なる用途に使用するのもいいでしょう。

Windows

Windowsはマイクロソフト社が開発、販売しているOSです。WindowsはPCを中心にビジネスにプライベートに幅広く使用されているため、エクセルやワードなど、ソフトを使いなれている人も多いですし、所有している他のWindowsのデバイスと連動させることが最大の魅力です。

Windowsを搭載したタブレットpcはマイクロソフトだけでなく恵安やLenovoなど様々なメーカーから販売されており、商品ラインナップも充実しています。

Android

AndroidはGoogleが開発したOSです。国内外問わず幅広く、数多くのメーカーがAndroidをOSとして搭載したタブレットを販売しており、スマホ、タブレットの豊富さは随一です。価格の安い中華タブレット端末にも、OSとしてアンドロイドを搭載したものがたくさん販売されており、バリエーションとしては最も幅広いと言えるでしょう。

iOS

iOSはアップル社が開発、販売するOSです。他のOSは複数社が端末に搭載して販売しているのに対し、iOSはアップル社が製造する端末にのみ搭載されているのが特徴です。スマホではiphone、タブレットではiPadが該当します。おしゃれで高品質なツールとして数多くの人に愛されています。

Fire OS

Fire OSはAndroidをベースにしたAmazon独自のOSでAmazon Fire TV、Fire TV Stickなどに搭載されています。タブレットではFireタブレットに搭載されています。Amazon独自と書いているので誤解されがちですが、Androidをベースとしているので互換性は高いです。

アンドロイドのスマホと連動させることもできますが、例えば、家庭でAmazon Primeに加入している場合など、Amazonのタブレットで外出時に動画を観れたりできるので便利です。

CPUで選ぶ

CPUとは一言でいうと「中央演算処理装置」のことです。これはデータの処理や計算をおこなう、タブレットの中枢を担うパーツのことです。タブレットの性能に大きく影響するため、意識しておくようにしましょう。

CPUは初心者には少しわかりづらいことも多いのですが、大雑把にいうならば「コアの数」と「周波数」の2項目に着目するとよいでしょう。

コアの数

コアとは実際に演算のような処理を行う、CPUの中枢を担う場所のことです。この数字が大きいほど性能は高く処理能力が上がるので、コアの数が多いCPUを選ぶとよいでしょう。

具体的には「デカ(10)コア」や「ヘキサ(8)コア」がコアの数としては大きくて、処理能力が高いです。処理の重いゲームや動画などもさくさく進めることができます。しかし、その分価格は高くなります。

一方で「オクタ(6)コア」や「クアッド(4)コア」は上記よりも処理能力としては劣りますが、値段と性能とのバランスはとれています。価格を重視したいならこちらがおすすめです。

クロック周波数

クロック周波数とはコアあたりの計算の速さを示す数値です。もちろん、数字が高くなるほどCPUの処理能力も高いです。単位としては「GHz」が使用されます。

処理の重い作業をこなすのに適したクロック周波数は「2.5GHz以上」で、軽い処理で十分、という方は「2.0GHz」あれば十分でしょう。クロック周波数も数値が高いほど価格もあがりますが、またバッテリーの消費が早くなるというデメリットもあるので注意しましょう。

タブレットメーカーのおすすめ10選

それでは様々なメーカーが販売しているおすすめのタブレットを10選紹介していきます。

おすすめタブレットメーカー① 「Lenovo ZA5G0084JP Androidタブレット」

レノボジャパン Lenovo ZA5G0084JP Androidタブレット Lenovo Tab M8 アイアングレー [8型ワイド /ストレージ:16GB /Wi-Fiモデル][タブレット 本体 8インチ wifi][ZA5G0084JP]

参考価格: 17,380円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天17,380円

まずはレノボジャパンから「レノボジャパン Lenovo ZA5G0084JP Androidタブレット」を紹介します。こちらは楽天で購入可能です。視野角が広く、色変化も少ないため、いろんな角度から画面をきれいに観ることができます。

また、8.0インチのIPS液晶画面なので、いろんなシチュエーションで動画を楽しみたい方におすすめです。さらに、アイプロテクション技術を採用しているので、目に優しく、長時間見る際の疲れを低減してくれます。

OSAndroid
CPUMediaTek Helio A22 Tabクアッドコア
インチ8
ストレージ容量16GB
メモリ2GB
カメラの性能画素数:200万画素/500万画素/フォーカス方式:FF / AF
重さ約 305g

おすすめタブレットメーカー② 「NEC PC-TE710KAW タブレット LAVIE Tab E」

NEC PC-TE710KAW タブレット LAVIE Tab E ホワイト

参考価格: 43,780円

出典: 楽天
楽天43,780円

続いて、NECの人気シリーズ「LAVIE」から「NEC PC-TE710KAW タブレット LAVIE Tab E」を消化します。フルセグチューナが内蔵されており地上デジタル放送(フルセグ、ワンセグ)を楽しむことができるのが特徴です。

さらに、防塵・生活防水対応のため、キッチンなど、動画を楽しむシチュエーションの幅がぐっと広がります。

CPUとしてはパワフルな8コアプロセッサを搭載しており、さらには大容量4GBメインメモリを採用しいるため動画視聴や保存に非常に適しています。

OSAndroid 9.0
CPUQualcomm Snapdragon450 1.8GHz
インチ10.1型ワイド
ストレージ容量約64GB
メモリ4GB
カメラの性能
重さ約520g

おすすめタブレットメーカー③ 「ファーウェイ T510-AGS2-W09-BK-32」

HUAWEI ファーウェイ T510-AGS2-W09-BK-32 Androidタブレット MediaPad T5 10 [10.1型 /ストレージ:32GB /Wi-Fiモデル][タブレット 本体 10インチ wifi T510AGS2W09BK32]

参考価格: 20,926円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天20,926円

正方形に近い長方形の、見た目がおしゃれなHUAWEIの人気シリーズタブレットMediaPadです。HUAWEI 独自の音響技術であるHistenを使用したデュアルステレオスピーカーを搭載しており、3Dサラウンド効果によってまるで生音を聞いているかのような臨場感を再現しています。

また、高級感のあるメタルボディデザインでおしゃれかつエレガントなデザインに加え465gと非常に軽量であることも大きな魅力です。CPUは2.36GHzのオクタコアプロセッサで、複数のアプリをスムーズに処理しながら優れたパフォーマンスを発揮します。楽天で購入可能です。

 

OSAndroid 8.0 / Emotion UI 8.0
CPUHUAWEI Kirin 659 オクタコア
インチ10.1
ストレージ容量32GB
メモリ3GB
カメラの性能インカメラ: 200万画素 (FF)、メインカメラ: 500万画素(AF)
重さ約465g

おすすめタブレットメーカー④ 「NEC Androidタブレット LAVIE Tab E シルバー」

NEC Androidタブレット LAVIE Tab E シルバー [8型ワイド /ストレージ:32GB /Wi−Fiモデル] PC−TE508KAS

参考価格: 25,600円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天25,600円

NECの「Androidタブレット LAVIE Tab E」はタブレットとしてはややコンパクトなサイズです。使用頻度が低いアプリの電池利用を自動で制限してくれる機能を備えています。人工知能(AI)が電池の使用状況をし、バッテリー使用を効率化してくれるという大変便利な機能がついています。

Microsoft Office Mobile搭載で、自宅や外出先でもしっかりとビジネスをサポートしてくれます。
 

OSAndroid9.0
CPUMediaTek Helio A22
インチ8
ストレージ容量32GB
メモリ2GB
カメラの性能フロント約200万画素、リア約800万画素
重さ約305g

おすすめタブレットメーカー⑤ 「Acer ( エイサー ) Iconia One 8 ( B1-850 )」

【3/27まで全商品ポイント2倍】Acer ( エイサー ) Iconia One 8 ( B1-850 ) Android5.1 8インチ MTK MT8163 メモリ 1GB eMMC 16GB Wi-Fi 本体 タブレットPC

参考価格: 9,580円

出典: 楽天
出典: 楽天
楽天9,580円

なんと、価格にして一万円をきるタブレットが、Acerの「Lconia one 8」です。CPUのクロック周波数が1.3GHzと低めではありますが、動画視聴などに区に感じるほどではありません。

340gという超軽量が魅力的でバッテリーも容量も大きく、長時間動画を見ることにも耐えられます。圧倒的なコスパを誇る中華タブレットです。

OSAndroid 5.1
CPU1.30GHz ARMCortexA53プロセッサー
インチ8
ストレージ容量16GB
メモリ1GB
カメラの性能約200万画素/約500万画素
重さ約340g

おすすめタブレットメーカー⑥ 「Huawei docomo dtab Compact d-02H」

Huawei docomo dtab Compact d-02H Silver

参考価格: 15,800円

出典: Amazon
Amazon15,800円
楽天

docomoが販売するHUAWEIのタブレット「dtab Compact d-02H」は様々なシーンで楽しめるように設計されており、ダブルレンズカメラ搭載でさらに防水機能を備えているところが大きな特徴です。

重さも309gと超軽量で長時間動画を観ていても疲れを感じません。おしゃれでコスパが高く、防水機能も有していたり、スペック盛りだくさんのお買い得商品です。

OSAndroid 5.1
CPUHisilicon Kirin 659 Quad Core Xeon
インチ8
ストレージ容量16GB
メモリ16GB
カメラの性能
重さ599 g

おすすめタブレットメーカー⑦ 「Microsoft SurfaceGo」

マイクロソフト Microsoft SurfaceGo [10.0型 /eMMC 64GB /メモリ 4GB /Intel Pentium /シルバー/2019年] MHN-00017 Windowsタブレット サーフェスゴー[サーフェスgo タブレット 本体 10インチ MHN00017]

参考価格: 54,980円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天54,980円

Microsoftの「Surface Go」はOSをwindowsとしたタブレットpcで、ビジネスにおいてその効力を最も発揮します。メモリや容量も大きいので、動画視聴も快適でビジネスにも趣味にも幅広く対応でき、出張帰りの新幹線で映画を見る場合などにおすすめの商品です。

OSWindows 10 Home (Sモード)
CPU第 7 世代Intel Pentium Gold 4415Y(2コア 1.60GHz)
インチ10
ストレージ容量64GB
メモリ4GB
カメラの性能前面カメラ画素数:5 メガピクセル 背面カメラ画素数:8 メガピクセル
重さ約522g

おすすめタブレットメーカー⑧ 「ASUS タブレット ZenPad 10 Z300C」

エイスース 10.1型タブレットパソコン ZenPad 10 Wi-Fiモデル(ダークブルー) Z301M-DB16

参考価格: 19,800円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon19,800円
楽天

コスパの高さで名高いAUSUの「ZenPad 10」はいわゆる中華タブレットで価格が安いのが最大の魅力です。加えてこのサイズとしてかなり軽量なタイプです。高価格帯のタブレットと比べると性能にはやや劣るものの、画面解像度やこそ劣るものの動作も快適でこの価格帯のタブレットとしては十分に満足できる品質です。

メーカーAndroid7.0
OSAndroid7.0
CPUMediaTek MT8163B プロセッサー(クアッドコアCPU) 1.3GHz
サイズ10.1インチ
ストレージ容量16GB
重さ472g

おすすめタブレットメーカー⑨ 「Amazon(アマゾン) Fire HD 10 タブレット B07KD9HHM3」

【新品】Amazon(アマゾン) Fire HD 10 タブレット B07KD9HHM3 ブラック [10.1型 /ストレージ:32GB /Wi-Fiモデル] [振込不可]

参考価格: 15,980円

出典: 楽天
楽天15,980円

Amazonからは「Fire HD 10 」をおすすめします。2019年のモデルで圧倒的コスパに優れた商品です。画面は迫力のある10.1インチでオーディオステレオスピーカー、2.0GHzのオクタコアプロセッサ搭載で臨場感のある動画を快適に観ることができ、大変魅力的です。1回の充電で最大12時間使用可能でき、お気に入りの映画などをダウンロードして通勤中や旅行先でも存分に楽しむことができます。

OSFire OS
CPUオクタコアプロセッサ
インチ10.1
ストレージ容量32GB
メモリ2GB
カメラの性能2メガピクセルフロントカメラ、リアカメラ +720pHDビデオレコーディング
重さ504g

おすすめタブレットメーカー⑩ 「Apple iPad 10.2インチ MW752J/A」

新品 Apple/アップル iPad 10.2インチ 第7世代 Wi-Fi 32GB 2019年秋モデル MW752J/A [シルバー] アイパッド 送料無料

参考価格: 40,900円

出典: 楽天
楽天40,900円

最後はAppleのipad2019年モデルです。オンスクリーンのキーボードも、フルサイズのSmart Keyboardを使うこともでき、レポートやプレゼン資料を作るのに大変便利です。

さらに、Bluetoothに対応しているXboxやPlayStaionのコントローラーとペアリングすることで大型画面でゲームと接続できます。ビジネスにも遊びにも大満足に活用できる、2020年現在においても大人気のタブレット端末です。

OSiPadOS
CPU64ビットアーキテクチャ搭載A10Fusionチップ
インチ10.2
ストレージ容量32GB
メモリ
カメラの性能8メガピクセルカメラ
重さ483g

タブレットメーカーおすすめ一覧比較表

スクロールできます

商品
商品名レノボジャパン Lenovo ZA5G0084JP Androidタブレット Lenovo Tab M8 アイアングレー [8型ワイド /ストレージ:16GB /Wi-Fiモデル][タブレット 本体 8インチ wifi][ZA5G0084JP]NEC PC-TE710KAW タブレット LAVIE Tab E ホワイトHUAWEI ファーウェイ T510-AGS2-W09-BK-32 Androidタブレット MediaPad T5 10 [10.1型 /ストレージ:32GB /Wi-Fiモデル][タブレット 本体 10インチ wifi T510AGS2W09BK32]NEC Androidタブレット LAVIE Tab E シルバー [8型ワイド /ストレージ:32GB /Wi−Fiモデル] PC−TE508KAS【3/27まで全商品ポイント2倍】Acer ( エイサー ) Iconia One 8 ( B1-850 ) Android5.1 8インチ MTK MT8163 メモリ 1GB eMMC 16GB Wi-Fi 本体 タブレットPCHuawei docomo dtab Compact d-02H Silverマイクロソフト Microsoft SurfaceGo [10.0型 /eMMC 64GB /メモリ 4GB /Intel Pentium /シルバー/2019年] MHN-00017 Windowsタブレット サーフェスゴー[サーフェスgo タブレット 本体 10インチ MHN00017]エイスース 10.1型タブレットパソコン ZenPad 10 Wi-Fiモデル(ダークブルー) Z301M-DB16【新品】Amazon(アマゾン) Fire HD 10 タブレット B07KD9HHM3 ブラック [10.1型 /ストレージ:32GB /Wi-Fiモデル] [振込不可]新品 Apple/アップル iPad 10.2インチ 第7世代 Wi-Fi 32GB 2019年秋モデル MW752J/A [シルバー] アイパッド 送料無料
価格17,380円43,780円20,926円25,600円9,580円15,800円54,980円19,800円15,980円40,900円
OSAndroidAndroid 9.0Android 8.0 / Emotion UI 8.0Android9.0Android 5.1Android 5.1Windows 10 Home (Sモード)Android7.0Fire OSiPadOS
CPUMediaTek Helio A22 TabクアッドコアQualcomm Snapdragon450 1.8GHzHUAWEI Kirin 659 オクタコアMediaTek Helio A221.30GHz ARMCortexA53プロセッサーHisilicon Kirin 659 Quad Core Xeon第 7 世代Intel Pentium Gold 4415Y(2コア 1.60GHz)MediaTek MT8163B プロセッサー(クアッドコアCPU) 1.3GHzオクタコアプロセッサ64ビットアーキテクチャ搭載A10Fusionチップ
インチ810.1型ワイド10.18881010.110.2
ストレージ容量16GB約64GB32GB32GB16GB16GB64GB16GB32GB32GB
メモリ2GB4GB3GB2GB1GB16GB4GB2GB
カメラの性能画素数:200万画素/500万画素/フォーカス方式:FF / AFインカメラ: 200万画素 (FF)、メインカメラ: 500万画素(AF)フロント約200万画素、リア約800万画素約200万画素/約500万画素前面カメラ画素数:5 メガピクセル 背面カメラ画素数:8 メガピクセル2メガピクセルフロントカメラ、リアカメラ +720pHDビデオレコーディング8メガピクセルカメラ
重さ約 305g約520g約465g約305g約340g599 g約522g472g504g483g
商品リンク
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る

まとめ

たくさんのメーカーから数多くの種類が販売されているタブレット端末ですが、注目すべきポイントを把握できていれば、ご自身がどのようなスペックを求めているが判断でき、購入の参考になるのでないでしょうか?多くは楽天Amazonで購入できます。

おしゃれ、高性能、コスパの高さ、simフリーである、解像度の高さ、通話可能か、防水、OSなど、優先順位をある程度明確にしておいた方が、購入時に失敗することも少なくなります。ぜひ参考にしてみてください。2019年以前のモデルが主流ですが、これからはより高性能2020年モデルもたくさん上市されるので、事前に情報を入手しておくのもいいでしょう。

中華タブレットおすすめ人気ランキング15【ハイスペックでコスパ最強な買うべきタブレット!】のイメージ
中華タブレットおすすめ人気ランキング15【ハイスペックでコスパ最強な買うべきタブレット!】
今や日本のみならず世界的に人気が高まっている中華タブレット。コスパがよく、デザイン性もあるのでおすすめです。今回は、それぞれの用途に合わせて使え、おすすめの中国製の中華タブレットをランキング形式で紹介していきます。ご購入を検討中の方はぜひ、チェックしてみてください。
【徹底比較】タブレットスタンドのおすすめ11選|おしゃれで便利!のイメージ
【徹底比較】タブレットスタンドのおすすめ11選|おしゃれで便利!
使用することでタブレットを手で持つことなく操作ができるタブレットスタンド。用途に合わせて、ひとつは持っておくのがおすすめです。本記事では、様々なタイプのタブレットスタンドを機能性だけではなく、コスパ・おしゃれ度も含め徹底比較し、11のおすすめをご紹介します!
防水タブレットおすすめ人気ランキング15【お風呂でNetflix、アマプラを楽しもう!】のイメージ
防水タブレットおすすめ人気ランキング15【お風呂でNetflix、アマプラを楽しもう!】
防水タブレットはお風呂場でもゲーム・動画・電子書籍などを楽しむことができ、人気を集めています。IPX8対応のタブレットは水没時も保護でき、おすすめです。今回は防水タブレットの選び方をまとめ、IPX8対応など人気でおすすめの防水タブレットをランキングでおすすめ。
格安タブレットおすすめ人気ランキング10【コスパ最強な安いタブレットを買おう!】のイメージ
格安タブレットおすすめ人気ランキング10【コスパ最強な安いタブレットを買おう!】
youtubeや電子書籍に便利な格安タブレットを紹介します。いろんなサービスを楽しむのにスマホではちょっと物足りないという人は、安いタブレットがおすすめ!安い値段で購入でき、充実したネットサービスが楽しめます。おすすめの格安タブレットの選び方もチェックします。
SIMフリータブレットおすすめ人気12【電話機能で通話も可能に!】のイメージ
SIMフリータブレットおすすめ人気12【電話機能で通話も可能に!】
いつでも気軽に電話も使えるSIMフリータブレットは通信費を安く抑えたい人におすすめ。格安simカードを使えば気軽にLTE通信や音声通話が利用できて人気があります。中華系タブレットや人気の音声通話機能がついた通話可能な製品などおすすめのSIMフリータブレットを紹介します。
安いタブレット激安製品にある落とし穴・注意点・失敗を防ごう|失敗しないおすすめ商品も紹介のイメージ
安いタブレット激安製品にある落とし穴・注意点・失敗を防ごう|失敗しないおすすめ商品も紹介
タブレットは、値段が安いモノから高いモノまで色々な商品があります。タブレットを購入した方の中には、激安というワードに惹かれ、失敗してしまったりすぐに故障するなどのトラブルも多いです。安いタブレットランキングと激安品を購入し失敗や故障のデメリットを紹介します。
ムラカミリョーマ
ライター

ムラカミリョーマ

よろしくお願いします。

関連記事

Article Ranking