UMIDIGI Xの評価/スペック/レビューまとめ

UMIDIGI Xの評価/スペック/レビューまとめ

人気の激安スマホ「UMIDIGI X」は、数ある中華スマホのなかでも特に人気や評判が高いおすすめの機種です。格安とは思えないスペックや性能など、今回はUMIDIGI Xの評価やレビューをまとめ、その人気の理由や数々のおすすめポイントについてご紹介していきます。

目次 [表示]

UMIDIGI Xのスペック

中国の人気スマホメーカー・UMIDIGI(ユミディジ)から2019年8月に発売された「UMIDIGI X」は、約2万円で購入できるSIMフリーの中華スマホです。中華スマホというと「安かろう悪かろう」のイメージがある人も少なくありませんが、そんなネガティブなイメージを払拭するぐらいの機能や性能が充実していて、日本でも高い評判となっています。

まずは、UMIDIGI Xのスペック表をご覧ください。

端末名 UMIDIGI X
メーカー UMIDIGI
リリース 2019年8月
サイズ 高さ158.6mm×横幅75.6mm×厚さ8.1mm
重さ 202g
ディスプレイ 6.35インチ/有機EL
解像度 1548×720/HD+/画面比率19.5:9
CPU Cortex-A73×2/Cortex-A53×4/2.0GHz/8コア
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ 128GB(MicroSD対応/最大256GB/スロット共用)
バッテリー容量 4150mAh(USB Type-C)
充電/ワイヤレス充電 有線充電:18W(9V/2A)/非対応
OS Android 9.0
SoC MediaTek Helio P60/MT6771
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
カメラ性能 メインカメラ
48MP+8MP+5MP 特性:広角+超広角+深度
F値:1.79 AI:対応 手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:1/2 PXサイズ:1.6μm

前面カメラ
16MP 特性:広角
F値:2.0 AI:対応
センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
イヤホンジャック あり
防水/防塵 非対応

海外製品であるにも関わらず、技適(技術基準適合証明)認証済みとなっています。なお、対応バンドとしてドコモ(FOMA)、au(UQモバイル)、ソフトバンク(ワイモバイル)にフル対応しています。ただし、au回線についてはSIMフリースマホとの相性が悪いため、なかには利用できないといったケースもあります。購入トラブルにならないよう、あらかじめ利用できるかどうかの確認が必要です。

UMIDIGI Xを選ぶメリット/魅力

スペック表の通り、中華スマホ・激安スマホでありながらも、その性能や機能は恵まれています。さらに、以下で詳しくご説明していきます。

メリット① 外観やデザインがかっこいい!

UMIDIGI製のスマホはどれもみんなシンプルでおしゃれなデザインですが、UMIDIGI Xにいたってはさらに最強に洗練された印象です。カラーは、全部でブラックとブルーの2色で、サイドフレームには高品質なアルミフレームを採用しています。ブラックカラーの背面にある、差し色のレッドがより高級さを演出しています。

おしゃれな箱に収納されているのもポイントです。UMIDIGIのパッケージ箱はどれもみな高級感あるデザインや質感ですが、UMIDIGI Xについても同様です。本体にすでに装着済みの専用ケースが付いてくるのもおすすめです。

メリット② コスパ良好!本体価格の安さ

UMIDIGIスマホのほとんどが格安・激安の価格ですが、2万円ちょっとで購入できるUMIDIGI Xも同じく安い価格であり、割引価格で売られていることも多いため、さらに安く入手することも可能です。それでいて、機能・性能に優れ、コスパ面最強の製品でもあります。

どれほどの性能があるのか、その特徴を事項で詳しくご説明します。

UMIDIGI Xの特徴!

UMIDIGI Xの性能や機能などの特徴をいくつかご紹介します。

特徴① 有機EL搭載!ノッチ付きディスプレイ

UMIDIGI Xのディスプレイサイズは、6.35インチとやや大きめです。水滴型ノッチを採用していて、映像や画像を画面ギリギリまで見ることができます。しかし、それ以上に注目なのが、有機ELディスプレイを搭載しているところです。発色や表現力がほかの液晶とは比べ物ににならないほど素晴らしく、高級テレビなどにも採用されているのが有機ELパネルです。

2万円という価格で、有機ELディスプレイが搭載されている機種はほとんどないため、有機ELディスプレイの搭載はこの機種一番の特徴といっても過言ではありません。格安スマホで有機ELディスプレイを希望している人におすすめです。

特徴② トリプルAIカメラを搭載

トリプルAIカメラもUMIDIGI Xの大きな特徴です。48MP+8MP+5MPのトリプルカメラでにより、超高精細な写真が撮影可能です。夜景でもノイズの少ない写真が撮影できるように強化されていて、さらにはAIをも駆使したチューニング仕様となっています。このAIは、被写体にカメラを向けて撮影するだけで、AIが最適なシーンを検出してくれるという機能を果たします。

120°の超広角カメラ「ウルトラワイドアングルモード」により、これまで写真に入り切らなかった大きな建造物や広大な風景、ワイドな集合写真などもしっかりと撮影できるようになっています。格安なだけに、値段以上の機能といったところかもしれませんが、サブカメラやちょっとした撮影のためという意味では、十分な機能&性能といえます。

特徴③ スピーカーは価格相応

スピーカーは、本体下部に1つだけあるものシングルスピーカー・モノラルタイプです。ものすごく音質が良い!というわけではありませんが、動画などを見る分には問題ない程度です。イヤホンジャックも搭載されているため、イヤホン装着による音楽視聴やゲームプレイも十分楽しめます。

特徴④ バッテリーは大容量!

UMIDIGI Xの搭載バッテリーは、4,150mAhとなかなかの大容量です。電池持ちも良く、ネットやSNS、ちょっとした動画を見る分には十分な余裕があります。対応充電ケーブルはType-Cで、18W対応の高速充電器が付属されているため、大容量バッテリーにありがちな充電の遅さも解消されます。

特徴⑤ 画面内蔵指紋センサー搭載!顔認証も◎

UMIDIGI Xには、ハイエンドモデルで採用されることが多い「画面内蔵指紋センサー」を搭載しています。これにより、よく見られる背面や側面設置の指紋センサーユニットがないため、スッキリとしたフラットなデザインとなっています。この画面内蔵指紋センサーは、ホーム画面が表示されるまでセンサーに指を乗せ、ロック解除をしていく仕組みです。

解除までに多少時間がかかるのが難点ですが、ホーム画面が表示される前に指を離すと、ロック解除速度が若干速くなるという裏技もあります。顔認証も問題ありません。この価格で画面内蔵指紋センサーも顔認証も搭載したモデルはあまりなく、精度もレベルも満足できることから、この機種の性能の高さが伺えます。

特徴⑥ AnTuTuベンチマークは約16万点

UMIDIGI XのSoCは「MediaTek Helio P60」を搭載していて、ベンチマークスコアは、総合スコア17万1,837点、GPU性能が3万3,055点のミドルレンジ最上位モデルです(AnTuTuのバージョン8での計測)。ネットやSNS、カメラアプリやゲームをするには十分の性能です。

参考までに、点数別のスコア一覧は以下の通りです。

AnTuTu ハイエンド ミドルレンジ最上位 ミドルレンジ上位 ミドルレンジ エントリー
スコア 総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点

UMIDIGI Xのまとめ

今回は、UMIDIGI Xについて詳しくお伝えしてきました。価格的な部分で、どうしても致し方ない部分も多々ありますが、しかし、それ以上に十分すぎるほどの性能や機能を持っていますので、中華スマホに興味がある人、またはセカンドスマホ、サブスマホという使い方をしたい人には、ぜひともおすすめしたい製品です。

Amazonや楽天などでも購入できますので、気になる人は要チェックです。なお、本サイトでは、他のUMIDIGI製品もご紹介しています。色々比較してみるのも面白いかもしれません。ぜひそちらの方もご覧ください。

UMIDIGI S3 Proのレビュー・感想まとめ|おすすめ中華スマホのイメージ
UMIDIGI S3 Proのレビュー・感想まとめ|おすすめ中華スマホ
おすすめ中華スマホ・UMIDIGのハイエンドモデル「UMIDIGI S3 Pro」のレビューおよび感想記事です。UMIDIG製品の中では比較的高価格の「UMIDIGI S3 Pro」はおすすめできるかどうかを、詳細レビューと感想によってお届けします。
UMIDIGIのおすすめ人気スマホ6選|格安/コスパ最強/2020年最新のイメージ
UMIDIGIのおすすめ人気スマホ6選|格安/コスパ最強/2020年最新
中華スマホメーカー・UMIDIGIから発売されているおすすめの人気機種をご紹介します!数あるUMIDIGIスマホの中でも、Amazonや楽天で人気が高く、コスパ&価格最強のおすすめ製品を厳選します。2020年最新のコスパ&価格最強スマホは一体?必見です!
UMIDIGI F1のスペックを詳しくご紹介!評判・レビューものイメージ
UMIDIGI F1のスペックを詳しくご紹介!評判・レビューも
中国製の「UMIDIGI F1」は、日本でも人気のおすすめ激安スマホです。数ある中華スマホのなかでも、なぜ、それほど人気なのでしょうか。ここでは、UMIDIGI F1のスペックやレビューを詳しくお伝えし、その人気の理由やおすすめ具合について迫ります!
UMIDIGI F1 Playのスペック、レビューまとめのイメージ
UMIDIGI F1 Playのスペック、レビューまとめ
中国製スマホ「UMIDIGI F1 Play」は、日本でも大人気のおすすめ中華スマホです。今回は、そんなUMIDIGI F1 Playのスペックやレビュー、おすすめポイントについて詳しくお伝えしていきます。その人気の理由とは?激安スマホに興味がある人必見です!
UMIDIGI A5 Proの評価/スペック/レビューまとめのイメージ
UMIDIGI A5 Proの評価/スペック/レビューまとめ
激安スマホ「UMIDIGI A5 Pro」は、日本でも人気のおすすめ中華スマホです。数ある中華スマホのなかでも、なぜ、それほど人気なのでしょうか。今回は、UMIDIGI A5 Proの評価やレビューをまとめ、その人気の理由やおすすめ度合いについて迫ります!
SIMフリースマホなら「UMIDIGI F2」おすすめ/スペック/レビューまとめのイメージ
SIMフリースマホなら「UMIDIGI F2」おすすめ/スペック/レビューまとめ
SIMフリースマホを持つ人が増え、自分も使ってみたいと思っている人は多いはず。そこでおすすめしたい機種が「UMIDIGI F2」です!UMIDIGI F2のスペックや特徴などを詳しくご紹介していきますので、どの機種にしようかと迷っている人も参考にしてください!
ポット
ライター

ポット

猫たちとの時間を増やすために、2019年4月より在宅ワーカーとして再スタートしました。本業はグラフィックデザイナーですが、猫好きがこうじて愛玩動物飼養管理士の資格も所持しています。 読み手の気持ちや立場にたった、わかりやすい文章構成を心掛けてます。また、価格の安さばかりではなく、本当に良い物・安心できる物を伝えることを常に意識をしています!  他のサイトの似たような記事よりも、オリジナリティと新しい視点を取り入れることで「他との違い」を感じてもらいたいです。

関連記事

Article Ranking