【徹底解説】microSD・microSDHC・microSDXCの違いとは?

【徹底解説】microSD・microSDHC・microSDXCの違いとは?

microSD、microSDHC、microSDXC、スマホの外部ストレージの規格なのですがよくわかりませんよね。でもmicroSD、microSDHC、microSDXCの違いを知るのはとても重要です。3つの違いとおすすめmicroSDカードを紹介します

目次 [表示]

スマートフォンの容量〜ROM〜

スマホに限らず、ゲーム機やパソコンの保存容量を語る際に「メモリ」という言葉をよく使うかと思います。確かに、スマホなどの保存容量を表す言葉でもありますが、実はこの「メモリ」という言葉にはもう一つ意味があり、作業領域を表す言葉でもあるのです。作業領域というのは簡単にいうと机の広さのようなもので、大きければ大きいほど同時作業などの快適さが上がります。

このように「メモリ」には同じ言葉でも違いがあるので、一般的に保存のためのメモリを「ROM」作業領域のことを「RAM」と表記します。この違いを知らずにスマホなどを選んでしまうと、失敗してしまいがちなのでこの違いをまずは確認しておきましょう。

基本的にスマホの「RAM」は1~4ギガバイト、ハイスペックなものでは6ギガバイト前後の製品が多いです。また、スマホの「ROM」には購入時に様々なアプリケーションがインストールされているため、16ギガバイトの製品を購入しても実際に使えるのは13~12ギガバイトです。そこの数字の違いにも注意が必要です。

「外部ストレージ」を使えば容量を追加可能!

ゲームや写真、特に自撮りなどをメインでスマホを使っている方の主な悩みは容量に関することだと思います。スマホは手軽なのでついつい写真を撮りすぎたり、ソーシャルゲームを入れすぎたりたりしてしまいますよね…スマホに最初からある保存容量のことを内部ストレージと言いますがこれがいっぱいになると、必要なアップデートさえもできなくなってしまいます。

しかし、Androidでは対応する規格の外部ストレージを取り付ける事によって、容量を追加することができます!具体的に言うと、対応する規格のSDカードをAndroidに差し込み、データの保存先をそこに設定することで保存容量を増やすことができます。この機能はスマホを日常的に使っている方にはとても助かる機能かと思います!ですが、機種によって対応しているSDカードの規格が違うのでそこに注意ですね。

スマホで使えるmicroSDカードの種類

一概にSDカードと言っても実は様々な形式があり、スマホで使えるのは基本的に「microSD」と呼ばれるタイプの大きさのものです。今回紹介するものもmicroSD、microSDHC、microSDXCの3種類あり、同じAndroidスマホといっても旧式のAndroidスマホはmicroSDXCなどを使うことができません。大きさは同じなので中身の形式だけ違うといったことになっています。また、同じ形式のmincroSDカードでも製品ごとに最大速度容量などに違いがあるため自分の使用スタイルに適した製品を選ぶことが重要になってきます。

そこで、最初にmicroSD、microSDHC、microSDXCの違いについて、比較しながら説明していきます。

microSD

mincroSDはSDカードの大きさの規格の1つで、基本的に最近のAndroidスマホはすべてmincroSDの大きさに対応しています!一昔前のスマホだとmicroSDに対応しておらず、1つ上の大きさであるminiSDにしか対応していないものもありますが、それは変換アダプターを通じてmicroSDも使えるので、まずはmicroSDを買っておけば間違いありません。

大きさとしてはこのあと紹介するmicroSDHC、microSDXCと同じなのですが、容量が大きく違ってきます。容量としてのmicroSDは最大2GBまでしか対応していません。そのため、外部ストレージとしてはかなり心細い容量ですね。しかし、メリットもあって、すべてのAndroidスマホに対応しているという点です。少し前のスマホだと後述のタイプに対応していない、ということが多々あります。しかし、microSDは大きさが合えば対応してないということが無いので安心して使えます。

microSDHC

microSDHCはmicroSDと形は同じものの、容量が4GB/8GB/16GB/32GBと、いきなり保存容量にいきなり余裕が出てきます。もちろん容量が上がるほど値段は上がっていきますが、microSDHCが対応している容量がちょうど良い位の容量だと言えますね。大体のスマホが64GBや128GBぐらいなので外部ストレージとしてスマホにつけるのに適したものならmicroSDHCが一番良いですね。

さらに、ある程度旧式のAndroidスマホにも幅広く対応しているので、ガッツリスマホを普段遣いしているかたにも安心の形式だと言えます。

microSDXC

mincroSDXCは今回紹介するmicroSDカードの中でも最大級の容量を誇る規格になっています。具体的な容量としては、64GB/128GB/200GB/256GB/512GB/~2TBと、かなり余裕のある容量のラインナップになっています。普段からガッツリスマホを使いまくって、写真や動画、ゲームも沢山インストールしたい!という方にはこのmincroSDXCがピッタリですね。

しかし、注意しなければならない点もあり、このmincroSDXCは昔のAndroidスマホには対応していないというところです。2018年以降に登場したスマホには殆ど対応していますが、それ以前のスマホだと対応していないことが多いので、事前に調べることが必要になってきます。

microSDカードの注意点

microSDを選ぶ際に注意すべきこととして、使いたい規格が対応しているか調べるものもちろん重要なのですが、規格が対応しているからといって、その規格の最大容量にまで対応しているとは限らないという事にも注意が必要です。具体的な例としては、microSDXCは2TBまで対応していると前述しましたが、microSDXCに対応しているが、2TBのmicroSDまで対応してないことがある、ということです。

詳細スペックの外部メモリの欄にmicroSDXC(256GB)と書いてあれば、256GB以下のmicroSDカード全てに対応しているということになります。逆に、microSDXCという記述のみならば64GB~2TBまで対応しているということになります。慣れない方には難しいですが、ここでしっかり自分のスマホをしっかりチェックするのが大切です。

microSDカードの選び方

それぞれの特徴を記したところで、それぞれのmicroSDカードの選び方を紹介していきます。3つの規格の特徴をしっかりと抑えた上で、適したmicroSDカードを選べると、快適なスマホライフが遅れること間違いないのでここでしっかりチェックしておきましょう!

microSDカードの選び方

規格としてのmicroSDは様々なスマホに対応しているというメリットがありますが、最大容量が2GBというネックなポイントがあります。2GBと聞いてあまりピンと来ない方も居ると思いますが、LINEなどで画像のやり取りをよくする方だと、LINEのアプリ単体で6GBを超えてしまったりすることもあるので、外部ストレージとしてガッツリ使うことは、microSDカードには向きません。
使い方としては、写真などをmicroSDに取り込み、PCにバックアップをとり、機種変などの際に復元するという使い方になるでしょう。
そのため、ある程度信頼できる企業の製品のなかで安いものを選べるといいですね。

microSDHCカードの選び方

microSDHCカードは、容量も4GB/8GB/16GB/32GBというスマホを使うのにちょうどいい量で、対応しているAndroidスマホも多いので、比較をするとこの規格を選ぶことがだいたいでしょう。もちろん容量が大きくなればその分価格も上がるので、一概に多い容量を選ぶべきとは言えませんが、16GBか32GBを選ぶことが多いかと思います。

では、どこに注目して製品を選べばいいかと言うと転送速度でしょう。転送速度とは簡単に言うと、読み込みの速さのことで、これが早いとロードが素早く終わります。microSDカードにはスピードクラスという表記で素早さを示しており、C1~C10の10段階で評価されています。数字が大きければそれほど早いということになるので、予算の中でスピードクラスが高いものを選ぶと良いでしょう。

microSDXCカードの選び方

microSDXDの特徴はなんと言っても圧倒的容量!64GB/128GB/200GB/256GB/512GB/~2TBというとても心強いラインナップを誇っており、512GBや2TBを使えばスマホに映画やゲームを大量に入れても問題なく使えます。しかし、注意点もあり、昔のAndroidスマホはそもそもmicroSDXCに対応していなかったり、対応していても2TBなどの大容量までには対応していないということもあり得るので、しっかりと事前にネットで検索して「対応していなかった…」ということが無いようにしましょう。

microSDカードのおすすめメーカー

microSDの選び方もわかったところで、次におすすめのmicroSDカードメーカーを紹介していきます!国内の大手メーカーや海外の有名企業など様々な会社がmicroSDカードを製造しており、見た目や値段設定などそれぞれ若干の違いが各社あるので、自分の信頼できるメーカーの製品を買うと良いですね。

Samsung

サムスンは韓国の電子機器メーカーです。みなさんも知っているであろう、超有名AndroidスマホのGalaxyの製造メーカーでスマホ以外にもテレビやメモリーカードなども手掛けており、メーカーの幅広さが伺えます。サムスンのmicroSDカードの特徴としては、簡単にまとめると、信頼性もある上値段も安いと言った点ですね。大手メーカーならではの信頼と、大量生産による低価格が実現しているので、迷ったらとりあえずサムスン製というのもアリですね。

SanDisk

サンディスクはアメリカのメーカーで、電子機器にあまり詳しくない方には馴染みの無いメーカーですが、PCなどを自分で組み立てたりする方にはお馴染みなのでは無いでしょうか。メモリーカードメーカーの中では不動の人気を誇るメーカーで、以前はトップのシェアを取っていました。今でのその人気と実力は健在で、信頼できるメーカーです。microSDカードももちろん製造しておりAmazonなどでも比較的安い価格で購入できるのでこの機械にサンディスクデビューしてみてはいかがでしょうか。

Transcend

トランセンドは台湾に本社を置くメモリ製造メーカーです。メモリのスペシャリストを自称しており、その名に恥じないような製品を作っています。microSDカードはもちろんのこと、外付けのSSDなども手掛けています。トランセンドの特徴はなんと言ってもコスパと評判の良さでしょう!他のmicroSDカードと比べてみても価格が良心的でレビューもいいのでトランセンドを愛用している方も少なく有りません。値段を重要視している方にはありがたいですね!

TOSHIBA

ここで国産メーカーのTOSHIBAの登場です!冷蔵庫や洗濯機などの生活家電を多く手掛けている大手家電メーカーであるTOSHIBAですが、実は一番強いのはメモリ関係の製品だったりします。信頼できるジャパニーズクオリティである上、メモリ関係を得意としている会社なので、信頼性はかなり高いmicroSDが欲しいならTOSHIBAにしておけば間違いないです。サポートもしっかりしているので、不安な方はTOSHIBAがピッタリでしょう。

microSDカードのおすすめ5選

おまたせしました!ここからおすすめのmicroSDカード5選の紹介になります!様々なメーカーから出ている沢山の種類のmicroSDカードを紹介するので比較してみて自分にピッタリなmicroSDカードを見つけてみてください!

おすすめmicroSDカード① 「SanDisk microSDXC ULTRA 128GB 80MB/s」

SanDisk microSDXC ULTRA 128GB 80MB/s

SanDisk microSDXC ULTRA 128GB 80MB/s SDSQUNS-128G Class10 サンディスク [並行輸入品]

参考価格: 1,828円

出典: Amazon
Amazon1,828円
楽天

サンディスクのmicroSDXCカードであるこちらの商品は、128GBの大容量と、80M/sという速度を実現しています。並行輸入品になるため、国内のサポートがなく販売店による一年間保証のみになってしまいますが、コスパもよく信頼できるメーカーの製品なのでスマホに大量に写真やゲームを入れる方におすすめですね!

容量128GB
速度80M/s

おすすめmicroSDカード② 「東芝 microSDHCメモリカード 16GB Class10 UHS-II 」

東芝 microSDHCメモリカード 16GB Class10 UHS-II

東芝 microSDHCメモリカード 16GB Class10 UHS-II (読み出し最大速度270MB/s) 日本製 国内正規品 Amazon.co.jpモデル THN-M016GU2

参考価格: 1,550円

出典: Amazon
Amazon1,550円
楽天

信頼の国産メーカーによる最新規格microSDカードになっています!容量は16GBと少なめですが、読み書きの速度がまさかの270M/s!先程紹介したmicroSDカードもかなり早い部類に入るのですが、これは破格のスピードを誇っています。ですが現状のAndroidスマホでこの性能をフルで活用できるものは少ないので、PCで使うことが前提で作られたものでもあります。そのためPCでと併用をしたいと考えている方におすすめの製品です。

容量16GB
速度270M/s

おすすめmicroSDカード③ 「Transcend microSDカード 128GB UHS-I U3 Class10」

Transcend microSDカード 128GB UHS-I U3 Class10

Transcend microSDカード 128GB UHS-I U3 Class10 Nintendo Switch 動作確認済 5年保証 TS128GUSD300S-AE【Amazon.co.jp限定】

参考価格: 3,511円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天3,511円

スマホで4Kの撮影をしたいという方にはピッタリのmicroSDカードがこちらです。最初に紹介したmicroSDカードの容量も同じ128GBですがこちらは約1000円ほど高くなっています。ですがその分性能が上がっており、4K撮影などの速度が要求される動作に耐えうるほどのスペックをもち、更に5年もの保証もついています。値段は上がってしまいますが、その分の満足感は確実に味わえます!

容量128GB
速度95M/s

おすすめmicroSDカード④ 「Samsung EVO Plus 32GB microSDHC UHS-I U1 95MB/s 」

Samsung EVO Plus 32GB microSDHC UHS-I U1 95MB/s

Samsung EVO Plus 32GB microSDHC UHS-I U1 95MB/s Full HD Nintendo Switch動作確認済 MB-MC32GA/ECO 国内正規保証品

参考価格: 999円

出典: Amazon
Amazon999円
楽天

高い汎用性を誇るmicroSDHCのなかで特におすすめしたいのがこちらの製品になります!32GBと十分な容量、95M/sという高い速度、そして1000円を切るという圧倒的コスパの良さがそろった素晴らしい商品です。ガッツリ大容量でなければいけないという方以外はとりあえずで買っても損しないレベルでいい商品ですよ!

容量32GB
速度95M/s

おすすめmicroSDカード⑤ 「microSDXC 256GB SanDisk サンディスク Extreme PRO UHS-1 」

microSDXC 256GB SanDisk サンディスク Extreme PRO UHS-1

microSDXC 256GB SanDisk サンディスク Extreme PRO UHS-1 U3 V30 4K Ultra HD A2対応 SDアダプター付 [並行輸入品]

参考価格: 6,980円

出典: Amazon
Amazon6,980円
楽天

高級路線なmicroSDカードがほしいのならこの商品が最適でしょう。他の商品と違い、圧倒的に値段が高いですが実はこのmicroSDカードには保存容量としての能力だけでなくスマートフォンのアプリを高速起動できるようにする機能まで付いています。更に4K撮影に対応する速度も有しており、ガッツリスマホで撮影を行う方にもおすすめできます。最高速度の170M/sはPCでなければ出せませんが、それでもかなり快適なスマホライフが手に入ること間違い無しの商品です!

容量256GB
速度170M/s

microSDカードおすすめ一覧比較表

スクロールできます

商品
商品名SanDisk microSDXC ULTRA 128GB 80MB/s SDSQUNS-128G Class10 サンディスク [並行輸入品]東芝 microSDHCメモリカード 16GB Class10 UHS-II (読み出し最大速度270MB/s) 日本製 国内正規品 Amazon.co.jpモデル THN-M016GU2Transcend microSDカード 128GB UHS-I U3 Class10 Nintendo Switch 動作確認済 5年保証 TS128GUSD300S-AE【Amazon.co.jp限定】Samsung EVO Plus 32GB microSDHC UHS-I U1 95MB/s Full HD Nintendo Switch動作確認済 MB-MC32GA/ECO 国内正規保証品microSDXC 256GB SanDisk サンディスク Extreme PRO UHS-1 U3 V30 4K Ultra HD A2対応 SDアダプター付 [並行輸入品]
価格1,828円1,550円3,511円999円6,980円
容量128GB16GB128GB32GB256GB
速度80M/s270M/s95M/s95M/s170M/s
商品リンク
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る
Amazonで見る

まとめ

様々なメーカーから出ているいろんな種類microSDカードを一挙に5選まとめてみましたが、ピッタリなmicroSDカードはありましたか?似たような製品でも容量速度が結構違ったり、高性能すぎるものを選んでも「自分の使っているAndroidスマホに対応していない規格だった…」というのはありがちなミスなのでしっかりと下調べすることが重要になってきます。

ですが適切な選択さえすれば、カツカツだった内部ストレージを増設して快適なスマホライフが送れるようになること間違いないので、ぜひ自分に合ったmicroSDカードを選んでみてください!

UMIDIGIのおすすめ人気スマホ6選|格安/コスパ最強/2020年最新のイメージ
UMIDIGIのおすすめ人気スマホ6選|格安/コスパ最強/2020年最新
中華スマホメーカー・UMIDIGIから発売されているおすすめの人気機種をご紹介します!数あるUMIDIGIスマホの中でも、Amazonや楽天で人気が高く、コスパ&価格最強のおすすめ製品を厳選します。2020年最新のコスパ&価格最強スマホは一体?必見です!
DSDSやDSDV対応のおすすめスマホ12選|2020年最新・デュアルSIMスマホのイメージ
DSDSやDSDV対応のおすすめスマホ12選|2020年最新・デュアルSIMスマホ
2つのSIMを1台のスマホで使うデュアルSIMスマホは、2つの電話番号を1台で持てるコスパ最強のおすすめのスマホです。DSDSとDSDVの2種類があり、どちらを選ぶかはあなた次第。新たなスマホ世界を広げるデュアルSIMスマホはをあなたにおすすめです。
GoProにオススメのmicroSDカード4選|ゴープロ初心者でも安心!のイメージ
GoProにオススメのmicroSDカード4選|ゴープロ初心者でも安心!
GoProに欠かせない、おすすめのmicroSDカードを紹介します。おすすめのゴープロに合うアイテムの選び方もチェック。ポイントを押さえてゴープロ初心者にもわかりやすく解説します。GoProに最適なmicroSDカードを選んで快適に動画撮影を楽しみましょう。
田中鏡斗
ライター

田中鏡斗

がんばります。 よろしくお願いします。

関連記事

Article Ranking