有機ELディスプレイスマホ人気おすすめ5選【simフリー/価格/液晶/比較】

有機ELディスプレイスマホ人気おすすめ5選【simフリー/価格/液晶/比較】

人気の有機ELスマホは、いろんなメーカーが最新のタイプが登場しています。街中でもおすすめの有機ELスマホを使っている人を見かけることが多くなっています。この記事では人気の有機ELスマホの特徴や選び方など、おすすめを紹介します。

目次 [表示]

有機ELディスプレイとは

今まではスマートフォンの本体の割合は液晶ディスプレイがほとんどで、残りが他の機能でしたので、どうしても厚みがありました。しかし有機ELディスプレイをiPhoneが搭載したことで薄くキレイな画面でスマホが楽しめるようになりました

有機ELディスプレイはフィルターのところの有機EL素子が発光して直に色を映し出す仕組みになっているから、これによって今まであった仕組みが無くなったので有機ELディスプレイの特徴は薄さで、これにより有機ELを採用したスマホは他と比べて軽く薄いので持ちやすいので人気になっています

ほとんどのスマホが液晶ディスプレイ

今のところ普及しているスマートフォンは液晶ディスプレイを採用している機種が多いです。今まで多くのテレビやパソコンのディスプレイで搭載している液晶ディスプレイは種類も多くTN方式やIPS方式などいくつかの方式があり、それぞれ比較して良い点もあれば欠点もあり、スマホでもIGZO液晶などがあり多くの種類がある液晶は安いから広くスマートフォンに普及しています。

液晶ディスプレイと有機ELディスプレイの違いは?

方式によって変わってきますが、液晶ディスプレイはカラーフィルターを通して色を発色しているからどうしても厚みがあります。そして有機ELディスプレイは有機ELの素子が直接色を発色するから余計な物が無いので薄く軽い製品になります。

液晶と有機ELとでは発色する仕組みが違いますが、他に価格も違いがあり液晶はスマホだけじゃなくパソコンのディスプレイでも多くの機種が販売されて値段が安いですがどうしても厚みがあります。有機 ELディスプレイは価格は高めですがiPhoneに採用されているので、更に普及していくと値段も安くなっていくでしょう

有機ELディスプレイのメリット

液晶と比べてもシンプルな作りになっている有機ELのメリットは薄いので軽く片手で持ちやすいですし、持ち運びもカンタンです。液晶はフィルターを通して色を強く発色するから消費電力が多くなりますが、有機ELは直接ドットが発色するシンプルな構造だから消費電力は少なく効率も良いです。

形も自由自在に作る事ができるから曲面ディスプレイやエッジの所をスクリーンとして表示する事もできますし、反応速度や視野角、高画質の動画を再生することができます。目の疲労や不眠の原因と言われるブルーライトが少ないと言われているのもメリットです。

メリット①【消費電力が少ない】

有機ELディスプレイは有機EL素子自体が発色して映像を映し出すからシンプルな構造になっているので消費電力は少なくなっています。液晶だと映像を表示するためにはさまざまな機能を制御しながら稼働しているから電力が必要になります。

しかし有機ELディスプレイだと必要な部分以外は電力を使用しないように制御する事ができるから余計な電力を使用しないので約30%は消費電力が少ないと言われています。電力が少ないとバッテリーの寿命が延びるから外出先などでバッテリーの心配をする事が無くなります。

メリット②【薄くて軽い】

フィルターを通して発色して映像にする液晶と違って、直接発色する有機ELディスプレイを採用しているスマホなどは薄くて軽い製品が多いです。片手で持ちながら電話やインターネットが楽しめるスマホは薄くて軽い製品になるのは嬉しいポイントです。シンプルな構造になっている有機ELなので湾曲させる事もできる自由に製造する事ができます。

有機ELディスプレイのデメリット

しかし有機ELディスプレイはメリットもありますが当然デメリットも存在します。今のところは価格は高いので有機ELを採用しているメーカーは少ないですし、寿命も短いのもデメリットで他に有機ELや液晶はドットで構成されているのですが、ドットが欠けるといった問題もあります。

デメリット①【 寿命が短い】

有機ELディスプレイのデメリットの1つに寿命が短いのが問題とされています。しかしスマートフォンの場合はサイクルが早いので何年も使用することはないですし、スマホだけじゃなくさまざまなメーカーが有機ELを採用しているから、いろんな問題は今後解決していくでしょう。

デメリット②【価格が高い】

有機ELディスプレイは新しい技術だから販売をしているメーカーも多くなってきましたが液晶と比較すると、どうしても採用しているメーカーは少なく値段も高めに設定されています。長く製造していると技術的進歩が進むでしょうが、今はまだ価格は高いところは現在のデメリットです。

デメリット③【輝度の低さ】

デメリットの1つに輝度も言われています。液晶ではフィルターを通すためにフィルターに強烈な光を照らすことで、液晶では輝度が高い製品が多かったです。しかし有機ELディスプレイでは有機EL素子が直接色を出して、フィルターを通す事が無いので強い光が必要が無く、輝度は低い事になります。輝度が低いと問題になるのは野外などで明るい場所で画面を見るときに液晶ディスプレイと比較しても凄く見難いです。

デメリット④【焼付きが起こる可能性が高い】

有機ELディスプレイでのデメリットで初期の頃から懸念されていたのが焼付きがあります。これは画面を切り替えたときに前に表示されていた画面が残って表示され続けることで、同じ画面を長時間表示し続けると切り変えても前の画像が残ってしまう事です。

もともと有機ELの技術はブラウン管と同じ理論で作られた進化版とも言えますが、焼付きの問題は依然としてあります。しかし今は進歩しているから12時間以上同じ画面を続けないと焼付きは起きないとされています。しかしいまだにデメリットであるといえます。

人気のスマホでもドット欠けがある

ドット欠けは液晶ディスプレイでも言われていた問題ですが、有機ELと液晶の2つのディスプレイは同じくドットで構成されているから同じ弱点と言えます。ドットを一個づつ制御する有機ELはそれだけ1個のドットに負担が掛かります。液晶以上に起きる可能性がありますが、常に進歩しているから良くなっています。

有機ELディスプレイ搭載SIMフリースマホのおすすめ5選

最近はiPhoneが採用したことで有機ELディスプレイを搭載した機種が多く販売されています。機能もいろいろあり、おサイフケータイなどの便利なタイプもあります。多くの機種がありますがおすすめのSIMフリースマホを紹介するので購入のときに参考にしてください。

おすすめ有機ELディスプレイ搭載SIMフリースマホ① 「Galaxy A30」

UQ mobile SIMフリーGalaxy A30 SCV43SLU ブルー

参考価格: 28,200円

出典: Amazon
Amazon28,200円
楽天

このサムスンから販売されているGalaxy A30は6.4型有機ELディスプレイの格安製品です。auから販売されていますが端末はSIMフリーで、画面の見やすさはハイエンドモデルと同じようです。エッジの部分も表示する事ができるからスクリーンも大きく使えて、デザインも優れているのでおすすめです。

メーカーサムスン
サイズ160 × 75 × 8.0 mm
重量176 g
ディスプレイ6.4インチ/2340×1080 FHD+

おすすめ有機ELディスプレイ搭載SIMフリースマホ② 「Pixel 3a」

国内版SIMフリー Google Pixel 3a 64GB Purple-ish

参考価格: 38,259円

出典: Amazon
Amazon38,259円
楽天

グーグルから販売されているスマートフォンの廉価製品であるPixel 3aです。世界的な企業であるグーグルが出したPixel 3はハイスペックで価格も高級だったからか売れ行きは良くなかったですが、この廉価版は価格も安くなりミドルクラスを探している人に紹介します。

メーカーGoogle
サイズ151.3 x 70.1 x 8.2 mm
重量147 g
ディスプレイ5.6インチ/2220×1080 FHD+

おすすめ有機ELディスプレイ搭載SIMフリースマホ③ 「Reno A」

OPPO Reno A ブルー 【日本正規代理店品】 CPH1983 BL

参考価格: 35,800円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon35,800円
楽天

このスマートフォンはOPPOから販売されているReno Aです。有機ELディスプレイでおサイフケータイや防水防塵などの機能がありながら3万円台でコストパフォーマンスが優れていて、快適にゲームを楽しめるのでモバイルゲーム好きの人におすすめです。

メーカーOppo
画面サイズ6.4インチ
ストレージ64GB / 128GB
バッテリー3600mAh
ディスプレイCorning Gorilla Glass 5
対応周波数
メモリ6GBメモリ
カメラ16MP
保証

おすすめ有機ELディスプレイ搭載SIMフリースマホ④ 「AQUOS zero SH-M10」

シャープ AQUOS zero SH-M106.2インチ SIMフリースマートフォン[メモリ 6GB/ストレージ 128GB] SH-M10-B

参考価格: 66,000円

出典: Amazon
Amazon66,000円
楽天

シャープから販売されているAQUOS zeroは最軽量と強度を両立させたこだわりのスマートフォンです。6.2インチWQHD+の大きさですが持ちやすく、独自のデザインなので人気でシャープだからサポート体制もしっかりしていて、おサイフケータイも搭載されているから便利です。

メーカーシャープ
サイズ154×約73×約8.8mm
重量146g
ディスプレイ6.2インチ/2,992 ×1,440 WQHD+

おすすめ有機ELディスプレイ搭載SIMフリースマホ⑤ 「Zenfone 4 selfie Pro」

ASUS Zenfone 4 selfie Pro ブラック 【日本正規代理店品】 ZD552KL-BK64S4/A

参考価格: 21,800円

出典: Amazon
Amazon21,800円
楽天

ASUSから販売されたスマートフォンのZenfone 4 selfie Proです。使いやすいデザインでゲームや動画なども快適に楽しめますし、画像も美しく見れますし消費電力に優れています。サウンドもハイレゾをサポートしているからヘッドフォンで7.1chのバーチャルサラウンドが楽しめます。

メーカーASUS
サイズ74.8x154x6.85 mm
重量147 g
ディスプレイ5.5インチ/1,920 x 1,080 FHD

有機ELディスプレイ搭載SIMフリースマホおすすめ一覧比較表

スクロールできます

商品
商品名UQ mobile SIMフリーGalaxy A30 SCV43SLU ブルー国内版SIMフリー Google Pixel 3a 64GB Purple-ishOPPO Reno A ブルー 【日本正規代理店品】 CPH1983 BLシャープ AQUOS zero SH-M106.2インチ SIMフリースマートフォン[メモリ 6GB/ストレージ 128GB] SH-M10-BASUS Zenfone 4 selfie Pro ブラック 【日本正規代理店品】 ZD552KL-BK64S4/A
価格28,200円38,259円35,800円66,000円21,800円
メーカーサムスンGoogleOppoシャープASUS
サイズ160 × 75 × 8.0 mm151.3 x 70.1 x 8.2 mm154×約73×約8.8mm74.8x154x6.85 mm
重量176 g147 g146g147 g
ディスプレイ6.4インチ/2340×1080 FHD+5.6インチ/2220×1080 FHD+Corning Gorilla Glass 56.2インチ/2,992 ×1,440 WQHD+5.5インチ/1,920 x 1,080 FHD
商品リンク
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る

まとめ

進化が激しいスマートフォンで有機ELディスプレイを搭載したタイプが多くなっています。そしてiPhone Xに採用されてからディスプレイの競争が激しくなっています。まだ価格は高めですがおススメのスマートフォンが多く販売されています。有機EL搭載simフリースマホの一覧を紹介しましたが、これを購入の参考にしてください。

保護フィルムとガラスフィルムの違いとは?本当に液晶は割れないの?のイメージ
保護フィルムとガラスフィルムの違いとは?本当に液晶は割れないの?
皆さんは保護フィルムとガラスフィルムの違いをご存知ですか?今回はスマホの画面が割れるのを防いでくれるこの保護フィルムとガラスフィルムについて、人気商品やおすすめ商品も含めてご紹介します。今スマホのフィルムを変えるならおすすめ人気商品をチェックすべし!
カード収納付きiPhoneケースおすすめ8選【かわいい/おしゃれ】のイメージ
カード収納付きiPhoneケースおすすめ8選【かわいい/おしゃれ】
カード収納の出来るiPhoneケースの紹介をします。クレジットカードやSuica、PASMOなどの交通系ICカード、プリペイドカードを収納してみても便利ですよ。かわいく便利でおしゃれなブランドも含めたおすすめのカード収納付きiPhoneケース8選のご紹介です。
スマホの放熱・熱対策の基本とおすすめの冷却グッズ・冷却器具10選を紹介!のイメージ
スマホの放熱・熱対策の基本とおすすめの冷却グッズ・冷却器具10選を紹介!
スマホを持ったら熱くて、びっくりしたことはありませんか?バッテリーの劣化を遅らせる効果がある、スマホの熱対策・放熱(熱を広く散らすこと)についての基礎知識をお伝えしたいと思います。また、スマホの放熱に役立つ、冷却グッズについても紹介していきたいと思います。
Yasuhiro
ライター

Yasuhiro

関連記事

Article Ranking