中華スマホのおすすめランキング30|コスパ最強格安スマホ・2020年最新版

中華スマホのおすすめランキング30|コスパ最強格安スマホ・2020年最新版

高機能・高コスパで人気の中華スマホを紹介します。HUAWEIやXiaomiなど人気メーカーの製品や、2020年注目の最新モデルもチェックしましょう。おすすめの選び方を参考にお気に入りの中華スマホを探してみませんか?コスパ良く便利な一台を探している人におすすめ。

aicoberry
ライター

aicoberry

30代後半主婦です。女性ならではの目線を通してわかりやすい記事を執筆したいと日々奮闘しています。 料理とお酒が好きで、世界の料理や農業、調理家電にも興味があります。お酒のうんちくなど、美味しいものを通じて毎日が少し楽しくなったり、役立つ雑学を提供出来たら嬉しいです。 ライティングの経験は短く、勉強中の身ですが、新しい発見や楽しみが見つかる記事がかけるように精進したいと思います。

目次 [表示]

中華スマホは高機能でコスパ最強?!

スマホは現代人にとって欠かせないアイテムのひとつです。携帯電話以外に、キャッシュレスやカメラ機能など、便利な役割が詰まった高性能なスマホは日常生活の重要なツールとして普及しています。

より便利で高機能なスマホは魅力的ですが、価格が高くなってしまうため手軽に持つことが叶わないという人も多いのではないでしょうか?そこで近年人気が高まっているのが中華スマホです。

中国系メーカーが作る中華スマホはコスパが良いことで知られています。高性能でも比較的手に取りやすい人気の中華スマホの魅力やおすすめの製品を紹介します

中華スマホの選び方

人気のアイテム、中華スマホの選び方を紹介します。中華スマホを手がけるメーカーはたくさんあり、アイテム数も豊富です。中華スマホに興味があっても、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いはず。

自分の生活スタイルに合った中華スマホを選ぶために、押さえておきたいポイントを見てみましょう。数ある中華スマホの中kら、自分にぴったりのアイテムが見つかります。

おすすめの選び方を参考にAmazonや楽天の人気アイテムを比較してみてはいかがですか?ポイントを押さえて比較すれば、間違いのないスマホ選びができるでしょう。

技術基準適合認定(技適)に通っているものを選ぶ

中華スマホを選ぶときに必ず確認しておきたいポイントが技術基準適合認定(技適)です。技適マークは電波法令で決められた一定の基準に適合している製品につけられるマークのこと。

技適マークがないスマホを使うと「電気通信事業法」や「電波法」違反になってしまうため注意が必要です。技適マークはスマホのパッケージや設定画面などで確認できます。

基本的に日本の正規ルートで購入する際は技適マークがついていると考えて問題はありません。しかしAmazonなどで中古を購入したり、販売元がわからないところでは注意が必要です。

対応周波数(バンド)から選ぶ

より使いやすい中華スマホを選ぶには対応している周波数に着目するのもおすすめです。ドコモ・au・ソフトバンクなどの主要キャリアは使用できる周波数帯が割り振られています。

スマホもそれらに対応していることが必要です。おすすめの周波数帯は2.1GHz帯です。全国に基地局があり、通信速度が早く使い勝手が良いでしょう。

700~900MHzはプラチナバンドと呼ばれ、より快適なデータ通信が行えます。地方で使いやすい周波数帯です。どのバンドに対応しているかよくチェックして選ぶとよいですね。

保障のついているものがおすすめ

中華スマホを選ぶときは保証にも着目するのがおすすめです。故障したときに修理費の負担を軽減できるので安心ですね。

また、故障したときの問い合わせや修理の際に日本語で対応できると、より安心して使えます。保証がしっかりしているアイテムは日本で修理の対応をしてくれる場合が多いでしょう。

もし日本で修理対応や問い合わせ対応ができなければ中国語でやり取りする必要が出てきます。万が一に備えた保証をしっかり確認しておけば安心して使えますね。

次のページでは実際に30選を見て行きましょう!

次のページ

おすすめ中華スマホランキング30選

関連記事

Article Ranking