人気おすすめ体重計おすすめ19選【ダイエット・健康管理・トレーニング】

人気おすすめ体重計おすすめ19選【ダイエット・健康管理・トレーニング】

おすすめの体重計を紹介します、シンプルでデザインのよい体重計から、高性能の体組成計まで、幅広い製品をチェック。目的に応じたおすすめの体重計を知れば、自分にぴったりのあ体重計が見つかります。体重計の選び方も紹介。お気に入りの体重計を探してみませんか。

aicoberry
ライター

aicoberry

30代後半主婦です。女性ならではの目線を通してわかりやすい記事を執筆したいと日々奮闘しています。 料理とお酒が好きで、世界の料理や農業、調理家電にも興味があります。お酒のうんちくなど、美味しいものを通じて毎日が少し楽しくなったり、役立つ雑学を提供出来たら嬉しいです。 ライティングの経験は短く、勉強中の身ですが、新しい発見や楽しみが見つかる記事がかけるように精進したいと思います。

目次 [表示]

体重計と体組成計の違い

フリー写真素材ぱくたそ

体重計は、主に重さをはかることに重点を置て作られた計測器のこと。体重計の上に乗り、その重さをはかります。重さをはかるだけのシンプルなもので、最近ではデザイン性や薄さ、コンパクトさに重点を置かれたものが多くなっています。

一方、体組成計は体を構成するいろいろな成分を測定できる測定器です。体組成計が測定してくれる代表的なものには筋肉量や基礎代謝量、体脂肪率、推定骨量などがあげられます。それぞれの数値は、毎日の健康管理に役立つものばかり。日によって数値が変わるため、こまめに測定することで自分の健康状態を推し量ることができます。自宅に体組成計があれば、毎日測定し、身体の変化をチェックできるため人気があります。

体重計と体脂肪計の違い

体重計や体組成計によく似た機械には体脂肪計もあります。体脂肪計は体重のほかに、体脂肪率や内脂肪レベルが測れます。微弱な電流を身体に流し、体の中にある脂肪の量を測定します。

特にダイエットや肥満予防に役立てたい人にとって、体脂肪率は参考にしたいデータです。体組成計は測定できる項目が多く便利ですが、高価になってしまいます。そこで、やや簡略化した体脂肪計で、体重と体脂肪をチェックし、日ごろのボディメイクに役立てるのもおすすめです。

おすすめの体重計の選び方

長く愛用できる体重計を選ぶには、どのような点に注意すればよいでしょうか。お気に入りの体重計を見つけるために、押さえておきたいポイントを紹介します。おすすめの体重計の選び方をチェックして、失敗のない体重計選びをしましょう。

おすすめの体重計の選び方①iPhoneと連携ができるものを選ぶ

これまで、体重計で測定したデータは自分で管理する必要がありました。日々のデータをチェックするためには自分でデータをまとめておく必要があり、手間がかかります。しかし、近年ではスマホと連動してデータ管理ができる体重計が人気を集めています。iPhoneやAndroidなどのスマホアプリと連動できる体重計を使えば、手軽に自分の健康データをチェックできます。

さらに便利なスマホとBluetoothで接続できる体重計がおすすめ。Wi-Fi環境がなくても最新の体重計はbluetooth対応が増えています。自動でデータをスマホに送って、簡単にデータ管理ができるためとっても便利。Wi-Fiをつないでいない自宅でも安心ですね。専用のスマホアプリを使う体重計や、既存のiPhoneアプリと連動できるタイプなど、連携の仕方も合わせてチェックするとよいでしょう。

おすすめの体重計の選び方②測定できる項目で選ぶ

体重計を選ぶときは、測定できる項目に注目しましょう。基本的な体重計は体重をはかるだけのシンプルなもの。しかし、体脂肪計や体組成計になると測定できる項目も増え、健康管理に役立ちます。一つの機械でどれだけの測定項目があるかチェックしてみましょう。

また、測定項目が増えると価格も高くなる傾向にあります。お財布事情を加味して、測定項目に優先順位をつけておくと選ぶときに迷いません。代表的な測定項目を紹介します。

体重

Photo byTumisu

基本的な体の重さです。シンプルな体重計は、この体重のみ測れるタイプ。その分デザイン性や薄さに重点を置いたモデルが多くなります。

体脂肪率・内脂肪レベル・BMI

体脂肪率は、身体の中にある脂肪の割合です。一般的に男性は20%以上、女性は30%以上あれば肥満傾向だと考えられます。モデルによっては、年齢や性別ごとの最適な体脂肪率を踏まえて体脂肪率の適正度を判定してくれるものもあります。

内脂肪レベルは内臓の周りについている脂肪の状態です。内脂肪が多いと生活習慣病のリスクが高まると言われています。適正な量の内脂肪量になっているかを測定する機能が一般的。

BMIも肥満予防に役立つ項目ですね。Body Mass Index(ボディ・マス・インデックス)の略で、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で計算ができます。体格指数と訳されるBMI値で、標準体型かどうかを推定できます。これらの数値は、主にダイエットや肥満防止に役立つ項目です。美容に興味がある女性にもおすすめの項目です。
 

筋肉量

身体についている筋肉の量を測定します。トレーニングを行っている人におすすめの項目ですね。体脂肪率と筋肉量を合わせて体型を判定する機能を持っている体組成計もあります。また、加齢による筋力の衰えを心配している人にもぴったり。近年はトレーニングで筋力アップに励む女性も増加しているため、筋肉量が測れる体組成計が人気です。

より細かくトレーニングにいかしたい人は、左右や体の部位ごとの筋肉量が測れる体組成計もおすすめです。部位ごとの筋肉トレーニングをしている人は参考になるでしょう。

基礎代謝量・体内年齢

フリー写真素材ぱくたそ

基礎代謝量とは、その人が生命活動を行うだけで必要とするエネルギーのことを指しています。一般的に筋肉量が多い人ほど基礎代謝量が上がります。個人の性別や年齢、筋肉量などを踏まえて一日の基礎代謝量を測定します。

体内年齢をはかれる体重計も多いでしょう。体組成のデータと基礎代謝量などを踏まえて、体内年齢を推定します。基本的に脂肪が少なく、筋肉が多いほど体内年齢が低くなる傾向が見られます。これらのデータは日々の健康管理やダイエットにも役立ちます。

推定骨量・体内水分率

Photo byEngin_Akyurt

身体を支える大切な骨の量を測定します。骨は筋肉と強いつながりがあります。運動不足が続いたり、筋肉が減少すると骨も痩せてしまうでしょう。加齢によって骨が弱ってくるのを予防したい人にも参考になる数値ですね。

また、体内の水分率を測定できる体組成計も増えています。体内の水分量は血液やリンパ液などにあたります。過度なダイエットをして体内の水分量が減少すると健康にも悪影響を与えてしまいます。自分の様態を細かくチェックするためにも、体内水分率が参考になります。

おすすめの体重計の選び方③サイズで選ぶ

体重計のサイズも重要なポイントです。体重計は、主に脱衣所などでバスタイムの前後に使われることが多い製品です。おいておく場所や収納スペースに合うサイズの体重計を選ぶようにしましょう。高機能な体組成計はサイズも大きくなりがちです。せっかく買っても置く場所がなくてしまい込んでしまっては意味がありません。日常的に負担なく使えるサイズの製品を選べば、毎日測定しやすく、細かいデータ管理も簡単にできるでしょう。

おすすめの体重計の選び方④メーカーで選ぶ

体重計を選ぶときは、人気のあるメーカーに注目するのもおすすめです。代表的なメーカーを紹介します

パナソニック

パナソニックは美容家電に力を入れている大手家電メーカーです。美顔器や髪をきれいにしてくれるドライヤーなど、女性の間で人気の家電を数多く発表しています。そのため、体重計もダイエットや理想の体型作りに励む女性におすすめの製品が多いところが特徴。パナソニックの製品ではダイエットの目標を設定できたり、達成した時の特別表示があるなど、ダイエットのモチベーション向上にも取り組んでいます。

美容に力を入れたい女性は、まずパナソニックの体重計をチェックしてみてはいかがでしょうか。

タニタ

ヘルシーな食事を提案するタニタ食堂でよく知られるメーカーです。タニタは世界で初めて脂肪が測れる体重計を発売したメーカー。体重計業界のパイオニアと言ってもよい存在です。精度も高く、幅広い体重計を扱っているところが特徴。細かい数値まで測れるところや、アスリートに向けた体重計などより専門的な数値を活かしたい人におすすめです。

オムロン

色々な健康家電で人気のオムロンは、使い勝手の良い体重計で人気があります。オムロン独自のスマホ連動アプリ「OMRON connect」を開発し、無理なく健康管理ができr体重計がおすすめ。また、ラインナップも幅広く、シンプルで低価格な体重計も人気があります。手軽に体重計を活用して健康管理がしたい人は、オムロンの製品をチェックしてみましょう。

おすすめの体重計の選び方⑤測定方法で選ぶ

測定方法をチェックしましょう。シンプルな体重計は、体重計の上に乗って重さをはかるものが一般的。簡単に測れるものほど、手軽な体重計と言えます。

手のひらと足裏で測定

いろいろな項目が測定できる体脂肪計や体組成計は体の中に微弱な電流を流して測定します。上に乗るだけでなく、グリップを握って両てのひらも使って測定するタイプは体内の水分量や体型による影響を受けにくく、より正確なデータを測定できると人気です。両手両足のパーツごとの数値を測定できるものもあるので、より本格的なトレーニングをしたい人に向いています。

足裏でのみ作成

これまでは、より正確なデータを知りたい人は両手を使った測定方法が良いとされていました。足の裏だけで測ると体内水分量などの影響で誤差が出やすくなります。しかし近年では、両足でも精度の高いデータ測定ができる体重計も増えています。足の裏だけで正確な数値が測れると、測定も手軽で手間が省けますね。

また、シンプルな体重計も上に乗るだけで測定します。デザイン性の良さで人気があるアナログの体重計もその一つ。細かい数値が必要のない人も、体重計に乗るだけで測れるものが便利です。

おすすめの体重計の選び方⑥目的で選ぶ

これまで紹介してきたように、体組成計ではいろいろな項目を測定できます。これらはすべて自分で健康管理をするために必要な数値。こうして得られたデータをどのような目的に活かすかによって、求める体重計も変わってきます。自分に合った体重計を選ぶためには、使う目的をしっかり意識することも大切です

健康管理

Photo byStockSnap

基本的な健康管理に体重計を使う人は、シンプルな体重計がおすすめ。日ごろの体重の変化をチェックし、健康管理にいかしましょう。シンプルな体重計であれば置く場所にも困らず手軽に使えます。

同じ健康管理でも、高齢化による体力の低下や身体の変化をチェックしたい人は全体的な項目をカバーできる体組成計が良いでしょう。とくに内脂肪レベルや推定骨量、体内年齢などが測れる体組成計を使えばアンチエイジングに役立ちます。現状をしっかり維持して、長く健康を保つために使いたい人には広くいろいろな数値を測定できる体組成計が便利です。

ダイエット

Photo byFree-Photos

ダイエットを目的にしている人の場合はどうでしょうか。ダイエットに体重計を活かしたい人は、体脂肪率やBMI値、基礎代謝量が測れるタイプがおすすめ。さらに、表示する単位が細かいものを選ぶとよいでしょう。一般的な100g刻みのタイプよりも、より細かい50g刻みの体重計にすれば、細かい体重変化もチェックできます。

トレーニング

Photo bylukaszdylka

トレーニングにいかしたい人には筋肉量が測れるタイプがおすすめ。より細かな部位ごとの筋肉量をチェックできれば、トレーニングメニューを考えるときにも役立ちます。また、普段から激しいトレーニングをしている人は一般の人に比べて筋肉量も多く、骨も太くしっかりしています。こうした違いを踏まえた測定をしたい人はアスリートモードを搭載している体重計を選びましょう。

便利な機能も忘れずにチェック

ほかにも体重計に搭載されていると便利な機能をチェックしましょう。体重計によっては複数人のデータを管理できるものがあります。年齢や征伐、身長などの基礎データをまとめて登録できるため、家族みんなで使いたい人にぴったり。

また、電源を入れる必要がなく、上に乗れば電源が入るステップ温機能も便利。電源を入れるためにしゃがむ必要もなく、より手軽さが実感できますね。これらの付加機能があれば、使い勝手良く体重測定ができるでしょう。

アナログデザインもおすすめ

シンプルな体重計を求めている人や、デザインにこだわる人にはアナログの体重計もおすすめです。最近ではデジタル表示が一般的。しかし、アナログの体重計にすると電池切れの心配がなく便利です。また、少しレトロな雰囲気も感じられるアナログのデザインは、おしゃれでインテリアとしてもかわいいもの。細かい数値測定を必要としていない人は、アナログの体重計を選んでみるのもよいでしょう。

特に人気が高いアナログの体重計を紹介します。価格が安く、おしゃれなカラーが人気。アナログの体重計の中では薄さもあり、持ち運びしやすいところも魅力的。アナログのメモリは1kg単位で刻まれているため、細かい数字を把握したくない人にも良いですね。

タニタ 体重計 アナログ ブルー HA-851 BL

タニタ 体重計 アナログ ブルー HA-851 BL

参考価格: 2,750円

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,750円
楽天

ヘルスケアアプリとは

フリー写真素材ぱくたそ

手軽にデータ管理ができるヘルスケアアプリをご存知ですか。体重計の中には、独自のスマホアプリと連動できるものや、既存のアプリと連携できるものがあります。iPhoneには標準アプリとして「ヘルスケアアプリ」が搭載されています。アンドロイドは「Google Fit」は標準です。これらのアプリでは、一日の歩いた距離や運動量、睡眠時間などのデータを管理できます。

体重計のデータをこれらのスマホアプリと連携させることで、より包括的な健康管理ができるでしょう。Wi-Fiでつなぐものやbluetoothに対応しているものなど、接続法もチェックするとよいですね。これまで活用してこなかったという人は、ぜひ一度ヘルスケアアプリを開いてみてはいかがでしょうか。

体重計のおすすめ19選

おすすめの体重計を紹介します。最新の技術を使った高性能のものから、シンプルでおしゃれな体重計まで、幅広い体重計を見てみましょう。それぞれの特徴を知って、お気に入りの体重計を探してみてはいかがでしょうか。

パナソニック『体重・体組成計 ホワイト EW-FA24-W』

パナソニック 体重・体組成計 ホワイト EW-FA24-W

参考価格: 4,674円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon4,674円
楽天

乗っただけでユーザーを識別できる機能が便利です。最長一年前の自分のデータと比較でき、長期間の健康管理に役立ちます。美容家電に強いパナソニックの製品で、一か月の減量目標を設定したり、前日よりも体重が減っていたらキラキラマークがつくなど、ダイエットに特化した機能も豊富。体脂肪率や内脂肪レベルのほか、筋肉量や骨量など、幅広いデータが息滴できます。ダイエットにいかしたい人におすすめ。

使用目的ダイエット
測定項目体重・BMI・体脂肪率・皮下脂肪率・内臓脂肪レベル・基礎代謝・筋肉レベル・骨レベル・体組成年齢・過去比較
スマホ連携なし
サイズ29.7 x 29 x 4.2 cm

パナソニック『体重・体組成計 ホワイト EW-FA23-W』

パナソニック 体重・体組成計 ホワイト EW-FA23-W

参考価格: 5,016円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon5,016円
楽天

先に紹介したパナソニックのEW-FA24-Wの人世代前のモデルです。基本的な機能は同じで、やや価格が安くなっているのでお手頃です。9項目の測定ができ、減量のモチベーションアップにも効果的。美容やボディメイクに興味がある人にぴったりのパナソニックの体重計です。

使用目的ダイエット
測定項目体重・BMI・体脂肪率・皮下脂肪率・内臓脂肪レベル・基礎代謝・筋肉レベル・骨レベル・体組成年齢・過去比較
スマホ連携なし
サイズ2.6 × 25 × 25cm

タニタ『体組成計 ブラック RD-906』

タニタ 体組成計 スマホ 日本製 ブラック RD-906 BK 医療分野の技術搭載/スマホでデータ管理 インナースキャンデュアル

参考価格: 13,175円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon13,175円
楽天

筋肉量に加えて筋質もチェックできるタニタの体重計です。Wi-Fiだけでなくbluetooth搭載で、お好みのアプリ4種類と連携が可能。見た目のデザインもスタイリッシュでかっこいいですね。医療現場でも活躍する最新の技術で健康管理ができるでしょう。

使用目的健康管理・トレーニング
測定項目体重・BMI・体脂肪率・筋肉量・筋質点数・推定骨量・内臓脂肪レベル
スマホ連携あり
サイズ3.1 × 32.8 × 29.8cm

タニタ『体重・体組成計 ホワイト BC-314』

タニタ 体重 体組成計 50g ホワイト BC-314 WH 自動認識機能付き/立掛け収納OK

参考価格: 4,740円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon4,740円
楽天

細かいメモリで、減量の成果もチェックできるタニタの体重計です。デザインもシンプルで収納にも困りません。業界トップクラスの薄さと立てかけ収納で、どこでもコンパクトに収まります。アスリートモードも設定できるので、トレーニングをしている人にもおすすめ。

使用目的健康管理・トレーニング
測定項目体重・BMI・体脂肪率・筋肉量・推定骨量・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢
スマホ連携なし
サイズ2.7 × 31.6 × 21.7cm

タニタ『体重・体組成計 BC-705N』

タニタ 体重 体組成計 日本製 BC-705N WH 自動認識機能付き/測定者をピタリと当てる

参考価格: 2,980円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,980円
楽天

高性能で人気の高いタニタの体重計の中でも、特に低価格でコスパのよいところが魅力です。基本的な項目はすべて測定可能で、薄型。乗っただけでユーザーが特定できる便利な機能もついています。さらにアスリートモードもあるので、トレーニング中の人にもぴったり。これらの充実した機能がついていて、3000円前後という安さから、人気の高い製品です。

使用目的健康管理・トレーニング
測定項目体重・BMI・体脂肪率・筋肉量・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢・過去比較
スマホ連携なし
サイズ3.6 × 28.5 × 27.8cm

タニタ『FitScan(フィットスキャン)FS-103』

体組成計 ホワイト FS-103(WH)

参考価格: 2,464円

出典: Amazon
Amazon2,464円
楽天

デザインが可愛いため、女性から人気のあるタニタの体重計です。体重だけでなく、内脂肪レベルや体脂肪率なども図れるので、日々の体型チェックにも役立ちます。カラーバリエーションは3種類。部屋のインテリアに合わせて選ぶのもよいですね。

使用目的健康管理
測定項目体重・BMI・体脂肪率・内臓脂肪レベル
スマホ連携なし
サイズ34.3 x 26 x 4.3 cm

オムロン『connect対応 体重体組成計 HBF-256T-W』

オムロン 体重・体組成計 カラダスキャン スマホアプリ/OMRON connect対応 ホワイト HBF-256T-W

参考価格: 12,338円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon12,338円
楽天

オムロンのスマホアプリ「OMRON connect(オムロン コネクト)」と連携し、細かい健康管理に役立つ体重計です。50g刻みで表示できる高精度の体重計で、bluetoothによって自動でデータ管理が可能です。前回値も表示してくれるので、日々の変化を意識しやすいでしょう。6歳以降の子どもにも対応してくれます。

使用目的健康管理
測定項目体重、体脂肪率、BMI(肥満率)、内臓脂肪レベル、骨格筋率、基礎代謝、体年齢
スマホ連携あり
サイズ3×32.7×24.9cm

オムロン『体重・体組成計 カラダスキャン 両手両足測定タイプ HBF-701』

オムロン 体重・体組成計 カラダスキャン 両手両足測定タイプ HBF-701

参考価格: 8,988円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon8,988円
楽天

両手両足で測定してくれるオムロンの体重計です。細かい数値を測定できるので、部位ごとの皮下脂肪率や骨格筋率も表示してくれます。さらにMYダイエット機能で、自分のダイエットの進捗状況が簡単に把握できるでしょう。食事制限によって筋力まで減少するダイエットにならないように、骨格筋率を把握してリバウンドしにくい体作りをサポートしてくれます。

使用目的ダイエット
測定項目体重・BMI・体脂肪率・内臓脂肪レベル・基礎代謝・体年齢・部位別皮下脂肪率・部位別皮下脂肪率同年齢比較・部位別骨格筋率・部位別骨格筋率同年齢比較
スマホ連携なし
サイズ5.1 × 30 × 32.5cm

オムロン『体重体組成計 カラダスキャン 両手両足測定 KRD-703T』

オムロン 体重体組成計KRD-703T カラダスキャン KRD-703T

参考価格: 19,630円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon19,630円
楽天

2019年に発売されたオムロンの最新の体重計がおすすめです。両手両足で測定でき、部位ごとの体組成も把握できます。さらにbluetooth対応で、独自アプリと連携するので手軽にデータ管理ができるでしょう。体脂肪率だけでなく骨格筋率も測定し、理想のボディメイクに役立ちます。

使用目的健康管理・ダイエット・トレーニング
測定項目体重・BMI・体脂肪率・皮下脂肪率・内臓脂肪レベル・骨格筋率・基礎代謝・体年齢
スマホ連携あり
サイズ30×32.5×5.1cm

オムロン『体重・体組成計 自動認識機能 HBF-226-DB』

オムロン 体重・体組成計 自動認識機能 HBF-226-DB

参考価格: 4,235円

出典: Amazon
Amazon4,235円
楽天

デザインにこだわりたい人におすすめの体重計です。体重のほか、体脂肪率や内脂肪レベル、基礎代謝量などの測定が可能です。厚さも薄く、おしゃれなインテリアとも馴染みます。6歳以降の子供の体組成アルゴリズムを搭載し、子供の肥満防止にも役立ちます。

使用目的健康管理
測定項目体脂肪率・内臓脂肪レベル・基礎代謝・体重・骨格筋率・体年齢・BMI・子供アルゴリズム
スマホ連携なし
サイズ28.5 × 28 ×2.8 cm

オムロン『体重・体組成計 カラダスキャン ホワイト HBF-214-W』

オムロン 体重・体組成計 カラダスキャン ホワイト HBF-214-W

参考価格: 2,580円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,580円
楽天

薄型でスリムなデザインが魅力です。立てかけて収納できるので、置く場所にも困りません。測定項目も多く、骨格筋率までしっかり測定できるところがポイント。健康的なダイエットにも役立ちますね。カラーバリエーションは4色で、インテリアと合わせて選べます。

使用目的健康管理・ダイエット
測定項目BMI・体脂肪率・体脂肪率・基礎代謝・骨格筋率・骨格筋率・基礎代謝・内臓脂肪レベル・体年齢
スマホ連携なし
サイズ28.5×2.8×28cm

THZY『体重計 体重・体組成計』

1byone 体重計 Bluetooth 体組成計 スマホ連動 体脂肪計 smart scale 体重/体脂肪率/体水分率/推定骨量/基礎代謝量/内臓脂肪レベル/BMIなど測定 iOS/Android対応 日本語アプリで健康管理

参考価格: 2,800円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,800円
楽天

8種類の測定項目があり、スマホアプリとも連動してくれる体組成計です。無料アプリのほか、Google FitやApple Healthとも連携可能。bluetooth搭載で操作も簡単です。骨量や水分率もはかれるので、健康的にダイエットをしたい人におすすめ。ベビーオードもあり、家庭でも使いやすいですね。

使用目的健康管理・ダイエット
測定項目体重、BMI、基礎代謝量、体脂肪率、骨量、体水分率、筋肉量、内臓脂肪レベル
スマホ連携あり
サイズ30×30×2.7cm

スマートスケール『Bluetooth対応体重計 体脂肪計』

体重計 体脂肪計 体組成計 ヘルスメーター Bluetooth LCDデジタル表示 強化ガラス 高精度センサー スマートスケール 体重/体脂肪率/BMI/BMR/体内水分/骨量/骨格筋など測定 健康管理

参考価格: 2,550円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,550円
楽天

専用のアプリを使って細かいデータ管理ができる体重計です。bluetoothで接続でき、飲食プランや日々の数値変化も見やすく管理できるでしょう。測定項目も多く、18項目にわたる幅広いデータを測定できるところも魅力的。立てかけ収納も可能で、コンパクトに収まるため一人暮らしの部屋でも楽に収納できます。専用アプリを活用すれば赤ちゃんやペットの体重管理もできる優れもの。

使用目的健康管理・ダイエット
測定項目体水分量・BMI・筋肉量・推定骨量・基礎代謝量・内臓脂肪レベル・タンパク質など
スマホ連携あり
サイズ28 x 28 x 3 cm

Midea 『ヘルスメーター』

Midea 180キロのあなたも安心して乗れる 3Kg~180Kg測定可能 強化ガラス設計 ヘルスメーター 体重計

参考価格: 3,700円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon3,700円
楽天

インテリアにこだわりたい人におすすめの体重計です、細かい数値は測定できない、シンプルな体重計ですが、丸いデザインがおしゃれで人気があります。インテリアの邪魔をせず、おしゃれに使いたい人におすすめ。

使用目的体重計
測定項目体重
スマホ連携なし
サイズ2.5 × 33 × 33cm

Easehold『体重·体組成計·体脂肪計』

【体重計 スマホ連動 】Easehold体重計·体組成計·体脂肪計 体脂肪率·筋肉量·骨量·体水·BMI など18項健康指標測定可能 IOS/Android対応 高精度 Bluetooth体重計

参考価格: 3,200円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon3,200円
楽天

コスパよく、使い勝手の良い体重計です。bluetoothを搭載し、自動でデータをスマホに送信してくれます。8人分の個別データが管理できるので、家族で使いたい人にぴったり。細心の体重計で人気のタンパク量の項目もあり、ダイエットのサポートにも役立ちます。赤ちゃんの体重測定も可能で、基本的な健康管理はばっちり。薄型で収納しやすいところも嬉しいですね。

使用目的健康管理・ダイエット
測定項目体重、BMI、体脂肪率、水分、骨重量、基礎代謝率、内蔵脂肪率、皮下脂肪率、蛋白率、体年齢、基準体重、脂肪量、筋肉量、蛋白量、体型、肥満度レベル、脱脂体重
スマホ連携あり
サイズ30 × 30× 2.6cm

MULTIFUN『体組成計 BL-BH04-WH』

MULTIFUN 体組成計 BL-BH04-WH

参考価格: 5,910円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon5,910円
楽天

設定人数の上限がなく、友人とも共有して使える体重計です。トレーニングジムやヨガ教室などで使うのも便利ですね。14項目の測定が可能で、幅広く健康管理ができるでしょう。最新のスマホアプリとも連動可能で、手軽にデータ管理ができるところも魅力的。手軽に細かい数値を把握したい人におすすめ。

使用目的健康管理
測定項目タンパク質、体重、BIM、除脂肪体重、内臓脂肪、骨量、筋肉量、基礎代謝量、体水分率、骨格筋、体型、体脂肪率、体内年齢、皮下脂肪
スマホ連携あり
サイズ31.2 x 29.8 x 4.4 cm

RENPHO『体重・体組成計 ES-26P1』

【進化版】RENPHO 体重・体組成計 体重計 Bluetooth対応 スマホ連動 体重/体脂肪率/BMI/皮下脂肪/内臓脂肪/筋肉量/基礎代謝量/骨量/体水分率など測定可能 データ自動グラフ化 iOS/Androidアプリで健康管理・肥満予防・体重管理 ヘルスケア同期 日本語取扱説明書

参考価格: 2,980円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,980円
楽天

電池式ではなくUSBで充電できる体重計です。価格も安く、コスパのよい製品として人気があります。タニタやパナソニックのような大手メーカーの体重計には手が届きにくいけれど、しっかり体組成が測れる製品がほしいという人におすすめ。最新のスマホアプリと連携でき、Bluetooth対応です。メモリは50g刻みで細かく体重を把握できるのでダイエットにもおすすめ。13項目の測定ができるので、いろんな目的に応じた健康管理をサポートしてくれます。

使用目的健康管理・ダイエット
測定項目体重/BMI/体脂肪率/皮下脂肪/内臓脂肪/体内水分率/骨格筋/筋肉量/推定骨量/タンパク質/基礎代謝/除脂肪体重/体年齢
スマホ連携あり
サイズ29.1 x 27.7 x 4.4 cm

DRETEC『体重計 グラッセ 』

dretec(ドリテック) 体重計 ボディスケール 最大150Kg 100g単位 のるだけで測定 電源操作がいらない フラット形状 測定値を固定 薄型 収納可能 グラッセ ホワイト

参考価格: 1,581円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,581円
楽天

ハンドミキサーなどの調理家電で人気のDRETECが発売しているシンプルな体重計です。スタイリッシュでおしゃれなデザインが魅力です。体重の未測定できる仕様ですが、その分価格が安く一人暮らしにもぴったり。細かい数値にこだわらない人におすすめ。

使用目的体重測定
測定項目体重
スマホ連携なし
サイズ2.3 × 29.7 × 24.5cm

MUYI『体重計』

MUYI 電子はかり 体重計 ガラス 電池使用量表示 0.2kg-180kg (M, 銀)

参考価格: 2,500円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,500円
楽天

電動バリカンなどで知られるメーカーの体重計です。シンプルなデザインで大人っぽいですね。4色のカラーバリエーションがあり、インテリアに応じてデザインが選べます。

使用目的体重測定
測定項目体重
スマホ連携なし
サイズ2.4 × 28 × 28cm

目的に合った体重計で健康管理に役立てよう

体重計はシンプルなものから、細かい数値まで測れる体組成計まで、いろいろな製品が発売されています。健康志向の高まりから、自宅で健康管理ができる体重計の人気も高まっています。ダイエットや筋肉トレーニングに活用できる体重計もあるので、目的に応じた製品を選ぶところがポイント。最新の技術を使って、理想の体型作りを効果的に行えます。

さらに最新のスマホアプリと連携できる体重計であれば、より手軽に健康管理が可能です。自分の目的に合った体重計で、毎日の健康状態をチェックしましょう。長く続けることで、よりよいヘルシーライフが送れるでしょう。

関連記事

Article Ranking