PS4 ProにおすすめのSSD16選【外付け/データ移行/比較】

PS4 ProにおすすめのSSD16選【外付け/データ移行/比較】

PS4 Proを読み込みスピードを上げるために必要な製品が人気のSSDがおすすめで、PS4 Proに最初から搭載しているHDDと合わせる事でロード時間などのスピードが向上します。人気のモンハンやフォートナイトなどのゲームをプレイするおすすめSSDを紹介します

目次 [表示]

PS4 Pro用SSDとは

PS4 Proでフォートナイトを遊ぶ時に最初に起動やマップの移動、セーブする時に待機時間があり、読み込みに待たされることがあります。

しかたがないですがフラストレーションが多くなるのですが、待機時間を改善するSSDを導入する事で速いスピードを実現することができます。

早いSSDを換装する事でゲームを保存するHDDの変わりにすることで高速化するから、PS4 Pro用のSSDのメリットを紹介します。

PS4 Pro用SSDのメリット

磁気ヘッドに物理的に書き込むHDDと違い、SSDはUSBメモリと同じような物なので、静かで書き込みなどが速いから快適にゲームをプレイする事ができます。

外付けSSDを接続する事がカンタンなので、楽しく遊ぶ事ができ、ロードをする時間が圧倒的に早いからストレス無く快適にプレイができます。


内蔵HDDと外付けSSDはロード時間の比較でで2倍以上あるから、人気のモンハンなどのゲームではロード時間が短くなりゲームが楽しく遊べます。

PS4 Pro用SSDの選び方

SSDの選び方はさまざまあり、最初はPS4 Proで使用する事ができるか、そして外付けか内蔵のどちらかになります。

またSSDの種類や容量などがあり、書き込みなどの早い製品など考える事が多くあるから慎重に選びましょう。Amazonなどで調べておきましょう。

PS4 Proで使えるかチェック

PS4 ProでSSDを使用する事ができるかを調べた方がいいでしょう。容量は160GB以上が良いです。それはPS4のシステムは100GBあります。

最近のゲームは50GBある物が多くあり、ソフトを複数インストールしていると容量は多く必要になります。最低でも480GB以上がおススメです。

内蔵用SSDを外付けケースに入れるのが人気

ポータブルSSDは値段が高かったり数がすくなかったりするから、内蔵SSDを外付けケースに入れて使用する方法です。

2.5インチサイズのSSDの厚さは9.5mm以下の本体が必要です。最近ではSSDの値段が安くなっているから購入しやすい製品が販売しています。


普通にPS4でゲームをしているとソフトを複数あるので、容量はすぐいっぱいになるから1TBは必要になるので価格と合わせて購入を検討しましょう。

接続方法で選ぶ

接続方法はいくつかあり、カンタンにUSBで接続するので人気の製品です。他に内蔵タイプや読み取りや書き込みが速いモデルがあります。

外付けや内蔵タイプを比較すると、USBで接続するより内蔵HDDを取り出して内蔵用SSDを接続した方が転送速度は速いです。

外付け(USB)

人気の外付けSSDの魅力はカンタンにUSBケーブルで取り付ける事ができるから機器に詳しくない人でもラクに接続して快適にゲームを遊べます。

どのPS4でも使用する事ができるからロード時間の短縮ができます。早いロード時間で考えるとデータ転送速度が内蔵よりも外付けのUSBの方が早いです。


外付けSSDだとPS4で使用する事が無くなってもパソコンなどで利用が可能になります。SSDはAmazonなどで販売しているからチェックしてみましょう。

内蔵

内蔵SSDはUSB接続の外付けタイプは他と比較して価格が安い製品が多いです。PS4本体の内部に接続するからPS4の回りが片付けています。

内蔵インターフェイスは6bpsとUSBよりも速いからSSDを内蔵するタイプが人気です。最初に内蔵していたHDDを取り出してSSDを接続します。


なのでHDDを取り出し作業の前にデータのバックアップをする事が必要で、その後にSSDを繋ぐようにします。HDDと比較してSSDは早いから快適にプレイできます。

SSDの種類をチェック

データを保存する場所はNANDチップに多く記録してくれます。昔は多くのデータを記録する事ができて、価格も安いモデルがありますが耐久性に不安がありました。

しかし速度や耐久性をカバーする機能が搭載されるようになり安心する事ができるようになりました。SSDの種類を紹介します。

MLC

現在の主流になっているのがMLCと言われている方式で、これはデータを保管している場所がセルと呼ばれ、1個に2ビットのデータが保存する事ができる方式です。

他と比較して値段が高めになってしまいますが、速度や耐久性が向上しています。ロードが短く故障もし難いSSDが欲しい人はおススメの方式です。

TLC

値段が安く買いやすい製品が欲しい人にはTLCがおススメです。TLC方式のSSDが登場してきたので、価格が安く大容量のSSDが販売してきて人気になっています。

しかし耐久性が低く故障する事が多くあり問題ではあります。ただ、各メーカーの努力によって耐久性が上がってきて、問題を克服しているSSDが販売されています。

3D TLC

今人気になってきているのが3D TLCで、これは保存する部分が積層化をして立体的に「3D」したのが3DTLC方式のSSDです。

今まではメモリを平面に並べて保存していましたが、この方式は立体的(3D)にする事で保存する密度が上がってくるから大容量になりました。

最近ではコストパフォーマンスに優れた製品も多く販売されていて、値段も安いモデルが人気になっているからAmazonなどでも上位になっている3D TLC方式です。

読み取り・書き込み速度で選ぶ

SSDやHDDのスペック表には読み取りや書き込みの速度が表示しています。このデータの読み取り書き込みの速度が高い数字だとロードが短縮する事ができます。

同じSSDでも容量によって速度が変わってくる事があります。なので普通は容量が多いSSDの方が比較して高速になるから、調べて購入を検討しましょう。

容量で選ぶ

容量は多い方が良いでしょうが、SSDの1TBは1万円~2万円と昔よりは安くなってきましたが、容量のが大きい製品はまだ高いです。

PS4 Pro外付けと併用する事が可能になっているから、よくプレイするゲームはSSDで遊んで、あんまりプレイしないゲームはHDDに保存しておくと良いでしょう。


併用する事ができないPS4もあるから、自分がどんなゲームをプレイしてどういった遊び方をするかで変わってくるから、なので目的を決めて購入しましょう。

平均故障時間(MTBF)

どんな製品でも数年使用していると速度が低下していきます。SSDの場合は平均故障時間(MTBF)をメーカーが公表しているからチェックしておきましょう。

最近ではメーカーが性能を向上させたので短いモデルでも100万時間が多くあります。昔と違い今では価格と共に耐久性が変化して故障がし難くなっています。

おすすめPS4 Pro用SSD15選

PS4 Pro用のSSDを選ぶ基準を紹介しました。SSDと言ってもさまざまで、内蔵HDDを取り外してSSDを接続するか、外付けSSDにするかで迷ってしまいます。

自分の目的に合わせて容量や価格などで決める事になるから、自分がどんなプレイをするかを考えましょう。これからおススメのSSDを紹介します。

おすすめPS4 Pro用SSD①「バッファロー SSD-PG480U3-BA」

バッファロー SSD-PG480U3-BA

参考価格: 4,590円

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon4,590円
楽天7,043円

USBコネクタが壊れにくいように、凹んだ部分にコネクタを接続する事で繋ぐ時のトラブルを少なくしています。PS4からの電力で動く仕組みになっています。

衝撃を吸収する素材を使用しているからSSD本体への衝撃を軽減してくれて、ゴムの素材を使用する事で、滑らないようにして落下などの故障リスクを少なくしています。

メーカー発売日2019年2月上旬
本体サイズ(幅×高さ×奥行)75mm×11.5mm×117mm
本体重量110g
容量480GB
インターフェースUSB3.1(Gen1)/3.0/2.0
対応OSWindows、Mac

おすすめPS4 Pro用SSD②「アイ・オー・データ SSPH-UA480NV」

アイ・オー・データ SSPH-UA480NV

参考価格: 7,750円

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon7,750円
楽天9,878円

重量が63gと軽く持ち運びがカンタンな外付けSSDで、ラクにSSDを持って知り合いの部屋に行って使用する事ができます。

素材もシリコンを使用しているから落下の衝撃などにも耐えられるSSDです。電源はUSBバスパワー方式なのでACアダプターは不要で容量も480GBもあるから安心できます。

メーカー発売日2019年7月下旬
本体サイズ(幅×高さ×奥行)80mm×80mm×15mm
本体重量61g
容量480GB
インターフェースUSB 3.1 Gen 1(USB 3.0)/USB 2.0
対応OSWindows、Mac

おすすめPS4 Pro用SSD③「バッファロー HD-PGF1.0U3」

バッファロー HD-PGF1.0U3

参考価格: 6,480円

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon6,480円
楽天8,033円

コンパクトな本体サイズの外付けSSDはポケットに収納する事ができる持ち運びがカンタンな製品です。しかし記憶容量は980GBと大きいので大容量なSSDです。

素材も衝撃吸収する樹脂を組み込んだ製品で落下の衝撃での故障も軽減してくれます。大切なデータを振動や衝撃から守ってくれる安心のSSDです。

メーカー発売日-
本体サイズ(幅×高さ×奥行)79.5mm×13.5mm×119mm
本体重量150g
容量1TB
インターフェースUSB3.1(Gen1)/3.0/2.0
対応OSWindows、Mac

おすすめPS4 Pro用SSD④「エレコム ESD-EC0960GBK」

エレコム ESD-EC0960GBK

参考価格: 13,400円

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon13,400円
楽天17,800円

ケーブルと一体型になった外付けSSDは持ち運びがラクなのでケーブルを忘れることがありません。重さが44gでケーブルも収納ができるコンパクトな製品です。

記憶容量も960GBと大容量で、LEDランプが搭載しているから作動しているとランプで分かるようになっています。設定マニュアルがあるからカンタンにできます。

メーカー発売日2019年5月中旬
本体サイズ(幅×高さ×奥行)113mm×11mm×48.5mm
本体重量44g
容量960GB
インターフェースUSB 3.1(Gen1)/USB3.0/USB2.0
対応OSWindows、Mac

おすすめPS4 Pro用SSD⑤「サムスン「T5」MU-PA500B/IT」

サムスン「T5」MU-PA500B/IT

参考価格: 9,990円

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon9,990円
楽天

500GBの外付けSSDはブルーのメタル仕様のカッコイイデザインで、重さが51gとコンパクトなのでポケットに収納して持ち運びもラクです。

SSDを落としたとしても大丈夫な耐久性がある製品です。振動や衝撃からデータを守ってくれます。パソコンやAndroidにも接続ができるSSDです。

メーカー発売日2017年9月上旬
本体サイズ(幅×高さ×奥行)74mm×57.3mm×10.5mm
本体重量51g
容量500GB
インターフェースUSB3.1 Gen.2
対応OSWindows、Mac

おすすめPS4 Pro用SSD⑥「サンディスク「Extreme」SDSSDE60-500G-J25」

サンディスク「Extreme」SDSSDE60-500G-J25

参考価格: 9,891円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon9,891円
楽天

500GBの外付けSSDは衝撃や耐久性はもちろんほこりや防水性などにも耐性がある製品で、いろいろなシチュエーションに対応しているのでデータを安全に保存しています。

重さは39gと軽くコンパクトなのでカンタンに持ち運びが可能になっています。データの復旧ソフトが1年間使用する事ができるから消えたデータも復旧できます。

メーカー発売日2018年05月25日
本体サイズ(幅×高さ×奥行)49mm×96mm×8mm
本体重量38.9g
容量500GB
インターフェースUSB 3.1 Gen 2
対応OSWindows、Mac

おすすめPS4 Pro用SSD⑦「ウエスタンデジタル「My Passport Go」WDBMCG5000AYT-WESN」

ウエスタンデジタル「My Passport Go」WDBMCG5000AYT-WESN

参考価格: 8,055円

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
Amazon8,055円
楽天11,800円

重さが55gと軽いSSDは耐久性の高いゴムの素材を使用しているから落としても落下による衝撃を吸収してくれる安心のボディを採用しています。

最大容量が500GBでカンタンに持ち運びもできるから、さまざまな場所で使用する事ができます。USBケーブルと一体型なのでケーブルを忘れる事もありません。

メーカー発売日2019年8月中旬
本体サイズ(幅×高さ×奥行)67mm×10mm×95mm
本体重量55g
容量500GB
インターフェースUSB 3.0
対応OSWindows、Mac

おすすめPS4 Pro用SSD⑧「サムスン「860 EVO」MZ-76E500B/IT」

サムスン「860 EVO」MZ-76E500B/IT

参考価格: 7,980円

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
Amazon8,869円
楽天7,980円

サムスンの内蔵SSD独自開発したインテリジェントターブライトテクノロジーを採用していて、ファイルを高速で移動する事ができます。

記憶容量が500GBで5年間の保証もあるから安心して使用ができます。V-NANDを採用しているからゲームも快適に遊ぶ事ができます。

メーカー発売日2018年2月上旬
本体サイズ(幅×高さ×奥行)70mm×100mm×7mm
本体重量-
容量500GB
インターフェースSATA 3.0(6Gbps)
対応OS-

おすすめPS4 Pro用SSD⑨「クルーシャル「MX500」CT1000MX500SSD1」

クルーシャル「MX500」CT1000MX500SSD1

参考価格: 13,380円

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon13,580円
楽天13,380円

ゲームでのセーブデータを書き込みや読み込みを高速で行う事ができますエラー訂正機能がもあるからファイルが壊れる事を防ぎます。

発熱量が少なく作動音も静かなので使用していても気にならず、他に突然の停電でもデータを保護しています。SSDなのでパーツが消耗や故障が少ないのも魅力です。

メーカー発売日2018年1月上旬
本体サイズ(幅×高さ×奥行)-
本体重量-
容量500GB
インターフェース-
対応OS-

おすすめPS4 Pro用SSD➉「ウエスタンデジタル「WD BLUE」WDS500G2B0A」

ウエスタンデジタル「WD BLUE」WDS500G2B0A

参考価格: 7,980円

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon7,980円
楽天7,980円

エラー訂正機能で大事なデータを保護してくれるSSDです。書き込みも早くゲームデータや動画など多くのファイルを保存が可能になっています。

保存したデータを高速スピードで読み込みや書き込みをするので快適なゲームプレイ環境を実現してくれる便利なSSDです。

メーカー発売日2017年08月18日
本体サイズ(幅×高さ×奥行)100.2mm×69.85mm×7mm
本体重量-
容量500GB
インターフェースSATA 6.0Gb/s
対応OS-

おすすめPS4 Pro用SSD⑪「COLORFUL SL500」

COLORFUL SL500

参考価格: 12,675円

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon19,800円
楽天12,675円

コントローラーICでSilecon Motionなどを搭載している内蔵型のSSDです。安定して書き込み速度速いから安心ができるSSDです。

他に腐食によるSSDの故障や性能の低下を防ぐように金メッキ処理を採用していて、酸化などもしないように安心して長期間使用する事ができます。

メーカー発売日2018年11月下旬
本体サイズ(幅×高さ×奥行)100mm x 69mm x 7mm
本体重量-
容量1TB
インターフェースSATA 6Gb/s(SATA3.0)
対応OS-

おすすめPS4 Pro用SSD⑫「インテル「545s」SSDSC2KW512G8X1」

インテル「545s」SSDSC2KW512G8X1

参考価格: 14,700円

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon14,700円
楽天14,798円

自己暗号化が搭載されている内蔵型のSSDで、ゲームデータやセーブなどを安心して保存することができる製品で、記憶容量は500GBです。

高速で読み込みや書き込みなどができて、長期間の使用も安心する事ができますし、値段も安いモデルが多いからコスパに優れた製品が多いです。

メーカー発売日2017年08月23日
本体サイズ(幅×高さ×奥行)-
本体重量43g
容量512GB
インターフェースSATA 6 Gb/s
対応OS-

おすすめPS4 Pro用SSD⑬「ADATA ASU650SS-960GT-R」

ADATA ASU650SS-960GT-R

参考価格: 11,980円

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon11,980円
楽天16,800円

3D NANDフラッシュと高速コントローラーに対応した内蔵SSDで、3次元構造だから負担を少なくしながら容量を増やすようにしているシステムです。

高速の読み込みや書き込みなどが可能になっていて、さらにエラーコレクション技術があるから大事なデータを保存してくれる安心のSSDです。

メーカー発売日-
本体サイズ(幅×高さ×奥行)69.85mm x 7mm x 100.45mm
本体重量59.5g
容量960GB
インターフェースSATA 6Gb/s
対応OS-

おすすめPS4 Pro用SSD⑭「サンディスク SDSSDE60-1T00-J25」

サンディスク SDSSDE60-1T00-J25

参考価格: 16,200円

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon16,200円
楽天17,820円

優れた書き込みや読み込みの高速データを可能にしたSSDは安心して保存ができますし、防水や防塵、落下による耐久性が高い製品でおススメのSSDです。

持ち運びがカンタンでさまざまなデバイスで使用する事ができますし、間違えてデータを消失しても復元することができる1年間利用する事ができる復元ソフトがあります。

メーカー発売日2018年05月25日
本体サイズ(幅×高さ×奥行)49.55mm×96.20mm×8.85mm
本体重量38.9g
容量1TB
インターフェースUSB 3.1 Gen 2
対応OSWindows、Mac

おすすめPS4 Pro用SSD⑮「トランセンドSSD TS512GSSD230S」

トランセンドSSD TS512GSSD230S

参考価格: 8,364円

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon8,364円
楽天11,644円

3D TLC NANDのフラッシュメモリを搭載した内蔵型SSDで、3Dで保存していくからより多く保存ができるようになっています。インターフェイスにはSATA 3.0を採用しています。

書き込みと読み込みが高速なのでゲームなどではその魅力を最大限に発揮します。500GBの価格では高めになりますが、安心ができる製品なのが魅力です。

メーカー発売日-
本体サイズ(幅×高さ×奥行)100 mm x 69.85 mm x 6.8 mm
本体重量53 g
容量512GB
インターフェースSATA3.0(6Gbps)
対応OSWindows

PS4 Pro用SSDおすすめ一覧比較表

スクロールできます

商品
商品名バッファロー SSD-PG480U3-BAアイ・オー・データ SSPH-UA480NVバッファロー HD-PGF1.0U3エレコム ESD-EC0960GBKサムスン「T5」MU-PA500B/ITサンディスク「Extreme」SDSSDE60-500G-J25ウエスタンデジタル「My Passport Go」WDBMCG5000AYT-WESNサムスン「860 EVO」MZ-76E500B/ITクルーシャル「MX500」CT1000MX500SSD1ウエスタンデジタル「WD BLUE」WDS500G2B0ACOLORFUL SL500インテル「545s」SSDSC2KW512G8X1ADATA ASU650SS-960GT-Rサンディスク SDSSDE60-1T00-J25トランセンドSSD TS512GSSD230S
価格4,590円7,750円6,480円13,400円9,990円9,891円8,055円7,980円13,380円7,980円12,675円14,700円11,980円16,200円8,364円
メーカー発売日2019年2月上旬2019年7月下旬-2019年5月中旬2017年9月上旬2018年05月25日2019年8月中旬2018年2月上旬2018年1月上旬2017年08月18日2018年11月下旬2017年08月23日-2018年05月25日-
本体サイズ(幅×高さ×奥行)75mm×11.5mm×117mm80mm×80mm×15mm79.5mm×13.5mm×119mm113mm×11mm×48.5mm74mm×57.3mm×10.5mm49mm×96mm×8mm67mm×10mm×95mm70mm×100mm×7mm-100.2mm×69.85mm×7mm100mm x 69mm x 7mm-69.85mm x 7mm x 100.45mm49.55mm×96.20mm×8.85mm100 mm x 69.85 mm x 6.8 mm
本体重量110g61g150g44g51g38.9g55g----43g59.5g38.9g53 g
容量480GB480GB1TB960GB500GB500GB500GB500GB500GB500GB1TB512GB960GB1TB512GB
インターフェースUSB3.1(Gen1)/3.0/2.0USB 3.1 Gen 1(USB 3.0)/USB 2.0USB3.1(Gen1)/3.0/2.0USB 3.1(Gen1)/USB3.0/USB2.0USB3.1 Gen.2USB 3.1 Gen 2USB 3.0SATA 3.0(6Gbps)-SATA 6.0Gb/sSATA 6Gb/s(SATA3.0)SATA 6 Gb/sSATA 6Gb/sUSB 3.1 Gen 2SATA3.0(6Gbps)
対応OSWindows、MacWindows、MacWindows、MacWindows、MacWindows、MacWindows、MacWindows、Mac------Windows、MacWindows
商品リンク
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る

内蔵タイプの接続・換装方法

PS4 Proを裏返し背面のカバーを外し、カバーを取ってビスは外しHDDを引き抜きます。HDDはサイドにビスで留められているからビスを外しカバーは取ります。

HDDを取ったケースにSSDを装着します。今度はHDDの取り外しの逆でビスを取り付けていきます。意外とカンタンなので落ち着いて作業をすれば良いです。

データ移行の方法

USBメモリに保存する方法はPCでUSBメモリをフォーマットしてPS4に接続して、設定・アプリケーションセーブデータ・本体ストレージのセーブデータ・USBストレージにコピーする。

ゲームタイトルを選んでコピーして完了です。もう1つがPSN会員はオンラインストレージにコピーができるからUSBを使用しなくてもカンタンに移行できます。

まとめ

PS4 Proに接続する事ができるSSDを紹介しました。ゲームでのストレスの原因の1つがロード時間が長い事ですが、SSDを接続する事でストレス解消になります。

SSDも安くなりましたが容量が大きいと値段も高くなります。HDDと併用して低用量のSSDでも遊べます。目的や価格に検討して自分に合ったSSDを見つけてください。

PS4外付けssdおすすめ人気ランキング10選【徹底比較・ゲーム・プレステ】のイメージ
PS4外付けssdおすすめ人気ランキング10選【徹底比較・ゲーム・プレステ】
PS4のゲームをダウンロードしていると容量不足やロード時間を短くするために外付けssdはおすすめの人気アイテムで、2019年のAmazonや楽天の価格ランキングにはssdも入っています。PS4用のssdおすすめ人気ランキング10選と選び方をご紹介します。
SSHDの人気おすすめ10選。PS4・PS4 Proにも!SSD・HDDとの違いもチェック!のイメージ
SSHDの人気おすすめ10選。PS4・PS4 Proにも!SSD・HDDとの違いもチェック!
CPUの性能はいいのにどうも動きが遅いと感じてみえる方はいませんか。その症状の原因がハードディスクの読み書きの遅さが原因ならSSDに変えるのが最適です。しかし安く解決するならSSHDがおすすめです。まずSSHDのことを知ってストレスのないPC 環境を作りましょう。
PS4/PS4Pro向けの外付けHDD人気おすすめランキング15選のイメージ
PS4/PS4Pro向けの外付けHDD人気おすすめランキング15選
外付けHDDはPS4・PS4 Proのストレージ容量を増やすことができ、より多くのゲーム・DLCをダウンロードすることができます。外付けHDDは容量不足に悩んでいるというかたにおすすめです。人気のPS4・PS4 Pro向け外付けHDDを全部で15選おすすめ。
Yasuhiro
ライター

Yasuhiro

関連記事

Article Ranking