白髪染めの適切頻度はどれぐらい?年代別にご紹介!

白髪染めの適切頻度はどれぐらい?年代別にご紹介!

白髪は、髪の悩みの中でも代表的なものです。白髪が目立つことで困っている方も多いのではないでしょうか。この記事では、白髪染めをどのように、どれくらいの頻度で行えばよいか、年代別に紹介します。白髪染めの適切頻度、回数、期間等を知りたい方は、ぜひ読んでみてください!

目次 [表示]

白髪染めの適性頻度ってどれくらい?

白髪染めは、一度しっかり行っても退色しますし、髪が伸びれば根元が白くなっていきます。白髪染めは、どれくらいの頻度で行えばよいのでしょうか?

白髪染めの頻度は2カ月ごとが一般的

白髪染めの頻度は、2ヶ月ごとが一般的と言われます。白髪染めの薬剤は刺激が強いものが多く、ある程度期間を置かないと髪を痛めてしまうからです。

とはいえ、部分染めする場合や、刺激が弱い薬剤を選べる場合などは、もう少し間隔を詰めることもできます。

負担の少ないヘアマニキュアやリタッチもおすすめ!

白髪染めの薬剤として代表的なのは、ヘアカラー(酸化染毛剤)です。髪の毛の内部に染料を浸透させるので、しっかり染められます。しかし、刺激が強いため、髪や頭皮を痛める不安もあります。

白髪染めの方法としては、他にヘアマニキュア(酸性染毛料)やリタッチなどがあります。ヘアマニキュアは、髪の毛の表面をほんのり染めるものです。毛染めの効果は長続きしませんが、刺激は少なくて済みます。

リタッチは、補修・補正の意味で、新しく生えてきた、髪の根元部分だけ毛染めすることです。薬剤は、ヘアカラーを使う場合も、ヘアマニキュアを使う場合もあります。いずれにせよ、一回ごとの刺激や、作業の手間は減らせます。

白髪染めが頭皮、髪の毛に与える影響

白髪をしっかり染めるのであれば、ヘアカラーを使うことになるでしょう。ヘアカラーは、髪の表面をうろこ状におおうキューティクルを開き、内部に染料を定着させることで、しっかり毛染めします。

しかし、キューティクルが開くことで、髪の内部の水分や養分が外に流れやすくなります。また、染料は頭皮に刺激を与えるので、頭皮がピリピリしたり、かぶれたりすることがあります。

白髪になる原因とは?

白髪は、年齢を重ねるとともに増えていくのが一般的です。しかし、白髪の増え方には個人差がありますし、若くても白髪が出ることもあります。白髪になる原因にはどんなものがあるでしょうか?

遺伝や年齢

白髪の原因として、遺伝や年齢は大きなものです。髪の毛はメラニン色素によって黒くなりますが、遺伝的要因により色素の形成能力が弱い場合、白髪が出ることがあります。

年齢的には、一般的に、30代後半以降に白髪が目立ってくることが多いです。

紫外線

白髪の原因としては、紫外線もその一つです。

頭は体の中で一番紫外線が当たる所ですが、その頭を守っているのが髪の毛です。髪が十分にあれば、頭皮を紫外線から守れます。しかし、髪の量が十分でない部分や、髪の生え際や分け目の部分には、紫外線が直接当たってしまいます。

頭皮に紫外線が強く当たると、毛根のメラニン色素を作る能力が弱くなり、その結果、白髪が多くなることがあります。髪の生え際や分け目に白髪が増えたという場合は、紫外線の影響があるかもしれません。

精神的なストレス

精神的なストレスも、白髪の原因となります。精神的なストレスがあると、体も緊張して、毛細血管が縮小して血行が悪くなります。その影響が頭皮にも及ぶと、毛根のメラニン色素を作る力が弱まり、白髪が増えることになります。

ただし、ストレスで白髪が増えるといっても、ストレスを受けた後に生える髪が白いということです。すでに生えている黒髪が、白く変化するということはありません。

過度なダイエットや栄養不足

過度なダイエットや栄養不足も、白髪の原因となります。白髪改善に役立つ栄養素を知り、それが含まれる食べ物をとるとよいでしょう。特に、次のような栄養素・食べ物がおすすめです!

タンパク質:タンパク質は、髪の毛の材料となる栄養素で、大豆など豆類・肉・魚・卵などに多く含まれます。筋肉質な体づくりにも役立つでしょう。

チロシン:チロシンは、メラニン色素の材料となる栄養素で、チーズ・納豆・豆腐・バナナ大豆などに多く含まれます。集中力を高めたり、ストレスを和らげる効果も期待できます。

ヨード:ヨードは、メラニン色素を作る細胞を活性化させる栄養素で、ひじき・わかめ・のり・とろろ昆布・もずくなどに多く含まれます。海藻を食べると髪が黒くなると、昔からよく言われますね。

年代別の白髪染めの頻度

白髪といっても、年代ごとに、白髪の量・髪の質・髪の育ち具合などが異なります。年代別の白髪染めの頻度について見てみましょう!

20代

若白髪といわれるように、20代で白髪が出ることもあります。白髪が多くなければ、一般の毛染め剤で白髪の目立ちにくいトーンを作り、明るく色の白髪染め剤で、白髪の気になる根元をぼかすという対応もできます。

全体染めの周期は長くてもよいですが、2ヶ月くらいごとにリタッチを行うとよいでしょう。

30代

30代になると、多くの人に白髪が出てきます。とはいえ、白髪の割合はまだ少ないと思われますので、20代と同じように、一般的な毛染め剤で白髪をぼかしながら、白髪染め剤でリタッチをするのがよいでしょう。

ただし、周期は20代の頃よりも早め、リタッチは1.5カ月くらいごと、全体染めは3カ月以内ごとに行いましょう。

40代

30代の頃は、白髪は鏡で見ると気になる程度だったとしても、40代になると、しっかり目立つようになることが多いので、白髪染めが大事となります。

染料は白髪染め専用のものを使い、リタッチは1カ月くらいごと、全体染めは2ヶ月くらいごとに行いましょう。

50代

40代までは、黒髪の中に白髪が混じる感じだったとしても、50代になると、白髪がメインになることが多いので、白髪染めはより大事になります。

白髪染めはなるべく間隔を空けた方がよいのですが、50代になると、月に1度はしっかり染めないとすぐ目立ってしまいます。

間隔を詰めて毛染めするには、質のよい染料で丁寧に行う必要がありますので、自分で行うのではなく、専門的な知識・技術を持った美容院に行くのをおすすめします。

美容室での白髪染めと自宅での白髪染めの違い

市販の白髪染め剤は、多様な髪質で明確な効果を出すため、薬剤の刺激が強いことが多いです。そのため、2ヶ月以上の周期で使うにはよいですが、2ヶ月未満の周期で使うと、髪や頭皮が痛んでしまう不安があります。

白髪が多く、広い範囲を短い周期で染める必要があるのなら、美容院に行くのがいいでしょう。美容院には髪や頭皮にやさしい染料があり、それを使ってしっかり染める技術があります。

市販の白髪染め剤による自宅での白髪染めは、コストに優れているメリットがありますが、できるだけ、技術や安全性に優れた美容院に行くのをおすすめします。

男性と女性で白髪染めの頻度は違うの?

男性の髪を平均的に見れば、女性に比べて、短髪が多い・毛が太めなどの傾向があるため、白髪染め剤は男女で分かれていることが多いです。

しかし、頻度については、白髪の量やオシャレに対する意識などにより、個人ごとに適切な期間が決まってくるので、男女で明確に違うということはありません。

ただ、男性は、美容院などで髪を切るペースが、1~2ヶ月と比較的平均しているので、白髪染めのペースもそれに合わせれば問題ないでしょう。

まとめ

今回は、白髪について、白髪になる原因・白髪染めの方法・白髪染めの頻度などについて見てきました。特に、白髪染めの頻度については、男女や年代別の適正な回数を、詳しく紹介しました。

白髪はわずかであっても非常に目立ち、人の印象を左右します。白髪染めは、セルフでも美容院でもできますが、適切な薬剤を適切な方法で用いて上手に白髪染めをし、生活を楽しくしていきましょう!
 

白髪染めトリートメントおすすめ人気25選【色落ち/口コミ/デメリット】のイメージ
白髪染めトリートメントおすすめ人気25選【色落ち/口コミ/デメリット】
口コミのいい白髪染めトリートメントのおすすめをご紹介させていただきます。白髪染めトリートメントは、市販のものでも多数販売されています。おすすめの色持ち防止の白髪染めトリートメントについて選び方や種類について詳しく見ていきたいと思います。
白髪染めヘアマニキュアのおすすめランキング10選【比較/最新】のイメージ
白髪染めヘアマニキュアのおすすめランキング10選【比較/最新】
大人髪に役立つおすすめアイテム、白髪染めヘアマニキュア。綺麗に染まりやすく、髪も傷みにくいので、白髪染めヘアマニキュアが今とっても人気です。今回は、そんな人気な白髪染めヘアマニキュアのおすすめランキングを一挙ご紹介します!
人気おすすめの白髪染めシャンプー10選【効果/デメリット/メンズ】のイメージ
人気おすすめの白髪染めシャンプー10選【効果/デメリット/メンズ】
最近の白髪染めは、シャンプーやトリートメントで少しずつ染め、目立たなくしていくという傾向にあります。今回は資生堂やヘナなど、おすすめの人気白髪染めシャンプーをご紹介していきます。アレルギーで悩む人、効果やデメリット、安全かどうかなどを知りたい人は必見です。
egawa
ライター

egawa

商品のことをよく調べ、特徴を正しくお伝えできるよう心がけております。よろしくお願いいたします!

関連記事

Article Ranking