中華タブレットおすすめ人気ランキング15|格安のものからハイエンドタブレットPCまで紹介

中華タブレットおすすめ人気ランキング15|格安のものからハイエンドタブレットPCまで紹介

今や日本のみならず世界的に人気が高まっている中華タブレット。コスパがよく、デザイン性もあるのでおすすめです。今回は、それぞれの用途に合わせて使え、おすすめの中国製の中華タブレットをランキング形式で紹介していきます。ご購入を検討中の方はぜひ、チェックしてみてください。

目次 [表示]

中華タブレットの魅力!タブレットを迷ってるなら中華タブレットにするべき!

フリー写真素材ぱくたそ

そもそも中華タブレットとは何か?文字どり「中国製のタブレット」になります。中国製と聞くと性能はいいのか、すぐ壊れたりしないかなど思ってしまうかもしれません。ただご安心ください!最近の中華タブレットは元からあるコスパの良さに加えて性能もいいのがあるんです!!

中華タブレットの特徴としては、一般的な日本のタブレットと比較しても高い防水性能を備えたタイプであったり、テレビチューナーを内蔵したモノ、ゲームプレイに特化したタイプなど、ユニークなモノというようなハイスペックな種類がより多く見られるのが中華タブレットの特徴となり魅力です。

最新のモノであっても、コスパの良いものが多くなっているのでAmazon楽天でも気軽に購入することができます。windowsの搭載でより使いやすく日頃に使うパソコンと同じように使用することができます。

2020年にも注目していただきたいタブレットでもあり、小さいサイズで持ち運びもしやすくつかいやすい8インチから、一番需要のある10インチ、大きいサイズで見やすく作業のしやすい12インチまで豊富に用途に合わせて利用できます。

でもたくさんある機種、モデルからどれを選べばいいのかわからないどれが自分にとって最適な中華タブレットなのかわからない…と考えてしまう人のために選び方のポイントからご紹介していきます。ご購入を検討されている方はぜひチェックしてみてください。

中華タブレットの選び方

中華タブレットというとなかなか購入には踏みとどまる方も多いと思います。しかし、最新のタブレットの場合、日本のタブレットに劣らないぐらいに機能性や高品質さに優れています。

普段から購入を迷っている方も、中華タブレットについてまだはっきり分かっていない方も今回の記事では魅力についても載せているのでぜひ参考にしてみてください。

8インチ

8インチタブレットは、軽量で持ち運びやすい大きさで、ちょっとした動画視聴や読書おすすめのサイズで、別にキーボードを取り付ければノートパソコンのように使用でき、中には外出先で通話できる機種もあります。

AndroidやWindowsのOSを搭載した商品や、simフリーでLTE対応の商品、防水機能付きの商品などが販売されており、小さく薄型ながらも高性能に使えることや手軽に利用できるので人気となります。

ストレージも64GBのモノも多く、コンパクトにデータを収納可能となり、仕事でもかなり役立ちますし、メールの送受信も気軽に可能となります。写真やオフィスデータをまとめておくのもおすすめです。
 

Wi-Fi専用モデルのタブレットもありますが、SIMカードが挿せないため電話回線が利用できず、Wi-Fi環境下でしか通信ができません。しかし、Wi-Fi専用モデルは、simフリー機より安いことが最大のメリットです。

外出先であってもフリーWi-Fiを利用すれば通信費はかからず、月額0円での運用ができます。フリーWi-Fiのない場所でも使用したい場合には、携帯用ルーターを持参することで、どこでもインターネットの利用が可能となるため便利さも特化しています。

10インチ

10インチタブレットは、通常よりも少し小さめのタブレットですが8インチよりもはっきり動画を見たい方などにおすすめ。キーボード付きのものならノートPCとしても、モニターとしても最適です。

ケースも豊富なので持ち運びにも便利です。さらに、simフリーでも使えます。大きなサイズのタブレットより価格が安いので、初めてのタブレットとしてもおすすめで、動画や書籍が見やすい大きさになっています。

タッチペンなどを使って操作するペンタブレットとしても10インチタブレットは便利に使えます。そのためゲームやイラストにもぴったりです。よく絵を描く方やメモを多く取りたい場合も即時に利用できます。

Microsoftが開発しているwindows搭載のものは、Microsoft製の製品を使えるためビジネスマンなどにも人気のOSとなっています。WordやExcelなどが使えるオフィスが入っていることが多く、趣味から仕事までを壮大に使用できます。

12インチ

12インチクラスのタブレットは映画鑑賞やTV視聴など、映像コンテンツを楽しむのにぴったりのサイズです。8インチクラスのタブレットと比較しても画面の迫力が違います。このクラスは内蔵スピーカーにこだわった機種も多くなり、画面サイズに加えて、音響の違いも実感できます。

中には自立スタンドを装備しているものや、専用スタンドを用意している機種もあるので、BGM用のスピーカー代わりやモニター代わりにも使用可能なので、パソコンとは別に利用したい方には低価格で購入できるのでおすすめです。

臨場感をそのままに映画視聴したい方やよく音楽を聴く方は音響を楽しめること間違いなしといえます。作業環境に取り入れてみることで作業の効率が上がると思われますので、より高性能なモノを使いたい方はぜひチェックしてみてください。

通信方法で選ぶ(wi-fiモデル/SIMフリーモデル)

Wi-Fiモデルとsimフリーモデルのそれぞれの通信方法をご紹介しますので、より自分の用途に合わせて選んでみてください。

Wi-Fiモデル

Wi-FiモデルはSIMカードを挿入せずにWi-Fiに接続することによって通信を行うモデルです。月々の料金が発生しないメリットはありますが、Wi-Fiが使えない環境ではインターネットが使用できないというデメリットがあります。

自宅や職場などWi-Fiが通っている場所で使う分に問題はありませんが、外出先でもタブレットを使いたい方は注意が必要となり、モバイルルーターやスマホのテザリング機能を活用すれば、移動中などでもインターネットを活用することが可能です。

simフリーモデル

simフリーモデルとは、SIMカードを挿入することによって場所を問わずLTE通信を行えるモデルです。高速のLTE通信はメリットになりますが、月額料金を支払って通信事業者と契約する必要があるため、月額料金が発生してしまいます。

外出先などWi-Fiが利用できない環境であっても通信を行うことが可能なため、場所を問わずタブレットを使用したい方におすすめです。外出先や仕事なのでタブレットを使用する頻度が高い方はチェックしてみてください。

Android・Windows・デュアルOSどのOSを使う?

Android・Windows・デュアルOSの違いをご紹介。ビジネス使用やプライベート使用に分けて使用するのもおすすめです。

AndroidのOS

Android OSの場合は、Googleが無償提供しているOSであり、多くのメーカーが製造するタブレットに搭載されています。そのため、ニーズや使用用途にあわせて選択できるのがメリットとなります。

低価格なモデルも多いので、初めて購入するタブレットとしてもおすすめです。また、GooglePlayのアプリやAndroidスマホを使用している方には使いやすいOSとなっています。

デザイン性やハイスペックなモノが多くあるので、最新のモノにも注目していただきたいモデルで、子供でも使いやすい仕様で家族でも使用用途が広がります。

WindowsのOS

Microsoftが提供しており、一般的なパソコンに使用されているOSとして馴染みのあるWindows OS。WordやExcel、PowerPointなどのビジネスシーンで使用する機会の多いオフィスソフトの利用に適しています。

AndroidタブレットやiPadに比べると使用できるアプリは少なめとなりますが、ハイスペックな部分がポイントで、タブレットとして動画やアプリを楽しむだけでなく、ノートパソコンとして使う場合にも効率よく使用できます。

特にビジネス利用では効率よく活用でき、PCでなくてもこのタブレッド一台で動画、音楽の視聴だけでなく、かなり仕事ができますのでおすすめです。

 

デュアルOS

1台のタブレットに2種類のOSを搭載しているモデルがデュアルOSです。起動時にOSを選択し、再起動で切り替えながら使用可能となります。デュアルOS搭載タブレットは中華タブレットに多くなっています。

使用できるアプリが豊富なAndroid OSと、ビジネスシーン向きのWindows OSを、使用時用に応じて切り替えられるのが最大のメリットとなり、快適な作業に繋がります。切り替えができることで家族での使用や個人での仕事の際の利用を一台で補うことができます。

パソコンやタブレット、スマホと使い分ける必要なく、スムーズに作業できることがより魅力的です。
 

まずは中華メーカーの特徴からチェック!

まず初めに、主な中華メーカーの特徴からご紹介します。
これを知っておけば選びやすくなること間違いなしです!

Lenovo(レノボ)

高性能でコスパに優れたパソコンのメーカーとしても有名な「Lenovo」ですが、タブレットも製造販売をしていてパソコンと同様に高性能で「コスパ」がいいのが特徴。ハイスペックなWindowsタブレットコスパ重視のAndroidタブレットを出しているのもポイントの一つでもあります。

日本法人の「レノボ・ジャパン」が2005年に設立し、サポート体制なども充実しています。ビジネススタイルに対応し、タブレットひとつで、どこでも場所を問わずオフィスのように過ごすことができます。

スマートにスタイリッシュなデザインに特化し、最新型モデルでは薄型で軽量ながらも高性能となるタブレットも多く供えられているため、パソコンと同じように利用でき持ち運びもしやすくなっているのでおすすめです。

さらに、必要時に表示されるキーボードや、ペンを使ってメモをとることもスムーズに可能。絵を描く際も満足のいく書き心地を実現しているので、クリエイティブなライフスタイルにマッチします。
 

Huawei(ファーウェイ)

スマートフォンメーカーとして日本のみだけではなく、世界的にも知られている「ファーウェイ」。タブレットも販売しており、「高性能」「コスパ」「低価格」が特徴。
ビギナー向けのローエンドモデルハイエンドモデルまで数多くの製品があるのも特徴です。

日本法人の「Huawei Japan」があるため、サポート体制も充実しています。Huaweiの魅力は大容量バッテリーとなり、最大7500mAh。スマートな設計ながら充電を気にせず外出先でも十分に使用できます。

そして、急速充電にも対応したモデルでは、約2時間でフル充電が可能となっています。他にも高速Wi-Fiに対応、防水機能を備えたハイスペック中華タブレットとなっていることもメリットと言えるでしょう。

simフリータイプのモノもあるので海外でも楽に使用できます。視力保護モードによるブルーライトカットと、低輝度ディスプレイモードで、目が疲れにくくなっています。アプリ管理機能と、コンテンツコントロール機能で、子供など家族が使用しても安心して使えます。
 

Chuwi(チューウェイ)

chuwiは中国で有名な香港にあるメーカーとなり、Windows+AndroidのOSが一つのモデルに二つあるデュアルブートモデルなどを販売しているのも特徴。正規代理店がAmazonなため入手しやすのも特徴になっています。

この製品自体に、タブレット専用CPUではなくスマートフォンで採用されていたCPUを採用しているので10コアの高性能となっているのも魅力と言えます。グラフィックにもこだわっているのでゲームでも美しい映像とともに楽しむことが可能です。

高性能な解像度を実現。これはかつてソニー・モバイルが発売していたタブレットと同様のスペックとなり、動画視聴にも最適な画質と大きさとなっています。中華タブレットとしては上位と言えるでしょう。

デザインもメタルボディを採用しており、美しく高い質感であると言えます。中華スマートフォンや中華タブレット低価格激安ともいえるモノが多く、質感も満足できないと思いがちですが最新のモノは高品質となっています。
 

エイスース(ASUS)

ハイレゾ、DTSに対応した臨場感あふれるサウンドと、パワフルなCPU、大容量4GBメモリでマルチタスクもエンターテインメントも存分に楽しめます。指紋センサーで人目の多い場所でも安全かつスピーディーにログインも可能です。

独自の解像技術によって鮮明で美しい衝撃的な映像美を実現。サラウンド機能で映画館のような立体的なサウンドも楽しめます。タブレットなのに通話機能も搭載し、スマートフォンのようにも使える、1台2役のタブレットです。

コスパよく購入できる上、ビジネスシーンでも多く活躍しますので、より快適なPC作業ができます。耐久性もあるので子供の学習にもぴったりです。
 

Teclast(テックラスト)

中華タブレットは全体的な価格が低いものが多いがその中でも特に手ごろなものが多いのが「Teclast」。1万円以下で買えるタブレットもあるので安価で手に入れたい人にはおすすめです。

こちらも日本に正規代理店があるので入手しやすくなっています。VRが搭載されたモデルやブルーライトカットのモノもあり、ゲームも快適にできます。ハイスペックになっているモノも多く、最大8000mAhの大容量バッテリーを備えているモデルもあります。

windowsを手軽に使用でき格安で手に入ることから人気を集めています。2020年には最新のモノも多くあります。画質も満足できるモノとなっているので迷っている方はおすすめとなります。SIMフリーのタイプもあるので海外でのSIMの変更手間がはぶけます。

10インチのモノはスマホと同じようにいつでも持ち運びが可能となり便利に使うことができます。低価格で手に入るのでタブレットを常に使う人にはパソコンの代わりに使えるので非常に便利となります。

では実際におすすめの中華タブレットを見ていきましょう。

次のページ

中華タブレットのおすすめ15選

関連記事

Article Ranking