ミニルーターのおすすめ人気ランキング14|2020年最新版を比較!

ミニルーターのおすすめ人気ランキング14|2020年最新版を比較!

DIYや趣味の工芸・工作をされる方に人気のミニルーターは削る・磨く・切る・穴を開けるなど多用途に使える電動工具です。作業の時間短縮ができ綺麗な仕上がりとなりおすすめの工具です。今回はミニルーターの選び方とおすすめの製品をランキング形式で紹介します。

Window Forest
ライター

Window Forest

ご覧いただきありがとうございました。それぞれの分野で初心者の方にも分かりやすく紹介していきたいと思っています。今後とも宜しくお願いします。

目次 [表示]

ミニルーターはDIYや趣味の工作・工芸に大活躍

ミニルーターは手で握って使う電動工具で、ペンの先についた工具で金属や陶器・木材などを削ったり磨いたりすることができます。主にDIYなどの家庭用として使われることが多い他、工芸用として金属加工や木材・ガラスなどの彫刻用としても用いられています。

家庭でDIYをよくされる方工芸を趣味としている方は作業時間の短縮とともに、プロ並みの仕上げをするために1つ持っていると便利なアイテムです。

しかし、いざ購入するとなると種類も多く、どのような選び方をすれば良いか迷ってしまいます。そんな方に上手な選び方とおすすめの製品をランキング形式で紹介していきます。

ミニルーターのメリット・効果

なんと言っても先端のアクセサリーを替えて、いろいろな用途に使えることです。削ったり、穴を開けたり、磨いたり、掘ったりとDIYなら細かい作業のほとんどのことができてしまいます。

また、DIY以外でも模型作り彫刻錆落としなど多用途に使うことができます。

そして、DIYや工作でも最後の仕上げに時間を費やしていたところを短時間かつ、綺麗に仕上げることができます。

ミニルーターの使用用途・使う場面

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

ミニルーター先端につける工具のことをビットと言います。ビットには何十種類とあり、その数だけの使い方があります。基本は磨く穴を開ける削る切断するなどです。1つずつもう少し詳しく紹介します。

磨く

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

金属、石材、ガラス、樹脂、貝殻などの仕上げの研磨やツヤ出しができます。場合によっては純毛バフなどに研磨剤を染みこませて磨きます。

また、家庭では水回りや自転車のサビ落とし汚れ落としにも利用されています。

穴を開ける

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

電動ドリルのように使って穴を開けることができます。木工やプラスチックならば簡単に開けられます。

穴あけ専用のビットを使い、金属の場合は金属用を使います。硬い金属の場合は焼付を起こすことがありますので、水に濡らしながら少しずつ開けていきます。

削る

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

塗り替え等のために以前の塗装を剥がしたり、金属の盛り上がりを削ったりします。また、金属加工で出たバリ取りなどにも使います。

木工では角落としや、仕上げの磨きなどで使えます。家庭では、金属部分の錆落としにも役立ちます。また、ガラスに傷をつけデザインを描いたりするガラス彫刻などにも使われます。

磨くものの硬さに合ったビットが用意されています。

切断する

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

切断はのこぎりの様な切断でなく、削って切断します。厚さのある金属など切断の難しいものもありますし、他の工具を使ったほうが速くできる場合もあります。

金、銀、プラスチック、木であればスチールカッターを用い、超硬、セラミック、ガラス、陶器などであればダイヤモンド砥石を使います。

ミニルーターの選び方

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

ミニルーターは色々な呼ばれ方がしています。ハンドルーター電動ルーターホビールーターリューターペンルーターなどがありますが、どれも基本的に同じ働きをするものと思って間違いありません。

電源タイプで選ぶ

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

電源タイプには100V電源を使うもの、バッテリー内蔵のもの、乾電池を使うものの主に3種類があります。

100V電源タイプ

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

最も多く一般的なタイプです。ラインナップも豊富で多くの種類の中から自分に合った物を選べます。また、バッテリーがない分軽いことや、回転数が上げられパワーがあることもメリットです。

一方、コンセントに届く場所でしか使うことができなかったり、細かな作業をする時にコードが邪魔になったりすることがデメリットです。

中には専用トランスを使って交流100Vを直流に変換してモーターを作動させるタイプのものもあります。

バッテリータイプ

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

最近はリチウムイオンバッテリー搭載のものが多くなりました。どこにでも持って行って作業ができ、細かな作業でもコードが邪魔になることはありません

しかし、パワーのあるものにすれば利用時間が短くなり、バッテリーを長く持たせようとすればパワーが落ちてしまいます。7.2Vなどの製品はパワーのある製品です。

充電式のタイプを選ばれる方は、作業できる時間充電時間をよく確認することをおすすめします。

乾電池タイプ

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

乾電池式はたいへん安い価格で販売されています。回転数は少なく、パワーはありませんが、陶磁器、ガラス、金属、皮革、木材、プラスチック材用を趣味程度で削るなど、用途を限定すれば十分に使えます

乾電池は容易に手に入り、持っていけますので、キャンプやハイキングなどに持ち出して、その場で思い出の工作に使うこともでき意外と便利に使えます。

定格使用時間の長さで選ぶ

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

定格使用時間とはその機器を連続して使用できる時間のことです。ミニルータの中にはこの定格使用時間が規定されている製品があります。

設定された時間を超えて使用するとモーター等の故障の原因となります。規定時間を超えたらその時間と同じ程度の休止が必要です。

連続使用、またはそれに近いような使用を予定してみえる方は、定格使用時間の有無や、その長さを確認しておきましょう。

サイズで選ぶ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

自分で握りやすい太さのものを選びましょう。太さは3~4cm程度のものが一般的です。細かな作業の多い方は細いタイプのものをおすすめします

また、細かな作業用にミニルーターの本体に回転を伝えるチューブのようなものを取り付け、ペンシルタイプの先端で作業ができるフレキシブルシャフトというアクセサリーもあります。

細いタイプのリューターは軽量にはなりますが、パワーが落ちるという側面もあります。行う作業によって選択しましょう。特に女性には軽量タイプをおすすめします。

回転数で選ぶ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

リューターの仕様などを見ると回転数の単位に「min-1」または「rpm」という単位が使われていますが、そのまま回転/分という単位に置き換えて構いません。1分間に何回転するかを表しています。

回転数は多ければ良いというものではありません。扱う材質や作業内容によって適切な回転数が必要です

高回転だとプラスチックは摩擦熱で溶けてしまったり、木材だと焦げてしまったりします。金属の表面の鏡面加工には20,000~30,000の高速回転が必要です。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

便利な速度可変タイプ

最近は回転数が変えられタイプのものが多くなってきています。このタイプのものは多くの作業に対応でき便利です。選ぶ時は回転数の幅に着目しましょう。広ければ広いほどできる作業の幅も広がります。

このタイプには、無段階で変えられるものと、幾つかの段階で変えられるものがあります。繊細な工作の場合は無段階のものを選ぶことをおすすめします。

使用できるビット径で選ぶ

ルーターの先端につける工具であるビットの軸には色々な太さがあり、ミニルーターによってどれだけの太さのものが固定できるかが異なっています。その太さのことをビット径と言います。製品の仕様にはコレット径とかチャック径と表示されている場合があります。

太い径を持つビットは強い負荷に耐えられますが、細いものは負荷に弱くなります。

特にコレットにビットを着装するタイプのものは、軸径を間違えるとはめられなかったり、はまっても抜けなくなったりすることがありますので注意が必要です。また、新たにビットを購入する際にはインチタイプミリタイプを間違えないようにしましょう。

トルクの強さで選ぶ

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

トルクとは回転のパワー、言ってみればモーターのパワーのことです。トルクが弱いと材に強く押し付た際に、回転が落ちてしまったり止まってしまったりします。

仕様などでトルクとして表示されているものは少なく、モーターの出力(W)で判断しましょう。大きいほど大きな力を発揮します。

次のページで実際に商品のランキングを紹介いたします!

次のページ

おすすめミニルーターランキング14選

関連記事

Article Ranking