【コスパ最強】コスパのいいイヤホンのおすすめ10選を紹介!

【コスパ最強】コスパのいいイヤホンのおすすめ10選を紹介!

2019年最新版のコスパ最強イヤホンをご紹介したいと思います。値段の安いイヤホンだとダメな点があります。無線(bluetooth)/有線/高音質/ 有名メーカー等の安くて性能が良いコスパ最強のイヤホンを選ぶためのポイントを紹介していきます。

    目次 [表示]

    コスパのいいイヤホンの選び方

    安いイヤホンを買ってみたら期待していた音や装着感と違った、ということを経験したことがありますか?実は、安いイヤホンを購入するときに重要なことは、イヤホンの性能を知って自分にあったものを選ぶことなんです。そこで今回は、安くて自分に合ったコスパのいいイヤホンを探す際に注意したいポイントについてご紹介したいと思います。

    今回は、カナル型イヤホンインナーイヤー型イヤホンの音の聞こえ方の違い、有線イヤホン無線イヤホンの特徴、その他にもノイズキャンセリングハイレゾなどの単語について紹介します。

    記事の最後では安くて性能が良いコスパ最強イヤホンを10個、5,000円以下のものに限定してご紹介します。スペックが充実しているものについては3,000円以下のものもご紹介します。イヤホンの性能の違いに気を付けてイヤホン選びをしましょう。
     

    中華イヤホンのおすすめ10選を紹介!最強中華イヤホンはどれだ? | Ecoko
    比較的廉価な中華イヤホン。しかし、中華イヤホンといってもハイスペック・ハイブリッド・高品質なものが多いため、最近とても人気があります。今回は、そんな中華イヤホンの中から10商品を厳選してご紹介します!魅力ある最強中華イヤホンはどれだ?!

    【ポイント1】 カナル型イヤホンとイヤーピース型イヤホンの違い

    イヤホンの種類は大きく分けて下の3つです
    1 カナル型
    2 インナーイヤー型
    3 耳掛け型

    イヤホンの形が違うと音の聞こえ方や装着感が大きく変わります。どちらもイヤホン選びで重要視するポイントですよね。今回は、この中でも特に人気の高いカナル型とインナーイヤー型の二つをについて紹介します。それぞれの特徴を理解して、自分に合ったイヤホンを選べるようにしていきましょう。

     

    Ⅰ カナル型イヤホン(防音・コスパがいい)

    最近の主流で人気が高くなりつつあるカナル型のイヤホンからご紹介します。イヤーピースを耳栓のように耳の奥に挿入するのが特徴的なイヤホンで、耳栓のようにして装着するのが大きな特徴です。耳栓のような働きをするので遮音性にとても優れています。周りの音を気にせず音楽を聴きたい人や音漏れを気にしたくない人にピッタリのイヤホンです。

    耳の中でしっかりと固定されて外れづらいので、スポーツをしながら使いたい人にもおすすめします
    しかし、耳にピッタリとフィットするので長時間つけると疲れてしまう人が多いです。耳に疲れを感じたら使用をやめたり、イヤーピースを自分の耳のサイズに合ったものを選んで対策しましょう。

    最後に、イヤホン選びで大事な音質の特徴です。音がイヤホンの外に逃げづらく防音性に優れているので、普通では聞き取れないような細かい音が聞こえやすいです。耳の奥で音が流れることで低音に強く、迫力のある音を聞くことができます。こもって聞こえる印象をもつ人もいるので、安い値段で売っているイヤホンを買い、自分の耳に合っているかどうかを試してみるのもいいですよね。

    イヤホン選びで特に重要なのは使用感と音の聞こえ方です。カナル型イヤホンは構造上、細かい音や迫力のある音に優れ、防音性も兼ね備えています。カナル型イヤホン特有の装着感や音の聞こえ方に違和感を感じない人にとっては、コスパのいいイヤホン選びをするならカナル型を選ぶのがおすすめです。

    周りの音を気にせず音楽に集中したい、スポーツをするときにも不快感なく使いたい、低音が強く迫力のある音楽を聴いてみたい人はカナル型のイヤホンを選びましょう。

    Ⅱ インナーイヤー型イヤホン

    Appleの純正イヤホン(EarPods with Lightning Connector)でも採用されている、インナーイヤー型のイヤホンの特徴をご紹介します。インナーイヤー型は耳に引っ掛けて装着するので、耳に負担をかけずに快適に音楽を聴きつづけることができます。しかし快適さの反面、カナル型に比べてイヤホンの音が漏れやすく遮音性が低いというデメリットもあります。

    音の広がりや開放感を感じることができるのも大きな特徴で、高音の広がりを感じやすいです。比較的、低音域から高音域まですべての音が聞こえやすいです。全音域の開放感のある音を聞くことができて耳の疲れも感じにくいので、カナル型よりイヤーピース型を好んで使う人の気持ちも分かりますよね。

    長時間使いたい方、家やカフェなどの静かな場所で使いたい方、開放感のある音を聞いてみたいと思っている方は、インナーイヤー型からイヤホンを探してみてください。

    【ポイント2】 有線接続 無線接続(ワイヤレス、Bluetooth) をチェック

    ケーブルを通して音楽を聴く有線接続と、ケーブルを使わずにワイヤレス(Bluetooth)で音楽を聴く無線接続の二つがあります。使用に適した場面やコスパの面で違いがあるので、購入する際はそこに注意しましょう。

    有線接続

    コスパを考えるなら有線イヤホンを選ぶといいでしょう。ワイヤレスイヤホンと比べると値段に対して音質が比較的いいです。せっかくなら安くていいイヤホンのほうがいいですよね。

    ハイレゾという高音質音源に対応したハイレゾ対応イヤホンの種類が多いのも有線イヤホンの強みです。高音質を求めるなら有線イヤホンから探してみると早くて正確でしょう。

    また、ワイヤレスイヤホンと違い充電が必要なく、ケーブルを音源に指すだけなので途中で接続が切れて音漏れしたりなどの心配もなかったりします。自分に合ったイヤホン選びがコスパに直結します。自分の使い方に合わせたイヤホン選びを心がけましょう。

    無線(ワイヤレス、Bluetooth)

    Appleから販売されているAirpodsや他にもBeatsのイヤホンなど、無線イヤホン(ワイヤレス、Bluetooth)は最近主流となりつつあります。コードが絡まらないのでストレスを感じることなく使えたり、接続方法が簡単だったりと場面を選ばずスタイリッシュに使えるのがワイヤレスイヤホンが人気な理由ですね。

    まず、ワイヤレスイヤホンはイヤホンのコードがないので、有線イヤホンに比べるとイヤホンが軽いです。せっかく使うならイヤホンが耳に入っている感覚もできるだけ小さいほうがいいですよね。

    さらに、皆さん一度は経験するイヤホンのコードの絡まりもありません。断線の心配もないしコードをほどくストレスもありません。一度ワイヤレスイヤホンを使ったらもとに戻れないという人がいるのもうなづけます。イヤホンを使うにしても便利な方がいいに決まってますよね。

    スポーツ中に使いたい方、今よりももっとスタイリッシュにイヤホンを使いた方、単純にワイヤレスイヤホンに興味があるかたは、コスパの良いワイヤレスイヤホンをおすすめします。

    【ポイント3】 付随機能をチェック(ノイズキャンセリング、ハイレゾ)

    コスパを考えるならイヤホンの機能を理解していることが重要です。ここではノイズキャンセリングハイレゾについてご紹介します。自分の気になる機能はしっかりチェックしておきましょう。

    ノイズキャンセリング

    移動中の電車内やカフェやレストランでの休憩中など、周りの人の声や雑音がうるさい場所で音楽を聞きたい時があると思います。ボリュームを上げたら耳に悪そうだし音漏れもしそうだし、とそういう時に少しストレスにも感じることもありますよね。

    ノイズキャンセリングを使ったことがある人はわかると思いますが、この機能を持っているイヤホンは周りの人の声や環境音を驚くほど消してくれます。ノイズキャンセリング機能に特化したイヤホンを購入すれば、まるで家で音楽を聞いているかの様に心地よく音楽を楽しめるでしょう。外出先でもそういった時間を作れるのは素敵なことですよね。

    一部ではありますが、音楽を再生していない時でもノイズキャンセリングを使えるイヤホンもあります。勉強中やいびきのうるさい人の近くで寝るときなどにとても活躍してくれそうですね。使う場面に適したイヤホンを一緒に探していきましょう。




     

    ハイレゾ

    ハイレゾという言葉を聞いたことがありますか?ハイレゾはハイレゾリューション(High resolution)の略で、簡単に言うと、サンプリング周波数や量子化ビット数などが高い基準を満たしている高音質・高解像度のもののことです。

    CDを超えた音源と言われているハイレゾ音源ですが、この音源を通して音楽を聞くと楽器の音やボーカルの声がとてもキレイに響きます。音楽を今よりもっと楽しみたいと思っている方にとって革命的な音源ですよね。

    せっかくハイレゾ音源を聞くならそれに対応したイヤホンを選びましょう。主に40kHz以上の音を再生できるイヤホンをハイレゾ対応とされています。40kHzかなり高い音ですが、このレベルの音を再生できるイヤホンなら、これより小さい周波数の音をきれいに再生してくれるなどの効果を期待できます。

    ハイレゾ音源をしっかりと楽しみたい方、今よりもっと音楽を楽しみたい方にピッタリのイヤホンです。今より生に近い音で今より音楽を楽しみましょう。

    コスパのいいイヤホンのオススメ10選(5,000円以下・3,000円以下・高コスパ)

    すべて5,000以下の高コスパイヤホンを10コ選んだものをご紹介します。3,000以下のイヤホンもいくつかあるので、イヤホンの機能やデザインなどに注意して選びましょう。

    ノイズキャンセリング・マイク搭載の多機能イヤホン

    TaoTronics 有線イヤホン TT-EP002

    参考価格: 4,999円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon4,999円

    コスパがいいイヤホンの中でもノイズキャンセリング機能を持ったものが欲しい、という方にピッタリのイヤホンです。電車の走行音などのうるさい音を激減させて、そのほかの雑音も25db程度まで減らしてくれる優れものです。20dbが木の葉の擦れ合う音程度だとされているので、25dbまで音量を下げてくれるノイズキャンセリングの能力の絶大さを感じます。しかし環境音のカット性能は絶大ですが、人声のカット性能がほぼないので注意が必要です。

    カナル型のイヤホンはイヤーピースを耳栓のようにして装着するのでさらに音量を下げてくれるのを期待できます。さらに、音楽を流していない時でもノイズキャンセリングを使えるので、勉強中や寝る時に使うのにはもってこいだと言えます。一回の充電で十五時間連続してノイズキャンセリングをつかえるのも便利です。

    有線で値段に対する音質が保証されていること、イヤホンをつけたまま電話をできること、23gとイヤホンの中でも軽いこと、どこをとってもコスパ最強のイヤホンでしょう。

    いろいろな場面で活躍してくれて、さらに安くて音もいいコスパ最強イヤホンです。ぜひこの聞く自分の場所を選ばないイヤホンで好きな音楽を楽しんでください。

    重さ23g
    タイプ有線
    ケーブル長×
    連続使用時間15時間

    コスパ最強のカナル型イヤホン

    final E3000 カナル型イヤホン FI-E3DSS

    参考価格: 4,490円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon4,490円

    2017年にコスパ賞を受賞した名実ともにコスパ最強のイヤホンです。心理学や音響工学に基づいた音作りをしているので音質はかなり良く、全体の音をしっかりと鳴らしてくれて、高音の伸びや力強い低音を聞くことができるそうです。

    音の解像度は優れていますが、イヤーピースも優れています。というのも、イヤーピースは耳栓のように耳の奥に装着するのでサイズが耳に合わないものを選ばないと、耳が押されてしまって疲れを感じてしまいます。しかし、このイヤホンはイヤーピースを五つ付属しているのでサイズで困らず、快適に音楽を聞けること間違いありません。

    コスパ賞以外にもたくさんの賞を受賞していたり、イヤホンをフィットさせるための独自の機構を使ったりなどかなりこだわりを感じる逸品です。このイヤホンもコスパ最強に間違いないです。カナル型のイヤホンを探している方はぜひこのイヤホンを選んで、質の高い音を楽しみましょう。

     

    重さ68g
    タイプ有線
    ケーブル長約120cm
    連続使用時間×

    イヤーピース型の王道イヤホン

    【新品】未使用 Apple(アップル)純正Lightningイヤホン iPad iPhone iPod対応Lightningインナーイヤー型 Apple EarPods with Lightning Connector(ホワイト)MMTN2J/A同等品iPhone7/7 Plus iPhone8 X本体標準同梱品・最短発送

    参考価格: 2,980円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天2,980円

    このイヤホンは従来のイヤホンと違う強みがあります。まず、このイヤホンは音質がすばらしいです。というのも、音の劣化を最大限抑えるために、イヤーパッド内部にあるスピーカーの音の出力を一番大きくして私たちの耳に音を届くように設計してあります。

    このイヤホンはイヤーピース型ですが、従来のイヤーバッドとは形を変えていてしっかりと耳の形にフィットしてくれます。イヤホンの装着感は欲しいけどカナル型をつけたら耳が痛かった、という方のためにあるイヤホンでしょう。

    それに加えて、イヤホンをつけたまま通話をしたり、ケーブルについているスイッチで音の大小を管理できます。悪いところがなく強みを持ったコスパのいいイヤホンといえるでしょう。安いイヤホンを買うのが不安だという方は、このイヤホンを選ぶといいでしょう。

     

    重さ109g
    タイプ有線
    ケーブル長約110㎝
    連続使用時間×

    低音に特化したフルワイヤレスイヤホン

    【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo(ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)【IPX7防水規格 / 最大20時間音楽再生 / Siri対応 / グラフェン採用ドライバー / マイク内蔵 / PSE認証済】

    参考価格: 4,999円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon4,999円

    ワイヤレスイヤホンとは思えないほどの音質がいいということで、今回初紹介のワイヤレスイヤホンです。

    なんと、このイヤホンのためだけに設計されたグラフェン採⽤ドライバーを使っています。普通のドライバーの振動板よりも約35%軽量化することで、正確でクリアなサウンドを作りあげたそうです。こだわりを感じますよね。

    このイヤホン独自の低音を増幅させる技術を用いていて、聞いている⾳楽の低周波⾳域をすぐに分析し、低⾳域を約43%増幅させます。20Hz〜20kHzの広い周波数帯域で心地よい音を響かせてくれます。低音に強いので、ロックミュージックやEDMの魅力をさらに引き出してくれます。

    やはりワイヤレスイヤホンだけあって見た目がめちゃくちゃカッコよく、イヤホンのケースもダイヤモンド粒子を上からちりばめたようなデザインで気に入った人もいるのではないでしょうか。
    連続再生時間も最長20時間とワイヤレスイヤホンの中でも長いです。一度や二度充電をし忘れても安心です。音質にこだわったコスパ最強イヤホンといえるでしょう。
     

    重さ49.9g
    タイプ無線(ワイヤレス・Bluetooth)
    ケーブル長×
    連続使用時間約12時間

    radius(ラディウス)のかわいいワイヤレスイヤホン

    HP-F100BTB ラディウス Bluetooth対応ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブルー) radius Simple Bluetooth series

    参考価格: 4,117円

    出典: 楽天
    楽天4,117円

    ブラック・ホワイト・グレー・ピンク・ブルーの5色があります。フレキシブルケーブルを搭載していて普段使いしやすく、音楽を聞いていない時はマグネットでイヤホン同士をくっつけておくことができるので首にいつも掛けておいてもオシャレですよね。

    連続で8時間近く使用できて、さらに通話やボリューム調整にも対応しています。流行りのタイプのイヤホンでこれだけ機能も充実しているイヤホンは少ないでしょう。ぜひワイヤレスイヤホンのすごさをこれで体感してほしいです。

    重さ81.6g
    タイプ無線(ワイヤレス・Bluetooth)
    ケーブル長×
    連続使用時間約8時間

    学生の味方!ハイレゾ対応イヤホン

    radius Ne HP-NEH31K [ブラック]

    参考価格: 1,849円

    出典: 楽天
    楽天1,849円

    澄んだ中高音域の音が特徴のハイレゾ対応イヤホンです。カナル型イヤホンなのでインパクトのある音や細かい音を聞きやすく、また、有線のイヤホンなので音質がしっかりと値段についてきてくれるでしょう。 

    1,000円台のイヤホンでハイレゾを体験できるのが魅力的で、デザインもシンプルでカッコいいので買いたくなっちゃいますよね。値段の高いハイレゾイヤホンの購入を考えている人は、このイヤホン買って試してみるのもいいと思います。

    重さ11g
    タイプ有線
    ケーブル長約120cm
    連続使用時間×

    防水対応・スポーツに

    【IPX7完全防水 防汗進化】SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Plus Bluetooth イヤホン 高音質 低音重視 8時間連続再生 apt-Xコーデック採用 人間工学設計 マグネット搭載 CVC6.0ノイズキャンセリング マイク付き ハンズフリー通話 ブルートゥース イヤホン ワイヤレス イヤホン Bluetooth ヘッドホン[メーカー1年保証] ブラック

    参考価格: 3,380円

    出典: Amazon
    Amazon3,380円

    APT-Xコーデック対応の高音質ワイヤレスイヤホンです。見た目もシンプルでカッコよく、連続8時間程度使用可能です。

    購入するとイヤーピースが五つとイヤーフックが三つついてくるので自分の耳に合ったサイズのものを選ぶことができます。水だけでなく、汗に含まれる酸や油も防ぎ、カナル型イヤホンなので耳からずれにくいのも強みです。スポーツ中にイヤホンを使う方に一押しです。

    重さ13.6g
    タイプ無線(ワイヤレス・Bluetooth)
    ケーブル長×
    連続使用時間8時間

    見た目がかわいいUFOイヤホン

    Jayfi JEB-101 カナル型 イヤホン 重低音 高音質 ステレオイヤフォン 遮音性 リモコン マイク付き 手作り高級 イヤフォン スマートフォンに対応

    参考価格: 8,990円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon8,990円

    高音から低音まで全体的によく音を鳴らしてくれるイヤホンで、特に重低音に強いのが特徴です。見た目にもこだわっていて、UFOのような見た目がかわいらしいですね。イヤーピースが三つ付属していてどれも低反発の素材を使用しているので、カナル型イヤホンのイヤーピースが苦手な方でもチャレンジしやすいですね。

    今ならAmazonで2,000円台で購入できるので、気になる人はチェックしてみてください。

    重さ141g
    タイプ有線
    ケーブル長×
    連続使用時間×

    音のまとまりがいいイヤホン

    【エントリーでポイント最大14倍:10/25限定】オーディオテクニカ(audio-technica)[ATH-CK350M TBL]インナーイヤーヘッドホン ATHCK350MTBL

    参考価格: 2,021円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天2,021円

    1.2mのイヤホンケーブルを採用していて、また、このイヤホンは低音から高音まで全部の音がしっかりと聞こえて値段にしてはかなりいいという意見が多いです。2000円台のイヤホンではありますが、見た目もかわいらしく欠点のないイヤホンです。安いイヤホンで安定の性能を求めるならこのイヤホンがおすすめです。

    重さ45.4g
    タイプ有線
    ケーブル長約120cm
    連続使用時間×

    SONYのフルワイヤレスイヤホン

    ソニー SONY ブルートゥースイヤホン ブラック WI-C310 BC [リモコン・マイク対応 /ネックバンド /Bluetooth][ワイヤレスイヤホン WIC310BC]

    参考価格: 3,426円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天3,426円

    最後にSONYのフルワイヤレスイヤホンをご紹介します。高磁力ネオジウムマグネットを搭載していてクリアな中高音とインパクトのある重低音に定評があり、高音質なAACに対していて音質劣化の少ないのが強みです。比較的に有線イヤホンのほうがワイヤレスイヤホンより音質が良いと言われていますが、このSONYのイヤホンなら高音質を期待できるでしょう。

    SONYのイヤホンは全体的に悪いイヤホンがないことで有名で、さらに、有名な国内メーカーのイヤホンであるので日本人の耳に合っているイヤホンだとも言えます。有名なメーカーのイヤホンを使ってみたいと思っている方にとてもオおすすめです。

    3,000円台のイヤホンであることも魅力的ですよね。ぜひこのイヤホンで楽しい音楽ライフを送ってほしいと思います。

    重さ71g
    タイプ無線(ワイヤレス・Bluetooth)
    ケーブル長×
    連続使用時間約15時間

    スクロールできます

    商品
    商品名TaoTronics 有線イヤホン TT-EP002final E3000 カナル型イヤホン FI-E3DSS【新品】未使用 Apple(アップル)純正Lightningイヤホン iPad iPhone iPod対応Lightningインナーイヤー型 Apple EarPods with Lightning Connector(ホワイト)MMTN2J/A同等品iPhone7/7 Plus iPhone8 X本体標準同梱品・最短発送【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo(ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)【IPX7防水規格 / 最大20時間音楽再生 / Siri対応 / グラフェン採用ドライバー / マイク内蔵 / PSE認証済】HP-F100BTB ラディウス Bluetooth対応ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブルー) radius Simple Bluetooth seriesradius Ne HP-NEH31K [ブラック]【IPX7完全防水 防汗進化】SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Plus Bluetooth イヤホン 高音質 低音重視 8時間連続再生 apt-Xコーデック採用 人間工学設計 マグネット搭載 CVC6.0ノイズキャンセリング マイク付き ハンズフリー通話 ブルートゥース イヤホン ワイヤレス イヤホン Bluetooth ヘッドホン[メーカー1年保証] ブラックJayfi JEB-101 カナル型 イヤホン 重低音 高音質 ステレオイヤフォン 遮音性 リモコン マイク付き 手作り高級 イヤフォン スマートフォンに対応【エントリーでポイント最大14倍:10/25限定】オーディオテクニカ(audio-technica)[ATH-CK350M TBL]インナーイヤーヘッドホン ATHCK350MTBLソニー SONY ブルートゥースイヤホン ブラック WI-C310 BC [リモコン・マイク対応 /ネックバンド /Bluetooth][ワイヤレスイヤホン WIC310BC]
    価格4,999円4,490円2,980円4,999円4,117円1,849円3,380円8,990円2,021円3,426円
    重さ23g68g109g49.9g81.6g11g13.6g141g45.4g71g
    タイプ有線有線有線無線(ワイヤレス・Bluetooth)無線(ワイヤレス・Bluetooth)有線無線(ワイヤレス・Bluetooth)有線有線無線(ワイヤレス・Bluetooth)
    ケーブル長×約120cm約110㎝××約120cm××約120cm×
    連続使用時間15時間××約12時間約8時間×8時間××約15時間
    商品リンク

    まとめ

    コスパを重視したイヤホンの賢い選び方と、5000以下のおすすめイヤホンを10コご紹介させていただきました。安い値段のイヤホンはたいしてスペックが変わらないと思う方もいるかもしれません。今回の記事で、イヤホンにはいろいろ違いがあり自分にあった選び方ができることを知ってもらえたならうれしいです。安いイヤホンで気に入ったイヤホンがあれば一回り値段の高いイヤホンを買ったりしても楽しいですよね。最後まで読んでいただきありがとうございます。

    辻 祐樹
    ライター

    辻 祐樹

    関連記事