ファブレット/大画面スマホおすすめ人気8選【2020最新版/phablet】

ファブレット/大画面スマホおすすめ人気8選【2020最新版/phablet】

Appleのタブレットとスマホ2台持ちの方もいることでしょう。そんなときに、XperiaやHUAWEIやAndroidのファブレット/phablet/大画面スマホがあれば身軽になること間違いなしです。2020年におすすめの人気ファブレット/大画面スマホをご紹介します。

目次 [表示]

ファブレットについて知ってますか?

Photo byArtificialOG

おすすめファブレット/大画面スマホを紹介する前に、「ファブレット/phablet」とはなにか、みなさんはご存じですか。

ファブレットって?

ファブレット「Phablet」とは、「Phone」と「Tablet]を組み合わせた造語です。はっきりとした定義はありませんが、一般的には画面サイズが5.5インチ~7インチ未満のスマホのことをいいます。大きめ画面のスマホと小さいタブレットが合わさったファブレットは、それぞれの良いところを組み合わせた最強ガジェットです。タッチペンが附属しているものも多くなっています。

ファブレットはスマホ?タブレット?

インターネットなどの通話アプリを入れる必要がなく、元々通話機能が付いていることから「スマホ」に分類されます。時代とともにスマホ画面の大型化が進み、現在ではファブレットの数は増えつつあります。

ファブレット/大画面スマホのメリット/魅力

ではファブレット/大画面スマホのメリットを見ていきましょう。

メリットその1:画面が見やすいこと

フリー写真素材ぱくたそ

ファブレット/大画面スマホのメリットはズバリ、Webサイトや電子書籍などが見やすいことです。情報量が多いWebサイトでは、文字や画像が見やすくなるので大画面であることは非常に助かるポイント。また動画ソーシャルゲームなどでは通常サイズのスマホに比べて迫力がある映像を楽しめるので、プライベートタイムが充実すること間違いなしです。

メリットその2:荷物の量が少なくなること

Photo byAlexas_Fotos

ファブレット/大画面スマホにすると、荷物が増えるように感じるかもしれません。しかしスマホとタブレットを2台持ちしている人にとっては、ファブレット/大画面スマホ1台で済むことになり、結局は荷物が減るのです。またスマホとタブレット2台持ちする場合は、モバイルバッテリーなどもバッテリ容量の大きいものが必要となり、それら附属物も小さいサイズで済むので便利です。

ファブレット/大画面スマホの選び方

次はファブレット/大画面スマホを選ぶ際のポイントについてご説明します。

OSで選ぶ

フリー写真素材ぱくたそ

ファブレット/大画面スマホのOSはいくつかありますが、ここでは現在日本で購入が容易なOSを2種類ご紹介します。

■iOS(アイオーエス)

iOS(アイオーエス)は、iPhoneやiPadなどに使われており、Apple社が企画・開発、提供しています。アプリのダウンロードは「App Store」から行われ、セキュリティが高いことでも知られています。またインターフェースはユーザーにとって直感的に操作できる作りとなっており、使いやすさには定評があります。
 

■Android OS(アンドロイドOS)

Android OS(アンドロイドOS)は、Google社が企画・開発、提供しています。Android OSはオープンソースであることから企業だけではなく個人でも気軽にAndroidアプリを作成することができるため、面白いアプリがたくさん生まれていることも魅力。しかしそれゆえにセキュリティに関して不安を持つ人も多いかもしれません。セキュリティソフトをインストールして使用することをおすすめします。

メーカーで選ぶ

Photo byGarethvV

■Apple(アップル)

日本では、Appleの「iPhone」利用率は50%を超えるともいわれています。日本でのiPhone人気は世界の中でも突出しており、iPhoneが日本に登場したころ、新製品の発売日になると直営店舗には長蛇の列ができるほどで社会現象ともなりました。

iPhoneが人気を集めるのは、操作方法が直感的で簡単であること。そしてApple製品にはiPhoneのほかに、iPad、Apple Watch、MAC、Apple TVなどがあり、Apple製品を使っている人にとっては非常に身近で便利な製品であることなどが上げられます。また販売されているスマホケースの種類が多いことも魅力のひとつです。

■SHARP(シャープ)

SHARP(シャープ)のスマホは「AQUOS」ブランドで知られています。SHARPは液晶技術の高さで知られており、自社開発の「IGZO液晶」を採用したディスプレイを採用していることで他社との差異化を図り、ディスプレイの美しさで定評を得ています。

■SONY (ソニー)

SONYは、ゲームや映画、音楽分野でも話題を集める日本を代表するメーカー。SONYの100%出身による通信機器メーカー、ソニーモバイルコミュニケーションズが提供する「Xperia」は、流行りに左右されることなく、独自のデザインにこだわり、高評価を得てきました。

■SAMSUNG(サムスン)

世界最大の総合家電・電子部品・電子製品メーカーとして知られている大韓民国のメーカー、SAMSUNG(サムスン)は、スマホやタブレットブランド「Galaxy」を発信しています。カメラ性能とディプレイのクオリティ、いち早く有機ELを採用したことで話題となりました。

■富士通

富士通は日本の総合エレクトロニクスメーカー、総合ITベンダーとして牽引してきた日本の代表的メーカーです。富士通が提供するスマホは「Arrows」ブランドとして知られており、「MADE IN JAPAN」であるからこその安心・安全を打ち出しています。

■HUAWEI(ファーウェイ)

中国ブランドのHUAWEI(ファーウェイ)は一時期国内での販売が危ぶまれましたが、折りたたみ端末Mate Xの発売など常に世界の話題を集めています。格安SIM会社が台頭してきたことで、比較的安価なスマホを提供しているHUAWEIは、国内での利用率を高めてきました。今後の動向に目が離せないメーカーです。

画面サイズで選ぶ

Photo by422737

ファブレット/大画面スマホは、5.5インチから7インチ未満のものをいいます(画面サイズは画面の対角線の長さで表し、1インチは約2.54cm)。

とにかく大画面で映画が見たい、ゲームがしたい、本が読みたい、そんな人は6インチ超えのディスプレイサイズがおすすめです。一部の電子書籍では文字のサイズを変えることができないものもあるため、そんなときにも大画面ディスプレイは活躍することでしょう。

また大画面がいいけどポケットに入らないのはちょっと、、という方は6インチ未満のものを選んでください。Webサイトでの調べものやスケジュール管理などといった事務的な使い方では十分なサイズで、もちろん動画や電子書籍書籍も楽しむことができます。

価格で選ぶ

Photo byBru-nO

スマホを入手するときは各キャリアの月額契約料金と合わせて分割で支払うことが多いので、スマホそのものの価格を意識することはあまりないかもしれませんが、ある程度の価格帯が存在します。

低価格帯のものは約3~5万円、ハイエンドのものは約8~10万円が目安となるようです。もちろんスペックによっては10万円以上のものもありますので、自分がどのポイントに重きを置くのかを見極めた上で、購入するスマホを選ぶことが大事です。

付随機能で選ぶ

フリー写真素材ぱくたそ

ファブレット/大画面スマホを選ぶ際には、基本的な機能以外にも、附属する機能が重要なポイントになります。

カメラ機能、耐水・防水機能、テレビ受信ができるか否か、おサイフケータイ機能、顔認証や指紋認証などの認証機能など、さまざまな機能がありますので、自分が必要な機能を吟味して選択してみましょう。

ファブレット/大画面スマホのおすすめ8選【2019年最新版】

現在各メーカーからたくさんのファブレット/大画面スマホが販売されています。発売されるごとに新たな機能が追加され、デザインもさまざま。ファブレット/大画面スマホのおすすめ8選をご紹介します。

【Apple】iPhone11 Pro Max

6.5インチディスプレイのiPhone11 Pro Maxは、超広角、広角、望遠の3レンズがほどこされ、これまでにない写真撮影を楽しむことができます。また前クラスのiPhone XRに比べて2倍の水深、最大水深2メールで30分間の耐水性能が付加されました。

Apple の公式URLはこちら

OS iOS
ディスプレイ Super Retina XDR 6.5インチOLEDディスプレイ
CPU -
メモリ -
容量 64GB、256GB、512GB
顔認証
指紋認証 ×
カラー ミッドナイトグリーン、シルバー、
スペースグレイ、ゴールド
カメラ ナイトモードを備えたトリプル12MPカメラ
(超広角、広角、望遠)
防水 最大水深4メートルで30分間
バッテリー ビデオ再生(ワイヤレス)で最大12時間
サイズ 158×77.8×8.1mm
重さ 226g

【富士通】arrows Be3 F-02L

企画・開発、組み立て製造、サポートまで国内工場で行われた、Made in Japanの高品質で信頼性の高いスマホです。高温、低温での動作や耐湿度、耐振動などの米国国防総省の調達基準MIL規格23項目に準拠。ハンドソープで洗えることも魅力のひとつ。

富士通 の公式URLはこちら

OS Android™ 9.0
ディスプレイ 約5.6インチ 有機EL
CPU SDM450(1.8GHz 8-Core)
メモリ 3GB
容量 64GB、256GB、512GB
顔認証 ×
指紋認証
カラー White、Pink、Black
カメラ アウトカメラ)
有効画素数 約1220万画素 CMOS/F値1.9
インカメラ)
有効画素数 約810万画素 CMOS/F値2.0
防水 IPX5/8(浸漬、風雨、雨滴)
バッテリー 2780mAh
連続通話時間約1100分/連続待受時間約610時間
サイズ 約147×70×8.9mm
重さ 約145g

【ソニー】Xperia 5

21:9のシネマワイド(TM)ディスプレイの縦長ディスプレイにより、アプリを2つ同時に操作することができます。またSONY独自のデジタル一眼カメラa(TM)技術によるトリプルカメラと、シネマ撮影専用機能「Cinema Pro」が搭載されています。

ソニーモバイル の公式URLはこちら

OS Android 9
ディスプレイ 約6.1インチ/有機EL
CPU 2.8GHz+2.4GHz+1.7GHz オクタコア
メモリ 6GB
容量 64GB
顔認証 ×
指紋認証
カラー ブラック、グレー、ブルー、レッド
カメラ メインカメラ
52mm(望遠):約1220万/F値2.4
26mm(標準):約1220万/F値1.6
16mm(超広角):約1220万/F値2.4
フロントカメラ
約800万/F値2.0
防水 IPX5/8
バッテリー 3000mAh(内蔵電池)、約130時間
サイズ 約158mm×約68mm×約8.2mm
重さ 約164g

【SHARP】AQUOS sense3 plus

大画面IGZOディスプレイによる、臨場感バツグンの映像を楽しむことができます。ステレオスピーカーとDolby Atmos(R)が、迫力あるハイエンドクラスの音質を提供します。

SHARP の公式URLはこちら

OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.0インチフルHD+(2,220×1,080ドット) IGZOディスプレイ
CPU Qualcomm® Snapdragon 636 mobile platform
1.8GHz+1.6GHz オクタコア
メモリ 6GB
容量 64GB/128GB
顔認証
指紋認証
カラー ムーンブルー、ブラック、ホワイト、ピンク
カメラ アウトカメラ
標準:F値1.8レンズ[広角76°焦点距離27mm相当]
広角:F値2.4レンズ[超広角123°焦点距離16mm相当]
インカメラ
F値2.2レンズ[広角80°焦点距離25mm相当]
防水
バッテリー 4,000mAh(内蔵電池)
サイズ 約160mm×約75mm×約8.7mm
重さ 約175g

【Google】Pixel 4 XL

Android OSを企画開発、提供するGoogle社が発売するGoogle Pixcel 4 XL。ソフトウェアとハードウェアとの融合により、究極のスマホともいわれています。プロが撮影したような写真を体験できます。

Google の公式URLはこちら

OS Android
ディスプレイ フルスクリーン 6.3 インチ(160.0 mm)ディスプレイ
CPU Qualcomm® Snapdragon 855™
メモリ 6 GB LPDDR4x
容量 64 GBまたは128 GB⁴
(Just Black および Clearly White)
顔認証
指紋認証 ×
カラー Just Black、Clearly White、Oh So Orange
カメラ 背面カメラ:視野 77°
前面カメラ:視野 90°
防水 IP68
バッテリー 3,700 mAh
サイズ 75.1 x 160.4 x 8.2 mm
重さ 193 g

【SAMSUNG】Galaxy Note10+

薄さ約7.9mmの本体に、ノートパソコン並みの保存容量や、手書き文字の素早いテキスト変換などを備えた、小さなパソコンを手にした感覚を味わえます。

SAMSUNG の公式URLはこちら

OS Android™9
ディスプレイ 約6.8インチ Dynamic AMOLED(有機EL)
CPU -
メモリ 12GB
容量 256GB
顔認証
指紋認証
カラー オーラグロー、オーラブラック、オーラホワイト
カメラ イン(サブ)カメラ:視野角:80°
アウト(メイン)カメラ:
16MP 超広角カメラ、12MP 広角カメラ、
12MP 望遠カメラ、深度測位カメラ(TOF)
防水 IPX5/IPX8
バッテリー 4,300mAh
サイズ 162.3mm×77.2mm×7.9mm
重さ 197g

【ASUS】ZenFone 6

ASUS ZenFone 6 ミッドナイトブラック (6GB/128GB) 【日本正規代理店品】 ZS630KL-BK128S6/A

参考価格: 69,564円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon69,564円
楽天
画面サイズ(解像度)6.4 インチ(2340x1080)
サイズ(幅×高さ×厚さ)75.4×159.1×9.1 mm
重量190 g
RAM容量6GB
ストレージ容量128GB
増設用メモリーカードスロットmicroSDXC(最大2000 GB)、トリプルスロット
バッテリー容量5000 mAh
アウトカメラフリップカメラ 4,800万画素(メイン) 、1,300万画素(広角)
インカメラ
通信方式FDD-LTE (B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28)、TD-LTE (B38/B39/B41/B46)、キャリアアグリゲーション (5CA(DL)/2CA(UL) 対応)、WCDMA (B1/B2/B3/B4/B5/B6/B8/B19)、GSM/EDGE (850/900/1,800/1,900MHz)

極細フレームにより、画面を遮るものがないオールスクリーン ナノエッジディスプレイを実現。4800万画素のフリップカメラと、5,000mAhバッテリーが施されています。

OS Android 9.0
ディスプレイ 6.4型ワイド IPS液晶 (LEDバックライト)
CPU Qualcomm® Snapdragon 855 (オクタコアCPU) 2.84GHz
メモリ 8GB LPDDR4X または 6GB LPDDR4X
容量 256GB (UFS 2.1)/128GB (UFS 2.1)
顔認証 ×
指紋認証
カラー トワイライトシルバー、ミッドナイトブラック
カメラ メインカメラ:4,800万画素カメラ
2ndカメラ:1,300万画素広角カメラ
防水 -
バッテリー 5,000mAh
Wi-Fi通信時 : 約23.6時間
モバイル通信時 : 約22.6時間
連続通話時間 : 約2,454分 (3G) 約2,250分 (VoLTE)
連続待受時間 : 約849時間 (3G) 約789時間 (VoLTE)
サイズ 約159.1×約75.4×約9.1mm
重さ 約190g

【HUAWEI】nova 5T

最大4800万画素の5つのAIカメラと、ハイレゾ仕様のオーディオが搭載されています。ボディの上にマルチレイヤー3D効果を実現した魅力的なカラーリングを実現しています。

HUAWEI  の公式URLはこちら

OS EMUI 9.1 (Android 9ベース)
ディスプレイ 約6.26インチ/FHD+ 1080 x 2340ピクセル/TFT
CPU HUAWEI Kirin 980 オクタコア
2.6 GHz デュアルコア + 1.92 GHz デュアルコア + 1.8 GHz クアッドコア
メモリ 8 GB
容量 128 GB
顔認証 ×
指紋認証
カラー ミッドサマーパープル、ブラック、クラッシュブルー
カメラ アウトカメラ(クアッドカメラ):
約4800万画素(F1.8) / 約1600万画素(F2.2)
/ 約200万画素(F2.4) / 約200万画素(F2.4)
インカメラ:
約3200万画素(F2.0)
防水 -
バッテリー 約3750 mAh(一体型)
サイズ 約73.97×約154.25×約7.87 mm
重さ 約174g(バッテリー含む)

まとめ

Photo byijmaki

docomo、au、ソフトバンクの3大キャリアに楽天モバイルが加わり、格安SIM会社も多数登場したことからスマホの選択肢がどんどん増えています。またスマホは単なる通話のためのアイテムから、無限の可能性を秘めたツールへと成長しています。ファブレット/大画面スマホも選択肢に入れて、自分に合ったスマホを選んでください。

シアターバー/サウンドバーおすすめ人気ランキング【薄型テレビの音質を底上げしよう!】のイメージ
シアターバー/サウンドバーおすすめ人気ランキング【薄型テレビの音質を底上げしよう!】
ここ数年でテレビは薄型に代わり、機能もますます充実しています。しかし、その一方で音質に対する不満を抱える人も少なくありません。ソニーやヤマハ等のテレビ用サラウンドスピーカー/テレビスピーカーの「シアターバー」がおすすめです。今回は、シアターバー/サウンドバーのおすすめ人気商品をご紹介します。
Bluetoothスピーカーの人気おすすめ10選【高音質/おしゃれ/コスパ最強】のイメージ
Bluetoothスピーカーの人気おすすめ10選【高音質/おしゃれ/コスパ最強】
スマホやパソコンとペアリングすることで音楽や映画の音声を気軽にスピーカーで楽しめる「Bluetoothスピーカー」。認知度も上がってきた昨今、各メーカーから様々なモデルが登場しています。今回は音質、駆動時間、シチュエーションにフォーカスしておすすめ10選をご紹介。
【徹底比較】タブレットスタンドのおすすめ11選|おしゃれで便利!のイメージ
【徹底比較】タブレットスタンドのおすすめ11選|おしゃれで便利!
使用することでタブレットを手で持つことなく操作ができるタブレットスタンド。用途に合わせて、ひとつは持っておくのがおすすめです。本記事では、様々なタイプのタブレットスタンドを機能性だけではなく、コスパ・おしゃれ度も含め徹底比較し、11のおすすめをご紹介します!
ととと。
ライター

ととと。

キレイなものが好きで、最新ガジェットも好き。いろんな情報をみなさんに提供できればと思っています。ライター経験はまだ浅いですが、気持ちは前向きです!よろしくお願いします!

関連記事

Article Ranking