重低音イヤホン/低音重視イヤホンおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版/徹底比較】

重低音イヤホン/低音重視イヤホンおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版/徹底比較】

イヤホンは、音楽を楽しく、身近にしてくれるアイテムです。製品によって聞え方は大きく異なりますが、重低音重視のものがおすすめです。重低音イヤホンは、耳だけでなく体全体を揺さぶる体験を与えてくれることは間違いありません。今回は、低音重視の人気イヤホンを紹介します。

    目次 [表示]

    重低音イヤホン/低音重視イヤホンで衝撃の体験を!

    多くのイヤホンは、低音から高音までの音をバランスよく響かせてくれます。「クセがない音づくり」ともいえますが、音楽によっては「妙にあっさりしているな」と、違和感を感じることがあるかもしれません。

    また、イヤホンは主に、ノイズのある屋外で利用するものです。ノイズキャンセリング機能だけでなく、音楽に浸りきるだけの迫力がほしいものです。

    これらの要求を満たすには、どちらかというと低音の響きを重視するイヤホンがベターです。ベースやバスドラムなどによる重低音は、耳を通じてあなたの体を心地よく揺さぶり、新しい体験を与えてくれることでしょう。

    イヤホンを選ぶときには、好きな音楽ジャンルを念頭におくことも必要です。たとえばロックや、ヒップ・ホップ、edm(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)などのダンスミュージックは、低音部が明確に聴けた方が楽しめます。一方、クラシック音楽は他ジャンルに比して低音が少ないので、低音を重視する必要性は低くなります。

    低音部の再現にすぐれたイヤホンを選ぶことで、重低音を心ゆくまで楽しみましょう。本記事では、重低音向けのおすすめイヤホン、人気のイヤホンを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

    重低音イヤホン/低音重視イヤホンの選び方

    同じ重低音向けイヤホンであっても、製品によって特徴があります。デザイン重視のおしゃれな製品、スポーツシーンでの利用を前提にしたもの、音質重視の本格的イヤホンなど、さまざまです。

    メーカーは、内部機構に独自の技術をつぎ込んでおり、それぞれに特色のある「音づくり」を進めています。製品選びに迷ってしまいそうですが、イヤホン選びの際の、ポイントをいくつか紹介します。

    低音重視イヤホンの選び方① 形状で選ぶ

    イヤホンには形によって、大きく2つあります。一つは「インナーイヤー型」で、耳に浅く差し込んで使うものです。派生的に、耳たぶにひっかけて装着する製品もあります。イヤホンとしては、標準的な形状といえるでしょう。もう一つは「カナル型」で、耳栓のように押し込んで使うタイプです。

    当然ながら、密閉度が高いのはカナル型です。鼓膜に近いところで音が再生されるため、臨場感のある音楽を体験できます。外出時に使う際、周囲の音が聞き取りにくくなるという問題はありますが、重低音を大音量で楽しむのに適しています。

    また、カナル型イヤーピース(柔らかい部材)が付属するため、耳とのフィット感がさまざまです。自分に合うものを選びたいところです。音楽に浸りきるには、カナル型がおすすめです。実際、多くの重低音イヤホンがカナル型を採用しています。

    一方のインナーイヤー型は音漏れしやすいため、大きな音での再生は周囲が気になる環境での使用には向いていません。ただし、周囲の音が聴き取れることと、長時間使用した際の疲れが小さいことがアドバンテージとなります。「バックミュージック程度に聴ければよい」というユーザー向けです。

    低音重視イヤホンの選び方② 有線/無線で選ぶ

    近年増加しているのが、無線(ワイヤレス)による「Bluetooth対応」のイヤホンです。ワイヤレス方式のイヤホンは、ケーブルにわずらわされることなく使用できるのが最大の利点で、スポーツ時などの使用に適しています。

    当初、この方式の製品は音の遅延が大きかったものの、最近ではほとんどなくなっています。ただし、充電しないとしようできないことと、電子レンジなどと干渉して音が途切れることがあるのが弱点といえるでしょう。

    一方の有線式は、一般的に、Bluetooth対応製品に比べると音質がよくなっています。高音質のハイレゾ対応イヤホンでも、有線による接続時のみの対応のものが多くあります。こちらは、ケーブルの取り回しが面倒で、ケーブルにクセが付くと「格好悪い」ことが欠点です。

    低音重視イヤホンの選び方③ ドライバーで選ぶ

    ドライバー(駆動方式)とは、イヤホンの音を鳴らす機構です。マグネット(永久磁石)、ボイスコイル、ダイアフラム(振動板)などで構成され、音楽信号を振動板(ダイアフラム)に伝える方式が複数あります。

    バランスド・アーマチュア型(BA型)

    ドライバーの方式で最近増えている「バランスド・アーマチュア型」(BA型)は、中高音を中心に繊細な再生ができるため、採用製品が増えています。

    ドライバ−ユニットが小ぶりなので、補聴器などの医療機器でも利用されています。音楽信号がコイルに流れてコイルの芯にある振動板などが振動し、これが空気を伝わるという仕組みです。音質がクリアなのが特徴です。

    ダイナミック型

    一方、重低音の再生には「ダイナミック型」が適しています。ダイナミック型は、メーカーの設計次第で、低音部の厚さを調整しやすいのが特徴です。磁石を使って信号を送るタイプが標準的ですが、各社ともさまざまな工夫を施して音質向上を図っています。

    また、バランスド・アーマチュア型とダイナミック型両方の方式を取り入れたハイブリッド型もあります。

    低音重視イヤホンの選び方④ メーカーで選ぶ

    イヤホンを開発・販売するメーカーには、重低音の再生に強みを持つ企業があります。さまざまな製品を開発しているメーカーも、重低音再生向けの製品を用意しています。とくに、ブランド名に低音をあらわす「BASS」が入っている製品がその代表格です。

    スペック表には、再生周波数帯域として「Hz」(ヘルツ)による表示があります。これは周波数の広さを意味するもので、どの程度の周波数まで再生できるかという目安にはなります。

    確かに、ハイレゾ対応製品は再生周波数帯域が広くなっていますが、これだけで「低音に強い」とは言い切れません。どちらかというと、ハイレゾ製品高音域の再生が向上しているものなので、あくまで「目安」と考えてください。

    ボーズ(bose)

    Boseは、数々の新技術をオーディオ界にもたらしてきた、米国企業です。たとえば、多くのヘッドホン/イヤホンで採用されている「ノイズキャンセリング機能」は、同社が先行開発しました。イヤホンの装着部分にも、独自の工夫が施されています。

    そもそも、重低音を鳴らすためには音響機器を大きくしなければならないというのが、それまでのオーディオメーカーの「常識」でした。boseは、これを克服した企業として評価されています。

    重低音ヘッドホン/イヤホンにおいても、同社は確固とした地位を持っています。「重低音=ボーズ」という評価さえあるほどで、多くのユーザーの支持を集めています。

    オーディオテクニカ(audio-technica)

    audio-technicaも、イヤホンを開発・販売する国内メーカーです。エントリー向けからプロ向けまで、製品ラインナップも多くなっています。「SOLID BASS」シリーズが重低音向けのブランドで、輪郭が鮮明な音質で装着感もすぐれています。

    sonyほどではありませんが、実は、Audio-technicaもデザイン性に定評のある企業です。外箱のデザインへのこだわりについては、「sonyよりも早い」という声もあるほどです。

    JVCケンウッド(JVC KENWOOD)

    国内オーディオメーカーのJVCケンウッドは、2008年に日本ビクターとケンウッドが経営統合した企業です。

    JVCケンウッドも比較的、重低音にこだわった製品を開発・販売しています。コストパフォーマンスも良好で、ファッション性も高いのが特徴です。

    重低音イヤホンのブランド名は「XTREME XPLOSIVES(XX)」で、低温再生のための独自技術が多数採用されています。XXシリーズは、機構が丈夫につくられており、スポーツシーンなどでも安心して使用できるのも特徴です。

    ソニー(sony)

    言うまでもなく、sonyは世界的なオーディオメーカーです。イヤホンは、エントリー向けからプロ向けまで、多数のラインナップを取り揃えています。全体としては、機能の豊富さとバランスのよい音づくりに定評があります。

    その中でも、重低音再生に展開しているブランドが「EXTRA BASS」シリーズです。口径が大きいダイナミック型ドライバーを中心とする内部機構をもち、音質は非常にシャープです。ハイレゾ音源の再生に対応しているモデルも多く、音質重視のユーザーにも向いています。

    もちろん、デザイン性にすぐれており、とくにBluetooth対応製品は女性を中心に人気です。カラバリを揃えた製品も多くなっています。

    ビーツ(beats by dr.dre)

    beats(正確にはbeats by dr.dre)の設立は2008年と新しいのですが、あっという間に世界のユーザーの心をつかみました。2014年にAppleの子会社となりましたが、ヘッドフォン/イヤホンを中心とするオーディオ機器メーカーとして、独自ブランドを維持しています。

    音のバランスを重視しつつ、低音をしっかり聴かせてくれる音づくりが特徴で、一目でわかる「b」のロゴを中心とするデザインもおしゃれなものです。ジャンル的には、edmやヒップホップ、ロックに適しています。

    Lightning端子対応のモデルも用意されており、ワイヤレスはもちろん、iphone、ipad、Macとの有線接続も簡単に可能です。

    重低音イヤホン/低音重視イヤホンのおすすめ10選

    いよいよ、おすすめの重低音イヤホンを紹介します。今回は、10製品に絞りました。数年に渡って販売され続けている長寿製品から新製品までさまざまですが、参考にしてください。

    重低音イヤホン/低音重視イヤホンのおすすめ① sony MDR-XB55

    ソニー SONY イヤホン カナル型 グレイッシュホワイト MDR-XB55 [φ3.5mm ミニプラグ][MDRXB55WQ]

    参考価格: 2,963円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天2,963円


    Amazonや楽天市場で、2019年通年で人気上位だった、価格が安い有線式の重低音イヤホンです。独自の「ベースブースター」という機構によって、迫力たっぷりの重低音のグルーヴ感を体感できます。ドライバー口径も12mmと大きく、中高音もすっきり再生してくれます。

    装着部は耳の奥まで押し込める「アングルドイヤーピース方式」で、イヤーピースも2種類のシリコンを組み合わせているなど、非常に細かにつくられた構造になっています。各種レビューでも、「外れにくい」と好評のようです。カラーバリュエーションも揃ったおしゃれな製品です。

     

    有線/ワイヤレス有線
    形状カナル型・ダイナミック
    再生周波数帯域4Hz-24,000Hz
    バッテリ持続時間-

    重低音イヤホン/低音重視イヤホンのおすすめ②

    オーディオテクニカ Bluetoothイヤホン ATH−CKS770XBT BK ブラック

    参考価格: 10,780円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天10,780円


    audio-technica SOLID BASSシリーズの逸品。ノイズを生む共振を抑えるために切削無垢アルミニウムエンクロージャーを搭載、重低音にキレを生んでいます。3時間の充電で7時間の連続再生が可能で、音楽再生操作ができるリモコンも搭載しています。

    小さなフレキシブルネックバンドで持ち運びも簡単です。カラバリも3色あります。小さな利点は、マルチペアリング機能を搭載していること。最大8台までの機器を登録できるため、複数の機器を使い分けているユーザーに適しています。

     

    有線/ワイヤレスワイヤレス
    形状カナル型・ダイナミック
    再生周波数帯域20Hz-20,000Hz
    バッテリ持続時間7時間

    重低音イヤホン/低音重視イヤホンのおすすめ③ bose QuietControl 30 wireless headphones

    Bose QuietControl 30 ワイヤレス ヘッドホン / ヘッドフォン / ノイズキャンセリング / ノイズキャンセル / イヤホン / Bluetooth / ブルートゥース / ネックバンド / iPhone対応

    参考価格: 34,560円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天34,560円


    boseによるBluetooth対応のワイヤレスイヤホンで、当然ながらノイズキャンセリング機能付き。快適さと重低音の双方を備えたモデルで、6つのマイクから外部のノイズを測定して強力に抑えるのが強みです。

    バッテリー持続時間も10時間と長く、都会での長時間の通勤・通学でも十分に活用可能です。装着感も優しく、ストレスがありません。スマホの「bose connect」アプリを使えば、ノイズキャンセリングレベルの調整などが簡単にできます。

     

    有線/ワイヤレスワイヤレス
    形状カナル型・ダイナミック
    再生周波数帯域-
    バッテリ持続時間10時間

    重低音イヤホン/低音重視イヤホンのおすすめ④ JVCケンウッド HA-FX101BT

    【ポイント10倍!】JVCケンウッド HA-FX101BT-R ワイヤレスステレオヘッドセット インナーイヤータイプ レッド

    参考価格: 3,465円

    出典: 楽天
    楽天3,465円


    XTREME XPLOSIVES(XX)シリーズの一つで、高磁力ネオジウムマグネット採用のドライバーユニットを採用した、Bluetooth対応イヤホン。独自開発の音響構造を採用することで、力強い重低音を再現してくれます。

    リモコン部にはボリューム操作を含む3つのボタンがあり、ハンズフリー通話も可能です。装着感も非常に安定しています。約13gの小型・軽量でありながら、衝撃に強い構造になっています。

     

    有線/ワイヤレスワイヤレス
    形状カナル型・ダイナミック
    再生周波数帯域20Hz-20,000Hz
    バッテリ持続時間4.5時間

    重低音イヤホン/低音重視イヤホンのおすすめ⑤ sony WI-XB400

    ソニー WI-XB400-B(ブラック) ワイヤレスステレオヘッドセット

    参考価格: 8,778円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天8,778円


    sonyのEXTRA BASSシリーズのBluetoothイヤホンです。音づくりはポップス向けで、強いビートと中高音の美しさが際立ちます。重さは約21gと軽く、装着感も快適です。

    バッテリも非常にすぐれており、10分の充電で60分間の再生ができます。連続再生時間も15時間と、スタミナは十分です。コードはフラットな形状なため、持ち運び時に絡まりにくいなど、ユーザーへの細かな配慮が行き届いています。

    また、Googleアシスタント、Siriといったスマホの音声アシスタントに対応しているため、音楽再生だけでなく、通話や天気予報を聞くなどの操作が可能です。

     

    有線/ワイヤレスワイヤレス
    形状カナル型・ダイナミック
    再生周波数帯域20Hz-20,000Hz
    バッテリ持続時間15時間

    重低音イヤホン/低音重視イヤホンのおすすめ⑥ Pioneer SE-CH9T

    パイオニア PIONEER イヤホン カナル型 BLACK SE-CH9T [リモコン・マイク対応 /φ3.5mm ミニプラグ /ハイレゾ対応][イヤホン リケーブル 対応 SECH9TK]

    参考価格: 9,300円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天9,300円


    パイオニア(Pionee)による有線式のカナル型イヤホンです。最大の特徴は、ハイレゾ音源の再生に対応していること。中音域をクリアに再生するとともに、低音部をパンチ力強く響かせてくれます。

    構造面では、9.7mmのドライバー、通気部に独自性がある「Airflow Control Port」、さらにノズル部を2重にしています。装着方法は、コードを耳にかけるという独特なもの。着脱式でもあるのは、トラブルの際に断線することを防いでくれます。

     

    有線/ワイヤレス有線
    形状カナル型・ダイナミック
    再生周波数帯域5Hz-50,000Hz
    バッテリ持続時間-

    重低音イヤホン/低音重視イヤホンのおすすめ⑦ sony WF-SP700N

    アウトレット特価 ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N BM : Bluetooth対応 左右分離型 防滴仕様 ブラック

    参考価格: 16,280円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天16,280円


    左右分離式のワイヤレスイヤホンには珍しく、重低音重視のEXTRA BASS、さらにノイズキャンセリング機能が付いています。しゃ音性が非常に高いながら、ワンタッチで「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」にも切り替えられます。

    防滴性能も備えているので、汗をかきやすいスポーツシーンでも十分に楽しめます。また、専用アプリを使うことで、自分の好みの音にカスタマイズすることも可能になっています。豆状のデザインも楽しめるものといってよいでしょう。

     

    有線/ワイヤレスワイヤレス
    形状カナル型・ダイナミック
    再生周波数帯域20Hz-20,000Hz
    バッテリ持続時間3時間(待ち受けは最大35時間)

    重低音イヤホン/低音重視イヤホンのおすすめ⑧ JVCケンウッド HA-XC50T

    【キャッシュレス5%還元店】JVC 完全ワイヤレスイヤホン XXシリーズ IP55相当防水 防塵 耐衝撃 Bluetooth5.0 HA-XC50T-B ブラック トゥルーワイヤレス 【送料無料】【KK9N0D18P】

    参考価格: 13,480円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天13,480円


    XTREME XPLOSIVESシリーズの分離型ワイヤレスイヤホン。自慢の重低音に加え、ラバープロテクターによる頑丈なボディと高い防水性能が特徴。スポーツや映像・写真撮影時などの、厳しいアウトドア環境にも耐えてくれます。

    操作ボタンは左右にあるので、音量調節などは簡単です。ハンズフリー通話や音声アシスタント機能も使うことができます。連続再生時間は4時間ですが、充電ケースを使うことで計14時間まで延ばすことができます。

     

    有線/ワイヤレスワイヤレス
    形状カナル型・ダイナミック
    再生周波数帯域20Hz-20,000Hz
    バッテリ持続時間4時間

    重低音イヤホン/低音重視イヤホンのおすすめ⑨ audio-technica SOLID BASS ATH-CKS550X

    audio-technica オーディオテクニカ ATH-CKS550X BK(ブラック) 高音質 カナル型 イヤホン イヤフォン 【1年保証】 【送料無料】

    参考価格: 3,790円

    出典: 楽天
    楽天3,790円


    audio-technicaによるSOLID BASSシリーズのカナル型イヤホンで、ハイレゾ音源にも対応しています。ダイナミック型口径9.8mmの「SOLID BASS HDドライバー」、さらに高磁力回路でドライバーの駆動力を高め、重低音再生能力を従来よりも向上。

    小型ボディに高い密閉性と装着性を備えることで、高音質の音楽を堪能させてくれます。4色のカラバリを有していますので、ファッション性も十分にあります。

     

    有線/ワイヤレス有線
    形状カナル型・ダイナミック
    再生周波数帯域5Hz-40,000Hz
    バッテリ持続時間-

    重低音イヤホン/低音重視イヤホンのおすすめ⑩ beats Powerbeats3 Wireless

    【キャッシュレス5%還元店】beats by dr.dre ワイヤレス イヤホン Powerbeats3 wireless 密閉型 Bluetooth対応 MRQ92PAA レジスタンス・ブラックレッド MRQ92PA/A【送料無料】【KK9N0D18P】

    参考価格: 21,480円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天21,480円


    beatsによる連結型のワイヤレスイヤホンで、PowerBeats2の改良モデルです。カナル型ですが、フック部が付属するので到着時の調整が柔軟にでき、きちんとフィットします。ケーブルはクリップでまとめておけます。

    防滴機能があるのでスポーツシーンに適している上、3色のカラバリと併せて周囲の人の注目度もアップすることは間違いありません。1回の充電で最大12時間持続できる上、5分だけの充電でも約1時間は使えます。Apple製品との親和性が高いので、iphoneユーザーにおすすめです。
     

    有線/ワイヤレスワイヤレス
    形状カナル型
    再生周波数帯域-
    バッテリ持続時間12時間

    重低音イヤホン/低音重視イヤホンのおすすめ商品比較表

    スクロールできます

    商品
    商品名ソニー SONY イヤホン カナル型 グレイッシュホワイト MDR-XB55 [φ3.5mm ミニプラグ][MDRXB55WQ]オーディオテクニカ Bluetoothイヤホン ATH−CKS770XBT BK ブラックBose QuietControl 30 ワイヤレス ヘッドホン / ヘッドフォン / ノイズキャンセリング / ノイズキャンセル / イヤホン / Bluetooth / ブルートゥース / ネックバンド / iPhone対応【ポイント10倍!】JVCケンウッド HA-FX101BT-R ワイヤレスステレオヘッドセット インナーイヤータイプ レッドソニー WI-XB400-B(ブラック) ワイヤレスステレオヘッドセットパイオニア PIONEER イヤホン カナル型 BLACK SE-CH9T [リモコン・マイク対応 /φ3.5mm ミニプラグ /ハイレゾ対応][イヤホン リケーブル 対応 SECH9TK]アウトレット特価 ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N BM : Bluetooth対応 左右分離型 防滴仕様 ブラック【キャッシュレス5%還元店】JVC 完全ワイヤレスイヤホン XXシリーズ IP55相当防水 防塵 耐衝撃 Bluetooth5.0 HA-XC50T-B ブラック トゥルーワイヤレス 【送料無料】【KK9N0D18P】audio-technica オーディオテクニカ ATH-CKS550X BK(ブラック) 高音質 カナル型 イヤホン イヤフォン 【1年保証】 【送料無料】【キャッシュレス5%還元店】beats by dr.dre ワイヤレス イヤホン Powerbeats3 wireless 密閉型 Bluetooth対応 MRQ92PAA レジスタンス・ブラックレッド MRQ92PA/A【送料無料】【KK9N0D18P】
    価格2,963円10,780円34,560円3,465円8,778円9,300円16,280円13,480円3,790円21,480円
    有線/ワイヤレス有線ワイヤレスワイヤレスワイヤレスワイヤレス有線ワイヤレスワイヤレス有線ワイヤレス
    形状カナル型・ダイナミックカナル型・ダイナミックカナル型・ダイナミックカナル型・ダイナミックカナル型・ダイナミックカナル型・ダイナミックカナル型・ダイナミックカナル型・ダイナミックカナル型・ダイナミックカナル型
    再生周波数帯域4Hz-24,000Hz20Hz-20,000Hz-20Hz-20,000Hz20Hz-20,000Hz5Hz-50,000Hz20Hz-20,000Hz20Hz-20,000Hz5Hz-40,000Hz-
    バッテリ持続時間-7時間10時間4.5時間15時間-3時間(待ち受けは最大35時間)4時間-12時間
    商品リンク
    Amazonで見る楽天で見る
    Amazonで見る楽天で見る
    Amazonで見る楽天で見る
    Amazonで見る楽天で見る
    Amazonで見る楽天で見る
    Amazonで見る楽天で見る
    Amazonで見る楽天で見る
    Amazonで見る楽天で見る
    Amazonで見る楽天で見る
    Amazonで見る楽天で見る

    まとめ

    Luisella Planeta LeoniによるPixabayからの画像

    これまで述べてきたように、重低音イヤホンは音楽の感動を全身に伝えてくれるアイテムです。edmやロックを中心に、これまで経験したことのない音楽体験を与えてくれることでしょう。また、スポーツシーンをより楽しく演出してくれることも疑いありません。

    未体験の皆さんには、ぜひ、一度体験して見ることをおすすめします。紹介した10製品を中心に、あなたの好みの音楽ジャンルに合った、装着感のよい製品を選んでください。

    最後に付記しておきますが、カナル型の装着感は好みが別れやすいものです。どうしても装着感が気になる場合は、一度、量販店などの店頭で体験してみることをおすすめします。

    本記事が、あなたに最適な製品選びに貢献すること願ってやみません。

    中華イヤホンのおすすめ10選を紹介!コスパ最強中華イヤホンはどれだ?のイメージ
    中華イヤホンのおすすめ10選を紹介!コスパ最強中華イヤホンはどれだ?
    安価で高級感のある中華イヤホン。中華イヤホンといってもハイスペック/ハイブリッド/高品質なものが多いため、最近とても人気があります。そんな中華イヤホンの中からKZ,TFZ,SoundPEATS等の10商品を厳選してご紹介します!2019最新版魅力あるコスパ最強中華イヤホンはどれだ?!
    寝ホンに適したイヤホンのおすすめ12選!最強の寝ながら音楽を聞けるイヤホンとは?【Bluetooth】のイメージ
    寝ホンに適したイヤホンのおすすめ12選!最強の寝ながら音楽を聞けるイヤホンとは?【Bluetooth】
    寝るとき用のイヤホンが存在するのを知っていますか?寝ホンは寝ながらASMRなどの睡眠音声を聴くのに適した耳が痛くならない睡眠を邪魔しないイヤホンです。Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンが特に寝ホンに適しています。そこで今回は最新版最強の人気寝ホンを紹介します。
    骨伝導イヤホンのおすすめ人気ランキング18選【音漏れ/音質/メガネ併用/2020/ソニー】のイメージ
    骨伝導イヤホンのおすすめ人気ランキング18選【音漏れ/音質/メガネ併用/2020/ソニー】
    骨伝導イヤホンは次世代型イヤホンと言えるイヤホンでしょう。bluetooth型が多い骨伝導イヤホンなので未来への投資、技術革新への寄付と考えるとなかなか面白い買い物となります。メリット・デメリットを整理して人気なおすすめ骨伝導イヤホンを購入しましょう。
    大島克彦
    ライター

    大島克彦

    関連記事

    Article Ranking