ベッキーさんCM出演のBeats(ビーツ)のイヤホンのおすすめ6選!

ベッキーさんCM出演のBeats(ビーツ)のイヤホンのおすすめ6選!

Beatsのおすすめイヤホンについて紹介していきます。「b」がかっこいいし、CMで一度は目にしたことがあるかと思います。ただ、Beatsのイヤホンの種類も多くあるのでどれを選んだらいいか迷いますよね。性能やおすすめなど気になるポイントを紹介していきます。

    目次 [表示]

    ベッキーさんCM出演のBeats(ビーツ)とは

    Photo bykaboompics

    Beatsといえば、ヘッドホンの印象が強いかもしれませんが、実はヘッドホン以外にもイヤホンも人気がるんです。

    特にベッキーさんが出演していたCMでBeatsのワイヤレスイヤホンを欲しいと思った方も多いのではないでしょうか。ベッキーさんも移動中はBeatsのワイヤレスイヤホンをして音楽を聴いているそうです。ベッキーさんがつけているのを見ると凄くおしゃれですよね。

    こちらのCMで紹介されていたイヤホンはワイヤレスですが有線の接続タイプのBeatsイヤホンもあります。こちらもかっこいいモデルとなっています。また、Beatsのイヤホンは性能も良いので評価も高いです。

    今回の記事ではそんなおしゃれで性能の良いBeatsイヤホンを紹介していきます。

    Beatsイヤホンの特徴とは

    先程までの紹介でBeatsのイヤホンが欲しくなりましたかね。
    ただ、実際の性能や特徴などはわからないかと思います。
    ここからは特徴について紹介していきます。

    おしゃれなデザイン

    ベッキーさんのCMでイメージができているかもしれませんが、Beatsのイヤホンはおしゃれでかっこいいデザインが特徴的です。

    実際にベッキーさんのCM後の反響でネックレスのようだという口コミなどが広まっています。それもそうで Beatsは、世界的に有名なヒップホップミュージシャンの「ドクター・ドレー」によって設立されたアメリカのブランドです。

    そのため、デザイン性が高くおしゃれなイヤホンが多く発表されています。このようなデザイン性が高いところもおすすめのポイントとなっています。

    重低音が特徴的

    次に機能面での特徴の1つである重低音まで対応しているという点です。Beatsのように低音領域を意識しているイヤホンは多くあります。Beatsのすごみとしては 30Hz以下の重低音をイヤホンながらサポートする製品などを発表している点です。

    ヘッドホン並み低温解像度はbeatsならではの特徴です。複雑になりがちなEDMミュージックも鮮明に聴くことが可能となります。そのため、音質も割れることがないです。こういった部分もBeatsイヤホンのおすすめポイントであり優れている性能の1つとなっています。

    Apple製品との相性が良い

    フリー写真素材ぱくたそ

    2014年にApple傘下にBeatsは入りました。そのため、その後の製品はBeatsとの相性が高くiPhoneユーザーが使いやすい仕様になっています。日本でのiPhone使用率は高いのでBeatsを使うユーザーも自然と増えています。 W1チップを採用しているBeatsのイヤホンならば、Apple製品を近づけるだけでペアリングを簡単にできます。理由としてはペアリング時に例えばiPhoneを近づけるだけでペアリング画面が自動的に表示されるためです。

    ワイヤレスイヤホンの購入を検討していてiPhoneユーザーであるならばBeatsのイヤホンを選ぶべきでしょう。余計なペアリング設定を行わずすぐにBeatsイヤホンを使用することができます。

    使いやすさ

    おしゃれなデザインや色だけでなく、使いやすさもBeatsイヤホンのおすすめポイントとなっています。

    Beatsのイヤホンは装着性などが他のイヤホンと比較しても優れています。 特徴的なデザインにもなっている、きしめんのような平型ケーブルも絡まりなどを防止するためにできています。こういった使いやすさが考慮されている点なども人気がある理由の1つになっています。

    Beats(ビーツ)のイヤホンの選び方

    ここまで特徴について紹介してきました。
    実際にワイヤレスや有線など特徴も変わってきます。
    ここからは選び方を紹介します。

    有線かワイヤレスか

    Photo by akikoyanagawa

    冒頭でも紹介してきた通り、BeatasのイヤホンはBluetooth接続できるワイヤレスイヤホンがございます。
    どちらを選ぶかによっても多きデザインや機能性、音質などが変わってきます。

    まずは、有線のメリットとしてはBluetooth接続のワイヤレスイヤホンと比較して金額が優しめです。そのため、お金をかけずBeatsのおしゃれなイヤホンを購入したいという方にはおすすめのイヤホンとなっています。コードが気にならない方にはおすすめのイヤホンとなっています。ワイヤレスイヤホンの特徴としてはなんといてっもおしゃれな色やデザインとなっていることです。

    ベッキーさんがCMをしていたイヤホンはネックレスのようでとくにおしゃれです。Beatsのイヤホンはどちらにしても音質はよく性能が高いものがそろっています。

    充電時間

    Photo by ken't wait

    Beatsのワイヤレスイヤホンは充電して使用できます。1回で充電して利用できる時間なども調べるようにしときましょう。通学や通勤で利用している方は1日での使用度は高いのではないでしょうか。途中で充電がきれてしまわないようにするため充電の時間などを調べて選ぶようにしていきましょう。

    Beats(ビーツ)のイヤホンのおすすめ6選

    Photo byPublicDomainPictures

    ここまで、Beatsイヤホンの選び方やおすすめポイントを紹介してきました。しかし、実際にBeatsのイヤホンも種類が多くあり、どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。ここからはBeatsおすすめイヤホン6選を紹介していきます。

    BeatsXイヤホン

    Beats by Dr.Dre BeatsXイヤフォン ワイヤレス

    参考価格: 9,800円

    出典: 楽天
    楽天9,800円

    BeatsXイヤホンのおすすめポイントとしてはとにかく音質がいいところです。
    イヤホンとは思えない音質の良さとなっています。
    先述してはきますたが、Beatsの特徴として重低音まで対応できているところですが BeatsXイヤホンのはフラットな音質に仕上がっています。

    また、 Bluetooth接続もスムーズに行えます。さらにiPhoneがある部屋と別の部屋にいても音楽再生は可能です。
    接続が良いイヤホンとなっています。
    色も黒とシックなデザインとなっていておしゃれに仕上がっています。
    バッテリー稼働時間も8時間と長時間もちます。


    充電を忘れてしまってもFastFuel機能により5分の充電で2時間再生が可能となります。
    このバッテリーの持ち具合もおすすめポイントとなっています。

    タイプワイヤレス
    防水性不明

    PowerBeats2

    Powerbeats3 Wireless ワイヤレスイヤホン - ブラック

    参考価格: 21,384円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon21,384円

    続いてもワイヤレスイヤホンの紹介となります。
    Beats製品の中でもロングセラーとなっている人気商品です。
    付け方は首にケーブルをかけ、耳にイヤーフックを掛けてから、イヤーピースを耳に入れる形となっています。

    こちらもかっこいい色のデザインとなっております。
    こちらも従来のBeats製品と同様に重低音が特徴的なイヤホンとなっています。
    多くの著名人に愛用されている人気のある製品となります。

    また、充電のもちもよく最大で12時間のバッテリーを保持します。
    Bluetooth接続もスムーズに行えるためストレスなく使用することができます。
    音質についても低音域の対応力がすごいのでライブ会場にいるような感覚すら覚えます。

    機能性やデザインなど全てがハイレベルなのでおすすめさせていただきます。

    タイプワイヤレス
    防水性

    unBeats3

    urBeats3イヤフォン MUFQ2PA/A The Beats Decade Collection レジスタンス・ブラックレッド

    参考価格: 7,336円

    出典: 楽天
    楽天7,336円

    つぎに紹介する製品は有線接続のイヤホンとなります。
    こちらのBeatsイヤホンは高音質を実現するために、低音域と中高音域を担当するドライバーを積層配置し、低音質以外も実現しています。

    全ての音域をカバーしてしまうと低音域まで十分に再生できないという問題がよくありますがこちらのイヤホンは全ての音域をストレスなく再生可能です。
    なので、ヒップホップやEDM系の音楽を楽しみたい人におすすめのイヤホンです。

    自分の耳穴に合ったサイズのイヤーピースを装着する必要があります。
    4サイズのイヤーピースから最適なサイズを探していくことをおすすめします。

    便利な機能として Talk機能が搭載されているので、ボタン1つでマイク通話をすぐに行えるだけでなく、Siri起動にも対応しています。
    こういった部分もおすすめできるポイントの1つです。

    タイプ有線
    防水

    Powerbeats Pro

    Beats by Dr Dre Powerbeats Pro MV6Y2PA/A [ブラック]

    参考価格: 25,400円

    出典: 楽天
    楽天25,400円

    こちらの製品は2019年4月に発売が発表されたBeatsの中でも比較的新しいモデルになっています。
    他の製品と比較して「ごっつい」モデルとなっていますが、スポーツなどをしながらでも外れないような仕様になっています。

    1回の充電で9時間のバッテリーが持ちます。また、充電ケースの持ち運びを行えば最大で24時間のバッテリーを持たすことができます。なので充電に困ることなく使用できます。

    こちらのモデルはエアフロ―、空気の流れまでを考え設計されているので均一な音質を再現できます。
    ライブの世界観を再現することが可能です。新しいモデルとなっているため新しいモデル好きの人におすすめのイヤホンとなっています。

    タイプワイヤレス
    防水

    beats by dr.dre(ビーツ バイ ドクタードレー) RemoteTalk

    Apple アップル beats by dr.dre(ビーツ バイ ドクタードレー) RemoteTalk

    参考価格: 4,980円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天4,980円

    次の製品は有線のイヤホンとなっています。
    こちらのイヤホンはunBeats3同様に高音質を実現するために、低音域と中高音域を担当するドライバーを積層配置し、低音質以外も実現可能です。

    また、色もレッドとかっこいいデザインになっています。有線タイプで探している人にはおすすめのイヤホンとなっています。

    タイプ有線
    防水

    beats by dr.dre Powerbeats3 wireless

    beats by dr.dre Powerbeats3 wireless Neighborhood Collection ワイヤレスイヤホン MQ362PA/A

    参考価格: 21,980円

    出典: 楽天
    楽天21,980円

    最後のおすすめBeatsイヤホンはこちらになります。
    他の製品同様に重低音に対応しており、防水もきちんと対応できています。
    また、イヤホンの色もブルーでデザインも良いです。

    このシリーズの特徴にもなるのですが「Beats」のロゴがかっこいいですね。
    値段としてはお高めですが音質、デザインどちらもこだわりたい方にはおすすめのイヤホンとなっています。

    タイプワイヤレス
    防水性

    まとめ

    フリー写真素材ぱくたそ

    ご紹介してきた通り、Beatsのイヤホンは機能性、デザイン性ともに優れている製品が多いです。シリーズによっても特徴やおすすめのポイントなどは変わってきます。こうした特徴があるためBeatsは長い間人気のあるブランドとして定番になってきています。是非、皆さんもBeatsのイヤホンを手にとってみてください。

    t.k
    ライター

    t.k

    よろしくお願いいたします。

    関連記事

    Article Ranking