布団圧縮袋のおすすめランキング10選を紹介!【掃除機不要/人気/羽毛】

布団圧縮袋のおすすめランキング10選を紹介!【掃除機不要/人気/羽毛】

布団をコンパクトにたためるのにおすすめなのが布団圧縮袋です。この布団圧縮袋には様々な機能があり、ただ圧縮するだけでなく除菌やカビ予防などの機能を持ったものもあります。今回、この布団圧縮袋のおすすめの製品を紹介し、まとめました。

    目次 [表示]

    布団圧縮袋の選び方

    布団圧縮袋の選び方は様々な基準がありますが、主なものとしてジッパーやバルブなどの空気を出し入れする部分で選ぶ、カビ対策になるもの、と言ったものが挙げられます。ここではそういったおすすめの比較となる基準についてまとめました。また人気の布団圧縮袋をランキング形式で紹介していきます。

    ジッパー式かバルブ式で選ぶ

    布団圧縮袋で選ぶ基準としては、ジッパー式バルブ式かというものがあります。それぞれ掃除機を使用することを前提として設計されているものが多く、基本的に掃除機が必要なタイプの布団圧縮袋です。これらの違いとして、自動で口が閉まるかどうかというものがあります。

    ジッパー式は自動で閉まらないタイプで、掃除機を使用して吸った後、自分で口を閉じます。布団を入れてジッパーを閉め、掃除機で空気を吸い上げることで大きい布団を圧縮できるメリットがあり、おすすめします。また、バルブ式よりも低価格なものが多いため比較的たくさんの布団を圧縮したい時まとめ買いするのにも適しています。
      
    バルブ式はバルブに掃除機をあてて吸い上げることで大きい布団を圧縮するタイプです。価格はジッパー式よりも高いものが多く弱い点ではありますが、オートロックでバルブが閉じるため、余計な空気が入らず逆流するという布団圧縮袋で失敗しがちなこともありませんし、その点がおすすめです。

    このように価格でジッパー式を選ぶか、機能でバルブ式を選ぶかということが布団圧縮袋の選択基準になります。

    虫・カビ対策を布団圧縮袋内でも行いましょう。

    布団圧縮袋は袋内の空気を一気に抜くことで袋内の酸素が少なくなります。そのため虫やカビが生存しにくい環境となり、それらの対策にも役立てることができるというメリットも存在するのです。

    しかし、単に布団圧縮袋を使ったからと言ってそれらの対策になるかは、やや不十分と言えます。その理由として、袋の中の空気は完全になくなったわけではないということや湿度までは掃除機で吸引しきれないため、内部で湿度が溜まっているというリスクがあります。

    そのため、それらの対策が必要です。おすすめしたいのが脱酸素剤やシリカゲルを使用することや湿度の低い環境を維持することが挙げられます。注意が必要なのは防虫剤の使用です。布団圧縮袋に防虫剤を入れて虫やカビの対策を行うのはNGと言えます。

    なぜなら防虫剤を袋の中で使うと圧縮された布団に防虫剤が密着して変色するリスクがあります。そのため布団圧縮袋から布団を取り出したら防虫剤が密着していたところが変色しているということもあり得るからです。そういった意味で先ほどの二点がポイントと言えます。
      

    脱酸素剤・シリカゲルでダニ・カビ等の対策!

    Photo by Mauro Cateb

    最初に紹介したいのが脱酸素剤やシリカゲルによるダニやカビの対策です。ダニやカビを防ぐためには、圧縮袋の中の酸素や湿度をできる限り減らしておくのが効果的と言えます。また、湿度も吸収されるのが重要です。そういった意味で脱酸素剤やシリカゲルを利用するのがおすすめです。

    おせんべいやお菓子などに入っているシリカゲルや脱酸素剤ですが、成分として安定しているため、防虫剤のように布団などをいためることはほとんどありません。それでいて酸素を吸収したり、あるいは湿度を吸収するので、布団圧縮袋に残ったこれらの酸素や水分を減らしてダニやカビが繁殖しにくく、虫が生存しにくい環境を作り出すことを可能としています。    そういった意味でこれらの製品を袋の中に入れておくことがおススメです。
     

    湿度の低い圧縮袋環境を維持

    Photo byTama66

    乾燥させる作用のあるシリカゲルを使うのも良いですが、湿度の低い布団圧縮袋の環境を維持する工夫も重要です。シリカゲルも湿度を下げるのには限界がありますから、理想は保管中の布団を清潔に保つ機能を兼ね備えた布団圧縮袋を利用したうえで、シリカゲルなどを利用するのがおすすめと言えます。また、定期的に取り出し、シリカゲルの交換や干すといったメンテナンスを行うとなお良いのではないでしょうか。

    圧縮袋の注意点

    布団圧縮袋の注意点もいくつかあります。先ほど説明した防虫剤は使用しないという点以外にも、密閉性の確認や収納スペースの有無やそのサイズ、衛生面のチェック、掃除機の対応状況(ノズル形状やサイズなど)の確認や羽毛布団などの素材に対応したもの、敷布団など厚さのサイズ等も考慮する必要があるのです。

    これらの注意点について項目ごとに紹介します。

    密封性の確認

    Photo bySusbany

    まず、基本的な所として密閉性の確認があります。吸い出し口から空気が侵入しづらい空気が逆流しないよう工夫がしてあったり、ホースを当てる動作に連動して自動的に空気穴が開閉するタイプのものを選んだりすることも重要です。

    それ以外にもバルブ式のものであれば、閉める前にチャックの部分に汚れがないことを確認することです。汚れがあるとカビやダニが繁殖してしまう可能性があり、反対に清潔にしておけば繁殖も防ぐことができます。これ以外にも圧縮袋の大きさにあった布団を収納することです。

    無理に詰め込もうとするとチャックなどが外れたり、布団圧縮袋の破損も生じる恐れがあります。また、布団に負担がかかってしまいふわふわした優れた質感がなくなる可能性もあるため、布団のコンディションを保つ上でもこの点は大切と言えるのです。

    クローゼット内に収納スペースがあるかどうか

    Photo by rok1966

    収納スペースの確保も布団圧縮袋を使用するうえでは注意すべき点として挙げられます。クローゼットは狭いものから広いもの、形状も様々です。ただ、多くの場合奥行きは統一されており、80cmほどとなっています。

    そのため布団圧縮袋を選ぶ場合は、圧縮した布団を押入れに収納したい場合は、奥行が80cmほどのものを選んでおくとピッタリ収まります。クローゼットに入れる場合も、あらかじめメジャーなどで奥行きを確認しておくと、ジャストフィットする布団圧縮袋を見つけることができるのでおススメです。

    衛生面もチェック

    Photo byjarmoluk

    ダニやカビ、虫などの発生や繁殖を抑えるという意味で衛生面も気を付けましょう。先ほどのようにバルブ口の汚れチェックやシリカゲル、脱酸素剤の使用するのが基本です。これ以外にも防ダニ効果のあるもの・抗菌効果があるものなど、保管中の布団を清潔に保つ機能を兼ね備えた布団圧縮袋もありますから、それらを利用するのも手と言えます。

    また、布団圧縮袋に入れる前にしっかりと布団を干してできるだけ乾いた状態で圧縮袋に収納したり、布団圧縮袋を選ぶ時も厚みのある布団や何枚かまとめて収納したい場合はマチのあるものの方が布団を袋に入れやすく、空気も出しやすいので衛生的です。

    布団にあったタイプを選ぶ(羽毛ぶとん注意)

    Photo byA_Different_Perspective

    布団に合ったタイプの布団圧縮袋を選ぶのも重要です。例えば羽毛布団の場合は、専用品が必要になります。その理由として、通常品では掃除機で吸い上げることで羽毛用品に負荷がかかってしまい素材である羽毛の部分が取れやすく、素材の寿命を縮めたり、破損の原因になる場合があるからです。

    これ以外では海外ブランドの掃除機、例えばダイソンのような掃除機にもバルブ口が専用の対応品を選ぶことが大切と言えます。国内ブランドの製品と比べて構造や吸い込む感覚が異なり、国内ブランドの掃除機を基準に設計されている多くの布団圧縮袋では破損するリスクも大きいです。そういった意味で掃除機にあった布団圧縮袋のタイプを選ぶということも実は重要と言えます。

    布団圧縮袋のおすすめ10選

    最後に布団圧縮袋のおすすめを10種類選んでいきます。
    この布団圧縮袋の選んだ基準や口コミなども参考にして、布団圧縮袋の人気ランキング形式で紹介しましょう。

    選んだ基準は掃除機不要の手押しタイプ・パック・敷布団対応・素材・ダニやカビ対策

    Photo byWikiImages

    布団圧縮袋のおすすめを選んだ基準は口コミもありますが、掃除機を必要とするもの、しないものからいくつか、そして敷布団のように少し厚めのものにも対応しているかどうか(敷布団は通常の布団圧縮袋が対応していない場合もあります)、そして素材の対応やダニやカビ対策がされているかと言ったものも基準としました。

    口コミなども参考に比較!布団圧縮袋の人気ランキング形式で10選

    Photo byFree-Photos

    それでは口コミなども参考に比較した布団圧縮袋を人気ランキングで紹介します。様々な要素や口コミも含めての比較ですから、大きな参考になるのではないでしょうか。また、サイズや掃除機不要な製品、敷布団に対応するパックなど、それぞれの特徴があるものもまんべんなくランクインしているので注目です。

    10位 Ag抗菌 ふとん圧縮パック L 大きめふとん用(2枚入)

    Ag抗菌 ふとん圧縮パック L 大きめふとん用(2枚入)

    参考価格: 851円

    出典: 楽天
    10
    楽天851円

    この布団圧縮袋は、大きめの布団にも対応し、バルブ方式の使いやすい製品です。閉じると色が変わるカラーファスナー、圧縮袋のフィルム内側に銀系無機抗菌剤を練り込んでいるため、フィルム上の菌の繁殖を抑制する機能が備わっている点も高評価でした。

    基本的な点を押さえつつ、大きめの使いやすいサイズを使用している点がランキング入りした要因です。また敷布団にも対応している点も嬉しいポイントと言えます。

    サイズ約130㎝×100cm
    吸引時の掃除機の要不要必要
    収納できる量圧縮袋1枚につき布団1枚

    9位 掃除機のいらない布団圧縮袋

    ◎掃除機のいらない布団圧縮袋 4枚組[布団や座布団や寝袋の収納に圧縮してコンパクトに収納ができる圧縮袋 掃除機不要だからどこでもできる!冬物の衣類にもおすすめ]

    参考価格: 2,728円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    9
    楽天2,728円

    閉めやすい特殊密封チャックエクシール採用し、掃除機を使わず布団等を手押しで圧縮することができる布団圧縮袋です。布団はもちろん、毛布・ぬいぐるみ・座布団等かさばる物の収納や、アウトドアなどの外出時の寝袋等の保管にも利用できます。

    掃除機がいらないので、外出先でも手押しで利用できるという点や使用感の評価の高さから9位にランクインしました。文字通り掃除機不要の商品という点が魅力です。

    サイズ90㎝×110cm
    吸引時の掃除機の要不要不要
    収納できる量圧縮袋1枚につき布団1枚

    8位 オリエント BIO 羽毛バルブ式布団圧縮袋

    オリエント BIO 羽毛バルブ式布団圧縮袋 #3292 キャッシュレス 5% 消費者 還元

    参考価格: 980円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    8
    楽天980円

    とにかく操作がしやすいバルブ式の布団圧縮袋です。単に捜査のしやすさのみを追求すると機能面がおざなりになりがちですが、この製品は、圧縮袋を選ぶ羽毛製品にも対応しているため、羽毛をいためずにスペースを確保する保管が可能な製品となっている点から口コミ評価も高く8位にランクインです。

    サイズ120㎝×92cm
    吸引時の掃除機の要不要必要
    収納できる量圧縮袋1枚につき布団1枚

    7位 オリエント BIO バルブ式ふとん圧縮袋(マチ付)

    オリエント BIO バルブ式ふとん圧縮袋(マチ付)1枚入#3263 キャッシュレス 5% 消費者 還元

    参考価格: 980円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    7
    楽天980円

    こちらは8位のオリエント BIO 羽毛バルブ式布団圧縮袋の通常版です。羽毛以外の製品に幅広く利用できると言う大きなメリットがあり、バルブ形式らしく吸引圧縮後に閉じる操作が必要ないという点が高い口コミ評価を得ています。また、マチ付きなので利用しやすく、袋もしっかりしているので7位にランクインしました。

    サイズ140㎝×95cm
    吸引時の掃除機の要不要必要
    収納できる量圧縮袋1枚につき布団1枚、シングルサイズなら掛け布団と敷布団の2枚

    6位 レック Ba ふとん圧縮袋(LL)

    レック Ba ふとん圧縮袋 (LL) 2枚入 (自動ロック式) O-853

    参考価格: 998円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    6
    Amazon998円

    大きめサイズの敷布団も利用できる布団圧縮袋というだけでなく、ダイソンなどの海外メーカーの掃除機にも対応しているという点が、そういった掃除機を利用している方から高い評価を受けており、家の衣類や布団なら製品を選ばない汎用性の高さが6位の評価を獲得しました。

    サイズ135㎝×100㎝
    吸引時の掃除機の要不要必要
    収納できる量圧縮袋1枚につき布団1枚、シングルサイズなら掛け布団と敷布団の2枚

    5位 圧縮袋 衣類圧縮袋 衣類圧縮パック KP吊るせる衣類圧縮パックロング

    圧縮袋 衣類圧縮袋 衣類圧縮パック KP吊るせる衣類圧縮パックロング2枚入【RCP】

    参考価格: 1,540円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    5
    楽天1,540円

    ハンガーに掛けたまま吊るして圧縮できる衣類用圧縮袋です。布団圧縮袋ではありませんが、あまりの利便性の高さのため多くの好意的な口コミがあり、ランクインさせました。掛けたまま圧縮できると言うアイデアは今までにないものであり、利用するとその便利さに他の製品でも試してみたくなります。応用でハンガーにブランケットなど小さな毛布をかけた状態で利用し収納させてしまうということも可能です。

    サイズ60㎝×145㎝
    吸引時の掃除機の要不要必要
    収納できる量圧縮袋1枚につきジャンパー・ダウンジャケットなど2~3着、小さめの毛布1枚

    4位 布団圧縮袋 掃除機対応できるふとん圧縮袋

    【 送料無料 】 布団圧縮袋 掃除機対応できるふとん圧縮袋 衣類圧縮袋 (L2枚+M3枚+S2枚+手巻き3枚で合計10入れ) 専用手動ポンプ付き 布団圧縮 ふとん収納 真空 コート用 収納 旅行 出張 引越し 防塵防湿 防虫防カビ (木の葉

    参考価格: 5,984円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    4
    楽天5,984円

    丈夫な布団圧縮袋です。ポリエチレンとポリアミド(ナイロン)素材を使用し、更に高強度ナイロン複合材を使用しているため、ワンシーズンでダメになるような製品ではないという魅力があります。ポンプなど様々な付属品もセットされているので、わざわざ掃除機を引っ張り出さなくとも手動で圧縮できるという点から4位になりました。

    サイズ100㎝×80㎝
    吸引時の掃除機の要不要不要
    収納できる量圧縮袋1枚につき布団1枚

    3位 石崎資材 バルブ式ふとん圧縮袋ふとんまとめて用 LL

    石崎資材 バルブ式ふとん圧縮袋ふとんまとめて用 LL 2枚入り FL-02B

    参考価格: 2,864円

    出典: 楽天
    3
    楽天2,864円

    まとめて圧縮できてしまう便利で高さのある大きな布団圧縮袋です。圧縮袋に使われているチャックは気密性の高いダブル構造で2枚の布団が袋に収まった状態でも空気漏れはありません。何回も袋に詰める手間がないことから3位に評価されました。

    サイズ130㎝×85㎝×56㎝
    吸引時の掃除機の要不要必要
    収納できる量圧縮袋1枚につき布団2枚

    2位 東和産業 らくジッパー ふとん圧縮パック

    東和産業 らくジッパー ふとん圧縮パック M2P

    参考価格: 850円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    2
    楽天850円

    商品名の通り、ジッパーが凄く軽い布団圧縮パックです。布団圧縮袋はジッパーを閉める作業が意外と手間なことが多く、詰める作業がストレスなことも多くあります。この布団圧縮袋はそういったストレスを軽減させてくれる製品ということでとても高い口コミ評価を得ているのです。その結果が2位という高順位にランクインという結果をもたらしました。
     

    サイズ110㎝×100㎝
    吸引時の掃除機の要不要必要
    収納できる量圧縮袋1枚につき布団1枚

    1位 Q-PON! キューポン ふとん圧縮袋

    Q-PON! キューポン ふとん圧縮袋2枚入り 圧縮袋専用 掃除機 圧縮袋 圧縮袋 衣類 圧縮袋 布団 圧縮袋 オリエント 布団圧縮袋 バルブ式  【売れ筋】

    参考価格: 3,445円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    1
    楽天3,445円

    布団圧縮袋に電動の専用吸引ポンプがついた製品です。多くの製品は掃除機を用意する必要があるか、ポンプが用意されていても手動です。しかし、この製品は掃除機不要であることはもちろん、電動の専用品であるため、一気に空気を吸引できる上コンパクトなので布団の圧縮が楽しくなります。こういった点から、話題の商品となっているだけでなく掃除機不要で手軽なことから堂々の1位を獲得しました。

    サイズ92㎝×120cm
    吸引時の掃除機の要不要不要
    収納できる量布団1枚につき圧縮袋1枚

    布団圧縮袋おすすめ商品比較表

    スクロールできます

    商品
    10
    9
    8
    7
    6
    5
    4
    3
    2
    1
    商品名Ag抗菌 ふとん圧縮パック L 大きめふとん用(2枚入)◎掃除機のいらない布団圧縮袋 4枚組[布団や座布団や寝袋の収納に圧縮してコンパクトに収納ができる圧縮袋 掃除機不要だからどこでもできる!冬物の衣類にもおすすめ]オリエント BIO 羽毛バルブ式布団圧縮袋 #3292 キャッシュレス 5% 消費者 還元オリエント BIO バルブ式ふとん圧縮袋(マチ付)1枚入#3263 キャッシュレス 5% 消費者 還元レック Ba ふとん圧縮袋 (LL) 2枚入 (自動ロック式) O-853圧縮袋 衣類圧縮袋 衣類圧縮パック KP吊るせる衣類圧縮パックロング2枚入【RCP】【 送料無料 】 布団圧縮袋 掃除機対応できるふとん圧縮袋 衣類圧縮袋 (L2枚+M3枚+S2枚+手巻き3枚で合計10入れ) 専用手動ポンプ付き 布団圧縮 ふとん収納 真空 コート用 収納 旅行 出張 引越し 防塵防湿 防虫防カビ (木の葉石崎資材 バルブ式ふとん圧縮袋ふとんまとめて用 LL 2枚入り FL-02B東和産業 らくジッパー ふとん圧縮パック M2PQ-PON! キューポン ふとん圧縮袋2枚入り 圧縮袋専用 掃除機 圧縮袋 圧縮袋 衣類 圧縮袋 布団 圧縮袋 オリエント 布団圧縮袋 バルブ式  【売れ筋】
    価格851円2,728円980円980円998円1,540円5,984円2,864円850円3,445円
    サイズ約130㎝×100cm90㎝×110cm120㎝×92cm140㎝×95cm135㎝×100㎝60㎝×145㎝100㎝×80㎝130㎝×85㎝×56㎝110㎝×100㎝92㎝×120cm
    吸引時の掃除機の要不要必要不要必要必要必要必要不要必要必要不要
    収納できる量圧縮袋1枚につき布団1枚圧縮袋1枚につき布団1枚圧縮袋1枚につき布団1枚圧縮袋1枚につき布団1枚、シングルサイズなら掛け布団と敷布団の2枚圧縮袋1枚につき布団1枚、シングルサイズなら掛け布団と敷布団の2枚圧縮袋1枚につきジャンパー・ダウンジャケットなど2~3着、小さめの毛布1枚圧縮袋1枚につき布団1枚圧縮袋1枚につき布団2枚圧縮袋1枚につき布団1枚布団1枚につき圧縮袋1枚
    商品リンク

    まとめ

    布団圧縮袋は非常に多くの種類があります。それらは個性があり、良さも異なるというのが特徴です。その中でも気になる製品で、なおかつオススメしたい布団圧縮袋を人気ランキング形式で紹介しました。これらの布団圧縮袋が購入するうえでの比較の材料になれば幸いです。

    runningfreezy
    ライター

    runningfreezy

    よろしくお願いいたします。

    関連記事