全方位ドライブレコーダーのおすすめ15選!【デメリット/駐車監視/カメラ】

全方位ドライブレコーダーのおすすめ15選!【デメリット/駐車監視/カメラ】

最近登場した、全方位録画型のドライブレコーダーをご存じでしょうか?位置情報を記録したり、衝撃を感知して記録するなど、様々な機能が備わったものも増えています。その中でも今回は、全方位を記録してくれるドライブレコーダーを紹介します。

    目次 [表示]

    最近よく耳にするようになった「ドライブレコーダー」。前方を録画するものから、後方用のカメラがついているもの、GPSが搭載されていて、位置情報まで記録されるものなど、いろいろな種類のドライブレコーダーが発売されています。

    その中でも、特に最近発売されるようになった「全方位ドライブレコーダー」をご存じでしょうか?

    全方位ドライブレコーダーはその名の通り、前後はもちろん左右まで録画してくれる優れもの!しかし、最近登場したばかりということもあって、今までのドライブレコーダーのほうが優れている部分もあったりします。

    今回は、全方位ドライブレコーダーのメリット・デメリット、そしておすすめの全方位ドライブレコーダー15選を紹介していきます。ご自身に合ったドライブレコーダー探しの参考になれば幸いです。

    そもそも、ドライブレコーダーって?

    フリー写真素材ぱくたそ

    レコーダーというだけあって、記録するものだということは想像がつくと思います。では、何を記録するのでしょうか?「ドライブ」レコーダーですから、運転中の動画を撮影する機会です。運転中の窓から見える景色、運転中に自分自身が起こしてしまった事故、もしくは他の車同士の事故などを記録してくれるんですね。

    最近、あおり運転が増えていますよね。煽られた挙句、殴られて流血したり、エアガンを発砲されたり…。だいたいが加害者側の被害妄想による犯行ですよね。もちろん、あおられる側にも原因があるときもありますが。今では、動画を警察に提出するだけで、煽り運転をした犯人を逮捕できるそうなので、ドライブレコーダーは、車を運転する人にとって必須の装備といえます。メーカー純正でも装備されているくらいですからね。

    また、車を移動手段にしての旅行などに出かける方も多いと思います。そんなとき、道中のきれいな景色やお出かけ先の思い出を、映像として残す事が出来たら、旅行も今まで以上に楽しくなりませんか?車内も録画してくれるカメラ付きのドライブレコーダーだったら、仲間たちとの楽しい会話だって記録出来ちゃいます。

    それをかなえてくれるのがドライブレコーダー。「ドラレコ」と略して使われることもあります。

    ドライブレコーダーの種類

    Photo by バイク便八王子立川所沢

    ドライブレコーダーにもさまざまな種類があります。どんな種類があるのか、見ていきましょう!

    前方用ドラレコ

    フリー写真素材ぱくたそ

    こちらは、1方向を録画するために作られたドラレコです。メインとしては車の進行方向に向けて取り付けるとこが多いですが、取り付け方で左右や後方に向けての取り付け方もできます。

    1方向のみを撮るためで、シンプルな作りになっているので、手が出しやすい価格に設定されていることが多く、ドラレコ初心者におすすめです。

    画角が広いもの(上下や左右を広く撮影できるもの)や、GPS機能などが搭載されていたりすると、値段が高くなっているものもあります。

    前後用ドラレコ

    こちらは、一台のドラレコで前方と後方の両方を記録できるタイプのドラレコです。取り付けを横向きにすれば、左右の録画も可能です。

    前後のカメラが一つにまとまっているものから、後方用のカメラはケーブルでつながっていて、別で設置するセパレートタイプのものもあります。

    車内の録画が必要なく、後方車両のナンバープレートまでしっかり記録したいという方は、セパレートタイプのものがおすすめです。

    また、前方用は既に設置してあって、後方用を追加したいという方は、最初に紹介した1方向のみを写すタイプのドラレコを、後方用に追加するという方法がおすすめ。

    ミラー型ドラレコ

    クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

    社外の広角ミラーや防眩ミラー、ミラーにかぶせるタイプのレーダー探知機は、ご存知の方も多いのではないでしょうか?それと同じように、純正のルームミラーにかぶせるように設置するタイプのドラレコです。

    ダッシュボードの上にごちゃごちゃと物を置きたくない方などはこのタイプがおすすめ。

    最近は純正のルームミラーでも、バックモニターが内蔵されていたり、自動で切り替えてくれる防眩機能が備わっているものもありますので、そのような車に乗っている方はこのタイプ以外のものをおすすめします。

    全方位撮影型ドラレコ

    この記事で詳しく紹介するのが、この360度撮影してくれる全方向撮影型ドラレコです。広角カメラを前後に設置することで、前方から左右、後方まで全てをカバーしています。

    交通事故やあおり運転などは、後方やサイドから起きることが多いため、それを予防したり記録しておきたい方はこのタイプがおすすめです。

    全天球型ドラレコ

    クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

    先ほどの、360度撮影型ドラレコの上位互換とも言えるのが全天球型ドライブレコーダーです。こちらは、前後左右はもちろん、カメラの真下まで撮影できるレンズを採用しているもので、車内の様子の撮影まで、1台で済んでしまう優れもの。

    何台もカメラを設置したくない、車外も車内も同時に撮影したい方などは、このタイプがおすすめです。

    全方位ドライブレコーダーのメリット・デメリット

    Photo by duvsbefilmoc

    全方位を写すことができる全方位ドライブレコーダー。良いこと尽くしに思えますが、ほかのタイプのドライブレコーダーと比較してみると、メリットデメリットが見えてきます。

    メリット

    全方位を録画できる

    全方位ドラレコの1番のメリットはこれ。前後左右の状況を1台で記録してくれます。全天球型なら車内の様子も記録できるため、自分の安全運転の証明だってできちゃいます。

    また、垂直画角が広いものだったら、車両のやや上方まで撮影できるため、信号のすぐ手前に止まった場合も、青だったのか赤だったのかまで記録できます。

    取り付けに手間がかからない

    全方位ドラレコは1台で前後左右を記録できるため、車内にごちゃごちゃと物が増えることもありません。

    スマホスタンドがあったり、レーダー探知機があったり、ポータブルナビがあったり…。そこにドライブレコーダーを前方用、左右用、後方用と設置したら、機械だらけです…。それに比べて全方位ドラレコなら、1台設置するだけで前後左右を記録してくれるので、何台も配線を回す必要もないですし、電源を取るのも1箇所で済みます。

    デメリット

    画質が悪い

    全方位ドラレコは、全体の状況を把握することに向いているため、前方用、または前後用と比較するとナンバープレートなどの細かい文字は、認識しづらく感じます。

    もし、あおり運転などの対策用にドラレコを設置しようと考えている方は、全方位ドラレコ以外のタイプを選ぶことをおすすめします。逆に、いたずら防止やドアパンチなどの記録用であれば、全方位ドラレコがおすすめ。

    最近では全方位ドラレコでも、前方のナンバープレートを認識しやすい高画質な録画ができるものも出てきていますが、その分価格は上がると考えておいたほうが良いでしょう。

    値段が高い

    最新型のドライブレコーダーということで、ほかのタイプ比較すると値段が高く設定されています。

    徐々に、さまざまなメーカーが全方位型のものを発売するようにはなっていますが、耳にしたことのあるメーカーのものを買いたい、という方も多いはず。コムテック、ユピテル、カーメイトなどは聞いたことがある方もいると思いますが、有名なメーカーであるほど、価格も高くなってしまうでしょう。

    有名なメーカーのほうが、保証やアフターサポートなどが整っているという点では、メリットですね。

    録画データの容量が大きい

    Photo byClker-Free-Vector-Images

    全ての方向を同時に録画するということで、録画データの容量は大きくなります。

    高画質で録画すればするほど、それに伴って容量が大きくなり、記録できる時間も短くなります。

    画質を落としたり、録画のサイズを小さくすることで容量を減らすことはできますが、その分映像は荒くなってしまいます。

    高画質で長時間録画したい場合は、大容量の記録媒体を用意すればいいのですが、その分記録媒体の金額も高くなりますので、注意しましょう。

    全方位ドライブレコーダーの選び方

    Photo byqimono

    色々な種類のドラレコがあって、どれを選んだらいいのか、何を基準に選んだらいいのかわからなくなりますよね。ここでは、ドラレコを選ぶ基準や、ポイントになることを紹介していきますので、ご自身に合うドラレコを探す参考にしてみてください。

    録画の画質

    ドライブレコーダーによって、録画の画質が違います。画質が良ければ良いほど、ナンバープレートなどの細かいものまでくっきりと記録することができます。ただその分、ドラレコ自体の価格が高くなることが多いです。また、高画質で録画する分、録画時間が短くなるため、長時間の撮影とは相性がよくありません。

    ドラレコによっては、録画する画質やフレームレートを使用者の好みに設定できるものもありますので、調整してみるとよいでしょう。

    GPSが付いているか

    Photo byFoundry

    ドラレコと言っても、ただ映像を記録するだけではないものも出てきています。GPSを搭載したものも発売されており、地図上にどの経路を使用したか、表示してくれるドラレコもあります。事故現場などをしっかりと記録するためには、GPS搭載のドラレコを選ぶと、より良いですね。

    モニターが付いているか

    ドラレコには、ドラレコ本体にモニターが付いているものとついていないものがあります。

    モニターが付いているものは、その場で撮影した映像を確認できたり、撮影や再生、その他いろいろなドラレコに関する設定を、本体のみで行うことができます。モニターが付いていないものは、パソコンやスマートフォンにアプリなどをインストールしたりして、映像の確認、本体の設定を行います。

    モニターが付いていると、本体のみでいろいろなことが済みますが、サイズが大きくなってしまいます。また、細かい箇所の確認は、小さなモニターでは難しいので、パソコンにデータを取り込んで確認することになるでしょう。モニターが付いていないものは、パソコンなどにつながないと設定などができないため、手間に感じることもありますが、本体がコンパクトに作られているため、視界をさえぎったりせず、目立たないように設置できます。

    ナビ連動型

    モニターが付いていないタイプの中には、ナビゲーションシステムと連動しているドラレコがあります。パソコンやスマートフォンでやる作業をナビゲーションで行えるというものです。ドラレコはコンパクトに設置でき、映像の確認や本体の設定も車内でできるので便利です。

    ただ、ドラレコとナビをセットで設置しなければいけないので、大きな作業となりますし、値段も高くなってしまいます。車両をオーディオレスで購入した方や、ナビを新調しようかと思っている方には、おすすめです。

    記録方法の違い

    ドラレコには、色々な撮影方法、撮影のタイミングがあります。大きく分けて5種類ありますのでそれぞれ説明します。

    常時録画

    常時録画とは、エンジンをかけてから停止するまで、常に録画し続ける方法です。旅行の道中を残しておきたい場合などにおすすめです。容量がすぐにいっぱいになってしまいそう、と思うかもしれませんが、安心してください。古いデータから順に上書きされるドラレコがほとんどなので、容量がいっぱいになってしまって記録できていない!なんてことにはなりません。

    衝撃録画・イベント録画

    こちらの撮影方法は、ドラレコ本体に搭載したセンサーで、衝撃を感知して、録画する方法です。事故にあった時などの衝撃をきっかけに、前後何秒かを記録するので、事故の直前から直後までのみを記録します。SDカードの容量も節約できます。

    手動録画

    こちらは、使用者の好みのタイミングで録画を開始する方法です。本体のスイッチを押すことで録画が開始されます。自分自身は事故にあっていないが、目の前で事故が起きた時などに使用します。

    静止画撮影

    デジタルカメラのように、写真を撮影できる機能です。こちらは、事故やいたずら対策というよりは、旅行先の思い出を残すために使う方が多いようです。

    駐車録画

    不要なように思えて、意外と便利なのが、駐車録画。ドライブレコーダーと言えば、走行中の動画撮影をするためのものと思っている方も多いですが、駐車録画の機能が搭載されていると、駐車中の当て逃げや、いたずらをされた時にも証拠を残すことができます。

    駐車中のトラブルで泣き寝入りせざるを得なかった方もいるのではないでしょうか?そんな方は、駐車録画機能を搭載しているモデルを選ぶことをおすすめします。

    日本製かどうか

    ドラレコに限ったことではありませんが、日本製のもののほうが作りがしっかりしています。

    アフターケアや保証も整っています。ドライブレコーダーは車を買い替えても使い続けられるものなので、少し値段は張るかもしれませんが、日本製のものを選んだほうが長く使い続けられるでしょう。

    ドライブレコーダーの取り付け方法

    フリー写真素材ぱくたそ

    ドライブレコーダーを車両に取り付けるには、大きく分けて2種類あります。

    自分で取り付ける

    少し車をいじったことがある人なら、自分で取り付けることもできるでしょう。配線を隠して、カメラの向きを調整しながら本体を設置するだけなので、難しいことではありません。工賃も節約できるので、挑戦してみてはいかがでしょうか?

    ショップにお願いする。

    自分で取り付けるのが不安、という方は、オートバックスなどのショップにお願いしましょう。店頭で購入した商品の取り付けの場合は、工賃が少し安くなったりするサービスもあるようです。持ち込みでの取り付けの場合は、通常より高くなる場合もあるので相談してみて下さい。

    オートバックスでは、取り付け工賃込みのセット販売企画もあるみたいですよ!後ほど紹介する全方位ドラレコの「COMTEC HDR360G」もラインナップされているので、オートバックスが近所にある方は、チェックしてみてはいかがでしょうか?

    おすすめドライブレコーダー取り付け工賃コミコミセット|AUTOBACS.COM
    おすすめのドライブレコーダーが、本体・ケーブル・取り付け工賃込みでコミコミセットになりました。万が一の事故やあおり運転対策だけでなく、ドライブの記憶を残すのにもおすすめです。自分では少々不安な取り付けも、オートバックスにお任せください!シガーソケットに直接つないでもご使用いただけますが、裏取り取付で、配線が見えないよう、コンソールボックスやピラー等内側に隠し、すっきり取付るのがおすすめです。

    全方位ドライブレコーダーのおすすめ15選

    Photo byPublicDomainPictures

    筆者が選ぶ、全方位ドライブレコーダーのおすすめ15選をご紹介します!

    コムテック 360度全方向対応ドライブレコーダー HDR360G

    コムテック 360度全方向対応ドライブレコーダー HDR360G 340万画素 ノイズ対応 夜間画像補正 LED信号対応 専用microSD(16GB)付Gセンサー GPS 12/24V対応 3年保証 日本製 駐車監視機能付 補償サービス2万円 COMTEC

    参考価格: 42,984円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon42,984円

    レーダー探知機やリモコンエンジンスターター、タイヤチェーンなどで評判のいい、カー用品界では大手のコムテック。そのコムテックから発売されているドライブレコーダーです。安心の日本製!

    前後左右360度はもちろん、垂直方向の画角も240°と、広く設定されています。LEDタイプの信号機は、ドライブレコーダーで録画すると点滅したりして正常に映らないことがありますが、それも対策済み。

    別売りのコードを用意すれば、駐車監視機能も使用でき、エンジンがかかっていない時も録画してくれます。

    画素数340万画素
    解像度1856x1856(ラウンド設定時)
    画角水平:360度、垂直240度
    フレームレート29.1fps
    サイズ5.2 x 6.6 x 11 cm
    重量145 g
    常時録画対応対応

    カーメイト ダクション360シリーズ

    カーメイト ダクション360 DC3000

    カーメイト ドライブレコーダー 360度(前後左右)撮影 ダクション360 超広角SONYセンサー使用 駐車監視 アクションカメラ 4K相当 DC3000

    参考価格: 36,542円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon36,542円

    こちらの商品は、タイヤチェーンやルーフキャリアなどを開発している、カー用品の大手メーカー、カーメイト製のドライブレコーダーです。テスト批評誌「MONOQLO」で紹介されたこともあります。このドライブレコーダーにはモニターがありませんが、スマートフォンやパソコンのアプリなどで、録画した映像を見ることができます。また、オプション品でバッテリーを装着すると、車外に持ち運んでビデオカメラやアクションカメラとして使用することができます。旅先の風景などを録画するのにも使えますね。

    このドラレコには常時録画、衝撃録画、手動録画、静止画撮影、駐車録画の5種類の記録方法があります。オプション品を装着することで、駐車監視モードにもなり、バッテリーにより約2週間監視できます。休日にしか車に乗らない方でも、安心して駐車しておけますね。

    画素数1353万画素
    解像度2880×2880、1440×1440
    画角水平360度、垂直194度
    フレームレート最大27.5fps
    サイズH42mm×W62mm×D64mm(マウント装着時)
    重量145 g

    カーメイト ダクション360S DC5000

    カーメイト ドライブレコーダー アクションカメラ 360度カメラ ダクション 360S 前後 左右 撮影 超広角 全天周モデル スマホ連携 駐車監視機能付き DC5000

    参考価格: 64,584円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon64,584円

    こちらは、先ほどのダクション360の上位モデル、ダクション360S。

    まず一般的なドラレコとの違いは、夜間撮影に強いことと、SDカードの異常を音声で伝えてくれるところです。

    夜間でも高感度の撮影ができ、ナンバーまでくっきりと記録してくれます。夜間撮影に弱いドライブレコーダーだと、ドラレコを付けたはいいものの、夜だと暗くて何が写っているかわからない…なんてことになりかねません。

    SDカードの異常を音声で伝えてくれる、というのは当たり前のようでとてもありがたいことなんです。自分も経験があるのですが、ドラレコを付けて安心!と油断していたら、SDカードのエラーで記録されていなかったんですね。夏場の車内は高温になるので、それで異常を起こしてしまったり、そもそもSDカードの差し忘れなんてこともあるかと思います。そんな時に音声で知らせてくれれば、大事な場面を録画できていない!なんてことも事前に防ぐことができます。

    そして、従来品のダクション360との違いは、画角が広い、高解像度、駐車監視システムの向上です。

    ダクション360Sでは、従来品では撮影することのできなかった、車両上方の信号機まで、写しこむことができる画角になっています。信号や標識と、車両が近い場合、画角が狭いドラレコだと写っていない場合があるので、これは便利です。

    高解像度とのことですが、ダクション360Sは全天球録画+前方録画の同時録画機能を搭載していて、前方車両はもちろん、正面遠方の車両のナンバーまで視認できるようになりました。全天球ドライブレコーダーの弱いところを克服しています。

    最後の駐車監視システムの向上ですが、従来品は衝撃を感知してから録画を開始していたのに対し、ダクション360Sエンジン停止後30分間は常時録画してくれるという機能が加わりました。衝撃を検知できないレベルのいたずらなども、しっかりと記録してくれます。

    お値段もそれなりに高いですが、口コミなどでも評判はいいですね。

    画素数全天球+フロント:約410万画素+約200万画素
    画角水平360度、垂直360度
    フレームレート27.5fps
    サイズ奥行き×幅×高さ 5.1x13x10cm
    重量236 g

    BOOSI AI360

    360度ドライブレコーダー 水平360°超広視野角 動体感知機能 駐車監視 重力センスし 事故のビデオを 自動にロックする ライブ4画面プレビュー

    参考価格: 11,950円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon11,950円

    こちらのドライブレコーダーは、モニターがタッチパネル式になっていて、スマートフォン感覚で簡単に操作できます。

    垂直方向の画角が220度と広くなっており、前後左右はもちろん、今までの全方向ドライブレコーダーでは写りにくかった信号機まで、ばっちり録画することができます。FHD画質で鮮明に撮影しているため、他車のナンバーまでくっきり撮影できます。

    バッテリーを内蔵していて、重力センサーも装備しているため、駐車監視のカメラとしても使用することができます。

    画素数約300万画素
    解像度1440x1440
    画角水平360度、垂直220度
    フレームレート24fps
    サイズ奥行き × 幅 × 高さ 13 x 9.1 x 3.9 cm
    重量159 g

    サンコー ミラー型全方位ドライブレコーダーシリーズ

    サンコー CARDVR36

    サンコー ミラー型 360度 全方位 ドライブレコーダー CARDVR36

    参考価格: 18,076円

    出典: Amazon
    Amazon18,076円

    こちらの商品はルームミラーにかぶせて装着するミラー型のドライブレコーダーです。フロントガラスに張り付けたりしなくていいので、スマートにドライブレコーダーを装備することができます。モニター部分はタッチパネル式になっていて、簡単に操作できます。

    画素数300万画素
    解像度1440×1440
    画角水平360度
    フレームレート24fps
    サイズ幅310×高さ100×奥行30 (mm)
    重量242g

    サンコー CDVR36RC

    サンコー ミラー型360度全方位ドライブレコーダー リアカメラ付き CDVR36RC

    参考価格: 18,436円

    出典: Amazon
    Amazon18,436円

    こちらは、先ほど紹介したミラー型ドライブレコーダー「サンコー CDVR36」のバックカメラ付きバージョンです。ミラー型のドラレコとバックカメラをつないでおくことで、バックモニター代わりとしても使えるようになるんです!バックモニターついていない車に乗っている方は、これを付けると駐車時の安全確認が今まで以上にしやすくなりますよ。

    画素数300万画素
    解像度本体:1440×1440、バックカメラ:640×480
    画角本体:360度、バックカメラ:105度
    フレームレート本体:24fps、バックカメラ:25fps
    サイズ本体:幅310×高さ100×奥行30 (mm) バックカメラ:幅22×高さ22×奥行22 (mm)
    重量本体:242g、バックカメラ:81.6 g

    ユピテル 720度 (360度+360度)全天球ドライブレコーダーシリーズ

    エンジンスターター、ポータブルナビ、セキュリティなどの電装機器で評判のいいユピテルも、ドライブレコーダーをラインナップしています。

    ユピテル 720度 (360度+360度)全天球ドライブレコーダー Q-01

    ユピテル 720度 (360度+360度)全天球ドライブレコーダー 日本製 前後上下左右記録 GPS 衝撃センサー 3年保証 200万画素 Q-01

    参考価格: 54,436円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon54,436円

    こちらは安心の日本製のドラレコ。

    全天球ということで、水平方向も垂直方向も360度撮影するので死角なし!ユピテルのHPから無料の専用ビューアをダウンロードして、パソコンで映像の確認ができます。映像の拡大やスローモーションでの再生もでき、地図と連動して走行した軌跡も表示できます。

    保証期間は3年と長く設定されているので故障時にも安心です。

    別売りオプションの装着で、駐車監視機能も追加できます。

    画素数200万画素
    解像度2560×1080
    画角水平360°+垂直360°
    フレームレート最大30コマ/秒
    サイズ78(幅)×67(高さ)×58(奥行)mm
    重量440 g

    ユピテル 720度 (360度+360度)全天球ドライブレコーダー Q-01c

    ユピテル 720度 (360度+360度)全天球ドライブレコーダー 日本製 前後上下左右記録 GPS 衝撃センサー 3年保証 200万画素 シガーソケットモデル Q-01c

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon

    こちらの商品は先ほどの「ユピテルQ-01」と本体は同じです。電源の取り方が、「Q-01」は車両の電源に直接つなぐタイプですが、こちらの「Q-01c」はシガーソケットから電源を取るタイプなので、より簡単に設置できるようになっています。ご自身でドラレコを設置しようと考えている方には「Q-01c」がおすすめです。

    画素数200万画素
    解像度2560×1080
    画角水平360°×垂直360
    フレームレート最大30コマ/秒
    サイズ78(幅)×67(高さ)×58(奥行)mm
    重量340 g

    ユピテル 720度 (360度+360度)全天球ドライブレコーダー Q-02c

    ユピテル 720度 (360度+360度)全天球ドライブレコーダー 日本製 前後上下左右記録 GPS 衝撃センサー 3年保証 200万画素 シガーソケットモデル Q-02c

    参考価格: 62,121円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon62,121円

    こちらは「Q-01」「Q-01c」の次世代モデルです。画質が200万画素から350万画素に向上したので、細かいところまでくっきりと映してくれます。

    新しい分値段は張るので、型落ちで安く済ませるのも賢い方法です。

    画素数約350万画素
    解像度最大2560×1280
    画角720°( 水平360°×垂直360°)
    フレームレート最大30コマ/秒
    サイズ78(W)×67(H)×58(D)mm
    重量481 g

    JAFメディアワークス 「ドラドラまるっと」DD-W01

    JAFメディアワークス 「ドラドラまるっと」 2カメラ搭載 1台で前後左右360°記録できるドライブレコーダー (型番:DD-W01)

    参考価格: 42,984円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon42,984円

    こちらのドラレコは、エンジンをかけてから停止するまでの録画を、1つのファイルとして保存してくれます。今までのドラレコは、何秒かごとのファイルをいくつも作成していました。その場合、ファイルの途切れ目に重要な瞬間が重なってしまって、撮影できていない場合がありました。それを解消してくれたのが、DD-W01の「シームレス録画」です。

    専用アプリ「ドラドラLive」を使えば、スマートフォンに直接録画ファイルをダウンロードできます。ダウンロードしたファイルを「ドラドラ動画」に投稿すると、毎月1名様に賞金1万円が当たるキャンペーンも開催中です!

    画素数
    解像度1920×1080
    画角水平360度、垂直80度
    フレームレート28.5fps
    サイズ6.8 x 10.6 x 3 cm
    重量222 g

    セイワ ピクシーダ 360EYEシリーズ

    セイワ 360EYE PDR600SV

    セイワ (SEIWA) 360EYE ドライブレコーダー PDR600SV

    出典: Amazon
    Amazon

    最新の画像補正技術で、口角映像を平面で見やすいように加工、前後左右を4つに分割して確認することができます。

    PDR007というリアカメラを接続することで、リア映像も表示されるようになります。

    画素数200万画素
    解像度1440×1440
    画角水平360度、垂直220度
    フレームレート24fps
    サイズ129.5(W)×77(H)×18.5(D)mm
    重量154 g

    セイワ 360EYE PDR650SV

    セイワ(SEIWA)360EYE ドライブレコーダー PIXYDA ピクシーダ PDR650SV

    参考価格: 25,155円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon25,155円

    PDR600SVの新しいモデルがこちら。
    1.3.6秒ごとに写真を撮影するエコ撮影モードが追加され、より長い時間、より低消費電力で駐車監視をすることが可能になりました。(オプション品が必要)

    画素数200万画素
    解像度1440×1440
    画角水平360度、垂直220度
    フレームレート24fps
    サイズ132(W)×84(H)×41(D)mm
    重量154g

    セイワ 360EYE PDR750SV

    PIXYDAセイワPDR750SV液晶ドライブレコーダーmicroSD32GB

    参考価格: 35,800円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon35,800円

    2018年12月に発売されたまだまだ新しい機種です。

    衝撃を感知して録画、事故の10秒前までさかのぼって記録するフラッシュメモリーを標準搭載しています。このデータはロックファイルとして保存されるので、上書きされて消えてしまう心配もありません。

    また、GPSが搭載されているので位置情報、速度、日時を正確に確認できます。

    画素数200万画素
    解像度1440×1440
    画角水平360度、垂直220度
    フレームレート24fps
    サイズ132(W)×84(H)×41(D)mm
    重量154g

    セイワ 360EYE PDR500NL

    セイワ(SEIWA)360EYE 連動ドライブレコーダー ピクシーダ(PIXYDA) PDR500NL

    参考価格: 31,800円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon31,800円

    こちらはナビゲーション連動のドラレコです。

    ドラレコ機能としては、Gセンサ内臓により、衝撃を感知して、事故が起こった際の映像を消えないようにロックファイルとして保存できます。駐車監視機能もあり。

    撮影動画の確認や、本体の設定は、PFTN101という連動ナビのモニター上で行います。

    画素数200万画素
    解像度1440×1440
    画角水平360度、垂直220度
    フレームレート24fps
    サイズ68(W)×87(H)×35(D)mm
    重量121g

    セイワ(SEIWA)フローティングナビゲーション 10インチ ピクシーダ(PIXYDA) PFTN101F

    参考価格: 83,097円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon83,097円

    スピーダー S360

    スピーダー(Speeder) ドライブレコーダー S360

    参考価格: 16,800円

    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    出典: Amazon
    Amazon16,800円

    こちらは360度撮影型のドラレコの中では16800円と最安レベルの価格です。セカンドカーの防犯にいかがでしょうか?

    今なら特別にリアカメラも付属しているので、後方の映像も同時録画できます。あおり運転などの防止にもつながりますね。

    画素数200万画素
    解像度800*480
    画角水平360度
    フレームレート
    サイズ奥行き×幅×高さ 13x8x3cm
    重量458 g

    全方位ドライブレコーダーのおすすめ15選の比較表

    スクロールできます

    商品
    商品名コムテック 360度全方向対応ドライブレコーダー HDR360G 340万画素 ノイズ対応 夜間画像補正 LED信号対応 専用microSD(16GB)付Gセンサー GPS 12/24V対応 3年保証 日本製 駐車監視機能付 補償サービス2万円 COMTECカーメイト ドライブレコーダー 360度(前後左右)撮影 ダクション360 超広角SONYセンサー使用 駐車監視 アクションカメラ 4K相当 DC3000カーメイト ドライブレコーダー アクションカメラ 360度カメラ ダクション 360S 前後 左右 撮影 超広角 全天周モデル スマホ連携 駐車監視機能付き DC5000360度ドライブレコーダー 水平360°超広視野角 動体感知機能 駐車監視 重力センスし 事故のビデオを 自動にロックする ライブ4画面プレビューサンコー ミラー型 360度 全方位 ドライブレコーダー CARDVR36サンコー ミラー型360度全方位ドライブレコーダー リアカメラ付き CDVR36RCユピテル 720度 (360度+360度)全天球ドライブレコーダー 日本製 前後上下左右記録 GPS 衝撃センサー 3年保証 200万画素 Q-01ユピテル 720度 (360度+360度)全天球ドライブレコーダー 日本製 前後上下左右記録 GPS 衝撃センサー 3年保証 200万画素 シガーソケットモデル Q-01cユピテル 720度 (360度+360度)全天球ドライブレコーダー 日本製 前後上下左右記録 GPS 衝撃センサー 3年保証 200万画素 シガーソケットモデル Q-02cJAFメディアワークス 「ドラドラまるっと」 2カメラ搭載 1台で前後左右360°記録できるドライブレコーダー (型番:DD-W01)セイワ (SEIWA) 360EYE ドライブレコーダー PDR600SVセイワ(SEIWA)360EYE ドライブレコーダー PIXYDA ピクシーダ PDR650SVPIXYDAセイワPDR750SV液晶ドライブレコーダーmicroSD32GBセイワ(SEIWA)360EYE 連動ドライブレコーダー ピクシーダ(PIXYDA) PDR500NLスピーダー(Speeder) ドライブレコーダー S360
    価格42,984円36,542円64,584円11,950円18,076円18,436円54,436円62,121円42,984円25,155円35,800円31,800円16,800円
    モニターありなしなしありありなしなしなしなしありありありナビ連動あり
    画素数340万画素1353万画素全天球+フロント:約410万画素+約200万画素約300万画素300万画素300万画素 200万画素200万画素約350万画素200万画素200万画素200万画素200万画素200万画素
    解像度1856x1856(ラウンド設定時)2880×2880、1440×14401440x14401440×1440本体:1440×1440、バックカメラ:640×4802560×10802560×1080最大2560×12801920×10801440×14401440×14401440×14401440×1440800*480
    画角水平:360度、垂直240度水平360度、垂直194度水平360度、垂直360度水平360度、垂直220度水平360度本体:360度、バックカメラ:105度水平360°+垂直360°水平360°×垂直360720°( 水平360°×垂直360°)水平360度、垂直80度水平360度、垂直220度水平360度、垂直220度水平360度、垂直220度水平360度、垂直220度水平360度
    フレームレート29.1fps最大27.5fps27.5fps24fps24fps本体:24fps、バックカメラ:25fps最大30コマ/秒 最大30コマ/秒最大30コマ/秒 28.5fps24fps24fps24fps24fps
    サイズ5.2 x 6.6 x 11 cmH42mm×W62mm×D64mm(マウント装着時)奥行き×幅×高さ 5.1x13x10cm奥行き × 幅 × 高さ 13 x 9.1 x 3.9 cm幅310×高さ100×奥行30 (mm)本体:幅310×高さ100×奥行30 (mm) バックカメラ:幅22×高さ22×奥行22 (mm)78(幅)×67(高さ)×58(奥行)mm78(幅)×67(高さ)×58(奥行)mm78(W)×67(H)×58(D)mm6.8 x 10.6 x 3 cm129.5(W)×77(H)×18.5(D)mm132(W)×84(H)×41(D)mm132(W)×84(H)×41(D)mm68(W)×87(H)×35(D)mm奥行き×幅×高さ 13x8x3cm
    重量145 g145 g236 g159 g242g本体:242g、バックカメラ:81.6 g440 g340 g481 g222 g154 g154g154g121g458 g
    商品リンク

    まとめ

    フリー写真素材ぱくたそ

    ドライブレコーダーについて、お分かりいただけたでしょうか?

    ちなみに、筆者が気になっているのは、ダクション360sです。SDカードの以上で録画できなかった経験があるので、それが決め手です。ナビ連動のセイワPDR500NLも気になりますが、普段車に乗る分にはナビを使わないので、ナビを買う必要はないかなと…

    いろいろな種類が出ていますが、この記事を読んで、ご自身に合ったドラレコが見つかれば幸いです。
    交通事故やあおり運転、いたずらにはいつ遭遇するかわからないもの。後悔しないためにも早めにドラレコを取り付けることをお勧めします。

    渡木駿介
    ライター

    渡木駿介

    みなさんの情報収集のお役に立てるように頑張ります!

    関連記事