子供用包丁のおすすめランキング20選【安全に料理の練習をしよう!】

子供用包丁のおすすめランキング20選【安全に料理の練習をしよう!】

子供用包丁で安全に料理の練習を子供にさせてみませんか?安全面を考慮した指ガードつきのものやプラスチック製、セラミック製のものなど様々な子供用包丁が販売されています。今回は子供用包丁のおすすめの選び方やグーテなどの人気おすすめランキング20選をご紹介します。

    目次 [表示]

    子供用包丁の対象年齢は何歳から?

    おままごと遊びで料理を作るマネをしたり、パパやママが料理をしていると隣に来て覗き込んだり、子供は次第に料理に興味を持ち始めると思います。そんな興味津々な我が子にお手伝いをさせてあげたいけど、包丁はいつから使えるの?と思う親御さんは多いでしょう。

    包丁は、危険な刃物であり、大人の包丁だと持ちにくく使いづらいという問題点もあります。なので、子供には安全面や持ちやすさなどが工夫されている子供用包丁を持たせてあげましょう。

    子供用包丁は3歳ごろから持たせてあげるのがおすすめです。個人差はありますが、包丁を振り回したりせず、親御さんの話を聞き、約束も守れるという子なら子供用包丁を持たせても安全に使用できるでしょう。興味を持ってからすぐに子供用包丁を持たせるのではなく、野菜を洗うなどの簡単な作業から徐々にステップアップしていくことも安全に使用する上で大切なポイントです。

    子供用包丁の選び方

    最近ではダイソーなどの100均でも購入することができる子供用包丁ですが、意外と種類がたくさんあって選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ここからは子供用包丁を選ぶときのポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

    年齢やレベルに合わせて選ぶ

    1つめは、刃の種類をチェックしましょう。子供用包丁は刃の種類によって3種類に分けることができます。子供の年齢や子供のお手伝いの腕前によって、おすすめの子供用包丁の刃の種類が変わってきます。

    3歳

    子供用包丁を使い始める年齢の目安の3歳ごろに子供に包丁を買ってあげたいという親御さんも多いのではないでしょうか。初めての子供用包丁は、"刃のない包丁"を選びましょう。刃のない包丁は、刃をつぶしてあるので子供が間違えて刃に触れてしまっても指や手が切れないようになっています。柔らかいバナナや豆腐などの食材しか切れないので、切れ味や食材を切るということよりも、包丁の正しい持ち方や切る動作を学んで練習するということを目的に使用しましょう。

    5歳

    包丁の正しい持ち方をマスターした5歳ごろの子供には、"ギザギザ包丁"を選ぶのがおすすめです。刃のない包丁と同じように手や指で触れただけでは切れないですが、ギザギザ包丁は茹でた野菜やハムくらいの硬さのものだと力を加えたら切れてしまうので注意が必要です。刃のない包丁と比較すると切れ味がよくなり、包丁は危険なものだということが分かり、包丁を持って切るときの力の入れ具合も学ぶことができます。5歳ごろの子供でもファースト包丁を持つときは、厚めの刃のものを選ぶと少し切れにくくなっているのでおすすめです。

    小学生以降

    包丁にある程度慣れてきた小学生以降の子供には、切れる刃がついた"切れる包丁"を選びましょう。切れる包丁は刃の先端や刃元が丸い形になっていて、大人用の包丁と比較すると切れ味は悪いですが、肉や魚も切れるので、さらに料理のお手伝いをすることができます。しかし、握りが弱く刃元で指を切ってしまうこともあるので、取手の近くには刃がない包丁や指ガードがついている包丁を選ぶのがおすすめです。

    刃の素材で選ぶ

    2つめは、刃の素材をチェックしましょう。子供用包丁の刃には、主にプラスチックやセラミック、ステンレスなどの素材が使われています。刃に使われている素材で重さにも違いが出てきます。子供のスキルや年齢に合わせて刃の素材を選びましょう。

    プラスチックの包丁は、おままごとの延長のような感覚で、軽いので3歳ごろの子供でも持ちやすく、正しい持ち方を覚える初めての包丁に適しています。軽くて持ちやすく、錆びないのが特徴のセラミック包丁は、本格的な切れる包丁へ移行する前の練習に適しています。

    ステンレスなどの金属の包丁は、大人用の包丁と同じような見た目なので子供に満足感が生まれます。しっかりと重さもあり、中には砥げるものもあるので、子供1人1人のスキルレベルによって調整することも可能です。

    安全に使用できるかで選ぶ

    3つめは、安全に使用できるかチェックしましょう。子供が使うものなので、特に安全に使用できるか確認することは大事なポイントです。

    包丁の柄

    包丁の柄の部分は、小さな手の子供でもしっかりと握れるようになっているのか確認しましょう。手が滑らないように滑り止め効果のあるグリップがついたものや指が切れないように指ガードがあるデザインのものを選ぶのがおすすめです。また、柔らかな樹脂製のグリップも手にフィットし、滑りにくくなっています。

    収納ケースやカバー付き

    子供用包丁に収納ケースやカバーがついているか確認しましょう。大人用包丁と比較すると、そんなに使用する頻度は高くないので安全に収納できるものを選ぶのがおすすめです。収納ケースやカバーがついていることでお片付けの練習をすることもできます。

    利き手に合ったものを選ぶ

    ハサミと同じように子供用包丁にも左利き用の商品が販売されています。左利きの子に、右手で持たせようとすると、力を入れる具合が難しく安全に使用することができません。なので、利き手用の子供用包丁を使用しましょう。一般的な商品は"右利き用"のものが殆どなので、左利きの子には"左利き用"と記載のある商品を選びましょう。

    子供用包丁のおすすめランキング20選

    ここからは、子供用包丁のおすすめ商品をランキング形式で20選ご紹介します。Amazonや楽天での人気商品から厳選しましたので、参考にしてみてください。

    関連記事

    Article Ranking