粘着シートタイプのスマホケースのデメリットは?剥がれて落ちない?

粘着シートタイプのスマホケースのデメリットは?剥がれて落ちない?

数多くのスマホケースのなかでも抜群の人気なのが手帳型ケースです。手帳型ケースといえば粘着シートでの固定が一般的ですが、剥がれたり落ちたりする心配も。本記事では、そんな粘着シートタイプのスマホケースについて、そのメリット・デメリットをご紹介します。

目次 [表示]

粘着シートタイプのスマホケースとは?

粘着シートタイプスマホケースとは、様々な機種に対応しているもので、これまであまり選択肢がなくて困っていた人にとっては、気にせず好きな物を装着することができる優れ物なケースです。

粘着シートタイプのスマホケースは「汎用スマホケース」とも呼ばれています。特に機種の種類の多いAndroidユーザーにとってはありがたい代物です。最近では、ハンドメイドや自作でオリジナルのスマホケースを作る人も増えていますが、粘着シートに貼るタイプのスマホケースであれば、機種を変えてサイズが変わったとしても、そのまま使い続けることができます。

また、粘着式スマホケースは、スマホに直接貼り付けられるのはもちろん、透明ケースを一度かませ、そこに貼り付けても使用できるのが特徴です。透明ケースの上からの貼り付けの場合、スマホをケースから外したり交換する度に粘着シートも剥がす、という面倒なことがなくなります。

粘着シートタイプのスマホケースのメリット・デメリット

粘着シートタイプのスマホケースの汎用性の高さはわかりましたが、そのメリットやデメリットをもう少し詳しくご説明します。

メリット

Photo bycarloscuellito87

粘着シートタイプの最大のメリットは、どんな種類のスマホでも付けられるところです。前述したように、「汎用スマホケース」とも呼ばれているぐらいです。そして、粘着式のほとんどが手帳型スマホケースであり、スマホを全面において保護する役割も果たしてくれます。何よりオシャレなデザインが多いのも特徴です。可愛いものからカッコいいものまで、とにかく色々なデザインが発売されています。

さらには、ポケットもたくさんついているなど、収納面でのメリットもあります。最近ではミラー付きな物まで登場して、ひとくくりに「スマホケース」と言っても、その用途や目的が多様化してきています。

デメリット

Photo bygeralt

粘着シートタイプのケースのデメリットといえば、なんといっても「カメラのための穴が開いていない」ことです。見た目のオシャレさやスマホの保護などメリットの大きい粘着式のケースにも、瞬時の臨機な撮影ができないといった難点があります。

最近では、その対策として、粘着シートの部分をスライドすることができる、スライド型のケースが登場するようになりました。撮影するときにスライドさせることで、ケースの上部にカメラレンズが来るようになる仕組みです。

磁石やマグネットがICカードをダメにする?

磁石やマグネットを使用した開閉部分は、使う分には大変便利ですが、カードによっては磁気が飛んでしまう可能性があり、カードの読み込みに支障を来たしてしまいます。特にクレジットカードなどは危険です。

対策を万全にすれば良いのですが、ついつい何でも入れてしまうと大変なことになってしまう、というデメリットもあります。

粘着シートタイプのスマホケースって剥がれて落ちない?

初めて粘着式のケースを使う人、または粘着式に難色を示している人の多くが、使用途中での剥がれの心配や、それに伴う落下を心配していると思います。しかし、この粘着力は想像以上で、逆さにしてもわざと下に向けても剥がれることはありません。

ただし、付け方にも一つコツがあります。粘着シートを貼る際には、必ずスマホの装着部分をキレイに掃除する必要があります。携帯やスマホには、想像以上の汚れが付着しています。汚れが付着していると、剥がれたり、途中で粘着力が弱まってしまう原因になります。剥がれないようにするためにも、最初の付け方が肝心です。

粘着が弱まったら復活できる?

ずっと使い続けていると、どうしても粘着力に弱まりが生じてきます。

しかし、それで終わりではなく、実はその粘着力を復活させる方法がいくつかります。粘着テープなどで対応できる方法も。復活の方法や粘着テープでの対処法については、下記のリンクをご覧ください。

粘着式のスマホケースの付け方と粘着力が落ちた場合の復活方法を紹介!のイメージ
粘着式のスマホケースの付け方と粘着力が落ちた場合の復活方法を紹介!
皆さんは、どんなスマホケースをお使いですか?なかには、粘着式のスマホケースを使っている人も多いはずです。しかし、粘着式をずっと使い続けていると、その粘着力が落ちてしまうのが難点です。そんなときの復活方法を本記事ではご紹介します。ぜひお役立てください。

粘着シートタイプのスマホケースのおすすめ5選

では、ここから粘着シートタイプケースのおすすめ商品5つをご紹介します。今回は、iPhoneだけとかandroidだけとかに限定せず、多機種対応・全機種対応スマホケース・手帳型スマホケースの中からの厳選です。

whitenuts エンボスデザイン スマホケース

whitenuts スマホケース 手帳型 全機種対応 スライドLL エンボスデザイン ダークブラウン/小麦 ケース 手帳 カバー made-3713

参考価格: 2,480円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,480円
楽天

エンボスデザインに高級感があるカバーは、全部で6色のカラーバリエーションです。さりげなく施された植物の図柄も6パターンあり、どの図柄とどの色の組み合わせにするか、考えるだけでも楽しい商品です。全機種対応はもちろん、スライド型なのでカメラ撮影も難なくいけます。

対応機種全機種
付属/機能スタンド機能、カードポケット、ストラップホール
スライド式

whitenuts ハリスツイード スマホケース

whitenuts スマホケース 手帳型 全機種対応 スライドLL ベルトなし ハリスツイード オレンジ ケース 手帳 カバー made-4621

参考価格: 2,980円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,980円
楽天

大人気のハリスツイードから、全機種対応・スライド式のスマホケースが発売されています。実はスライド式のほかに、最初からカメラの穴が開いているパターンもあり、お好みに合わせて選ぶことができます。なんといっても、ハリスツイードのデザインが目を引きます。デザインは全部で7種類です。

対応機種全機種
付属/機能カードホルダー、ストラップホール、マグネット開閉
スライド式〇(最初から穴が開いているタイプもあり)

salisty Q スマホケース 手帳型 多機種対応 スライド式 マルチサイズ スエードスタイル

salisty Q スマホケース 手帳型 多機種対応 スライド式 マルチサイズ スエードスタイル [ペールグレー]

参考価格: 2,840円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,840円
楽天

パッと見ポーチにも見えるこちらのケースは、スウェード調の生地と、メタリックの縁取りが豪華さと大人っぽさを演出しています。約16×8×1cmまでのスマホに対応したマルチサイズタイプで、手帳型というよりもブック型のスマホケースです。

対応機種約16×8×1cmサイズまで対応
付属/機能カードポケット、ミラー、ストラップ付、マグネット開閉
スライド式

エレコム 手帳型 マルチケース 衝撃吸収バンパー付き

エレコム スマホケース 手帳型 マルチケース 衝撃吸収バンパー付き ソフトレザー スタンダード ~5.2インチまで対応 カーボンブラック P-PLFYSC02CB

参考価格: 2,894円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,894円
楽天

シンプルながらも機能性に優れたこちらのスマホケースは、衝撃吸収バンパーが付いているため、衝撃が心配な方にはピッタリです。衝撃吸収素材のシリコンバンパーで、スマートフォンの側面をしっかりと保護してくれます。フラップを折りたたむことで、スマホを横向きに立てることができるスタンドも付いていて、動画をよく見る方には便利なケースです。ソフトレザーが使用され、洗練されたデザインとともに高級感がありながらも、価格の安さがポイントです。

対応機種5.2インチまで対応
付属/機能カードポケット、マグネット開閉
スライド式

EveryPhone EP-172PR

EveryPhone EP-172PR ケース カバー 手帳型ケース スライド式 アイスクリームカラー (カラー バニラ) スマホケース 全機種対応 ヤマダ電機

参考価格: 1,480円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,480円
楽天

最後のご紹介は、アイスクリームカラーが可愛いシンプルなスライド式のスマホケースです。外側と内側でツートンカラーになっていて、シンプルながらもとても存在感があります。カラー名もアイスクリームのように「メロン」「バニラ」となっています。もちろん、見た目や響きだけの可愛さだけではなく、レザー調の素材の断面には「コバ塗り」加工が施され、より上質な感じに仕上げています。価格もお手頃です。

対応機種全機種
付属/機能カードポケット、ストラップホール
スライド式

粘着シートタイプのスマホケースのおすすめ5選の比較表

スクロールできます

商品
商品名whitenuts スマホケース 手帳型 全機種対応 スライドLL エンボスデザイン ダークブラウン/小麦 ケース 手帳 カバー made-3713whitenuts スマホケース 手帳型 全機種対応 スライドLL ベルトなし ハリスツイード オレンジ ケース 手帳 カバー made-4621salisty Q スマホケース 手帳型 多機種対応 スライド式 マルチサイズ スエードスタイル [ペールグレー]エレコム スマホケース 手帳型 マルチケース 衝撃吸収バンパー付き ソフトレザー スタンダード ~5.2インチまで対応 カーボンブラック P-PLFYSC02CBEveryPhone EP-172PR ケース カバー 手帳型ケース スライド式 アイスクリームカラー (カラー バニラ) スマホケース 全機種対応 ヤマダ電機
価格2,480円2,980円2,840円2,894円1,480円
対応機種全機種全機種約16×8×1cmサイズまで対応5.2インチまで対応全機種
付属/機能スタンド機能、カードポケット、ストラップホールカードホルダー、ストラップホール、マグネット開閉カードポケット、ミラー、ストラップ付、マグネット開閉カードポケット、マグネット開閉カードポケット、ストラップホール
スライド式〇(最初から穴が開いているタイプもあり)
商品リンク
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る

粘着シートタイプのスマホケース まとめ

今回は、粘着シートタイプスマホケースについてお伝えしました。粘着シートタイプにはメリットデメリットもありますが、デメリットに関しては、そんなに難しい訳ではなく、解決できない問題でもありません。

それ以上に、メリット面が大きいため、長いスマホライフにおいて一度は使ってみたいところです。皆さんはどう感じましたか?ぜひ、本記事を参考にしていただき、皆さんにも使っていただければと思います。

粘着式のスマホケースの付け方と粘着力が落ちた場合の復活方法を紹介! | Ecoko
皆さんは、どんなスマホケースをお使いですか?なかには、粘着式のスマホケースを使っている人も多いはずです。しかし、粘着式をずっと使い続けていると、その粘着力が落ちてしまうのが難点です。そんなときの復活方法を本記事ではご紹介します。ぜひお役立てください。
ベルト通しのスマホケースはダサい?人気おすすめの5選を紹介! | Ecoko
多様なスマホケースのなかで、ベルト通しのスマホケースが「ダサい」と言われています。なぜ、ベルト通し、ベルトポーチはダサいのでしょうか?実はとっても機能的なんですよ!今回は、そんなベルト通しのスマホケースについてや、おすすめの厳選5人気商品をご紹介します!
ポット
ライター

ポット

猫たちとの時間を増やすために、2019年4月より在宅ワーカーとして再スタートしました。本業はグラフィックデザイナーですが、猫好きがこうじて愛玩動物飼養管理士の資格も所持しています。 読み手の気持ちや立場にたった、わかりやすい文章構成を心掛けてます。また、価格の安さばかりではなく、本当に良い物・安心できる物を伝えることを常に意識をしています!  他のサイトの似たような記事よりも、オリジナリティと新しい視点を取り入れることで「他との違い」を感じてもらいたいです。

関連記事

Article Ranking