スノーボードのホットワックスのかけ方【おすすめセットも】

スノーボードのホットワックスのかけ方【おすすめセットも】

スノボのワックスがけはとても大切です。ワックスの中でもおすすめなのがホットワックスです。しかしスノボ初心者の方は何から始めたらいいのかわかりませんよね。そこで、この記事ではホットワックスのかけ方と、おすすめのワックスセットを紹介します。参考にして下さい。

目次 [表示]

スノーボードのワックスがけとは

冬の楽しいスポーツといえば、スノーボードですよね!スノーボードをする方にとって、板のメンテナンスは必須です。中でも、ワックスがけはとても重要な作業となります。オフシーズンや、スノーボードのシーズンが始まる前にスノーボードの板にワックスをかけておけば、いざスノーボードを楽しむ季節になったときに、すぐに雪山に出かけることができます。

スノーボードのときに快適に滑走するために、ワックスがけは必要不可欠な作業ですが、あなたはワックスについて詳しく知っていますか?ワックスには、簡易ワックス、ホットワックス、スプレータイプのものなど様々なものがあります。初心者の方は、どのワックスを使って、ボードをメンテナンスするか悩んでしまいますよね。

今回は、数あるワックスの中から、ホットワックスについてご紹介します。ホットワックスは、数あるワックスの中でもおすすめのワックスです。しかしホットワックスの正しいかけ方を知らないと、意味がありません。この記事ではホットワックスの正しいかけ方や、おすすめの商品もご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

なぜワックスをかけるのか

では、なぜスノーボードの板にワックスをかける作業が必要なのでしょうか。スノーボードの板にワックスをかけることによって、滑りがよくなったり、板を保護して、傷つきを防止してくれます。また、滑走力が持続するのです。ワックスでメンテナンスすることによって、お気に入りの板を長く使うことができますよ。

ホットワックスのメリットは?

ワックスの中でもおすすめがホットワックスです。数あるワックスの中で、最もワックスとしての効果を持続します。業者に頼むこともできますが、自分でワックスをかけることによって、ボードへの愛着が増しますよ。ワックスがけは少々手間ですが、業者に頼むと価格も高いので、ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!

簡易ワックスとの違い

簡易ワックスは、その名の通りとても簡単にワックスがけができるアイテムです。雪山で滑りがよくないな、と感じたときにさっとワックスをかけることができるため、とても便利です。しかし、ホットワックスよりも効果が劣ります。ワックスをかけるときは、簡易ワックスとホットワックスを上手に使い分けるのがポイントです。

いつかけるの?

スノーボードのワックスがけは、できるだけこまめにかけることが理想です。しかしこまめにかけるのは難しいという方もいるでしょう。かけるべき時期は、新しくスノーボードの板をおろすとき、スノーボードをする前に、シーズン中に、そしてシーズンが終わったあとです。これらの時期は最低限かけるようにしましょう。

1. ボードの汚れやワックスを取る

スノーボードの板は、滑走中にどんどん汚れていきます。汚れを落とさずにワックスを塗りはじめていってしまうと、ソールにきちんとワックスが染み込みません。そのため、しっかりと汚れを落としてからワックスがけを行いましょう。

スノーボードのワックス台11選を紹介【選ぶポイントもご紹介!】のイメージ
スノーボードのワックス台11選を紹介【選ぶポイントもご紹介!】
スノーボードが好きという方は、自分のボードにワックスをかけていますか?ワックスをかけるためには、ワックス台が必要です。しかし選び方がわかりませんよね。そこで、ワックス台の選び方やおすすめのワックス台をご紹介します。お気に入りのボートを長く愛用しましょう!

① ソールの汚れをクリーナーで落とす

まずは、ソールにたまった汚れをクリーナーで落とします。クリーナーの液体は直接ソールに垂らさず、拭き取るペーパーに染み込ませて使います。丁寧に拭き取り、汚れがつかなくなるまで続けます。汚れがつかなくなったら、ソールが乾くのをまちます。

クリーナーのコツ

  • 少しソールに圧力をかけるように、丁寧に拭く
スノボのリムーバーの使い方やおすすめを紹介【ワックス/クリーニング】| Ecoko
スノボのボードのメンテナンスにおすすめなのがリムーバーです。リムーバーはボードの汚れを落とすのにとても効果的なおすすめのクリーナーです。今回はリムーバーの使い方から人気のクリーナーまでご紹介します。人気リムーバーを使って、スノボのボードメンテナンスをしましょう。

② ストラクチャー内のゴミをブロンズブラシで出す

スノーボードの断面はギザギザになっていて、ノーズからテールにかけてストラクチャーという溝があります。そのストラクチャーに溜まっているゴミをブロンズブラシで出していきます。ブロンズブラシをかけるときは、一方方向に、体重をかけながら行います。汚れが出せていれば、表面には掻き出されたゴミがでてきます。

ブロンズブラシのコツ

  • 体重をかけて行うこと
  • ノーズからテールにむけて一方方向でかけること
スノボのワックス塗りにおすすめブロンズブラシ5選【アイロン/ソール】のイメージ
スノボのワックス塗りにおすすめブロンズブラシ5選【アイロン/ソール】
ウィンタースポーツは多いですが、その中でもスノボは人気なスポーツです。スノボを楽しむには表面を良く滑るようにする必要がありますが、それにはワックスがおすすめです。今回はそのワックスを塗るために使用するおすすめのブロンズブラシについて紹介をしていきます。

③ さらに細かい毛羽を取る

ブランズブラシでゴミを掻き出すことができたら、コルクにファイバーを巻きつけたもので細かい毛羽を取っていきます。こちらも、一方方向に行いましょう。それが済んだらクリーニング作業は終了です。

2. ワックスを塗る

次は、いよいよワックスを塗る工程です。お気に入りのワックスは見つかりましたか?購入するワックスは、滑る日の雪温度を想定して選ぶと、より合ったものでメンテナンスをすることができますよ。

① ワックスの生塗りをする

まずは、ソールにワックスを生塗りしていきます。アイロンで温めたりせずに、固形ワックスをそのままソールに擦りつけます。すると、ソールの表面は薄い膜が張ったような状態になります。

① ホットワクシング

ワックスの生塗りが終わったら、いよいよホットワクシングをしていきます。初めての方は失敗してしまったらどうしよう...と緊張するかもしれませんが、肩の力を抜いて1つ1つの工程を丁寧に行っていけば大丈夫です。しっかりと説明をよんでくださいね。

アイロンの温度を確認

ホットワックスを塗る前に、アイロンの温度を確認しましょう。アイロンをワックスに当ててみて、煙がでてきたらアイロンの温度が高すぎるサインです。アイロンの温度を上げすぎないように注意しましょう。

ワックスを全体に伸ばす

まず、専用のソールの上にワクシングペーパーをおいて、アイロンにワックスを当てて溶かしていきます。するとポタポタとワックスが落ちていきます。量は500円玉1〜2枚程度です。そしてワクシングペーパーを片手で引っ張りながら、ソール前面にワックスをのばしていきます。

ソール内にワックスを浸透させる

ソール内にワックスを染み込ませるイメージをしながら、アイロンをゆっくりと動かしていきます。とめてしまうと、ソールが焦げてしまうのでゆっくりでも必ず動かすようにしましょう。特に、雪面に接着している時間が長い、エッジの部分はより丁寧に当てるようにしましょう。

ワックスを塗っているときに、塗りムラがでてしまうことがありますが、その場合は塗れていない箇所だけにアイロンを当てるのではなく、塗れていない部分は、一連の流れで塗り直しましょう。ワックスを浸透させる工程は、3、4回繰り返しましょう。

ホットワクシングのコツ

  • アイロンはゆっくり動かす
  • エッジの部分はより丁寧に当てる
  • 塗りムラがある場合は、一連の流れで塗る
ホットワックス用アイロンおすすめ7選のイメージ
ホットワックス用アイロンおすすめ7選
ご自身のスノーボードを自分でメンテナンスすることができれば、さらに愛着がわきますよね!そこで今回おすすめするのが、メンテナンスに必要なワックス台です。この記事を見れば選び方もわかります。ぜひ、参考にして、ご自身でスノーボードのメンテナンスをしてくださいね。

3. 仕上げ

ホットワクシングを行うことができたら、ソールの温度が常温になるまで待ちます。このあとスクれーぱーをつかい、ワックスを削るのですが、常温になるのを待たないで行ってしまうと、浸透していっているワックスを剥がしてしまうことになりますので、注意しましょう。

① スクレーパーを使い表面のワックスを削る

固まったワックスを、スクレーパーをつかい削っていきます。スクレーパーの角度は斜め45度くらいで、あまり力をかけないようにして削ります。この作業で7〜8割ほどのワックスを剥がしていきましょう。

① ブラッシング

ボアブラシでストラクチャー内の余分なワックスを掻きだします。この作業により走行性能が高まります。そのあとにナイロンブラシで滑走面を磨き上げて、仕上げていきます。もし馬毛ブラシがあれば、最後にならすようにかけると、より磨きがでます。

仕上げのコツ

  • ボアブラシのかけ方は強めに、前後に動かしてもok
  • 馬毛ブラシをかけるときは、ならすようにして動かす

ワックスセットのおすすめ商品5選

ホットワクシングのやり方はわかりましたか?ホットワクシングをするためには、さまざまな道具が必要です。初心者の方は集めるのが大変です。そこで、初めからワックスセットになっている商品を購入するのが、わかりやすくておすすめです。

ワックスセットおすすめ①ガリウム(GALLIUM) Trial Waxing Set

ガリウム(GALLIUM) Trial Waxing Set

ガリウム(GALLIUM) Trial Waxing Set JB0009 JB0009

参考価格: 13,860円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon13,860円
楽天

ホットワクシングをすぐに始めることができるおすすめのセットです。初心者の方や、ホットワックスが初めて、という方まで、扱いやすいセット内容となっています。ガリウムの、滑走ワックスの効果をぜひ、体感してください。

チューンナップ用具を一からを全て揃えると、かなりの経費が必要になりますし、始めてワックスがけをされる方は必要やもの選びに迷ってしまいます。この、トライアルワクシングセットにだとチューンナップに必要な用具が全てセットされていますよ。

価格やや高め
セット内容EXTRA BASE ワックスセット、フッ素高含有固形ワックス、ミニクリーナー、ミニナイロンブラシ、ミニブロンズブラシ、ミニボアブラシ、ミニスクレーパー、ミニコルク、ミニラストリムーバー、ミニファイバーテックス、ワクシングペーパー、チューニングシート、アイロン S、ワクシングマニュアル、ケース
アイロンの温度不明

ワックスセットおすすめ②GALLIUM(ガリウム) スキー&スノーボード ホットワクシング Trial Waxing BOX

GALLIUM(ガリウム) スキー&スノーボード ホットワクシング Trial Waxing BOX

GALLIUM(ガリウム) スキー&スノーボード ホットワクシング Trial Waxing BOX JB0004

参考価格: 13,860円

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon13,860円
楽天

ガリウムのトライアルワクシングボックスです。ホットワクシングに必要な用具と、ワックスの全てを一つのケースにまとめたアイテムです。これさえあれば、だれでも簡単にホットワクシングを始めることができます。

価格やや高め
セット内容ガリウムEXTRAワックスセット、ミニクリーナー、ミニファイバーテックス、ミニナイロンブラシ、アイロンS、ミニブロンズブラシ、ワクシングパーパー、ミニボアブラシ、ミニコルク、ミニラストリムーバー、チューニングシート
アイロンの温度不明

ワックスセットおすすめ③マツモトワックス ホットワックス スタンダードセット

マツモトワックス ホットワックス スタンダードセット

【マツモトワックス】ホットワックス スタンダードセット ワクシング ワックス メンテナンス 初心者 お手入れ WAX スノーボード スノボー

参考価格: 13,200円

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon13,200円
楽天

ホットワックスを本格的に始めたい方に、お得で人気のアイロンが入ったセットです。HOW TOワクシングのDVDが付いているので、初めての方でもDVDを見ながら、安心してホットワクシングを始めることができます。

価格やや高め
セット内容ベーシックアイロン、ワックスセット、リムーバー、スクレーパー、ナイロンブラシ、ワクシングペーパー、HOW TOワクシングDVD、プラスチックボックス
アイロンの温度不明

ワックスセットおすすめ④SWIX(スウィックス) スキー スノーボード ワックス ワクシングセット

SWIX(スウィックス) スキー スノーボード ワックス ワクシングセット

SWIX(スウィックス) スキー スノーボード ワックス ワクシングセット PA008M

参考価格: 7,240円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon7,240円
楽天

ホットワックスに必要な用具を、まとめて収納できて、保管や移動にも便利な、クリアボックスがついています。サイトには、ホットワックスのかけ方を細かく、写真付きで紹介しているので、わからなくなったら読んでみると参考になりますよ。

SWIXのワックスは、素早く、より簡単にワックスがけができるように工夫されています。SWIXのワックスを使うことによってスムーズにターンができたり、滑走面の保護効果も作ってくれます。また、サビを防止する成分も入っているので、おすすめですよ。

価格安い
セット内容アイロン、ナイロンブラシ、ファイバーレーンプロS、ベースワックス、スクレーパー、リムーバー
アイロンの温度不明

ワックスセットおすすめ⑤TOKO トコ 技術選向け ワクシングセット

TOKO トコ 技術選向け ワクシングセット

TOKO トコ 技術選向け ワクシングセット ワックス2種&デジタルアイロン&ナイロンブラシ toko wax 【C1】【s2】

参考価格: 25,463円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天25,463円

トコの技術選向け、スタートワクシングセットです。フッ素配合の固形ワックスとペーストワックスに、均一な温度調整が可能なデジタルアイロンと、仕上げ用のナイロンブラシがセットになっています。 必要なものがセットになっていて便利です。

エクスプレスレーシングラブオンもホットワクシングでベース作りをします。 これだけでも十分な滑走性となるのですが、さらにエクスプレスレーシングペーストを生塗りすれば、 より高い滑走性となります。仕上げにナイロンブラシでブラッシングすれば完了です。

ワックスは、フッ素高配合なので湿雪、汚れ雪、パウダーなど、どんな時でも良く滑る万能ワックスです。また、アイロンは温度表示がデジタルで、ワクシング中でも設定温度を変えることが可能です。強靭なアイロンソールはグルーブ加工されているため、スムーズなアイロニングとなっています。

価格高い
セット内容エクスプレス レーシングラブオン、エクスプレス レーシングペースト、ベースブラシ ナイロン、デジタルアイロン
アイロンの温度100〜160度

ワックスセットおすすめ一覧比較表

スクロールできます

商品
商品名ガリウム(GALLIUM) Trial Waxing Set JB0009 JB0009GALLIUM(ガリウム) スキー&スノーボード ホットワクシング Trial Waxing BOX JB0004【マツモトワックス】ホットワックス スタンダードセット ワクシング ワックス メンテナンス 初心者 お手入れ WAX スノーボード スノボーSWIX(スウィックス) スキー スノーボード ワックス ワクシングセット PA008MTOKO トコ 技術選向け ワクシングセット ワックス2種&デジタルアイロン&ナイロンブラシ toko wax 【C1】【s2】
価格13,860円13,860円13,200円7,240円25,463円
価格やや高めやや高めやや高め安い高い
セット内容EXTRA BASE ワックスセット、フッ素高含有固形ワックス、ミニクリーナー、ミニナイロンブラシ、ミニブロンズブラシ、ミニボアブラシ、ミニスクレーパー、ミニコルク、ミニラストリムーバー、ミニファイバーテックス、ワクシングペーパー、チューニングシート、アイロン S、ワクシングマニュアル、ケースガリウムEXTRAワックスセット、ミニクリーナー、ミニファイバーテックス、ミニナイロンブラシ、アイロンS、ミニブロンズブラシ、ワクシングパーパー、ミニボアブラシ、ミニコルク、ミニラストリムーバー、チューニングシートベーシックアイロン、ワックスセット、リムーバー、スクレーパー、ナイロンブラシ、ワクシングペーパー、HOW TOワクシングDVD、プラスチックボックスアイロン、ナイロンブラシ、ファイバーレーンプロS、ベースワックス、スクレーパー、リムーバーエクスプレス レーシングラブオン、エクスプレス レーシングペースト、ベースブラシ ナイロン、デジタルアイロン
アイロンの温度不明不明不明不明100〜160度
商品リンク
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る楽天で見る

スノーボードのホットワックスまとめ

スノーボードのホットワックスのことをわかっていただけましたか?自分でワックスがけを行うと、より自分の板に愛着がわきます。今まで業者に頼んでいたという方も、この機会にぜひ、ご自身でホットアイロンを当ててみてくださいね。今年もスノーボードのを楽しみましょう!

スノーボードゴーグル人気おすすめ12選【曇らない/ヘルメットなど】のイメージ
スノーボードゴーグル人気おすすめ12選【曇らない/ヘルメットなど】
スノーボードをするときの必須アイテムがスノーボードゴーグルです。ゴーグルをすることで転倒時に雪による目の怪我を防げるなどのメリットがあります。ゴーグルのことを今よりもっと知って、スノーボードを楽しみましょう!今回は人気おすすめのスノーボードゴーグルをご紹介します。
ビンディングおすすめ13選【スノーボード/取り付け方/外し方もご紹介】のイメージ
ビンディングおすすめ13選【スノーボード/取り付け方/外し方もご紹介】
あなたはスノーボードで必要なビンディングについて知っていますか?今回は、スノーボードをする上で必要不可欠なビンディングについてご紹介します。選び方のポイントや人気のメーカー、人気のあるおすすめの商品や取り付け方まで徹底的にご紹介!ぜひ参考にしてくださいね。
スノーボード用手首プロテクター10選【ビギナー】のイメージ
スノーボード用手首プロテクター10選【ビギナー】
スノボをする時に手首を守ってくれる、手首プロテクターは特に初心者の方におすすめです。しかしどんな手首プロテクターを選べばいいのかわかりませんよね。そこで、選び方やおすすめの商品をご紹介します。あなたに合ったプロテクターをつけて、スノボを楽しんでくださいね!
laakzh
ライター

laakzh

絶賛育児中です♫ 旅行大好き!食べること大好き! 動物やファッションも好きで、いろんなことを勉強中です。 よろしくお願いします(^^)

関連記事

Article Ranking