スノーボードのワックス台11選を紹介【選ぶポイントもご紹介!】

スノーボードのワックス台11選を紹介【選ぶポイントもご紹介!】

スノーボードが好きという方は、自分のボードにワックスをかけていますか?ワックスをかけるためには、ワックス台が必要です。しかし選び方がわかりませんよね。そこで、ワックス台の選び方やおすすめのワックス台をご紹介します。お気に入りのボートを長く愛用しましょう!

laakzh
ライター

laakzh

絶賛育児中です♫ 旅行大好き!食べること大好き! 動物やファッションも好きで、いろんなことを勉強中です。 よろしくお願いします(^^)

記事の目次

  1. 1.ワックス台とは?
  2. 2.ワックス台の選び方
  3. 3.ワックス台のおすすめ11選
  4. 4.ワックス台おすすめ一覧比較表
  5. 5.まとめ

ワックス台とは?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

冬に楽しむスポーツといえばスノーボードですよね!寒くなったら雪山にでかけて、スノーボードを楽しむ方も多いはずです。毎年スノーボードを練習していると、みるみる上達していき、滑るのがとても楽しくなります!そんな、スノーボードのメンテナンスに欠かせないのが、ワックスです

ワックスを塗ってメンテナンスすることで、滑りが持続するだけでなく、摩擦による傷がつきにくくなります。スノーボードをワックスで手入れすることにより、お気に入りのボードを長く使うことができるんです。しかし、ワックスを塗るためにはたくさんの道具が必要になります。その中の1つが、今回ご紹介するワックス台です。

普段目にすることがないワックス台ですが、その商品は様々です。初めてワックス台を購入される方にとっては、その良し悪しはとても難しいものです。そこで、この記事ではワックス台の選び方や、おすすめのワックス台をご紹介します。ぜひ、この機会にワックス台を購入して、しっかりとスノーボードをメンテナンスしてくださいね!

ワックスがけの必要性

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

スノーボードのメンテナンスにおいて、ワックスがけが欠かせないというお話をしましたが、なぜ、スノーボードの板にはワックスが必要なのでしょうか。ワックスをかけることによるメリットを紹介します。また、ホットワックスをかける方法の記事も貼りましたので、こちらも参考にしてくださいね。

スノーボードのホットワックスのかけ方【おすすめセットも】のイメージ
スノーボードのホットワックスのかけ方【おすすめセットも】
スノボのワックスがけはとても大切です。ワックスの中でもおすすめなのがホットワックスです。しかしスノボ初心者の方は何から始めたらいいのかわかりませんよね。そこで、この記事ではホットワックスのかけ方と、おすすめのワックスセットを紹介します。参考にして下さい。

滑走性が持続する

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

スノーボードの板にワックスを塗ることにより、滑りがよくなります。すると、スノーボードをしているときにスピードがでるようになり、滑りやすくなるのです。また、この滑りやすさを持続する働きもあるため、お気に入りのスノーボードを長く使うことができます。

傷ができにくくなる

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

スノーボードは、滑っているときに雪面との摩擦で小さな傷ができます。しかしワックスをしっかり塗ることにより、滑りが良くなるので、この傷がつきにくくなるんです。お気に入りのスノーボードに傷がつかないのは、嬉しいですよね!

事故や怪我を防ぐことができる

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

滑りがよくなることにより、急につまずいたり、急に低速になったりすることがないため、滑りが悪いことによる事故や怪我を防ぐことができます。あとは自分の技術だけなので、余計な心配をせず滑ることができ、よりスノーボードに集中することができます。

長く愛用することができる

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

スノーボードを上達するためには、ワックスでメンテナンスをする必要があります。しっかりとメンテナンスをすることにより、滑りがよく、傷もつきにくいため、結果的にお気に入りのスノーボードを長く愛用することができます。スノーボードは価格も高いものが多いので、その点でも嬉しいですね!

ワックス台の選び方

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

それでは、ワックス台の選び方のポイントをご説明します。ワックス台は、サイズや重さもいろいろなものがあります。あなたのニーズに合ったワックス台を手に入れてくださいね!スノーボードのメンテナンスのしやすさは、このワックス台選びにかかっていますよ。

安定性をチェック

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

スノーボードのワックスがけをする際は、安定性がとても大事です。ホットワックスを使用する場合はアイロンを使用します。安定性がないと作業中にボードがぐらついた時にアイロンで火傷を負ってしまったり、ワックスが満遍なく行き届きません。必ずしっかり固定できるものを選びましょう。

サイズをチェック

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ワックス台を購入する際は、必ずサイズを確認しましょう。もしご自身のスノーボードに合わなかったら作業がスムーズに行うことができません。また、作業しやすい高さがあるかということも大切です。高さが調整できる商品もありますので、そちらを購入することをおすすめします。

持ち運びしやすいかチェック

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

スノーボードのワックス台には、コンパクトに折りたたんで持ち運びをすることが容易なものがあります。スノーボードのワックスは毎日かけるものではありません。そのため、持ち運んで収納できるものが嬉しいですよね。そのために、以下の点をチェックしましょう。

重量を確認する

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

持ち運ぶためには、重量を知っておくことがポイントです。重すぎると持ち運びに不便です。また女性が使う場合は、なおさら不便ですよね。ワックス台は重いものが多いですが、最近では軽い商品も販売されています。購入する際は、必ず重量をチェックしましょう。

折りたためるかどうか

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

持ち運んで収納するためには、ワックス台をコンパクトに折りたたむことができるかどうかもポイントです。ワックス台は大きいため、使わないときはできるだけコンパクトにしたいですよね。また、折りたたむことができると、雪山に持っていくこともできますので、折りたたむことができるかもチェックしてくださいね。

車に積めるかチェック

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

よくスノーボードにでかけるという方は、ワックス台が車に積めるかどうかも確認しておくと安心です。急にメンテナンスが必要になった際でも使うことができます。そのため、車の大きさや、ワックス台の大きさも考慮しましょう。

熱い熱に耐えられるかどうか

ワックスには、様々な種類のものがあります。その中でもメジャーで、よく使うものがホットワックスです。ホットワックスはアイロンの熱でワックスを溶かしてソールに染み込ませるワックスです。そのため、熱に強いワックス台かどうかも確認しておきましょう。

機能をチェックする

スノーボード用のワックス台には、様々な機能が搭載されているものがあります。もちろんシンプルに、安定性やサイズ、高さを見て決めるのもいいですが、そこにプラスアルファの機能がついているととても便利です。こちらも検討してみてくださいね。

アイロンホルダーが付いている

作業をしているときに、アイロンを一旦置くという場面もあるでしょう。そんなときに役に立つのがアイロンホルダーです。アイロンホルダーがあると、アイロンを一時的に置いたり、吊り下げたりすることができるため、非常に便利です。

補助ストラップが付いている

作業中にボードが動いてしまうと、しっかりとワックスをかけることができません。そこで、ボードが動かないように補助ストラップでしっかり固定してくれる機能があると、とても作業がしやすくなります。また、動く心配がないと火傷もしないので、作業に集中しやすくなりますね。

バイスが付いている

バイスとは、スノーボードの板を固定してくれる道具のことをいいます。同じ固定でも補助ストラップとは形状などが全然違いますが、機能としては同じです。たまにワックス台に付属としてついている場合もありますが、こちらは別途で購入される方が多い道具となります。

ワックス台のおすすめ11選

それでは、スノボのワックス台のおすすめの商品を11選ご紹介します。様々な商品を厳選しましたので、初心者の方から、使い慣れた方まで、お気に入りの商品が見つかるはずです!ぜひ、参考にして、選んでくださいね。

SWIX スウィックス ワックステーブル

SWIXワクシングテーブル T0075W

参考価格: 22,000円

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
Amazon22,000円
楽天24,750円

スノーボード用品を多く手がける、SWIXのワックステーブルです。安定感があるため、作業が非常にしやすくなっています。高さも調節することができ、自分に合った高さで作業ができるのも嬉しいポイントです。ただ、重いので持ち運びには不向きな商品となります。

価格やや高め
台面の素材不明
サイズ120cm×35cm
重量11kg

TOKO トコ ワークベンチ スモール

19-20 TOKO

参考価格: 2,547円

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,547円
楽天21,720円

TOKOは、スノーボードのワックス商品を多く販売しているメーカーです。そのメーカーが出すワックステーブルなら安心して使うことができますね。TOKOらしい黄色のシンプルなデザインで、高さが調節できるテーブルです。ただしこちらも11kgと重い商品となっています。

価格やや高め
台面の素材不明
サイズ120cm×35cm
重量11Kg

ハヤシワックス HAYASHI WAX バイステーブル (バイス付きテーブル)

ハヤシワックス HAYASHI WAX

参考価格: 28,600円

出典: 楽天
楽天28,600円

ハヤシワックスのバイス付きテーブルです。バイスとは、スノボの板を固定するための道具です。ユニバーサル機能付きチューンナップ台となっています。バイス間は、116cm〜160cmまで自由に伸縮が可能なため、短い板から長い板までメンテナンスをすることが可能です。

価格やや高め
台面の素材不明
サイズ不明
重量不明

ガリウム GALLIUM

参考価格: 8,950円

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
Amazon8,950円
楽天22,760円

言わずとしれた有名ワックスブランドのガリウム。ワックスの種類が豊富で、フッ素配合など高性能なワックスが多く販売されています。メンテナンスにこだわりがある人から初心者まで広くお使いいただけます。このテーブルは、安定したワックスがけを可能にし、より確実にチューニングができます。

価格やや高め
台面の素材不明
サイズ約120×23cm
重量不明

GALLIUM ワックススタンドマルチ

19-20 GALLIUM

参考価格: 8,980円

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
Amazon8,980円
楽天9,280円

スノーボードの板も、スキーの板もメンテナンスが可能です。安定したワクシングはもちろん、エッジチューニングもすることができます。また、簡単に組み立てができるため、女性でも使いやすいワックステーブルです。手軽にチューニングができます。

価格安い
台面の素材不明
サイズ84cm×79㎝×53㎝
重量不明

DBS-WS1601 ワックステーブル

DBS-WS1601

参考価格: 5,879円

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
Amazon5,879円
楽天10,340円

折り畳み式のワックステーブルです。スノーボードのエッジ研磨にも使用することができる万能タイプのワックススタンドとなっています。チェーンの調整で高さの変更が可能なため、作業がしやすいです。また、ワクシングアイロンを保持するアーム付きです。コンパクトに折り畳みが可能なため、持ち運びに便利です。

価格安い
台面の素材不明
サイズ105cm×51cm×20cm
重量4.5kg

コスラボワックス ワックステーブル

X STAND PRO BK-ed4.01

参考価格: 8,334円

出典: Amazon
Amazon8,334円
楽天

スキーでもスノーボードでもお使いいただけるワックステーブルです。アイロンホルダーが付いており、作業がしやすいです。また水平調節も可能となっています。たたむとコンパクトになり、持ち運びに便利です。なるべく安く販売できるように、という思いから、組み立て式となっています。

価格安い
台面の素材不明
サイズ不明
重量不明

ワックススタンド スノーボード スキー 兼用 作業台 ESWT-002 ブラック

ワックススタンド スノーボード スキー

参考価格: 5,880円

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
Amazon5,880円
楽天5,880円

スノーボード、スキーどちらでもお使いいただけます。チューニング台としても使用が可能です。機能も充実しており、幅や高さが調整でき、折りたたみ式となっております。スノーボードでお使いいただく場合は、エッジ加工対応です。

アイロンホルダーがついているため、ノンストップで作業ができます。また、板が滑りにくいコーティング仕様がされています。エクストラホルダーもついており、ホットワックスを当てやすいです。耐荷重は50kgとなっており、重たいボードでも作業することができます。

価格安い
台面の素材スチール
サイズ62cm×51cm×88cm
重量5kg

DBS ワクシングスタンド

DBS-WS1601

参考価格: 5,879円

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
Amazon5,879円
楽天10,340円

クロスタイプのワックススタンドです。 スキー、スノーボードのどちらでも使用可能です。固定するチェーンの長さによって簡単に高さ調節が可能となっています。スノーボードの場合は、エッジのサイドエッジのチューンも 行えるように固定具が付いています。

持ち運びも困らないほどスタンド本体は軽量です。ワックステーブルは重いことが多いですが、この商品なら使わないときは、コンパクトに折畳んで、 倉庫や物置などの隙間にも収納することができます。また、持ち運びも可能です。

価格安い
台面の素材不明
サイズ105cm×51cm×20cm
重量4.5kg

SWIX スウィックス エコノミーテーブル

19-20 SWIX

参考価格: 3,880円

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon3,880円
楽天27,000円

安定性がしっかりしており、高さも調整することができるため、お好みの高さで作業することができます。重さがあるので、持ち運びには向いていません。ただその分、作りがしっかりしているので、とても作業がしやすいです。

価格やや高め
台面の素材不明
サイズ120cm×35cm
重量11kg

ホルメンコール HOLMENKOL チューンナップテーブルライト

19-20 ホルメンコール HOLMENKOL

参考価格: 17,430円

出典: Amazon
出典: 楽天
Amazon17,430円
楽天20,620円

超軽量の折りたたみ式、ワックステーブルです。サイズはしっかりあるのに、軽く、安定性があるため、雪山でのメンテナンスが必要なプロのスノーボーダーの方にも向いています。もちろん雪上バイスも設置可能です。軽いので、持ち運びも楽々です。

価格やや高め
台面の素材不明
サイズ120㎝×6㎝×0.65㎝
重量4.1kg

ワックス台おすすめ一覧比較表

スクロールできます

商品
商品名SWIXワクシングテーブル T0075W19-20 TOKO ハヤシワックス HAYASHI WAXガリウム GALLIUM 19-20 GALLIUM DBS-WS1601X STAND PRO BK-ed4.01ワックススタンド スノーボード スキーDBS-WS160119-20 SWIX 19-20 ホルメンコール HOLMENKOL
価格22,000円2,547円28,600円8,950円8,980円5,879円8,334円5,880円5,879円3,880円17,430円
価格やや高めやや高めやや高めやや高め安い安い安い安い安いやや高めやや高め
台面の素材不明不明不明不明不明不明不明スチール不明不明不明
サイズ120cm×35cm120cm×35cm不明約120×23cm84cm×79㎝×53㎝105cm×51cm×20cm不明62cm×51cm×88cm105cm×51cm×20cm120cm×35cm120㎝×6㎝×0.65㎝
重量11kg11Kg不明不明不明4.5kg不明5kg4.5kg11kg4.1kg
商品リンク
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る
Amazonで見る楽天で見る

まとめ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

いかがでしたか?あなたが使いたいワックス台は見つかりましたか?初心者の方にとって、スノーボードのワックスがけは難しいものです。そのため、しっかりしたワックス台で練習することが、慣れに繋がります。スノーボードだけでなく、ワックスがけもマスターして、快適に滑ってくださいね!

スノーボードグローブおすすめ10選【暖かい/スマホタッチも】のイメージ
スノーボードグローブおすすめ10選【暖かい/スマホタッチも】
スノーボードをするとき、グローブは必須アイテムです。そこで今回は、選び方のポイントやおすすめのスノーボード用のグローブをご紹介します。また、おすすめの機能の紹介も充実していますよ。ぜひ、あなたに合ったグローブを手に入れてスノーボードを楽しんでくださいね!
スノボワックスのおすすめ11選を紹介【ステップアップに】のイメージ
スノボワックスのおすすめ11選を紹介【ステップアップに】
スノーボードのメンテナンスに欠かせないのがワックスです。しかしワックス選びは初心者の方には特に難しいですよね。そこで、この記事ではワックスの選び方やおすすめのワックスをご紹介します。スノーボードを楽しむために、しっかりとメンテナンスして、快適に滑走しましょう!
スノーボード用ブーツおすすめ16選【最新モデルもチェック!】のイメージ
スノーボード用ブーツおすすめ16選【最新モデルもチェック!】
スノーボードに必要不可欠なアイテムのブーツ。レンタルもできますがどうせならお気に入りのブーツを持ちたいですよね。しかしたくさんの種類があるブーツのおすすめや人気はどれなのか迷ってしまいます。そこで今回はスノーボード用ブーツの人気おすすめ商品をご紹介します。

関連記事

Article Ranking