キャプチャーボードの人気おすすめ10選

キャプチャーボードの人気おすすめ10選

ゲームをネットに配信したい方にはキャプチャーボードは必須です。しかし、キャプチャーボードはゲームだけなく、旅の生配信などにも活用できます。新しいものはフルHDは普通で、4Kに対応したものまであります。きれいな画像でゲームを楽しみながら、他の人達と共有しましょう。

    目次 [表示]

    キャプチャーボードとは?

    キャプチャーボードとは、家庭用のゲーム機などをパソコンと接続し、ゲームの画面をパソコンの画面に映し出すアイテムです。

    パソコンのHDMI端子とSwitchやPS4などのHDMI端子をつなげば簡単にパソコンの画面でゲームができるじゃないの?と思うかもしれませんが、それでは全く映し出すことができません。なぜなら、パソコンのHDMI端子は出力専用だからです。マルチディスプレイを行ったりするときのための端子なのです。

    そこで、ゲーム機とパソコンの間にキャプチャーボードを入れ、ゲーム機から入ってきたHDMI信号を、USBの信号に変換してパソコンのUSB端子から映像を取り込む事によってゲームの画面をパソコンのディスプレイに映し出します。当然音声もパソコンのスピーカーから出ます。それでは、キャプチャーボードでできることを簡単に紹介します。

    ゲーム機とつないで、自分のプレイ映像を公開できる

    キャプチャーボードを介してパソコンに映し出したゲームは録画して、ソフトで編集することができます。その編集した画像をYouTubeなどに公開することもできます。もちろん編集時に音声を録音することもできます。また、配信ソフトを使い、ニコ生・ツイキャス・YouTube Live・Twitchなどへ生でゲーム配信をすることもできます。

    カメラやビデオカメラで、高品質な映像でのライブ配信ができる

    一眼レフカメラやビデオカメラ・アクションカメラはWebカメラより高画質です。また、撮りたい方向にカメラを向けたり、ズームしたりすることも簡単にできます。

    一眼カメラやビデオカメラにHDMI出力があれば、キャプチャーボードと接続して画像をパソコンで録画・編集して公開もできますし、生でライブ配信することもできます。スマホでも可能です。また、Skypeなどのインターネット電話アプリを使えば、入力された映像を表示した会話も可能です。

    複数台の使用で1つの画面に複数の映像を同時に表示できる

    ピクチャーインピクチャー(PinP)の可能なソフトを使い、ゲーム画面とゲームをしている人を2台のカメラで同時に撮影し、一つの画面の中で2つの画像を同時に写し込むことができます。ただし、キャプチャーボードも2台必要です。また、パソコンへの負担が大きくなります、高いスペックのパソコンが必要です。

    キャプチャーボードのおすすめの選び方

    ではキャプチャーボードを選ぶ際に注意しておきたいことを説明していきます。

    選び方① パソコンのスペックで選ぶ

    ほとんどのモデルの仕様の中に、そのボードに適するパソコンの要件が書かれていますので、必ず自分のパソコンでそのボードが使えるか確認することが必要です。

    当然ですが、4Kなどに対応した高機能のボードは、パソコンに求めるスペックも高くなります。また、同時にOSの確認とパソコンの入力端子も確認しておきましょう。USB3.0端子が必須のボードが多いです。

    選び方② エンコード方式で選ぶ(ソフト or ハード)

    エンコードとは、ある形式のデータを一定の規則に基づいて別の形式のデータに変換することを言います。キャプチャーボードの場合は入力された映像信号をパソコンで扱うことができる映像信号に変換し、圧縮することを言います。その作業をソフトウェアで行う方法とハードで行う2つの方法があります。

    どちらもメリット・デメリットがありますので、自分に合った選択で構いません。価格的にはソフトウェアーエンコードの方が安くなっています。

    ソフトウェアエンコード

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    ソフトウェアーエンコードでは、データ変換をパソコンに入っているソフトウェアーで行います。

    パソコン内で処理を行いますので、パソコンに負担がかかり、高スペックなパソコンが必要です。また、動画にコマ落ちが起こる可能性があるのがデメリットですが、コーデック(圧縮形式)を自分で決めることができるというメリットもあります。

    ハードウェアーエンコード

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    ハードウェアエンコードでは、データ変換をキャプチャーボード内で行います。

    パソコンで変換を行っていませんので、パソコンに負担をかけず、低スペックのパソコンでも処理が可能です。また、コマ落ちの発生がないのがメリットです。また、パソコン無しで録画できるのもこのタイプです。一方コーデック(圧縮形式)がキャプチャーボードによって決まっていることや、遅延がかなり発生することがデメリットになります。

    選び方③ 内蔵か外付けか

    拡張性のあるディスクトップパソコンでは内蔵のものを選ぶことができます。拡張スロットのPCI Expressなどに取り付けるタイプです。

    USBケーブルも必要なく、機器を置く必要もありませんのでPC周りをスッキリさせたい方にはおすすめです。ただし、製造しているメーカーが少なく選択の幅が狭いです。

    ノートパソコンや液晶一体型のディスクトップでは外付けでUSB接続のものしか選択はありません。数多くの種類が販売されていて、選択の幅が広いです。パソコン側にUSB 3.0がないと使えないものが多いですので注意が必要です。

    選び方④ 入力端子で選ぶ

    Photo by Sam-Cat

    キャプチャーボードの入力端子と、接続する映像機器(ゲーム機を含む)の出力端子が一致しているか確認しましょう。

    最近の機器で一番多いのがHDMI端子です。新しい映像機器にほとんど搭載されています。ただし、PS3などHDCP(コピーガード)などで保護されている映像は、HDCPに対応していないキャプチャーボードでは使えませんので注意が必要です。使えるようにするために、HDMI分配器を使う方法などもあります。

    古い映像機器にはコンポジット端子やコンポジット端子より高画質なS端子のものがあります。コンポジット端子は黄色い端子で、赤と白の音声端子も同時についているのが普通です。

    選び方⑤ 解像度で選ぶ

    TVやパソコンのモニターに映る映像はピクセル(点)の集まりで、そのピクセルの密度を解像度と言います。ピクセルの密度が大きい(解像度が高い)ほど映像を綺麗に表現できることになります。

    キャプチャーボードでは640×480、720×480、1280×720、1920×1080、4096×2160などの解像度の出力があり、どの解像度に対応しているか確認することをおすすめします。もし、ゲーム実況などに使うのであれば1920×1080(フルハイビジョン)対応のものがおすすめです。

    ただし、モニターの解像度以上の出力はできませんので、注意が必要です。もしより高い解像度で利用したいのであればモニターの解像度を上げる必要があります。

    選び方⑥ フレームレートで選ぶ

    動画はパラパラ漫画と同じで、何枚かの写真を素速く映し出すことによって動いているように見せています。1秒間に何枚の写真を映し出すことができるかをフレームレートといい単位はfpsです。fpsが大きいほどスムーズな動きを映し出すことができます。ゲーム実況をする場合は60fpsをおすすめします。

    最近のキャプチャーボードはほとんどが60fpsに対応していますが、一応確認しておくことおすすめします。

    選び方⑦ パススルー出力対応かで選ぶ

    パソコンを通して映し出す画像には遅延が出ます。ゲームなどでは遅延はストレスの原因となります。遅延を防ぐために、キャプチャーボードに入力された信号をパソコンに通さず、そのままTVなどに出力する道をつくるのがパススルーです。

    すなわち、キャプチャーボードからTVへ直接行く信号と、PCへ入力する信号の2つに分け、ゲームはTVを見ながら大きな画面行えるようにします。遅延対策には遅延軽減機能のついたキャプチャーボードを選択するという方法もあります。

    キャプチャーボードのおすすめ10選

    コンポジット入力できるもの、HDMI入力だけのもの、パソコンがなくても録画できるものなど、おすすめのキャプチャーボードを紹介します。

    おすすめキャプチャーボード① I-O DATA GV-USB2

    IOデータ GV-USB2 USB接続ビデオキャプチャー

    参考価格: 3,437円

    出典: 楽天
    楽天3,437円

    VHSテープ・8mmビデオテープを、デジタル化してDVDに保存できる、USB接続のビデオキャプチャーです。コンポジット対応のゲーム機への接続もできます。

    対応端子入力映像方式:NTSC(カラー)/コンポジットビデオ入力/Sビデオ入力/外部ライン入力
    パススルー×
    解像度720×480、352×480、352×240 ※LightCaptureは720×480のみ対応
    フレームレート
    エンコードソフトウェアエンコード
    添付ソフトDVDオーサリングソフト「CyberLink PowerProducer5 for I-O DATA」/ビデオ録画ソフト「アイ・オー・データ機器製 LightCapture

    おすすめキャプチャーボード② Elgato Game Capture HD60 S

    Elgato Game Capture HD60 S [ソフトウェアエンコード式キャプチャボード(日本国内正規品)] 1GC109901004

    参考価格: 19,769円

    出典: Amazon
    Amazon19,769円
    楽天

    公式サイトから多機能なソフトウェアがダウンローができ、Twitch・YouTubeなどへのゲーム配信もできます。WindowsだけでなくMacOS 10.11以降のMacでも使えます。どちらもUSB3.0への対応が必須です。

    PS4・Wii U・Xbox One・Xbox 360・iOSなどのデバイスに対応しています。

    対応端子HDMI
    パススルー
    解像度HD1080p対応
    フレームレート60fps
    エンコードソフトウェアエンコード
    添付ソフト公式ホームペジよりダウンロード

    おすすめキャプチャーボード③ AVerMedia Live Gamer EXTREME2 GC550PLUS

    AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS [4Kパススルー対応 ゲームキャプチャーボックス] DV482

    参考価格: 24,136円

    出典: Amazon
    Amazon24,136円
    楽天

    4Kパススルー機能を搭載したキャプチャーボードで、4Kモニターに接続すれば、4K出力に対応しているPS4 ProやXbox One Xを4K画質でゲームをプレイできます。

    ソフトとドライバーは公式サイトからダウンロードします。動画編集用ソフトのPowerDirector15のライセンスキーコードが付属しています。

    対応端子HDMI
    パススルー
    解像度最大録画解像度 1080p
    フレームレート60fps
    エンコードソフトウェアエンコード
    添付ソフトRECentral / PowerDirector 15 for AVerMedia / Cover Creator(公式サイトからダウンロード)

    おすすめキャプチャーボード④ I-O DATA  GV-HDREC

    アイオーデータ機器 HDMI/アナログキャプチャー GV-HDREC (GVHDREC)

    参考価格: 13,910円

    出典: 楽天
    楽天13,910円

    パソコンを使わずにSwitchやPS4などHDMI出力の映像をSDカードやUSBハードディスクに録画できます。

    添付のAV入力変換ケーブルでアナログ出力のゲームも録画できます。また、動画の録画・再生・編集・マイクミキシングも可能です。

    Apple純正iPhone用HDMI変換アダプターを用意すれば、iPhoneやiPad、iPod touchの画面を録画することができます。

    対応端子HDMI/ヘッドセット(3.5mm 4極ミニジャック)/AV入力端子/SDカードスロット/USB 2.0
    パススルー
    解像度1920×1080/1280×720/720×480
    フレームレート30fps/60fps
    エンコードハードウェアーエンコード
    添付ソフト

    おすすめキャプチャーボード⑤  I-O DATA AGV-HUVC

    I-O DATA アイ・オー・データ UVC(USB Video Class)対応 HDMI⇒USB変換アダプター GV-HUVC GV-HUVC

    参考価格: 14,910円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天14,910円

    ゲームなどを高画質な映像でライブ配信することができます。また、一眼レフカメラやビデオカメラを接続し、カメラ映像や音声の録画や配信もできます。

    ただし、HDMIケーブルおよびライブ配信専用ソフトウェアは別途用意する必要があります。

    USB AケーブルとUSB Type-C ケーブルの2本が付属していますので、Windows・Mac どちらのパソコンにも対応できます。

    対応端子HDMI
    パススルー
    解像度最大解像度:1920×1080
    フレームレート60fps
    エンコードソフトウェアーエンコード
    添付ソフトなし

    おすすめキャプチャーボード⑥  I-O DATA GV-USB3/HD

    I・Oデータ HDMIキャプチャー GV-USB3/HD [GVUSB3HD]【MVSP】

    参考価格: 18,273円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天18,273円

    SwitchやPS4などHDMI出力の映像をパソコンで録画できます。ビデオ編集ソフトが付属し、編集してYouTubeやニコニコ動画へのアップロードも簡単に行えます。

    添付のピクチャーインピクチャーに対応した録画ソフトのHD Mix Captureで、パソコンのWebカメラの映像を合成した実況ゲーム配信動画の作成も可能です。

    対応端子HDMI
    パススルー
    解像度1920×1080/1280×720/720×480
    フレームレート60・59.94 fps
    エンコードソフトウェアエンコード
    添付ソフト録画ソフト:I-O DATA HD Mix Capture/ ビデオ編集ソフト:CyberLink 「PowerDirector 14 for I-O DATA」

    おすすめキャプチャーボード⑦  I-O DATA GV-US2C/HD

    I・O・DATA USB 2.0接続 ハードウェアエンコード HDMIキャプチャー GV−US2C/HD

    参考価格: 19,580円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天19,580円

    SwitchやPS4などHDMI出力の映像をパソコンで録画できます。4K60pパススルー機能を搭載し、録画や配信中でも、4K画質でプレイできます。

    録画・ライブ配信ソフトや録画した動画を編集し動画共有サイトにアップロードできるソフトが、公式サイトから無料ダウンロードできます。パソコンを使わない単体録画にも対応しています。2019年 6月に発売された製品です。

    対応端子HDMI
    パススルー
    解像度1920×1080p/1280×720p/720×480p
    フレームレート30fps/60fps
    エンコードハードウェアエンコード
    添付ソフト録画・ライブ配信ソフト:「I-O DATA HD Live Capture」ビデオ編集ソフト:CyberLink 「PowerDirector 15 for I-O DATA」(公式サイトからダウンロード)

    おすすめキャプチャーボード⑧ プリンストン UP-GHDAV2

    プリンストン ULTRA PLUS PCレスHDMIパススルー対応ビデオキャプチャー+ライブストリーミングユニット UP-GHDAV2

    参考価格: 18,465円

    出典: Amazon
    Amazon18,465円
    楽天

    CyberLink社製ScreenRecorder4 DL版のプロダクトキーが添付されていて、録画やニコ生などへのゲーム配信がすぐに始められます。パソコンを使用せずSDカードに直接録画をすることもできます。また、WindowsとMacどちらの環境でも使用できます。

    プリンストンの製品は動画配信アプリのXSplitやOBS Studio、キャプチャーアプリQuickTimeに最適化されています。2020年 3月発売の最新の製品です。

    対応端子HDMI/PartyChat 端子/Headset 端子
    パススルー
    解像度480p / 720p / 1080p
    フレームレート60fps
    エンコードハードウェアエンコード
    添付ソフトCyberLink ScreenRecorder4(ライセンスキー同梱)

    おすすめキャプチャーボード⑨ Elgato Game Capture HD60 S+

    Elgato Game Capture HD60 S+

    参考価格: 28,578円

    出典: Amazon
    Amazon28,578円
    楽天

    4K60fpsでのパススルーで、遅延のない綺麗な画像でゲームを楽しみながら、4K30fpsでの録画やゲーム配信ができます。1080p60fpsならHDRに対応(Windowsのみ)しています。

    入力はSwitchやPS4などHDMI端子を搭載するゲーム機に対応しています。2019年11月に発売された最新モデルです。

    対応端子HDMI
    パススルー◯(最高2160p60 HDR)
    解像度2160p/ 1080p/ 720p/ 576p/480p
    フレームレート60fps/30fps
    エンコードソフトウェアエンコード
    添付ソフト

    おすすめキャプチャーボード⑩

    Elgato Game Capture 4K60 Pro - 4Kでゲームをキャプチャー PS4 Pro,Xbox OneX gameplay, PCIe x4 10GAG9901 【日本正規代理店品】

    参考価格: 32,800円

    出典: Amazon
    Amazon32,800円
    楽天

    PCI Express×4に接続する、4K60Hz・1080p240Hz録画対応の内蔵型のキャプチャーボードです。複数のアプリケーションで同時にキャプチャー可能なマルチフィードにも対応しています。

    プラグアンドプレイ対応ですぐにOBS Studio、Streamlabs OBS、およびXSplitを含む、あらゆるストリーミングソフトウェアの利用ができます。2019年9月発売の新製品です。

    対応端子HDMI
    パススルー
    解像度2160p/1080p/HDR10
    フレームレート60fps
    エンコードソフトウェアエンコード
    添付ソフト公式サイトからダウンロード

    キャプチャーボードおすすめ一覧比較表

    スクロールできます

    商品
    商品名IOデータ GV-USB2 USB接続ビデオキャプチャーElgato Game Capture HD60 S [ソフトウェアエンコード式キャプチャボード(日本国内正規品)] 1GC109901004AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS [4Kパススルー対応 ゲームキャプチャーボックス] DV482アイオーデータ機器 HDMI/アナログキャプチャー GV-HDREC (GVHDREC)I-O DATA アイ・オー・データ UVC(USB Video Class)対応 HDMI⇒USB変換アダプター GV-HUVC GV-HUVCI・Oデータ HDMIキャプチャー GV-USB3/HD [GVUSB3HD]【MVSP】I・O・DATA USB 2.0接続 ハードウェアエンコード HDMIキャプチャー GV−US2C/HDプリンストン ULTRA PLUS PCレスHDMIパススルー対応ビデオキャプチャー+ライブストリーミングユニット UP-GHDAV2Elgato Game Capture HD60 S+Elgato Game Capture 4K60 Pro - 4Kでゲームをキャプチャー PS4 Pro,Xbox OneX gameplay, PCIe x4 10GAG9901 【日本正規代理店品】
    価格3,437円19,769円24,136円13,910円14,910円18,273円19,580円18,465円28,578円32,800円
    対応端子入力映像方式:NTSC(カラー)/コンポジットビデオ入力/Sビデオ入力/外部ライン入力HDMIHDMIHDMI/ヘッドセット(3.5mm 4極ミニジャック)/AV入力端子/SDカードスロット/USB 2.0HDMIHDMIHDMIHDMI/PartyChat 端子/Headset 端子HDMIHDMI
    パススルー×◯(最高2160p60 HDR)
    解像度720×480、352×480、352×240 ※LightCaptureは720×480のみ対応HD1080p対応最大録画解像度 1080p1920×1080/1280×720/720×480最大解像度:1920×10801920×1080/1280×720/720×4801920×1080p/1280×720p/720×480p480p / 720p / 1080p2160p/ 1080p/ 720p/ 576p/480p2160p/1080p/HDR10
    フレームレート60fps60fps30fps/60fps60fps60・59.94 fps30fps/60fps60fps60fps/30fps60fps
    エンコードソフトウェアエンコードソフトウェアエンコードソフトウェアエンコードハードウェアーエンコードソフトウェアーエンコードソフトウェアエンコードハードウェアエンコードハードウェアエンコードソフトウェアエンコードソフトウェアエンコード
    添付ソフトDVDオーサリングソフト「CyberLink PowerProducer5 for I-O DATA」/ビデオ録画ソフト「アイ・オー・データ機器製 LightCapture公式ホームペジよりダウンロードRECentral / PowerDirector 15 for AVerMedia / Cover Creator(公式サイトからダウンロード)なし録画ソフト:I-O DATA HD Mix Capture/ ビデオ編集ソフト:CyberLink 「PowerDirector 14 for I-O DATA」録画・ライブ配信ソフト:「I-O DATA HD Live Capture」ビデオ編集ソフト:CyberLink 「PowerDirector 15 for I-O DATA」(公式サイトからダウンロード)CyberLink ScreenRecorder4(ライセンスキー同梱)公式サイトからダウンロード
    商品リンク
    Amazonで見る楽天で見る
    Amazonで見る
    Amazonで見る
    Amazonで見る楽天で見る
    Amazonで見る楽天で見る
    Amazonで見る楽天で見る
    Amazonで見る楽天で見る
    Amazonで見る
    Amazonで見る
    Amazonで見る

    まとめ

    ツイキャス・YouTube Live・Twitch・ニコ生などで、盛んにゲームの生配信が行われ、ゲームを共有しながら楽しむ人が増えてきました。

    生配信や録画配信などを見ていると、配信が難しそうな気がしますが、ビデオキャプチャーカードを使って、初心者の方でも意外に簡単に配信することができます。カードの値段も安くなってきています。

    配信にはいろいろなソフトが必要ですが、普通はキャプチャーボードのメーカーからダウンロードできたりします。

    また、ゲームばかりでなく旅行の様子なんかも生配信することができます。今までにないパソコンの活用をしてみませんか。

    ゲーミングデスクおすすめ人気12選【快適なゲームプレイ環境で楽しもう!】のイメージ
    ゲーミングデスクおすすめ人気12選【快適なゲームプレイ環境で楽しもう!】
    ゲーミングデスクは通常のパソコンデスク/pcデスクと違い様々な機能を搭載し、快適なゲームプレイ環境の構築に欠かせない人気アイテムです。より快適にゲームを楽しみたいというかたにおすすめ。今回はゲーミングデスクの選び方をまとめ、人気のゲーミングデスクを12選おすすめ。
    コールオブデューティー(Call of Duty)の人気おすすめ10選のイメージ
    コールオブデューティー(Call of Duty)の人気おすすめ10選
    世界中で大人気のFPS戦争ゲームのコールオブデューティーですが、シリーズ作品数が多く、選びづらいかと思います。また、今回はPS4、PS3、PC対応のコールオブデューティー(CoD)おすすめ人気10選とコールオブビューティーとはどういうゲームなのかをご紹介します。
    ハンコンスタンドおすすめ人気12選|快適にレーシングゲームを行おう!のイメージ
    ハンコンスタンドおすすめ人気12選|快適にレーシングゲームを行おう!
    レーシングゲーム好きには人気があり、もっと楽しみたい方におすすめのハンコンスタンド。ハンコンスタンドは、リアルに体感できて座椅子などとも組み合わせて楽しめます!この記事では、座椅子にもピッタリのハンコンスタンドのおすすめ人気ランキングを紹介していきます。
    Window Forest
    ライター

    Window Forest

    関連記事

    Article Ranking