360度ドライブレコーダーおすすめ人気15選|全方位ドラレコで煽り運転・事故を防ぐ

360度ドライブレコーダーおすすめ人気15選|全方位ドラレコで煽り運転・事故を防ぐ

愛車に装着することをおすすめするドライブレコーダー。中でも360度全方位を撮影できるドラレコが人気上昇中です。360度全方位を撮影できるので撮り逃しがありません。まだドライブレコーダーを装着していない人に特におすすめです。今回は人気のドラレコをご紹介します!

目次 [表示]

ドライブレコーダーとは?

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

ドライブレコーダーとは名前の通り、運転中の映像を録画しておくカメラのことです。交通事故やあおり運転に遭遇してしまったときに、状況を記録できますし、旅先の風景を残しておくために使うこともできます。

最近はあおり運転のニュースがよく報道されていますね。あおり運転そのものの証拠にもなりますし、もし車を止められて暴行を受けたりしたら、その映像を残しておくこともできるでしょう。法律も厳しくなっており、あおり運転は映像を提出することで警察が動いてくれることもあるようなので、普段から車を運転される方は付けない理由がありません。

運転中の映像を録画するといいましたが、駐車監視機能と言って駐車しているときのいたずらなどの証拠を撮影できるような機能が付いているものもあります。当て逃げをされたときの、犯人捜しにも有効でしょう。ドライブレコーダーは愛車と自分自身を守るための手段と言えます。

最近人気が出てきた360度全方位ドラレコがおすすめ!

ドライブレコーダーがどのような物かについては、お分かりいただけたかと思います。今回はドライブレコーダーの中でも2019年~2020年では特に人気の、360度ドライブレコーダーについてご紹介していきます。アマゾン楽天などでもランキング上位の人気商品に入っていたり、オートバックスなどでは特設コーナーが設置されていたりするんです。

カメラというと1つの方向を撮影する、というイメージをお持ちの方がほとんどかと思います。しかし、360度ドライブレコーダーは、前後はもちろん左右まで録画できる優れものなんです。これを装着しておけば、死角はありません。

全天球カメラと言って一つのカメラで360度撮影できるカメラを搭載したドラレコが登場しています。
ほかのタイプと比較すると価格は少し高いですが、それだけの価値はあるでしょう。

360度全方位ドラレコのメリット・デメリット

通常のドライブレコーダーと比較しても、いいところばかりに思える360度ドライブレコーダーですが、メリットデメリットはどのような事なんでしょうか?

360度全方位ドラレコのメリット

360度ドラレコのメリットはどのような部分なのでしょうか?

全方位の撮影ができる

一番の特徴ともいえる全方位の録画機能。車の周囲を死角なしで記録できます。交通事故に遭遇した時に、信号の色や相手の車のナンバーが写っていなかったら、ドラレコの意味がありませんよね。360度ドライブレコーダーなら、大事なところが撮影できていなかった…となる心配がありません。

取り付けが1台で済む

360度ドライブレコーダーは、1台で全方位を録画できるため、何台もカメラを設置する必要がありません。最近はカーアクセサリーも種類が増えていますよね。レーダー探知機やカーナビ、スマホスタンドなど付けている方も多いと思います。

そこにさらにドライブレコーダーが前後用、左右用と増えてしまったら、車内は機械だらけに。でも360度ドライブレコーダーなら全方位を撮影できるので、1台取り付けるだけで済むんです。配線の取り回しや設置場所などに悩む必要もありません。

360度全方位ドラレコのデメリット

360度ドラレコも、良いところばかりではなくデメリットもあります。どんなところなのか見ていきましょう。

画質が荒いことがある

1方向を撮影するドラレコと比較すると、360度ドライブレコーダーは画質が荒い傾向にあります。ナンバーなどの細かい部分まで認識しづらいと感じることもあるでしょう。あおり運転対策としてドラレコの導入を考えている方は、1方向のドラレコの方が合っているかもしれません。

1方向用ドラレコと比較して、360度ドラレコは全体の状況を把握することを目的としています。そのため、ドアパンチや駐車中のいたずら対策として導入を考えている方は、360度ドライブレコーダーが適していると言えます。

360度ドラレコでも高画質な機種が登場してきてはいますが、価格は高価になる傾向にあります。

データ容量が大きい

全方位を撮影するということで、どうしても録画データの容量は大きくなってしまいがちです。長時間のデータを残しておきたいとなると、それなりに大容量の記録媒体が必要になります。画質を落としたり、解像度を下げたりすることで容量を抑えることはできますが、その分画質は荒くなってしまいます。

高画質で長時間の記録をしたい場合は大容量の記録媒体を用意しましょう。ただ、大容量の記録媒体は価格が高いというところも注意すべき点です。

360度全方位ドラレコの選び方

さてここからは、商品を選ぶときのポイントを紹介していきます。自分が欲しい機能を絞って、購入する商品を決めていきましょう。

モニターが付いているかどうかで選ぶ

ドライブレコーダーには、本体にモニターがついているものとついていないものがあります。モニターがついているタイプのものだと、ドラレコを取り付ける際に撮影範囲を確認しながら作業する事ができます。また、撮影したデータをパソコンに取り込むことなく、ドラレコ本体のみで閲覧することもできるので、パソコンを持っていない方や苦手な方にもおすすめです。

モニターは、運転中には画面が消灯するようにも設定できるので、運転の邪魔になる事もありません。モニターがついていないタイプのドラレコのほうが安価になる傾向にあります。ただ取り付ける際には、仮止めして撮影範囲をパソコンで確認して…など手間がかかることを覚悟しておきましょう。

GPS機能が付いているかどうかで選ぶ

最近のドラレコには、カーナビと同じようにGPS機能がついている機種もあります。GPS機能が付属していることで、地図ソフトと連動して走行場所の軌跡をたどる事ができたり、どこで撮影されたかを映像データと一緒に保存しておく事ができたりします。

また、カーナビやレーダー探知機と連動することができるドラレコも登場していて、カーナビの画面でドラレコの操作ができたり、レーダー探知機のGPS機能と連動できたりする機種も人気です。GPS機能が搭載されているモデルでも、安いものも増えているので、検討してみてください。

記録方法で選ぶ

ドライブレコーダーというと動画を撮影するための物、という認識が強く広まっているかと思いますが、撮影方法にも種類があります。

常時録画

エンジンを始動してから停止するまでの間、常に録画しておく方法です。ドライブ中の風景を残しておきたい方にも人気。常に録画しているので、データの容量は大きくなります。

ですが、ほとんどのドライブレコーダーでは古いデータを自動で削除していく機能が備わっているので、容量がいっぱいで録画できていなかった…なんてことにはならないので安心して下さい。設定によっては自動削除機能をオフにすることもできます。

衝撃録画・イベント録画

追突されたり急ブレーキをかけたりして、衝撃を感知したときに自動で録画する機能です。Gセンサーが搭載されているドラレコで使用できます。衝撃を感知した前後数秒間を記録してくれます。

常時録画と併用できるドラレコもあり、常時録画のデータは上書きされても、衝撃録画で記録されたデータは削除されないように保護されます。

手動録画

目の前で他車同士の交通事故を目撃した時などに役に立つのが手動録画です。運転手が録画ボタンを押すと録画されますが、衝撃録画と同じように、前後数秒間を記録します。使用者の好みのタイミングで録画する事ができ、こちらも録画データは保護されることが多いです。

駐車監視機能

エンジンを止めて、駐車しているときにもドラレコが動作して録画できる機能です。内蔵バッテリーや外部バッテリーなどにより動作します。専用アダプターが必要な場合もあります。

駐車監視機能にも常時録画と衝撃録画の2種類があります。駐車中常に録画してくれる常時録画と、駐車中の衝撃を感知してその前後を録画してくれる衝撃録画です。駐車中のいたずらや当て逃げなどが心配な方は、駐車監視機能が搭載されているモデルを選ぶことをおすすめします。

静止画撮影機能

デジタルカメラのように、静止画を撮影する機能です。こちらは走行中や駐車中の録画よりも、旅先で思い出を残したいという方に人気です。

画質や画角で選ぶ

ドライブレコーダにも画質の良い悪いが当然あります。画質が良い方がナンバーなどの細かいところまで撮影できます。前方のみのドラレコと比較すると、細かいところを撮影するというよりは、全体の状況を把握するためのものと考えておいた方が良いでしょう。

画角は、カメラがどこまでの範囲を撮影できるか、ということです。画角の数字が大きいほど一台のカメラで撮影できる範囲が広くなります。全方位のドラレコは水平画角は360度なので、垂直画角が広いものを選ぶと信号などの高い位置にある物まで撮影できます。

人気メーカーで選ぶ

ドライブレコーダーは様々なメーカーから発売されています。ユピテルやコムテックなどは有名なカー用品メーカーですから、1度は耳にしたことがあるかと思います。家電で有名なケンウッドもドライブレコーダーを発売しています。

Amazonなどでは、安いドライブレコーダーもラインナップされていますが、海外製のものがほとんど。レビューを見てみると当たり外れがあるようなので、あまりにも安い商品は避けた方が無難でしょう。

日本製の商品の方が、保証があったりアフターサポートがしっかりしていたりと何かと安心なので、予算が許す場合は日本製のドラレコを選ぶことをおすすめします。初期費用を抑えたい場合は海外製の安い物を選ぶと良いでしょう。

では実際に異常を踏まえてドライブレコーダーを見ていきましょう!

次のページ

人気の360度全方位ドライブレコーダーおすすめ15選

関連記事

Article Ranking